ケンブリッジオーディオ DAC MAGIC USB DAコンバーター 音質 評価 評判 usb dac d/aコンバータ

 

Cambridge Audio (ケンブリッジ オーディオ) DAC MAGIC

 

USB DAコンバーター 音質テスト

HEGEL CDP2A CDP4A H2A H4A P2A P4A H1 H200 音質 比較 評価 テスト

Cambridge Audio DAC MAGICをAV8003/Specialと組み合わせてテストしました。

Cambridge Audio DAC MAGIC

AIRBOW AV8003/Special
コンプリートパッケージ
 

 

メーカー標準価格 オープン(市場売価7万程度)
生産完了
販売価格 ¥380,000(税込)
生産完了

CAMBRIDGE製品のご問合せはこちら

AIRBOW製品のお問い合わせはこちら

主な特徴

USB端子/同軸/光入力に対応するデジタル入力を備える低価格のDAコンバーター。入力されたデジタル信号を192KHz/24bitにアップサンプリングしてDA変換し、高音質を実現します。

「新世代デジタル音声」に対応するサラウンド・アンプとしてmarantz AV8003をカスタマイズして生まれたのがAIRBOWの新生代のAVセンター。

主な仕様

DAコンバーター

Dual Wolfson VM8740 24bit DAC

デジタルフィルター

Texas Instruments
TMS 320VC5501 DSP
192KHz/24bitアップサンプリング

周波数特性

20Hz〜20kHz

同軸デジタル入力

RCA端子×2

光デジタル入力

光デジタル端子×2

USB入力

USB Type B端子×1

入デジタル出力

同軸/光 各1系統

電源

100V 50/60Hz

外形寸法(W×H×D)

215mm×52mm×191mm

質量

1.2kg

入出力端子(入力/出力)

◇デジタル音声・映像端子
HDMI(4/2)、S端子(4/3)
LAN/DLNA対応(1)

◇映像端子
コンポーネント(4/2)
コンポジット(4/4)

◇デジタル音声
同軸デジタル(3/1)
光デジタル(3/1)

◇アナログ音声
7.1ch(1/1)
RCA(7/6)・XLR(1/0)
ヘッドホン(1)、ステレオプリ出力(2)

消費電力

85W、待機電力1W(AC100V・50/60Hz)

外形寸法

W440×H184.5×D385o

重量

11.6kg

外観の特徴

付属のアダプターは、AC-AC方式です。

試聴機付属のアダプターはPSE未対応なので、発売時にはPES対応のアダプター(別物)になります。

アナログ出力は、RCAとバランス(XLR)が備わっています。

試聴リポート

テストは、デジタルプレーヤーにAIRBOW DV60/Ultimate 、スピーカーにVienna Acoustics T3G 、 アンプにはAIRBOW AV8003/Special+MM8003/Specialを使いました。

スピーカー

T-3G Vienna Acoustics T3G \580,000(ペア)

DVDプレーヤー

 AIRBOW DV60/Ultimate

パワーアンプ

 AIRBOW MM8003/Special

接続ケーブル

 LAN audioquest RJ45-G/2.0m ¥5,000

 同軸デジタル AIRBOW MSD-130/EVO ¥27,000

USB ケーブル

 Real Sound APEQ2pro 付属品

 Wireworld USB 5-2 2.0m

同軸デジタル接続でCambridge Audio DAC-MAGICを試聴する。

DVDプレーヤ“AIRBOW DV60/Ultimate”と“Cambridge Audio DAC-MAGIC”をAIRBOW MSD-130/EVOで同軸デジタル接続し“AV8003/Special”に「7.1chアナログ入力」した音質を聞いてみました。

 Nora Jones “CAME AWAY WIHE ME” 7243 5 332088 2 0

電源投入直後は、音がもやもやして?な音だったが、10分ほどで音が良くなって安定する。
刺々しさがなく滑らかで、艶のあるサウンドだ。低音は電源の問題?ですこし緩く、量感もそれほどは多くない。必要にして十分な感じを受ける。
帯域バランスは高域低域ともに欲張らず、適度にまとまっている。ウォームで聞きやすい音だが、中音がクローズアップさて少し前に出るのが魅力的だ。

ボーカルが一歩前に出て、楽器はその後ろに定位する。左右への広がりは十分だが、前後はすこし浅いかもしれない。シンバルやベースなどの「アタック」は、かなりクッキリしている。

良くできたフルレンジを聞いているような心地よい音だが、高性能感はそれほど高くない。しかし、音色の変化にとても忠実でボーカルの表情や楽器の音色がカラフルに聞こえる。音楽表現が雑にならず生き生きと再現されるのは、この価格帯の製品では珍しい。

過去にテストしたEsoteric D-07や、HEGEL HD10などと比較すると、価格なりに性能が及ばない(音の細やかさなどで負けてしまう)が、音楽を楽しませる能力は十分だ。

USB接続でCambridge Audio DAC-MAGICを試聴する。

 安室 奈美恵 “BEST FICTION” AVCD-23650/B

 Real Sound APEQ2pro 付属品のUSBケーブルを使って、BEST FICTIONを試聴する。

同軸デジタル接続と比較して、低音の制動不足が目立ってくる。低音は出るには出るのだが、止まり切らずに膨らんでしまう。力なく、薄く拡散する感じだ。

中域は魅力的な音色だが、細やかさがすこし足りない。

ロスレス録音を聞いているが、MP3程度の音に低下してしまう。

聞き比べるまでもなく、MP3に圧縮してUSBメモリーに入れた同じ曲をAIRBOW SA8003/Studioで聞く方が確実に良いだろう。

音楽的には悪くないが、オーディオ的にはそれほどの音質ではない。

 Wireworld USB 5-2 2.0m ケーブルをWireworld USB5-2/2.0mに変更して試聴を続ける。

高域の鮮度が向上し、解像度が明確に増加する。ボーカルの子音、楽器のアタックの出方は「別物」と言って良いほどの違いがある。しかし、高域が伸びた分、低音の量感不足や力不足が若干感じられるようになった。

ボーカルは同軸ケーブルで得られた音質のクォリティーに近づくが、高域が薄くなりチャラチャラしてくる。

初期のMP3で感じられた高域よりのドンシャリした音のバランスになってしまった。

クォリティーは上がったがちょっとうるさい感じで、バランス的には先ほどのUSBケーブルが好ましかった。

 AIRBOW MSD-130/EVO 接続を同軸デジタルに変更し、USBとの違いを確認する。

USBと比べて音の数が圧倒的に多くなり、その場の空気感まで感じられるようになる。

高域もUSBよりも滑らかで、まろやかだ。

低音の量感や力感が増加して、低音〜高音のバランスが適正になる。

USBとは打って変わった、厚みのあるマイルドな音。

音楽的にチューニングされたオーディオDACらしい、ウェルバランスな暖かい雰囲気で音楽が楽しめた。

総合結果

Esoteric D-07に引き続き、Cambridge AudioのUSB入力を備えるDAC-MAGICを試聴した。

同軸デジタル入力によるDAC単体の評価としては、中域に厚みがあり、音色の変化に富み、音楽の再現能力は価格を充分に超えた。しかし、AIRBOW AV8003/Specialに直接同軸デジタルケーブルを繋ぎその音と比較するとアドバンテージはなく、AIRBOW AV8003/Specialの外部DACとしてDAC-MAGICを使うメリットは感じられなかった。

本当にUSBの音が悪いのかどうか?しっかり確認するためにAIRBOW DA53N/Specialを最後に聞いてみた。 

 AIRBOW DA53N/Special \180,000

まず、同じシステム、同じソフトで同軸デジタル入力を聴いてみた。

価格が違うので当然だが、DAC-MAGICとは基本的な情報量(音の細やかさ)がまるで違う。聞こえなかった音がどんどん聞こえるし、音質のバランスにも優れるから違和感なく音楽に溶け込める。この差はあまりにも大きい。

次にUSB接続(銀色ケーブル)に切り替える。

確かに同軸デジタル接続では空間にぎっしりと詰まっていた音が少し減って、向こう側が透けて見えるように音数が若干減少し、高域が若干刺激的になって低音も丸くなってはいるが、DAC-MAGICやEsoteric D-07で感じたほど大きな差には感じられない。しかも音質バランスが変わらないので、音楽を聞くにはまったく支障を感じない。充分に楽しめる音だ。

USBケーブルを Wireworld USB5-2に変えて見る。

高域が伸びやかになり、低音の力感もアップする。銀ケーブルに比べて情報量も明らかに増加し、同軸デジタル接続の音質に一歩近づく。それでも、まだ情報量は同軸デジタル接続に叶わないが、ハーモニーの分離の明確さ、音色の鮮やかさなどは銀ケーブルに比べて格段に向上しているのがわかる。

銀ケーブルで感じた「音楽を楽しむのに支障がない音」から、「音楽を積極的に楽しみたい音質」に変化する。

AIRBOW DA53N/Specialとの組合せでは、USB5-2の使用による音質改善効果は明らかだった。

Cambridge Audio DAC-MAGICの価格帯のDACをPCと組み合わせる事でどれくらいの音質が実現するか非常に興味があったのだが、結果としてはデジタルプレーヤーからリアルタイムで出力する「同軸デジタル出力」にPCから出力する「USBデジタル出力」は、高域の解像度の低下、低域の膨らみ(高域が鈍くなると低音は止まらなくなる)、音数の減少など良い部分をまったく見いだせなかった。

DAC-MAGICは、7万円を切るDACとしての機能と音質は充分にクリアしている。例えば、このクラスで音が良と評判のCEC DAC53Nと十分比類するレベルにあると思う。

ただ製品としての成り立ちを考えた場合、DAC-MAGICを使うことで確実に音質改善が見込めるはずのPCとの接続では、USBが原因で同軸デジタル接続ほどの音質が得られなかったし、DAC-MAGICよりも「音が悪いピュアオーディオ高級機」は見あたらないだろうから、ピュアオーディオ的に考えた場合、結局「どのような場面で使うのか?」が最後まで見えてこなかった。

もし、ピュアオーディオ的にPCを使いたいとお考えなら、各種の設定により音質調整やヘッドホン出力端子を備えるCEC DA53NやそのカスタマイズモデルAIRBOW DA53N/Specialをお薦めしたい。価格を厭わなければEsoteric D-07もグッドチョイスだ。

USBによるPCとDACの接続は、今回使用した「ウィンドウズ・メディアプレーヤー」では同軸デジタル接続を超えられなかった。しかし、PCから出力される音質は「ソフトウェア」を変えることで確実に変化することが知られているから、例えばi-tuneや、その他の音が良いと言われるフリー(無料)のプレーヤーソフトを使えば、まだ改善する余地はあるはずだ。

そういった「使いこなし」にトライするための、最小限のツールとしてDAC Magicはお薦めできる。同軸/光・各系統のデジタル入出力も装備するので、PCだけではなくPS3などのゲーム機やHDDレコーダーなどの機器と接続すれば、それぞれの音質が大幅にグレードアップするのは間違いない。

対応する機器がほとんどなかった、一昨年のPCオーディオと今は大違いだ。PCオーディオは、やっとスタート地点にたどり着いたようだ。

追記

DACとPCを接続する方法は、USB以外にLANやFire-wire(IE1394)がある。

この3つの中でUSBは信号のコントロールにCPUが直接関わるため、高周波ノイズの影響を強く受ける。

LANは専用のコントロールチップが信号のコントロールを行うので、CPUから生じる高周波ノイズの影響を受けにくく、今までの経験ではUSB接続よりも格段に音が良い。しかし、IPアドレスの設定などが上手く行かないとPCと繋がらなかったり、PCに疎いと使いこなせない。

Fire-wireならUSBと同じように簡単に使える上に、LANと同じようにCPUノイズの影響を受けにくい。

Cambridge Audio DAC-MAGICよりもすこし安いくらいの価格で手に入り、Fire-wireに対応するDACにAPOGEE DUETがある。

 APOGEE DUET 生産完了モデル音質評価) 

残念ながらDUETはWindowsに対応しておらず、MACでしか使えないがLANと同じように音が良い。もし、手持ちのPCがFire-wireを備えるMACなら、APOGEE DUETがお薦めだ。

2009年 12月 清原 裕介

 

 

 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.