MARANTZ VP8600 SANYO LP-Z4 EPSON EMP-TW600 MITSUBISHI LVP-HC3000 AIRBOW DV9500/KAI SPECIAL DV9600

Projection design

Action model three
世界最高峰のDLPプロジェクター
画質紹介

 

Action Model Three



ボディーとレンズは、ハイエンドモデルらしくかなり大きい。

外観

Action! model three

標準レンズ付きセット価格

2,800,000円(税別)

デバイス・画素数

DMDパネル・1280×720

コントラスト比

最大 7500:1

輝度

500〜2500ルーメン (アイリスで可変)

光源

250W UHP×2燈

ズーム

1.5倍 ズーム (標準レンズ)

ワイド100までの投影距離

4.6〜6.9m

入力端子

DVI-D/HDMI(HDCP対応)
D-sub15Pin(RGB/コンポーネント)

3RCA(コンポーネント)
5BNC(RGB/コンポーネント)
1RCA(コンポジット)

S-Video(S端子)

質量

12.6kg

リアパネル

外形寸法幅×奥行×高さ

510×376×223mm

Action! model threeは、ホームシアター用プロジェクターとしてトップクラスのスペックを誇る、北欧ノルウェー製ホームシアター専用プロジェクターです。次にあげるような数々の独自の高画質技術と、精度の高い「オールガラスレンズ」の採用でホームシアター用プロジェクターとして、トップクラスの超高画質を実現しています。
Action! model threeでは、他機種では例をみないデュアルカラーホイール方式を採用しています。デュアルカラーホイールは、シングルに比べてカラーホイールの径が小さくて済み、その分カラーフィルターの接合部分を小さくできる結果、光の利用効率を高くすることができます。またデュアルの場合、ロッドと呼ばれる光学部品がカラーホイールの後に配置されるため、UV光線で劣化する度合いが減るので寿命が長くなるという利点があります。デュアルランプ方式とアイリス調整機能もあいまって最大7,500:1の高コントラストを実現し、映像のコントラストを保持をしつつも黒の沈み込みを見事に実現する、DLP方式の実力を発揮します。
あらゆるスクリーン使用条件に合わせられるよう、個々のランプの光量を高精細な映像表現を保ったまま調整することができます。Action! model threeは500〜2,500ANSI lumensまでの明るさの調整が可能です。

チップ

搭載するDMDチップ-The HD2+ DC3(1280 x 720 ピクセル)は高解像度TVやビデオにとって理想的な素子であり、また最高7500:1のコントラスト比は、優れたディテールと解像度の再現を可能にします。
The HD2+ DC3は米国テキサスインスツルメント社から供給される最新のDMDチップであり、ホームシアターや小規模映画館のディスプレイに適した仕様であるとともに、従来のチップと比較して劇的な映像クォリティアップに成功しました。

Action! model threeは評価の高いFaroudja製FLI2310チップを搭載し、ハイエンド、ハイパフォーマンスなビデオプロセッシングを施しています。FLI2310は標準的な解像度、高解像度のアナログ映像入力いずれに対しても互換性があります。また、3-2、2-2プルダウンなどといった特許技術により、悪条件の画像処理をも鮮やかにこなし、DCDi(Directional Correlational Deinterlacing)回路、クロスカラー軽減回路、TrueLifeノンリニアエンハンスメント回路の組み合わせにより、シャープかつ深みのある色でディテールを再現する優れたプロセッシングを可能にしています。

Action! model threeは、あらゆるインストールの条件に応えられるよう6種類のレンズを用意しています。0.88:1という超短焦点タイプ(リアプロジェクションに使用される)から4.4-7.7:1という超長焦点タイプまで選択が可能です。(オプションレンズはそれぞれ価格が異なります)すべてCNC切削機で製造されたオールガラス製、高精度仕上げとなっています。
オプションレンズはすべて水平(±90%)、垂直方向(±110%)にレンズシフトが可能です。これにより、あらゆる条件下での歪のない映像を再生する完璧なインストールが実現します。

Action! model threeはRS232端子、TCP/IP端子を装備しています。またAMX 、Crestronといったシステムコントローラーでのセットアップも可能です。バックライト付き赤外線リモコンは、ワイヤード接続が可能。IDを設定すれば、複数台を個別にコントロールすることもできます。HDCP対応DVI入力、RGBHV入力、BNC入力などAction! model threeは可能な限り高精細信号処理に対応しています。加えて、同社独自のXport端子により将来のアップグレードにも備えています。

純光学コントラスト方式とは、どのような映像コンテンツであってもフルホワイトレベルとフルブラックレベルを表現できるものです。暗い洞窟の中でカメラが捕らえた松明は眩しく真っ白な灯りとして映り、同時に暗い部分は黒として表現します。

それに対してシーケンシャルコントラスト方式は、映像コンテンツをベースにプロジェクターの出力をコントロールします。したがって明るい映像コンテンツの時にしか明るく映し出すことができません。暗い洞窟は暗く表現しますが、明るく出力する要素を持っていないために松明はろうそくのように見えるはずです。

さまざまな要素が混在しているようなシーンでは、シーケンシャルコントラスト方式プロジェクターの映像はフラットなものになります。一方、常に最大のコントラストを維持する純光学方式プロジェクターははるかにダイナミックな映像を提供します。

ホワイトレベルとブラックレベルの推移

純光学コントラスト方式とシーケンシャルコントラスト方式を比較したグラフです。
純光学コントラスト方式が常にホワイトレベルとブラックレベルを維持する一方で、シーケンシャルコントラスト方式ではダイナミックレンジが狭まっています

 

 

コントラストの違い

上左:純光学コントラスト方式による暗闇の中の明るい白。
上右:シーケンシャルコントラスト方式による同じ映像。白がグレーになっています。

下左:純光学コントラスト方式による深みのある黒と明るい白。下右:シーケンシャルコントラスト方式によるフラットな映像。

 

テスト環境

場所
逸品館1号館シアタールーム

スクリーン
OS(Home Theater) ワイド90型 ピュアマット2

DVDプレーヤー
AIRBOW UX−1 Supreme Emotion
接続
接続は、DVIです。

プロジェクターの調整

VP8600
ほぼデフォルトに近い状態で撮影しました。
※色の濃さと、カラーバランスを少し変えています。

DTSデモディスク #5 による比較 (以前撮影したmarantz VP8600+AIRBOW DV9500/KAIと比較しました)

MARANTZ VP8600(調整済み)+DV9500/Special Action Model Three + UX-1SE

撮影したカメラは同じですが、画角が異なるのでピント感など異なってしまってますが「コントラルストの高さ」はハッキリわかると思います。色の再現性も、レベルがまったく違うことがおわかりいただけるでしょうか?
左側のVP8600の絵でもプラズマTVや液晶TV(直接的な比較は無理があるのを承知で)よりも解消も色彩も豊かだ(より美しい)と感じるのですが、右側の絵は奥行き感(文字の浮き上がり方)後ろ側の該当の細部の描写など、まったく次元が違うのです。映画館で見るかなり美しい映像よりも、まださらに階調色彩とも豊かだとさえ感じられるほどです。

MARANTZ VP8600(調整済み)+DV9500/Special Action Model Three + UX-1SE

この写真も目で見た感じと少し違っているので、直接的な比較は難しいのですが、右側の写真の「柔らかさ=色彩の豊富さ」がおわかりいただけるでしょうか?
また写真では、右側が暗くつぶれ気味に見えますが実際に見た感じは異なり、非常に落ち着いて深みのある映像に見えました。右側がボケ気味に見えますが、ピントも問題なく優秀でした。撮影方法にも問題はあるのでしょうが、すでにデジカメ(SONY DSC−828)の限界を超えているのだと思います。

MARANTZ VP8600(調整済み)+DV9500/Special Action Model Three + UX-1SE

これも比較は難しいですが、「色の深み」と「衣服などの細やかな立体感と素材の柔らかな感じ」に大差があります。

DTSデモディスク #9 の画像

人肌の微妙な質感、透明度が高く奥行きのある場面での色彩とコントラストの豊かさには圧倒されました。

アニメのワンシーンでは、思わず息をのむほどのすさまじい描写能力を発揮しました!
スクリーンの後ろ側に「実際の場面」があるとしか思えないほどの「濃い」映像です。
映画のワンシーンでも「本当にその場に居る!」とさえ勘違いするほど自然で、実在感の濃さに驚かされ続けました。

総評

価格もすごいけど出力される映像もすごい!
これが嘘偽りのない印象です。
こんなものが家にあったら・・・引きこもりになってしまうかも(笑)しれません。
いやいや、間違いなく引きこもりになってしまうでしょう。
とにかく、その情報量の多さたるやすさまじいものがあります。たったDVDの皿一枚にこれほどの情報が入っていたなんてただ驚くだけです。初期はレーザーディスクに比べて色が悪い、デジタルくさいなどと悪口を言われ続けていたDVDですが、その進歩は驚くほど早く、CDがレコードに追いつくよりも先にレーザーディスクやビデオテープを抜き去ってしまいました。
映画館を自室に!と思っていたホームシアターですが、そのクォリティーは音質のみならず画質でさえ映画館を越えてしまいました。まったく、すごいものです。
見なければ良かった・・・。と思うか、目標が見えた・・・!とお考えになるかは、あなた次第です。

2005年12月24日 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.