AET HCR/AC/REV.B HIN/AC/REV.B SCR/AC SIN/AC

逸品館お薦めのAET製品はこちらからどうぞ

テストのリクエストの多かったAETの新型電源ケーブル HCR/AC/REV.B HIN/AC/REV.B
SCR/AC SIN/AC に AIRBOWの CPSC/L CPSC/LH2を加えて音質比較テストを行いました。

使用CDプレーヤー AIRBOW CC4300/Special

使用アンプ       AIRBOW PM8100/KAI3

使用スピーカー    VIENNA ACOUSTICS T3G

使用アンプは、標準的な電源回路と増幅回路を持つ製品としてAIRBOW PM8100/KAI3をスピーカーには広帯域で現在の平均的なインピーダンスを持ち、なおかつ音が細かく癖がない製品としてウィーンアコースティックのT3Gを使用しました。

2008年発売の新型AETケーブルの音質テストはこちら

テストは付属品のケーブルを基準に、情報量を「高音、中音、低音」の3つの帯域に分け、質感を「バランス、細やかさ、透明度、明瞭度、エネルギー感、広がり感、色彩感」の7つに分けて評価しました。
(AETのケーブルは1.2mの長さを使用しました)

採点は、付属品を「5」最大を「10」にして数値化しています。

評価はあくまでも上記の条件による「相対感覚」によるもので「絶対的」なものではありません。

また、使用機器や環境によってケーブルによる音質変化が異なるなどの理由で、このインプレッションの結果と実際にお使いになられた場合の音質が一致しないことがあります。

二つのグラフに加え、各ケーブルの音質インプレッションなども参考にしながら、ケーブルをご検討下さいませ。

付属電源ケーブルによるアンプの音質

音が混じり合っている感じで空間にやや濁りを感じる。

ピアノのハンマーがフェルトにくるまれているような感じ。

バランスが取れているので嫌な感じはない。

全体的にふわっとしてまろやかなサウンド。

ケーブルの紹介

AET CABLE

HCR/AC/REV.B HIN/AC/REV.B

●導体:高密度、高純度無酸素銅(100%国産)

●導体構造:三層SHT(小径円筒)

●非鉛難燃素材、グラファイト充填材

●シールド:銅リボン

●被覆:非鉛系難燃素材(フラットブラック)

●外径:11.5mm

●価格

\21,000(完成品1.2m、税別)

\24,000(完成品1.8m、税別)

\33,600(完成品3.0m、税別)

\4,800/m(切り売り、税別)

生産完了モデル

●導体:高密度、高純度無酸素銅(100%国産)

●導体構造:三層SHT(小径円筒)

●絶縁材:高純度FEP(非カドミウム系)

●シールド:高純度アルミニウム(高周波対応)

●被覆:非鉛系難燃素材(フラットブラック)

●外径:11.5mm

●価格

\32,000(完成品1.2m、税別)

\36,000(完成品1.8m、税別)

\43,200(完成品3.0m、税別)

\7,200/m(切り売り、税別)

生産完了モデル

音質インプレッション

音の芯がシッカリして音がハッキリする。

ピアノの打撃感は、カツンという感じが出てアタックがシッカリする。

エネルギー感がかなり増加し、音がやや大きくなったように感じる。

高音低音の改善により、中域がほんの少し引っ込んだような感じがしなくもない。

響きの濁りは緩和されるが完全には取れない。

ケーブルで音が良くなると実感できる大きな効果がある。

音の良さをアピールするような変化の方向だ。 

音質インプレッション

HCR/AC/REV.Bの変化に加え、透明感が一気にアップ!音場の見通しが良くなる。

中域の厚みが出て、帯域バランスが良くなる。

細かい部分のニュアンスが出てくる。

安心して聞けるバランスの良さ。音ではなく音楽が心に浸透してくるような音。

楽しい!一緒に歌いたくなるような音。 

SCR/AC SIN/AC

●導体:鏡面精度高密度6N銅

●芯線:2スケア×2芯(SHT構造)

●構造:4芯対向配置

●絶縁材:高純度フッ素樹脂

●端末:「PSE-018HR」(ACプラグ側)

    「PSE-320HR」(320コネクター側)

●価格

\48,000(完成品1.2m、税別)

\54,000(完成品1.8m、税別)

\12,000/m(切り売り、税別)

生産完了モデル

●導体:鏡面精度高密度6N銅

●芯線:2スケア×2芯(SHT構造)

●構造:4芯対向配置

●絶縁材:高純度フッ素樹脂

●端末:「PSE-018GR」(ACプラグ側)

    「PSE-320GR」(320コネクター側)

●価格

\100,000(完成品1.2m、税別)

\120,000(完成品1.8m、税別)

\60,000/m(切り売り、税別)

生産完了モデル

音質インプレッション

一聴した瞬間!試聴室の空気が変わった。

音の余裕が違う。楽器がいきなり2ランクくらいアップしたように聞こえるほどドラスティックな変化!

音の品位?が大きくアップ、あらゆる音、曲が美しく聞こえる。

高域、中域、低域のバランスがよく、音と同時に音楽の雰囲気がぐっとあがる。

付属品のケーブルとは、完全に別世界。

音の精度が一桁以上上がる感じがした。美しい!このまま聞き惚れていたくなるような音。

ケーブルの交換だけで、アンプの価格は2倍くらいになったように感じる。

つまり、12万円の音質アップが3万円強で手に入ったと言うことになる。

そういう意味で今回のAET製品の中でコストパフォーマンスが最も高い。 

音質インプレッション

SCR/ACをさらにグレードアップしたイメージで文句のない音。

ある意味、アンプの能力の限界を超えているようなイメージすら感じさせる。

SCRよりも色づけが少なく、音が引き締まっているので音場はややタイトな感じになる。

SCRよりもモニター的?な感じがするが、それはこのケーブルによる音の増加をアンプが処理し切れていないのかも知れない。

静けさを含めた、クォリティーがものすごく高い。

アンプの価格は、2〜3倍くらいになったような感じ。

音は抜群に良くなるが、コストパフォーマンスを考えると、このアンプには、明らかにオーバークォリティー。

オーディオの世界は、気に入れば何でもありだけど、

冷静に考えて単体売価が最低でも数十万円〜百万円くらいの機器に使うのが相当なのだろうけれど・・・。

聞いてしまうと、手放せない、そういう魔力を感じさせるケーブルだ。

AIRBOW CABLE

CPSC−L CPSC−LH2

音質インプレッション

SINの直後に聞けば、当たり前だが価格が違いすぎるので音質は明らかに劣る。音のクォリティーは、HIN/AC/REV.Bと同程度かそれをやや上回る程度。ただし、バランスの良さと音の対比(大小、色彩の鮮やかさ)の表現は素晴らしい。

このケーブルが持っている滑らかさ、響きの良さ、雰囲気の良さは、ある意味ではSCRと同じくらいの高い「納得感」を感じさせる。各楽器のハーモニー、響き、音のはいるタイミングが調和し、音ではなく音楽を聴くには、性能よりもバランスの方が大切だと教えてくれるような鳴り方をする。

低音は膨らまないが、やや控えめ。エネルギー感もさほど大きくはない。

音楽を聴いている印象はSCR/SCに近い。一緒に歌いたい! 

このケーブルのご注文はこちらから

音質インプレッション

CPSC/Lの高いバランスを保ったまま、エネルギー感が大きくアップする。

音の芯がシッカリし、低域の力感、中域の明瞭度が向上、音源までの距離が近くなり、楽器やボーカルの唇の動きが克明にわかるようになる。

CPSC-Lでは、薄いベールがかかってたのでは?と感じるほど透明度とハッキリ感が向上するが、CPSC-Lのソフトフォーカス感にも捨てがたい威力を感じる。

不明瞭さがなくなったため音質はややモニター的な傾向が強くなる。CPSC/LがSCR/ACなら、CPSC/LH2はSIN/ACに近いようなイメージ。

このまま音楽に聴き惚れていたくなるようなサウンド。

このケーブルのご注文はこちらから

帯域バランス 高音 中音 低音
付属 5 5 5
HCR/AC/REV.B 7 6 7
HIN/AC/REV.B 7 7 7
SCR/AC 8 9 8
SIN/AC 9 10 9
CPSC/L 8 7 6
CPSC/LH2 8 8 7

  バランス 細かさ 透明感 明瞭度 エネルギー 広がり 色彩感
付属 5 5 5 5 5 5 5
HCR/AC/REV.B 5 7 6 7 7 7 6
HIN/AC/REV.B 6 8 7 7 8 8 6
SCR/AC 9 9 9 9 9 9 9
SIN/AC 10 10 10 10 10 10 9
CPSC/L 8 8 7 7 6 8 8
CPSC/LH2 8 9 8 8 8 8 8

2006年3月 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.