audio techinca at-f7 at-oc9 mcカートリッジ 音質 比較 テスト 評価 試聴

audio technica MCカートリッジ音質テスト

左から、AT-OC9/3 AT-F7 AT-F3/3

audio-technica

AT-OC9/3 AT-F7 AT-F3/3
再生周波数帯域 15Hz - 50kHz 15Hz - 50kHz 15Hz - 50kHz
出力バランス 0.5dB (1kHz) 0.5dB (1kHz) 1.5dB (1kHz)
チャンネルセパレーション 30dB 30dB 27dB
出力電圧 0.4mV (1kHz,5cm/sec.) 0.35mV (1kHz,5cm/sec.) 0.35mV (1kHz,5cm/sec.)
カンチレバー φ0.26 ソリッドボロン - -
針先形状 ラインコンタクト針 無垢楕円 無垢楕円
負荷抵抗 100 オーム以上 100 オーム以上 100 オーム以上
コイルインピーダンス 12 オーム(1KHz) 12 オーム(1KHz) 12 オーム(1KHz)
コイルインダクタンス 25 μH(1KHz) 25 μH(1KHz) 25 μH(1KHz)
直流抵抗 12オーム 12オーム 12オーム
自重 8.0g 5.0g 5.0g
針圧 1.8g - 2.2g (2.0g nom) 1.8g - 2.2g (2.0g nom) 1.8g - 2.2g (2.0g nom)
メーカー希望小売価格 ¥78,000(税別) ¥38,000(税別) ¥18,000(税別)

この商品のご注文はこちらから

Audio-Technica MCカートリッジ

逸品館お薦めのNOTTHINGHAMは、ストレートアームにカートリッジを直づけするタイプなので、カートリッジの交換が面倒です。そこで今回は、Micro SX1500FVX(生産完了モデル)+SME 3012R(生産完了モデル)の組み合わせで音質をチェックしました。

昇圧トランスはAIRBOW J's5471、フォノイコライザーアンプはCREEK OBH-8(改造品)を使いました。

audio-technicaのカートリッジのテストに先立って、JICO(日本精機宝石工業株式会社)から発売されている「各種交換針」の中から、SHURE V15/TYPE3用の交換針の音質をテストしました。

左がオリジナル針の付いたSHURE V15/TYPE3(非売品)。右がJICOから発売される交換針“VN-35HE”。

左がオリジナル針、右がJICOから発売される交換針“VN-35HE”。形状は同じでも材質などが異なっています。

音質テスト

試聴ソフト

The L・A・4

PAVANE POUR UNE INFANTE DEFUNTE

 

BUD SHANK

LAURINDO ALMEIDA

RAY BROWN

SHELLY MANNE

SHURE V15/TYPE3(オリジナル針)

癖のないさわやかな音。カートリッジ固有の色づけがなく自然な音から、V15/TYPE3がMMカートリッジでも特別な存在とされることが十分に感じ取れる。優しく、明るく、そして色っぽい。一般的にSHUREのカートリッジの音は乾きすぎていて私は好みではないが、このV15/TYPE3の音はいいと思う。古き良き時代のPickeringやStantonの高級機にも通じる、高いレベルで完成された音だ。

SHURE V15/TYPE3(JICO針)

音が堅く、音場が広がらなくなる。針の交換でかなり音が変わるのは予想していたが,これほどとは思わなかった。V15/TYPE3のオリジナルが良すぎることもあって、MM44クラスまで音質が落ちてしまう印象がある。ただし、JICOは音が元通りになるのではなく、「音が出るようになる」と説明しているので良心的だ。

価格はメーカー希望小売価格で税別、¥10,000(SAS針)、¥7,500(楕円針)とこれまた良心的。

音質はともかく歪みや問題となるノイズなどは一切なく、海外を中心にコンスタントに年間10万個を大幅に超える売り上げがあるという説明は十分に納得できる話だ。種類も豊富で、鳴らなくなったカートリッジの補修用としてはお薦めできる補修用交換針だ。

AT-F3/3

音がばらばらで質が低い。この音質では、価格にかかわらずお薦めできない。V15/TYPE3とは全く比べものにならない音だ。AT-F7を買う方が遙かに満足できるだろう。

AT-F7

AT-F3とはまるで違う音。価格差2倍とはとうてい思えないきめ細やかでバランスの良い音。音質の傾向もV15/TYPE3と似た方向で自然で癖がないが、MCカートリッジらしく細やかさではV15/TYPE3を上回る。

価格も¥30,000(税別)と決して高くないのに音は凄く良く、下手な4〜6万円クラスのカートリッジを十分に上回る。たぶん今までテストした、オーディオテクニカのカートリッジでベストだろう。

AT-OC9/3

AT-F7よりも音は細かいが、少し神経質で分析的な感じが出てくる。AT-F7が、いい意味でこれまでのテクニカ製品らしくない「HOT」な音を聞かせてくれたのに対し、AT-OC9/3はこれまで通りのやや細く堅い音だ。従来のテクニカの路線上で高性能なカートリッジをお探しならこの製品はベストだと思う。しかし、今回のプレーヤーや昇圧トランスをはじめとする環境では、AT-F7とのマッチングがすばらしかった。

一つだけ良いカートリッジが欲しいとお考えならAT-OC9/3も悪くはないが、レコードをがんがん聴きたいとお考えなら安く,そして音質もAT-OC9/3に引けをとらないAT-F7をお薦めしたい。

総合結果

ほぼ1年以上ぶりにMicro SX1500FVXを動かした。このプレーヤーは、別置きのポンプを使って真鍮で作られた重量級のターンテーブルを空気で浮かし、ディスクをターンテーブルに真空吸着する。相当な反りのあるディスクでも、強力な吸着力で平面ディスクにしてしまう。

アームはどちらもSMEでストレートアームがTYPE-V、S字が3012Rと今はすでに生産が完了した名器をそろえている。これらのセットは、定価で100万円を軽く超える。“もの”としての存在感はすばらしいが、音質的では最新のNOTTINGHAMには少し敵わない。もちろんいい音で独特の味もあるが、「解像度」でNOTTINGHAMがMicroを上回る。

いつもならカートリッジのテストにはNOTTINGHAMのINTERSPACE HDを使うのだが、今回は複数のカートリッジを一度にテストしなければならないため、ヘッドシェルの交換が容易なユニバーサル型アームを使いたかった。しかし、最近のプレーヤーは高音質を追求するため継ぎ目と接点のあるユニバーサル型アームを使わない。そのためMicro SX1500FVXの出番となった。

久しぶりに聞くSX1500FVXは、ポンプの音が耳障りなことを除けば、現代でも十分高音質として通用するほどいい音だった。重量級のターンテーブルの完成質量の大きさによって回転が安定し、さらに吸着式ターンテーブルの効果でレコードが平面に保たれることによる「歪みのない安定した音」はさすがだ。これだけ安定してカートリッジがレコードをトラッキングできるなら、テストにはぴったりだ。

まず、JICOが発売する交換針の音質をテストした。残念ながら、オリジナルの音質には及ばなかったが、形状や工作精度はオリジナルと同等以上に保たれ、価格も良心的。リプレース用の交換針としての品質は高い。また、複数の針先形状が用意されるなど、アナログが少数となってしまった今となっては、頼りになるメーカーだ。できれば高くても良いから、オリジナルに近い音質の交換針を作ってくれたら!と思う。

オーディオテクニカのカートリッジは価格が倍になる機種をテストした。価格を考慮しても、最も安価なAT-F3/3はお薦めできない。この価格なら、逸品館がお薦めしているGOLDRINGなどのMMカートリッジの方が音が良いからだ。

AT-F7には驚かされた。この価格でこれほどまでの音が出るカートリッジには、なかなかお目にかかれない。音に癖がなく自然なこと、音質のバランスが良く特定の楽器だけが耳障りに聞こえるようなこともない。偶然の産物なのか?あるいは、見識の高いチューナーが音を決めたのか?失礼な言い方かもしれないが、国産品としては望外に音楽表現能力も高かった。

AT-OC9/3は手堅くまとめられた高性能カートリッジだが、初代のOC9のような「暖かさ」が感じられない。国産カートリッジに良くある、やや冷たく、堅く、分析的な音に聞こえた。ただ、音の細かさ、S/Nの高さなど基本的な能力は非常に高いから、組み合わせるプレーヤーやイコライザーなどを選べば、すばらしい音が出せるのかもしれない。

2010年9月 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.