逸品館情報提供サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

AET SIN EVD SCR EVD SIN EVO SCR EVO オーディオ ケーブル 音質 評価 試聴 比較 テスト

逸品館お薦めのAET製品はこちらからご覧いただけます。

2012年5月30日発売のSIN/EVD、SCR/EVDと旧モデルのSIN/EVOの音質を比較しました。

比較には、発売目前のプロトタイプ、CEC DAC3NとLuxman L-305を使いました。スピーカーには聞き慣れているVienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G)を選んでいます。

各モデルの点数は旧モデルSIN/EVOを10点として、その違いを感覚的に採点しています。

比較テストに使用したSIN/EVDとSCR/EVDは新品からエイジングを兼ねて数時間演奏後の比較ですが、AETのケーブルは通常エイジングにもう少し時間がかかることが多いため、エイジング不足分を少し割り引いて考えていただいた方が良いかもしれません。

テスト結果はあらゆる種類の音楽を聞きその印象を平均化するために、様々な音楽をCDからPCに取り込んだデーターをUSB経由でCEC DAC3Nに入力して聞いて行いました。個人差やシステム(環境)による違いはあると思いますが、テストの結果は概ね信頼していただいても大丈夫だと思います。

SIN EVO 1.2m メーカー希望小売価格 ¥180,000(税別)

AETラインケーブル・最新モデルのご注文はこちらから

表現力 低音 中音 高音 広がり 力強さ バランス
10 10 10 10 10 10 10

音質インプレッション:滑らかで透明な音

テストしたSIN/EVO/1.2mは普段から3号館で使い、エイジングが十分に終了したこなれた個体です。

高域が細やかで音場透明感が高く高品質を感じさせる音質ですが、同時に音が暖かく有機的です。AETの音は無機的で冷たいと言われることがあります。しかし、それはエイジング不足のためで、使い込めば使い込むほどどんどん有機的で暖かい音質へと変化します。

低音は力強く、中音は滑らかで厚みがあり、高音は澄み切って透明です。音場は大きく広がり、間接音成分や楽器の響きも豊かです。

高級な素材を高度な技術で組み上げた良さが、情報量の豊富さに感じられます。圧倒的な情報量と表現力の細やかさが相まって、リスナーは知らない間に音楽の深い部分まで引き込まれていくように感じます。

この独特な精緻で癖が少なく、緻密なサウンドは他メーカーのケーブルには見られないAETならではの特徴です。

写真からわかるようにEVDとEVOはほとんど見かけで区別できませんが、ほんの少しだけEVDの方が太いように見えました。

SIN EVD 1.2m メーカー希望小売価格 \240,000(税別)

AETラインケーブル・最新モデルのご注文はこちらから

表現力 低音 中音 高音 広がり 力強さ バランス
12 11 11 12 12 11 10

音質インプレッション:浸透力のある音

十分にエイジングが完了したEVOから変えた瞬間は、「失敗した」と思われるかも知れません。新品の通電直後は、中低域の厚みが足りず高域が細く感じるからです。しかし、数時間ならしてあげるとEVDは徐々に本領を発揮し始めます。

EVOとの比較では音の細やかさと滑らかさがさらに向上していることがわかります。また中低音の厚みも増しています。EVOでも十分に豊富だった情報量がさらに数割増える感じで、音の密度感と音場の広がりが増していることに気づきます。

しかし、最も重要な改良点は「音楽表現力の深さに磨きが掛けられている」ことにあります。耳に聞こえる音はEVOと驚くほどの差はないのですが、楽器の音色の変化やリズムの強弱、あるいはボーカルの表現力がEVOよりも深まり、知らない間に心に中に音楽が浸透してきます。

このさらりとした浸透力がEVDでさらに増し、しばらく聞いているとEVOには戻りたくないような気持ちが沸き上がってきます。

SIN/EVOからあえて買い換える必要はないかも知れませんが、聞いてしまうと踊れない、そういう強い魅力を持つ音に仕上がっています。

SCR EVD 1.2m メーカー希望小売価格 \96,000(税別)

AETラインケーブル・最新モデルのご注文はこちらから

表現力 低音 中音 高音 広がり 力強さ バランス
8 9 8 8 8 9 8

音質インプレッション:パワフルで前に出る音

SIN/EVOからSCR/EVDに変えた瞬間、演奏者の年齢が少し下がった(演奏がわずかに稚拙になった)ように感じれられました。

その原因はSINに比べると高域が繊細さ(デリケートさ)や透明感に欠けるからです。しかし、それはSCR/EVDが劣っているのではなく、SINの素晴らしさを褒めるべきです。

SCR/EVDの良さは、高域がSINほど強烈に伸びない事で実現する「大らかさ」と「明るさ」です。SINはあまりにも情報が多すぎ、また透明感も非常に高いため、録音の悪いソフトの「粗」を暴くことがあります。そのため時には、情報量の多さが「理に角を立ててしまうる」ように感じられることがあります。

これに対してSCR/EVDの高域は、「粗」を暴くほど神経質ではありません。中低音にしっかりとした厚みがあり、体に音楽がぶつかってくるようなパワー感を感じます。

Classicなどデリケートさが重視される音楽にはSINがマッチしますが、POPSやROCKなどのデリケートさよりもノリの良さが重要になるソフトには、SCR/EVDのほうがマッチするように感じました。

総合評価

AETのEVOモデルはEvidenceの発売をターニングポイントとして、EVDモデルへと変わりつつあります。まずスピーカー/電源ケーブルがEVDに進化した後、インターコネクトケーブルがEVDに進化しました。

電流が多く流れるスピーカーケーブルや電源ケーブルに比べると、電流がほとんど流れないインターコネクトケーブルの音質変化は,それほど強烈ではありません。しかし、音楽の表現力が深々と深まり、体の中に演奏に込められた情感が切々と流れ込んでくる変化は、見かけ上の音の変化に惑わされないインターコネクトケーブルの方が大きいように感じます。

純日本製品の「精密さ」を感じさせるAETのインターコネクトケーブルは、数ある高級ケーブルの中で音楽表現の深さ緻密さで独自のポジションを確立していると思います。

2012年5月 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン
楽天オーディオ逸品館リンクボタン
 Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.