オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

ELAC EA-101EQ-G 小型DAC内蔵プリメインアンプ AIRBOW AI301DA Special TEAC 音質 比較 評価 レビュー 試聴

Ethernet ・ Bluetooth対応 DAC内蔵プリメインアンプ 音質比較テスト

 ELAC(エラック) DS-A101-G

  

  

ELAC DS-A101-G メーカー希望小売 138,000円(税別) (メーカーホームページ

ELAC エラック スピーカー ご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

DS-A101-Gの概要

ELAC DS-A101-Gは、同じデザインで発売されてきたEA-101EQ-Gの後継モデルに相当します。重要な変更箇所は、最大出力が8Ω時の40Wから2倍の80Wに向上したこと(4Ω時の最大出力は変更なしの80W)、新たにネットワーク入力(イーサネット/有線LAN)が追加されたことなどです。価格は、メーカー希望小売価格が8,000円値上げされて138,000円となりました。また、従来モデルのEA-101EQでは、筐体に使用されている樹脂の臭いが気になったのですが、DS-A101はほぼ無臭で問題は解決していました。
入力はUSBデジタルがイーサネットに変更され、TOS光が1系統減らされて1系統になっています。プリアウトは、従来からあるサブウーファー・モノラル出力に加え、新たにRCAステレオ出力が1系統追加されています。

問題は、EA-101EQ-Gでも気になった「スピーカー端子のサイズと取り付け位置」です。このサイズではスピーカー端子を小型にせざるを得ないのは分かりますが、それにしても端子が小さすぎ、端子間の距離も近すぎます。スピーカーケーブルの端末を金属製プラグで処理している場合、まず間違いなくショートするのでご使用はお勧めできません。輸入代理店は、太いケーブルや端末処理済みケーブルを小さな端子に接続するため変換用の金属製バナナプラグを附属していますが、このプラグにケーブルを接続した場合も、プラグ同士が近すぎて±がショートする危険性が高く、やはりご使用はお勧めできません。細めのケーブルを直接繋がれるか、バナナプラグで端末を処理したケーブルのご使用をお勧めします。どうしてもショートしそうなケーブルをお使いになる時は、ショート防止に絶縁テープを併用されることをお勧めいたします。

EA-101EQ-Gと同じく、スマートフォンのマイクを使って「サブウーファのイコライジング」を行う機能が搭載されています。今回は大型のスピーカーと組み合わせたため、この機能は試しませんでした。
試聴は、AIRBOWのミュージックPCフラッグシップモデル「Enterprise」と組み合わせ、DS-A101-Gから対応(Roon Ready)となったRoonとの有線LAN接続で行いました。送り出し機は、AIRBOWミュージックPCフラッグシップモデルの「Enterprise」を使用しています。

試聴環境

 AIRBOW Enterprise Roon 販売価格 1,500,000円(税別)現金で購入)・(カードで購入

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G)  生産完了モデル(中古で探す

スピーカーは、EA-101EQ-Gと同じ「Beethoven Concert Grand(T3G)」を使いました。

試聴ソフト (CDからリッピングしたWAVファイルを使用)

ELAC DS-A101-G 音質評価

  

ピアノの音は魅力的ですが、高域が若干スモーキーに感じられます。

バイオリンも弓が引っかかる感じは再現されていますが、天井に吸い込まれて行くような繊細な高域は再現されません。
ピアノとバイオリンの関係性は正しいバランスで再現されていますが、最高のホールで最上級のライブを聞いている感じではなく、パーティーやレストランの演出で演奏される室内楽の雰囲気でこの曲が鳴りました。

ギターの響きは美しいのですが、切れ込みの鮮やかさ、響きの豪華さまでは感じられません。

ボーカルは、厚みが少なくやや口先で歌っているイメージです。また、子音はハッキリしているが、音のエッジに強さが感じられません。よい雰囲気ですが、演奏は心の表面を流れて行きます。

ティンパニーの音は量感があるが、迫力が欠けています。弦楽器は、分離が今ひとつです。

金管楽器も輝きが弱く、木管楽器のようにだるい音です。

音は広がり」ますが、分離が物足りず、複雑に入り組んだ音の再現は苦手なようです。

バイオリンが一台だけのソロ演奏では、迫力と魅力に欠けたスタートレックとは印象がかなり違います。解像度も満足できるレベルで、奏者がバイオリンを奏でる体の動きも伝わります。

S/Nは良いとは言えませんが、明確に濁っているとも言えません。
やや弦を緩く張った、バイオリンの演奏を聞いている雰囲気です。

ボーカルと伴奏の立体感はなかなか優れています。指打ちの音もリアル。

TAKAKOさんのハスキーな声の特徴も良く出ています。コンプで圧縮された音楽の再現はなかなか良いと思いました。

ここで、Roonのアップサンプリング機能をOFFにして、入力信号のサンプリング周波数44.1KHz/16bitで再生すると、中低域が太くなりました。再び、Roonでアップサンプリング4倍(176.4KHz)を選ぶと、高域が伸びてレンジが広がり音も細やかになりました。アップサンプリングは使ったほうが、音質は良さそうです。そのため、アップサンプリング機能を持たないネットワーク配信アプリ(サーバーソフト)と組み合わせると、音質は若干スポイルされるかも知れません。

試聴後感想

DS-A101-Gは、2.8kgととても軽いアンプです。この重量に電源と増幅回路やデジタル回路が収まっているとはにわかに信じがたいほどで、手に取ると驚くほどの軽さです。けれど、低音が出ないわけではありません。
中型サイズのフロア型スピーカーBeethoven Concert Grand(生産完了モデル)との組み合わせでは、おおっと驚くほどの低音までは出ませんが、低音が出すぎるスピーカーと組み合わせるとコントロールがしやすいのではと感じられる適度な低音が出ます。その出方も、あるところから低音が消えてなくなるような嫌な感じではなく、徐々にロールオフして行くような自然な雰囲気です。

高域はそれほど鋭くありません。その細やかさも、同価格帯のピュア・コンポーネントには届かないでしょう。

中域は、明らかに密度が低く、音楽が求心力を伴いしっかりと鳴っている感覚はなく、気にならない程度、聞き流せる程度の高音質サウンドが流れている雰囲気です。自然で聞きやすい音質ですが、スピーカーの実力を完全に引き出すには、このアンプでは実力が足りないと感じました。。
メーカー希望小売価格 138,000円という価格は、輸入品と考えれば妥当な数字ですが、その実売価格がmarantzから発売されている同様のコンセプトコンポーネント「M-CR612の約2倍」と考えると、やや割高に思えます。また、機能面ではCDやFMラジオの再生も出来るM-CR612に及びません。

従来モデル EA-101EQ-Gは「なかなかの優れもの」と思ったのですが、ここ2年間でこのクラスの製品の音質や機能がグッと進歩した結果、DS-A101-Gにはそこまでの強いインパクトは感じられません。音質的にもmarantz M-CR612より、価格分優れているとも思えませんが、それはこのクラスの製品に4ch/BTLアンプを搭載するなど、機能だけではなく音質的にも驚くべきコストパフォーマンスを実現しているmarantz M-CR612を褒めるべきで、ELAC DS-A-101-Gも良く出来た製品だと思います。

DS-A101-Gは、ELACというブランドとそのスタイリッシュな外観が気に入って、おしゃれな雰囲気で音楽を楽しみたいとお考えのお客様に向いているイメージの製品だと感じました。

2019年8月 逸品館代表 清原裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2019 IPPINKAN All Rights Reserved.