オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

airbow CEC ベルトドライブCDプレーヤー CD3N Analogue CD5N Analogue、音質 比較 スピーカー 新製品 情報 音質 価格 販売 比較 AIRBOW ベルトドライブCDプレーヤー CD3N Analogue CD5N Analogue CEC CD3N CD5 新製品 音質 情報 比較 試聴 評価テスト レビュー 販売 価格

 KRELL Vanguard プリメインアンプ

 QUAD Platinum Pre(プリアンプ) Stereo(ステレオパワーアンプ) 音質比較テスト

その他の音質テストはこちら

KRELL Vanguard、YG Acoustics Carmel2を使った、AIRBOW ベルトドライブCDプレーヤー CD5N Analogue / CD3N Analogueの音質比較テストに続いて、アンプをQUADの新型セパレートアンプ Platinum Series Pre/Stereoに変えて音質比較を行いました。

 スピーカー:YG Acoustics Carmel2(お問い合わせはこちらからどうぞ

 AIRBOW CD3N Analogueお問い合わせはこちらからどうぞ

試聴ソフト

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがある。そんなクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤です。"500Miles/noon"を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

音質テスト

・KRELLについては、(こちらのページをご覧ください)

・Vanguardの概要

Vanguardは、KRELLチーフデザイナーDave Goodmanが、KRELL フラッグシップ プリアンプ「Illusion」にも採用される同社伝統とも呼べる ClassA、バランスド・カレント増幅回路に、新型パワーアンプの音質の要となる iBias などの数多くの新技術を惜しみなく注ぎ込んだ完成した、200W(8Ω)、400W(4Ω)の出力を持つプリメインアンプです。

パワーアンプ・セクションは、59個もの小信号バイポーラ・トランジスタを一つのペレット上に生成した複合素子LAPTにより構成されています。シリコン・エピタキシャルプレーナ型のLAPTは、高いスルーレートとハイパワーを両立し、セパレート・パワーアンプにも匹敵するハイクォリティーでかつ圧倒的なドライバビリティーをVanguardに与えることに成功しています。
パワー・サプライ部には、そのコンパクトなシャシーからは想像も出来ない程の“オーバーサイズ”とも言える 750VA トロイダル・パワートランスが採用され、トータル 80,000μ F の容量を誇るキャパシタとのコンビネーションにより 200W/ch(8Ω)、400W/ch(4Ω)を余裕を持って取り出す事を可能にしています。連続するハイパワー出力時の熱対策には、サーマルコントロールには超低騒音型冷却ファンを 2 個装備し、放熱セクションを小型化することでスタイリッシュな臼がボディーと安定した動作を両立させています。このファンは相当な大出力でなければ回転せず、通常ファンは停止していますのでノイズの発生もありません。
プリアンプ・セクションは、ボリューム回路まで含む入力から出力まで全ての信号経路が、クレル伝統とも言えるフル・コンプリメンタリー、フル・バランス
回路で構成され、全トランジスタは純クラス A で作動しています。またダイレクトカップリングの採用で、シグナルパスより音の生命を奪うキャパシタの排除を実現しています。

KRELL (クレル)製品のお問い合わせは、実績豊富な逸品館におまかせください。

KRELL Vanguard メーカー希望小売価格 \790,000(税別)お問い合わせはこちら

音質評価

このテストは、AIRBOW CD5N AnalogueとCD3N Analogue比較に続いて行いました。QUADとの比較条件が同一なので、あえてもう一度Vanguardを鳴らすことはしていません。大まかな音質はAIRBOW CDプレーヤー比較ページをご覧頂くとして、QUADと聞き比べた後の感想を書いてみたいと思います。

このテスト以外にも30時間近くVanguardを様々なスピーカー、様々な楽曲で聞きました。試聴機を受け取って、音を出した瞬間の第一印象は「美味しい音」です。中低域に厚みとゆとりを持たせ、高域をキラリと輝かせて聞かせるその「ゴージャス」な音作りは、同じアメリカを故郷とするWireworldにも共通します。高域に適度にスパイスをきかせ、重厚な味わいを中低域に持たせる。その音作りは、昔からのKRELLのイメージそのものです。

今回組み合わせたYG Acoustics Carmel2は、高域がやや渋く(響きの収束が早い)、低域も驚くほど引き締まっています。Vanguardは持ち味の「高域のサービス感」でCarmel2の高域に潤いと輝きを与え、逆にCarmel2の引き締まった低域がVanguardのやや遅い(収束が遅い)低域をうまく引き締めまるので、マッチングはとても良く、TAD Reference SystemでCarmel2を鳴らしたときよりも、Carmel2の印象が俄然良くなりました。

他のスピーカーを組み合わせた場合は、高域の若干の強調感(サービス感)と、中低域の遅れ(少し膨らんで感じられる)が気になることがありましたので、組み合わせるスピーカーやCDプレーヤーなどのシステムとのマッチングを合わせることが使いこなしのポイントになりそうだと感じましたが、価格を十分納得できる。クォリティーの高さは十分実現していたように思います。


音質試聴動画は、下の動画リンクから一括してご覧いただけます。

Platinum Series の細かい資料が手元にないため、詳細はわかり次第追記します。

QUAD Platinum Pre メーカー希望小売価格 \370,000(税別)お問い合わせはこちら

QUAD Platinum Stereo メーカー希望小売価格 \500,000(税別)お問い合わせはこちら

KRELL Vanguard、QUAD Pre / Stereo 音質試聴動画へのリンク

 

音質評価

せせらぎ:KRELLに感じられた高域の強調感(嫌でなかったが)が解消し、高音が自然により大きく広がるようになった。

     鳥の声、水の流れる音の帯域バランスがやや高音よりになって、音の重心が少し上がった。

セレナード:弦楽器の音が滑らかさを増し、柔らかくなった。また、弦楽器の陰りの表現に磨きがかかり、切なさを感じるようになった。
     楽器の数(解像度感)は、Vanguardと変わらない。

モナリザ:ギターの音が「エレアコ」から「アコギ」に変わった。ギターの胴鳴りの木質感が上手く醸し出される。
     声には暖かさを増し、ブレス(息継ぎ)が聞こえるようになった。柔らかく厚みがあって、魅力的な声。

500 Miles:全体的にクリーミーな音になったが、暖かくて安心できる音。
     声は優しく、艶やか。

新世界:帯域バランスが中域によるが、自然なかまぼこ形バランスで柔らかく耳あたりがよい。

     ソフトや演奏の粗を出さない、QUADらしいハイセンスなまとまりが感じられる。

試聴後感想

AIRBOW CDプレーヤー音質比較にも書きましたが、YG Acoustics Carmel2をTAD D600/C600、Digital Domain B1aで聞くと、高域に響きが少なくやや乾いた無表情な質感が感じられました。しかし、アンプをKRELL Vanguard、CDプレーヤーをAIRBOW CD3N Analogueに変えると、高域の響きがリッチになって雰囲気が俄然良くなったのです。

KRELL Vanguardは高域が少し多めで、低域は少し緩めの、いかにもKRELL(Aクラス)らしい音質。良い音のアンプでスピーカーを鳴らしていると意識させられる、そういうオーディオ的な満足度の高い製品です。POPS、ROCKなどの比較的新しい音楽や演奏にマッチしそうです。

QUADは歴史を感じる「音楽の聞かせ方のポイントを心得ている」音質です。人間の声、アコスティックな楽器の再現性に秀でている「通の味わい」を持つアンプでした。アコスティックな音の再生では高域がやや硬質(艶が少ない)と感じられたYG Acoustics Carmel2と組み合わせても、ソフトや演奏の粗を感じることなく、心地よく音楽に浸ることができました。クラシック系の音楽にはベストマッチするでしょう。

2015年3月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.