CEC CD3800 AMP3800 音質 評価 試聴 比較 テスト KRIPTON KX-3 との組合せで

2009年発売のCECの新型CDプレーヤー CD3800とプリメインアンプ AMP3800の音質をほぼ同価格の
AIRBOW Little Cosmos3と比較試聴しました。
スピーカーには、Vienna Acoustics T-3Gを使いました。

CEC

CD3800

AMP3800

  付属のリモコンは、CDとAMPで同一
 バランス入出力を装備、左右端子が離れている

定価(税別) \65,000 生産完了
(CEC製品のご注文はこちらから)

定価(税別) \65,000 生産完了
(CEC製品のご注文はこちらから)

CD3800 製品仕様

■形式: ダイレクトドライブ方式 CDプレーヤー

■再生可能ディスク: 一般音楽CD ファイナライズ済みCD-R/RW

■アナログ出力: RCA/XLR 各1系統

■デジタル入力: RCA*1 、 TOS*1 、  XLR*1 、 USB*1

■消費電力: 18W

■外形寸法: W 435 ×D 355 ×H  102mm (突起部含む)

■重量: 6.8kg

■付属品: IR リモコン、電源ケーブル

 AMP3800 製品仕様

■定格出力: 64W+64W(8Ω) 、 85W+85W(4Ω)

■入力端子: RCA/4系統 XLR/1系統

■テープ入出力: なし

■スピーカー出力: 1系統

■消費電力: 最小38W 、 最大300W (実測44W)

■外形寸法: W 435 ×D 378 ×H  102mm (突起部含む)

■重量: 10.3kg

■付属品: IR リモコン、電源ケーブル

AIRBOW

CD5003/LC3

PM5003/LC3

   左:CD/右:AMPのリモコン

 電源ケーブルは3P、スピーカー出力は2系統

CD5003/LC3 製品仕様

■形式: ダイレクトドライブ方式 CDプレーヤー

■再生可能ディスク: 一般音楽CD CD-R/RW MP3/WMA対応

■アナログ出力: RCA 1系統

■デジタル入力: なし

■消費電力: 14W (待機時0.4W)

■外形寸法: W 440 ×D 339.5 ×H  104.5mm (突起部含む)

■重量: 5.1kg

■付属品: IR リモコン、電源ケーブル、リモート接続ケーブル

PM5003/LC3 製品仕様

■定格出力: 40W+40W(8Ω) 、 55W+55W(4Ω)

■入力端子: RCA/4系統 、 フォノ(MM)1系統

■テープ入出力: 1系統

■スピーカー出力: 2系統 (SYSTEM A/B)

■消費電力: 110W (待機時0.4W) 、 実測13W

■外形寸法: W 440 ×D 369.5 ×H  104.5mm (突起部含む)

■重量: 6.7kg

■付属品: IR リモコン、電源ケーブル

テスト環境と使用ソフト

使用機材

スピーカー

Vienna Acoustics T3G

定価(ペア・税別) \638,000

この価格帯の製品には少し過ぎた感じもありますが、事前のテストで問題なく良い音を出せたので、アンバランスを承知で高価格帯のスピーカーを使いました。

使用ソフト

NORA JONES

COME AWAY WITH ME

7243 5 41747 2 8

輸入盤

好んでテストに使う一枚。今回使っているのはCD/SACD/SACD-MULTIの3フォーマットが一枚に収録されたコンパチディスク。トランスポーターの読み取り能力を探る目的もある。

Hilary Hahn plays Bach

Bach Partitas

No.2 , 3

SK 62793

輸入盤

今や押しも押されぬトップバイオリニストに成長したヒラリー・ハーン17才の時の演奏。

バイオリンの音色と響きのしなやかさがベルトドライブで生かされるか?

BEST FICTION

安室 奈美恵

AVCD-23650/B

今一番話題で、一番売れているCDソフト。

鳴り物入りのソフトらしくJ-POPの中でも録音はピカイチ。最も愛され聞かれるソフトがどう鳴るか?

音質比較レポート

CEC CD3800+AMP3800

音がクッキリして明るく開放的。それが第一印象。

ノラの声のハスキーな感じ、ピアノやギターベースのアタックやプレゼンスも明快だ。従来のCEC製品は、中域が厚ぼったく、高域がやや抑え気味で、どちらかと言えばウェットな印象だったが、今回の製品はドライな印象がある。しかし、やたらと元気ばかりでデリカシーのない音ではなく、楽器の音色の変化もきちんと出る。

音の裏側の繊細な部分は少し出ていない感じがあって、写真で言うと輝度がやや上がりすぎて、影の中のグラデーションがやや飛んでしまっている印象があるが、それは傾向と言いきれる範囲内で欠点ではない。

楽器の中で最も印象に残ったのは「ピアノ」。アタックがしっかりと再現され、響きも美しい。ピアノらしい「コロコロ」とした感じがとても上手くでる。ベースの切れ味やドラムの歯切れ良さも心地よい。

聞き込んで行くとボーカルの子音がやや強く出て、サシスセソが少しざらつくことに気がつく。特にノラ・ジョーンズのこのソフトでは、録音の関係でその部分に嫌な音が出やすい。CD3800+AMP3800のコンビは、私の好みで言うとぎりぎり合格のレベル。しかし、その評価はものすごく辛いので、ほとんど問題とならないと思う。逆に楽器のアタック部分の再現性を高め、音色の鮮やかさも増す方向に働くから、アコースティック楽器系のソフトではさらによい音が聞けると予想できる。

ノラ・ジョーンズを聞いた総評としては、明るく元気で「張りのある音」というのが、一番ピッタリ来る表現だと思う。

AIRBOW Little Cosmos3

音が上品で細やか、そして音がいっぱい聞こえる。それが第一印象。

収録マイクをダイナミック型からコンデンサー型に変えたような、レコードプレーヤーのカートリッジをMM型からMC型に変えたような、そんな変化が感じられる。

音の張りや押し出し、アタックのエネルギー感ではCEC CD3800+AMP3800がAIRBOW Little Cosmos3を上回る部分もあるが、デリケートさや透明感、質感の高さではAIRBOWがCECを上回る。

同じ曲を聴いていても時間がよりゆっくりと流れるように感じられるし、ノラ・ジョーンズの色気に深みが増す。低音の量感や音の広がりには大差は感じられないが、空気感や無音部分の雰囲気はハーモニーの分離では明らかにAIRBOWがCECを凌いでいる。食べ物に例えるなら、木綿豆腐と絹濾し豆腐の味わいの差だろうか。

エネルギー感、押し出し感はCECが良く、透明感、漂い感ではAIRBOWが勝る。

CECはピアノは良かったが、AIRBOWはウッドベースが言い。もちろんピアノも悪くないのだが、ウッドベースの上質で木質的な響きはAIRBOWが圧倒的によい。細部の再現性の違いが「楽器の響きのデリケートさの違い」となって音に出る。CECのピアノはアタックが小気味よく「コロコロ」という感じに聞こえたが、AIRBOWのピアノは「響き」が良く「ポロンポロン」という感じに聞こえる。どちらも心地よい。

ノラ・ジョーンズを聞いた総評としては、繊細で「デリケートな音」というのが、AIRBOWに一番ピッタリ当てはまる。

CEC CD3800+AMP3800

ノラ・ジョーンズのボーカルで少し気になった「高域のざらつき」は、全く感じられない。これは過去に何度も経験したことだが「擦って音を出す楽器」には、最初からザラザラした成分が音に含まれているから、アンプやCDが多少ザラザラした音を出しても、全くと言って良いほど気にならなくなる。それが一番気になるのは、やはり女性ボーカルだと思う。

音の広がりは十分。スピーカーから音が離れて空間に漂っている感じが上手く出る。弓と弦がこすれる音は柔らかく、音のエッジは生演奏よりもわずかにマイルド。これはCEC製品全体に通じる印象だ。上級機と比べると「音の細やかさ」や「透明感」にやや物足りなさを感じなくもないが、それは価格を考えれば当然のこと。今聞いている音でもセットで10万円を少しだけ超えるコンポとしては、望外にいい音だ。価格換算で1.5〜2倍程度の音は十分にでていると思う。

直接音と間接音のバランスは、やや直接音成分の割合が多く、楽器に近いところで聞いているイメージがある。特筆しておくべきなのは「音の自然さ」だ。CDから音が出ているとは俄に信じがたいほど滑らかで暖かい音が鳴る。純A級の肩書きは伊達じゃない。柔らかで暖かく、厚みのある音。

ヒラリーハンのバイオリンが見事に蘇る!

AIRBOW Little Cosmos3

バイオリンの切れ味が増し、ホールトーンが澄み渡る。音像はコンパクトにまとまり、直接音成分と間接音成分の分離感が大幅に改善する。楽器とホールの「質」が一気に上がった感じだ。

しかし、CECとの比較ではAIRBOWのバイオリンはやや線が細くかんじられる。中域の温かさや滑らかさに独特の「艶」があった、CECの音に「懐かしさ」が感じられ、録音された音、実際に演奏を聴いた感じにはAIRBOWが断然近いのは理解できるが、CECの「温かさ」・「柔らかさ」にも捨てがたい味わいがある。

シンフォニーのようにハーモニーが複雑で、音が幾重にも重なればAIRBOWの良さが際立つこともあるだろうが、少なくとも小編成のクラシックをこれほど有機的な厚みと温かさを持って聞かせるCECのセットは、他の国産品には見られない「高い音楽性」を持つと断言できる。曲が進むと、1曲目はCECが良く2曲目はAIRBOWで聞きたいという「贅沢な悩み」が出てくることこそ、CECのセットがAIRBOWに比類する高い完成度を持つという証になる。

このクラスで、こんなに聴き応えのある音を作れるCECは立派だと思う。

CEC CD3800+AMP3800

高価なコンポで聞くこの曲のイメージからすると、若干解像度感が低く(細かい音が感じられない)、全体にほんの少し霞が掛かって感じられる。

安室のボーカルは軟らかく肉厚だが、細部の描写がやや物足りない。細かさで聞かせるよりも、全体のエネルギー感で音楽を躍動させる感覚だ。

それぞれの音の輪郭はやや曖昧だが、アタックのエッジは結構鋭く、楽器の音色の描き分けがきちんとしているので、音が重なっても位置関係は綺麗に分離する。行き過ぎない、ふわっとした定位感が心地よい。

音質は価格なりにやや「低級」に感じられるのは仕方がないが、音広がりや音源の立体的な配置は非常に心地よく、音楽を心から楽しんで聞いていられるその性質は、良くできた真空管アンプのそれに近い。

AIRBOW Little Cosmos3

やはり音の数が圧倒的に多い。音の粒子が細かく、空間いっぱいに音が満ちる。霞が掛かっているようなCECの音場再現に対し、AIRBOWのそれは見事に澄みきっている。

安室のボーカルは透明で美しく繊細。限りなくデリケートに再現されるが、CECの方が肉厚だ。情に触れるのがCECでAIRBOWはそれよりも知的なイメージの鳴り方をする。

サラウンド的な臨場感を感じさせるのがCECなら、ピュアオーディオらしいやや過剰な質感の高さを感じさせるのがAIRBOWの音だ。

中高域の透明感や繊細さではCECを圧倒するAIRBOWだが、筐体がしっかりして大型の電源を搭載するCECの方がT3Gをより強力にドライブできる。AIRBOWはもう少し、小さめのスピーカーと組み合わせた方が真価を発揮するのは間違いない。逆にCECは、やや大型のスピーカーを勢いよく鳴らしたいときにベストマッチしそうだ。

また、AIRBOWは静かでゆったりとした音楽、CECはROCKやPOPSのようなエネルギー感を必要とする楽曲に、マッチするのは間違いない。

総合評価

CEC CD3800

CEC CD3800は、このクラスのCDプレーヤーとしては考えられないほど多機能だ。出力にRCA/XLRをそれぞれ1系統備える上に、デジタル入力にも、COX/TOS/XLR/USBの4種類を備えている。

今回アンプのAMP3800との接続は、RCA接続で試聴を行っている。それをXLRに切り替えると、明瞭度が向上し少しHiFi調の音になる。音の質は向上するが、音の柔らかさや中域の厚みがやや減退する。音楽を聞くバランスとして私はRCA接続の音を好むが、組み合わせるスピーカーや演奏する楽曲によってはXLRが好ましいこともあるだろうから、両方を接続して、アンプで入力を切り替えて楽しむのがよいと思う。どちらか片方しか使わないなら、RCAをお薦めする。

CD3800の入出力端子はすべて後ろ側にある。USB端子にデジタル信号を入力するとCD3800はDACとして動作する。そこでPCにCDをコピー(リッピング)し、ウィンドウズ・メディア・プレーヤーとi Tuneでそれを再生し、USB接続したCD3800の音質をオリジナルCDと比較して見た。

電子楽器やコンプレッサーが多用されるJ-POP、特に平均録音レベルを高くしているソフトでは、CDの直接再生とUSB経由で聞くMP3やACCで圧縮した音の差はほとんど感じられない。切り替えても、それを言わなければわからないほど小さな差でしかない。これにはちょっと驚いた。使用したUSBケーブルも市販の安物だったからなおさらだ。非圧縮のWAVでは、CDとの差は事実上“ない”と言える。

CD3800との組合せでは、ウィンドウズ・メディア・プレーヤーとi Tuneの音質差もほとんど感じられなかった。MP3とACCの圧縮方式により違いでは、MP3がややメリハリ調でACCが滑らかで柔らかな感じに聞こえるが、この差もそれほど大きくはない。総じてCD3800のDACとしての性能は、非常に高いと断言できる。

CEC AMP3800

あらゆる部分で完成度が高く多機能で、長所は多くても「欠点らしい欠点」がほとんど見えないCD3800に対してAMP3800には、いくつかの問題点を抱えている。最も大きい問題は「ボリュームが大きすぎる」ことである。

録音レベルの高いJ-POPの再生では、ボリュームの角度にして僅か数度〜5度程度ボリュームを上げるだけで、深夜家庭で聞くには十分な音量になる。昼間に少し音量を上げるとしても、10〜15度が精一杯だ。録音レベルの低いクラシックでは、この大体倍くらいボリュームを上げられるから、問題は軽減されるが、それにしてもAMP3800はゲイン(増幅率)が高すぎる。90dBを超えるスピーカーとの組合せでは、実質的に“使えない”と考えられるほどゲインが高すぎる。これは大きな問題点だ。

さらに、リモコンによる音量調節は無段階ではない。手動では無段階に回せるボリュームだが、リモコンだと数度ずつのステップするように回転する。時計の秒針のように中間に止めることができないから、ゲインの高さと相まって“ちょうど良い位置でボリュームを止める”ことは、よほど音量に無頓着でない限り、事実上不可能だ。この欠点については、購入前に十分に理解しておいて欲しいと思う。

その問題点を除けば、価格を考えれば他の海外製品や国産製品を検討するのが、憚られるほどの音質が5万円強という低価格で手に入る。仕上げも従来のCEC製品を大きく凌駕する。重いアンプの音が良いというわけではないが、重量も重く“良いものを安く買った“と喜んでいただける製品に仕上がっていると思う。

AIRBOW Little Cosmos3

CECの圧倒的な中低域の厚みを聞いてしまうと、AIRBOWの低域は量は出ているが“重さ”で敵わないことが感じられる。しかし、それは今回T3Gという大型のスピーカーを組み合わせたことも原因の一つだろう。実際、この製品の開発はT3Gとの組合せで行い“中低域には充分以上の厚みを持たせた”つもりだったのである。CECは、それを上回った。このパンチのある低音は、POPSやROCKを大音量で聞く派にはたまらない魅力だと思う。

しかし、上記のAMP3800のボリュームの問題などと考慮した場合、CECには搭載されないトーンコントロールやラウドネススイッチがAIRBOWに搭載されることを考慮すると、家庭で聞くには多分AIRBOWの方が重宝することが多いと思う。これは、贔屓目ではなく現実的な選択だ。

AIRBOWの魅力は、その音の細やかさとデリケートさに集約される。美しく、透明で、繊細な音色は、価格を大きく越える“質感”を音に与えている。小音量再生、小型スピーカーとの組合せが前提のスモールシステムであれば、その良さは一層際立つことだろう。

このテストを行っているときに来られた方に、CECとAIRBOWを持参されたCDソフトで比較してもらった。それは非常に繊細なピアノのクラシックだったため、一聴した瞬間にCECは考えられない、AIRBOWが遙かによいと判断された。また、部屋毎におきたいからと言うことで複数のLittle Cosmos3を購入された方もいらっしゃるくらい、お客様からの評価も高い。

しかし、そのLittle Cosmos3の生みの親である私がCEC CD3800とAMP3800には太鼓判を押せる。音楽が躍動し、聞き手の心を明るくするCEC CD3800とAMP3800の音は、紛れもない“本物”だ。

もちろん、こんな恰好の“素材”を見逃せるはずがない。年内にもCD3800とAMP3800のAIRBOWカスタマイズモデルを発売したいと思う。CECオリジナルのパワー感にAIRBOWの質感が備わったら・・・。完成するかどうかはまだ分からないが、その音を作れるのが今から楽しみで仕方がない。

2009年5月 逸品館代表 清原 裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.