TAD−M1 インプレッション

PIONEERの本社にて「TAD−M1」を試聴しました。

TAD−M1とは、PIONEERの最高機種として従来“exclusive”のブランド名で愛されてきた「超高級スピーカー」の最新モデルです。
従来のホーン方式から、より低歪みでトランジェントの良い「どこまでも純粋なサウンドの創造」をめざして、ユニットの設計からエンクロージャーに至るまで完全な「ニューモデル」として生まれ変わりました。

TADというネーミングは、exclusiveに搭載されていた「ユニット」でおなじみの「TECHNICAL AUDIO DEVICES」から由来します。

音質は、非常にピュアでストレート。トランジェント(過渡特性)の良さは、今まで聞いたスピーカーの中で「断トツ」です。
従来のexclusive製品とは一線を画する「プロ好み」のモニターサウンドですが、繊細さと柔らかさがあり「単なるストレートなサウンド」とはまた違う良さがあります。音の細やかさ、再生帯域の広さ、定位の良さなどは、ラウドスピーカーのトップレンジに恥じない高いレベルに達していますが「セッティング」の善し悪しも非常にストレートに出ます。

実は試聴室で聞いた瞬間に「やっぱりPIONEERの音・・・」と落胆したのです。しかし、メーカーの本社に招かれていきなり「ダメですね」と言うこともできず、しばらく聞いていると「問題はスピーカーにある」のではなく「セッティングにあるのでは?」と気づきました。

そこで、弊社HPに掲載しているとおりに「左右のスピーカーの壁からの位置関係」と「周囲に配置されている機器の位置」を調整するだけで「音質はまったく別物」と言って差し支えないほど変わりました。(レーザーセッターは使用していません)

具体的には「大きかったボーカルの口が小さく」なりました。壁と左右のスピーカーの位置関係を「調整/最適化」することで、定位が改善され音源の位置関係と立体感が大きく向上しました。さらに、「やや濁り気味だった低域がすっきり」し、音楽の表情と躍動感にメリハリが感じられるようになりました。

軽いセッティングを行った後、TAD−M1は見違えるように「朗々」と鳴り出し「音質の優れた製品ほど周囲の環境に敏感」と言うことを当たり前のように「再認識」する結果となりました。

音楽の表現力や音色自体には、価格が高いので「この程度で手当たり前」と私には感じられましたが(誉め言葉です)、驚いたのは「全帯域でのトランジェントの良さ」です。トランジェントが良いと言っても、普通の人には何のことか判らないと思いますので少し補足いたします。

それは「音が出るまでのスピード」と「音が消えるまでのスピード」が非常に早いと言うことです。スピーカーから「遅れることなく瞬時に音が出て、無駄な付帯音(エンクロージャーによる響き付け)などをほとんど発生せずに音が消える」のです。まるで「ユニットが素で鳴っている」かのように「エンクロジャー(箱)鳴き」などの影響をほとんど受けません。

つまり、ユニットの慣性質量・駆動する空気の質量や粘性という「負荷抵抗(物理的なインピーダンス)」に打ち勝って「空気を確実かつ迅速に駆動することの出来るスピーカー」だけが実現することの出来る「超絶の世界」です。

小型スピーカーなら「物理的な負荷抵抗」が小さいのでトランジェントの良い製品を作ることは、そんなに難しくありません。しかし、それが大型スピーカーになると・・・とても難しいし、物量も投入しなければならないのです。

こんなふうに考えると「物理的な負荷抵抗の持つ意味」を理解して頂けると思います。卓球の球は「ピンポン球=軽い」ので、簡単にプレーヤーの間を往復することが出来ます。これが小型スピーカーの持つ「物理的な負荷抵抗」です。しかし、もし「ピンポン球」を「野球のボール」に変えたらどうでしょう?「野球のボールを軽々と打ち返す」ためには、プレーヤーの「腕」には「大きな力」が必要になります。

TAD−M1は、このような「大変力の必要な仕事」を軽々とやってのけるのです。それが、このスピーカーのすごさです。

色づけの少ないスピーカーですから、選ぶアンプやCDプレーヤによって「どのような音色」も奏でてくれそうです。同価格帯のライバルとしてはB&Wのノーチラスを思い浮かべます。「2機種を聞き比べてみたい」そういう気にさせる、実力のある製品でした。

最後に、すでにこの製品は「あるオーディオ専門店」では、すでに20%程度の割引率で販売されているようです。しかし、私は本来このような「真のトップレンジの製品」は「値引き」をするべきではないと考えています。なぜならそれは、中途半端な販売店から、20%程度という中途半端な値引率で購入したとしても「この製品の良さを発揮する」ことが「決して出来ない」からです。

「定価で販売」する見返りとして、PIONEERの「認定技術者」が全国どこでも「購入したお客様のご自宅にお伺い」し「責任を持って完全に作動させる(メーカーが保証できる音質になるまでセッティングを行う)」保証を付けることが必要だと思うのです。それが「トップレンジの製品を世に送り出す」メーカーの責任であり、プライドだと思うのです。すでにPIONEER関係者には、この進言を行っています。大きな会社故に、そうそうことは簡単ではないと思いますが、是非「世に先駆け」てそのような「素晴らしいサービス」を実現されることを切に願います。

もちろん、逸品館から「値引き無し」でこのスピーカーをお買いあげの場合には、全国どこにでも(余り離れたところは難しいことがありますが)私(清原)が、自らセッティングに出向き、最高レベルの仕事をさせて頂きます。

   

TAD−M1の詳細 (メーカーのHPより抜粋)

スピーカーシステム TAD-M1 3,000,000円(1本/税別)

TADブランドのプロ用スピーカーユニットは、プロフェッショナルスタジオモニタースピーカーとして、世界の録音現場の第一線で揺るぎない地位を築いています。1978年に米国で発売されて以来(国内では1981年発売)、四半世紀が経った現在でも、著名な録音スタジオに採用され、多くのトップアーティストから、レコーディングおよびデジタル・リマスター用モニタースピーカーとして大変高い信頼と評価を集めています。
 この度、パイオニアは、長年にわたり培ってきたプロ用TADスピーカーユニットの高性能技術にさらに磨きをかけ、DVD-AudioやSACDなど、飛躍的に高まった音楽ソフトの性能を存分に発揮できるスピーカーシステム「TAD−M1」を完成させ、TADブランドとして初めてコンシューマー向けに発売いたします。

【企画意図】

 これまでオーディオはアナログからデジタル(CD)へ、そして、近年にいたってはDVD−AudioやSACDといった飛躍的に高性能(広帯域、ワイドなダイナミックレンジ)なフォーマットへ進化しております。新たなフォーマットの登場は、再生芸術の歴史の中で大変革であり、いよいよ夢であった「自然界にある音そのもの」に肉薄するほど、リアルなオーディオ再生実現の可能性が出てまいりました。そして、これら新フォーマットによるソフトの性能を存分に再生するためには、再生装置にも一段の性能面の進化が求められて来ました。特にスピーカーシステムは、「演奏家とリスナーの最終インターフェース」という重要な役割を担うため、一層の広帯域や、ワイドなダイナミックレンジという極めて優れた性能が要求されております。まさに、プロの厳しい世界の中で、TADブランドが築きあげてきた圧倒的な高性能の本領をついに発揮するときがやって来たといえます。
 この度発売いたします「TAD−M1」は、TADの持つ技術思想、こだわりの姿勢を頑なに守って開発した、コンシューマー向けスピーカーシステムとして、ワイドレンジ思想を中心とした革新的な技術要素があますところなく盛り込まれた、ハイエンドオーディオ市場における21世紀の新しいリファレンススピーカーシステムです。

 
【スピーカーシステム「TAD−M1」の主な特長】

1)

CST※1同軸ユニットの採用

 

CSTは、広帯域にわたって駆動ユニットの位相と指向性をコントロールする同軸スピーカー方式です。一般的なマルチウェイ方式のスピーカーシステムでは、スピーカーの前方にある軸上では特性をフラットにすることは可能ですが、その軸上をはずれると、それぞれのスピーカーユニットまでの距離が異なるために、特性にみだれが生じます。同軸スピーカーでは、それぞれのユニットが同じ距離にあるため軸上をはずれても特性の乱れが小さくなります。CSTではさらにミッドレンジとトゥイーターの指向特性もそろえ、クロスオーバーでの特性のみだれをなくしています。そのため、軸上をはずれても急激に指向性パターンが変化するということがなく、広いリスニングエリアと安定した音像が得られます。
※1 CST:Coherent Source Transducerの略語

2)

16cm口径のベリリウム振動板

 

ベリリウムをミッドレンジとトゥイーターの両方の振動板に使用。ベリリウムは、軽量かつ高剛性の金属材料で、中高域用振動板に最も必要な性質を持つことから、透明感あふれる澄んだ音を再生できます。再生帯域は350Hz〜100kHzまでと、広い帯域をカバー。ベリリウムの製法は粒子の結合により金属では考えられないほどの高剛性と内部損失を合わせ持った“蒸着法”で、パイオニアのオリジナル技術です。
また、ベリリウムとしては最大級となる口径16cmのコーンタイプ振動板を開発。TADプロで培った技術を集約しました。

3)

ウーファーとミッドバスの磁気回路に新開発の「OFGMS※2磁気回路」を搭載

 

ショートボイスタイプのOFGMS磁気回路を開発。37mm厚(ウーファー部)のロングギャップでありながら、その間の磁束密度を均一化し、常に一定の磁気ギャップの中にボイスコイルが位置されています(特許申請中)。大振幅のときでも動作が安定し、かつ振幅も制限されることが無く、常に波形を正しく再生します。
振動板には、構造体強度も含めて理想的な物性を得るために、3層構造アラミド振動板を新開発。豊かでクリアな低音とカラーレーションのない素直な中域音の再生を実現しました。またサスペンション系は、エッジにはTAD伝統のコルゲーションエッジ、ダンパーはデュアルダンパー(ウーファー部)としリニアリティーを確保しました。
※2 OFGMS:Optimized Field Geometry Magnet Structureの略語

4)

スタイルの美しさはもちろん、サウンドの美しさも叶える、「SILENT※3エンクロージャー」

 

エンクロージャーは、音像および音場を形成する重要な一要素です。50を超える個々に加工された高品質なバーチ合板層を採用し、強固な構造となっております。スタイルの美しさはもちろん、キャビネット内の定在波が起きないように、厳密に設計し、高品位かつ自然で広がりのあるサウンドをお楽しみいただけます。
※3 SILENT:Structurally Inert Laminated Enclosure Technologyの略語

5)

CSTを正確に、精密に音の力を生かせる「ISO(Isolation) ドライブ」

 

CST部を配置した上部エンクロージャーは本体エンクロージャーから切り離されています。またCST同軸ユニットは上部エンクロージャーに対して、浮かして取り付ける構造となっております。これらにより、CST同軸ユニットは低域の強大な振動からと上部エンクロージャーの共振から切り離されて、正確で精密なディテール再生を実現します。
 

【主な仕様】
構成: 4ウェイバスレフ型
使用ユニット: 25cm コーン型 ウーファー ×2
20cm コーン型 ミッドバス×1
16cm 同軸型 ミッドレンジ/ツイーター ×1
※ツイーター口径3.5cm
周波数帯域: 25Hz 〜 100kHz
周波数レスポンス: 30Hz〜20kHz +/−3dB
クロスオーバー周波数: 100Hz、350Hz、2.2kHZ
パワーハンドリング
(適合アンプ出力):
50W − 300W
能率: 90dB/2.83v/1m
最大音圧レベル: 115dB
公称インピーダンス: 4Ω (minimum 3.2Ω)
質量 130kg
外形寸法 1380mm(高さ)×580mm(幅)×568mm(奥行)

 

逸品館ホームページへ

   ippinkan.com サイト内検索

※掲載から一週間以内の情報は検索されないことがあります。

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

カートの中 カテゴリー別 メーカー別 特価品 中古品 買い取り 下取り その他お問合せ
製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

通販法による表記]   [返品特約]    [アフターサービス

電話での問い合わせ大歓迎
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“
店頭販売をするショップ”ですから、「お電話でのお問い合わせを歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜)平日は予約が必要です)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

お振り込み先

銀行から
三菱東京UFJ銀行/難波駅前支店/普/0088906/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

ネット銀行から
ジャパンネット銀行/本店営業部/普/8788745/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

郵便局から
浪速郵便局/振替口座番号/00970-7-133592/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]
郵貯インターネット・ホームサービスからもご利用頂けます。