2017年5月13日(土曜日)〜5月14日(日曜日)
逸品館は、東京フォーラムで開催される「音展2017」へ
ロッキーインターナショナル・TADと共に単独ブースで出展いたします。

出展フロア ガラス棟5F 「G502」

オーディオ・ホームシアター展 2017 プログラム

 音展2017「逸品館、TAD、ロッキーインターナショナル合同ブース」では、大阪のオーディオ・ショップ「オーディオ逸品館」が音頭を取ることで、単一のブランドではなく、逸品館自社ブランドの「AIRBOW(エアボウ)」を始めとして、「TAD(ティー、エー、ディー)」のスピーカーやコンポーネント、ロッキーインターナショナル取り扱いブランドの「QUAD(クオード)」、「Focal(フォーカル)」、「Wharfedale(ワーフデール)」、「Audiopro(オーディオプロ)」、「Musical Fidelity(ミュージカル、フィディリティー)」、さらに逸品館が日本国内専売モデルとして発売を予定している「Q-Acoustics 2010i」など、幅広い価格帯とブランドを組み合わせて、様々なオーディオの楽しみをご提案するプログラムを実施する予定です。
 「音楽の感動は価格では決まらない」、その思いを実現するために、システム総額10万円〜50万円程度で厳選した「おすすめコンポーネント」をご紹介するのが「エントリークラス」のデモンストレーションです。
 「ミドルクラス」のデモンストレーションでは、鳴らしやすいブックシェルフ型スピーカーを中心としたシステム総額250万円〜300万円クラスの「一般的なオーディオ・マニアが購入できる上限の価格帯」でおすすめの組み合わせをご紹介します。

 「ハイエンド」のデモンストレーションでは、価格の上限を決めず、私たちが用意できる最高のシステムをご紹介します。

 このイベントがみなさまのより良いオーディオライフ、音楽ライフのお役に立てれば幸いと存じ、みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

5月14日 13:00〜14:00の1時間は、オーディオファンの歌手「Kさん」をブースにお招きして、彼の曲を聴きながら「演奏」、「レコーディング」、「オーディオ」についてのトークショウ「Kスペシャル!」を行います。

 

5月13日(土)

5月14日(日)

10:00-11:00

エントリークラス

エントリークラス

11:00-12:00

ミドルクラス

ミドルクラス

12:00-13:00

ハイエンドクラス

ハイエンドクラス

13:00-14:00

エントリークラス

K スペシャル

14:00-15:00

ミドルクラス

エントリークラス

15:00-16:00

ハイエンドクラス

ミドルクラス

16:00-17:00

エントリークラス

ハイエンドクラス

17:00-18:00

ミドルクラス

撤収

18:00-19:00

ハイエンドクラス


エントリークラス
オーディオ機器を「料理」だと考えてください。
「おいしい料理」を作ろうとするときに、予算の上限を決めないなら「少しでもおいしい最高の素材」を選べば良いので、食材選びは簡単です。けれど、予算を決めて「おいしい料理」を作ろうとすると、選択肢は無限に広がります。星の数ほど多い「選択肢」のなかから、ベストを選び出せるのは「経験豊富なプロの力」が求められます。
オーディオの音作りは、料理と同じです。
コストの制限が厳しければ厳しいほど、選択肢(機器の選び方)によって音質は大きく変わります。中でも「音の決め手」となる、スピーカー選びは重要です。
逸品館は、様々なブランドの製品を聞き比べ、おすすめブックシェルフ型スピーカーとしてイギリス「Q-Acoustics」から「2010i(日本にはまだ輸入されていませんが、逸品館が特別にオーダーし正規輸入品として近日発売します)」、同じくイギリスの「Wharfedale」から「Diamond 10.1」、デンマーク「Audiopro」から「IMAGE11/KAI3」、イギリス「QUAD」から「11L Classic Signature」を選びました。フロア型では、「Audiopro」の「FS-20」、「Wharfedale」の「Diamond250」をチョイスしました。
音源は時流に合わせ、CDに加えて「iPod」や「USBメモリー」で用意し、逸品館自社ブランドの「AIRBOW」に加え、イギリスの「Musical Fidelity」、「QUAD」のコンポーネントと組み合わせて鳴らします。

ミドルクラス
ミドルクラスは、一般的なハイエンドオーディオの価格上限、セット総額250-300万円内で機種を選択しました。
今回スピーカーは、最近どんどん音が良くなっている「ブックシェルフ型」をフィーチャーし、Made in Japan「TAD」からCE1とME1、FocalからSopla No.1を選びました。
コンポーネントには、marantzの新製品「SA-10・PM-10」のカスタムモデル、AIRBOW「SA-10 Ultimate・PM-10 Ultimate・Stingray Ultimate」を使います。
またこの時間には、AIRBOWの音楽専用PCの最新モデルのデモンストレーションも予定しています。

ハイエンドクラス
この時間の前半は、おすすめのハイエンドモデルの提案として、TAD ME1/CE1にAIRBOWセパレートCDシステム「ベルトドライブCDトランスポーター TL3 3.0 Analogue/DA3 Analogue」のセットに、真空管アンプAIRBOW「Stingray Ultimate」を組み合わせてTAD ME1/CE1を鳴らします。さらにトランスポーターをAIRBOWの音楽専用PCの最新モデルに変更して音質を比較し、波動ツィーター AIRBOW CLT-5の音質をご体験頂きます。
後半では、TADのフラッグシップスピーカー「R1 Mark2」とFocalの「Grand Utopia EM」にTADの「Reference System D600/C600/M600」を組み合わせて試聴します。接続に使用するのは、AETの高級グレードケーブルで接続ケーブルだけでも「200万円!」を超えています。このシステムでは、「オーディオは生演奏を超えられるのか?」を確認して下さい。

K スペシャル
5月14日 13:00〜14:00の1時間は、オーディオファンの歌手「Kさん」をブースにお招きして、彼の曲を聴きながら「演奏」、「レコーディング」、「オーディオ」についてのトークショウを行います。


逸品館ホームページへ

1号館

本店:商品展示、販売全般、下取・買取 10:30-19:30(定休日なし/臨時休業除く) 06-6644-9101

2号館

中古品展示場:中古品掘り出し物の展示

3号館

高級オーディオ試聴室:高級オーディオの試聴、ご相談 11:00-18:00(定休日:毎週水曜・木曜) 06-6636-2917

逸品館へのお問い合わせは、電話でOKです!
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売”から始まったお店ですから、「直接のご連絡を大歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。 (株)逸品館

逸品館が運営する、5つのショッピングサイトのご案内はこちらからどうぞ!

このページは、大阪のオーディオ専門店逸品館が製作しています。ページに表示される記事内容は逸品館の見解を示していますが、必ずしもそれが正しいとは限りません。また、ページの情報により生じる利害や問題につきましてはいかなる責任も取りかねますので予めご了承くださいませ。ページへのリンクは大歓迎ですが、誤解を避けるためコンテンツの一部引用やコピーは、お控えくださるようお願いいたします。 

TOPに戻る 逸品館の場所・アクセス お問い合わせ 通販法による表記 返品特約 アフターサービス

Copyright © 2015 IPPINKAN All Rights Reserved. メインサイト