ティグロン TIGLON PA-07 PA-13 PA-20 マグネシウム スピーカーベース

ティグロン TIGLON マグネシウム スピーカーベース PA−07 PA−13 PA−20

この製品のご注文はこちら

(マグネシウム インシュレーター M1 M2 はこちら)

(マグネシウム スピーカースタンド MGT−50S MGT−50W MGT−60S MGT−60Wはこちら)

新しい時代のスピーカーベース「ティグロン PA-10」を検証!

サラウンドスピーカー用ベース

PA-7(二本一組)
価格: 32.000円(税抜) 幅: 100mm
高さ: 70mm 奥行: 300mm
PA-13(二本一組)
価格: 33.500円(税抜) 幅: 100mm
高さ: 130mm 奥行: 300mm
PA-20(二本一組)
価格: 35.000円(税抜) 幅: 100mm
高さ: 200mm 奥行: 300mm

マグネシウムスピーカースタンドを開発した、ティグロンがまたまた面白い製品を開発してくれました。なんでも従来のスピーカーベースは20年前以上前にコンセプトが出来上がったものなので、そろそろ新世代の製品を・・という要望から開発したのだということです。確かにスピーカーベースと呼ばれるものは、スピーカーを高く上げるのが目的で、音質を向上すると謳った製品は見かけたことがありません。絨毯にコーリアンボード(DCB354513)を敷き、その上にインシュレーターやティグロンのベース(PA-13)を挟んで音質の変化を試してみました。スピーカーはQUAD 21Lを試聴しました。なぜ選んだかというと、スピーカーの高さが80cm足らずと背が低いため、少しでも高さをあげてやると音がよくなるのではないかと思ったから、という単純な理由です。

コーリアンボード+WOODBOY/K

音の重心が下がり、一音一音の分離感が格段に上がる。声のヌケが良くなり、ボーカルが中央にきちんと定位するようになった。しかし淡白で生気がないような印象を受けました。

コーリアンボード+PA-13(縦置き)

透明度とエッジの鋭さは少し落ちるような気がするが、低音が劇的に増える。本当に歌い手が腹の底から声を出しているように聞こえる。また直接音だけでなく間接音もよく聞こえるようになり、奏者の息づかいがわかるようになった。

コーリアンボード+PA-13(横置き)

縦置きでは、スピーカーとの間にWOODBOYを3点支持して置くことが出来ないので、試しに横置きにおいてみました。それが大成功!やや暗かった雰囲気が晴れて明るくなりピアノの音が良く弾む。ボーカルも若々しく歌っている。ただ横置きにしただけなのに、こんなに感じが変わって聞こえるとは・・このベースの設計思想である「新しい時代」のという意味が分かったような気がしました。

コーリアンボード+PA-13(縦置き)+WOODBOY/K

もうこれで十分満足したのでこれ以上は・・と思いつつも、念のためWOODBOYを挟んでみた。透明度が上がり音の輪郭はくっきりとするが、音の統一感がなくなり音がバラバラに鳴っているような気がする。さっきまでの歌い手の豊かな表情はどこへ行ったのか?MGTのスタンドでも同様の結果であったが、ベースの強度とインシュレーターのピンポイント支持の効果を合わせ持つ、かなり完成された製品であることがわかった。

結論

スピーカースタンドでもそうでしたが、ティグロン製品はAIRBOW製品と同じく、厳密な試聴の上に組み上げられていることがWOODBOYを上に載せたときに分かりました。たいていは音の良い製品同士を組み合わせると相乗効果を生み出すのですが、このメーカーの製品はそれをはね除けてしまったのです。それほど完成度が高い(おそらく、ネジの材質から締め付けトルクまで厳密に試聴している?)製品だと心から感じ取りました。背の低いスピーカーを持ち上げるという従来のベースとは異なり、「スピーカーの下に敷く」だけで音質が大幅に向上する。製作者が「新しい時代のスピーカーベース」と言うだけあってすばらしい出来の製品でした。

2006年 7月 逸品館オーディオ担当 松田

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.