AIM電子 PAVA-R007 PAVA-R01 PAVA-R015 PAVA-R02 PAVA-R03 PAVA-R05 PAVA-R08 PAVA-R10 PAVA-R15

AIM電子 PAVA-FLS007 PAVA-FLS01 PAVA-FLS015 PAVA-FLS02 PAVA-FLS03 PAVA-FLS05 PAVA-FLS08 PAVA-FLS10 PAVA-FLS15

AIM電子 PAVA-FL007 PAVA-FL01 PAVA-FL015 PAVA-FL02 PAVA-FL03 PAVA-FL05 PAVA-FL08 PAVA-FL10 PAVA-FL15

WIREWORLD SSH5-2 SHH5-2

AUDIOQUEST HDMI-X 画質音質評価テスト

逸品館でお薦めしてきた高性能HDMIケーブル「AIM電子」の製品の取り扱いが、PIONEERに変更される(生産はAIM電子が継続)と共にグレードを大きくアップした新製品が3機種発売されました。

そこでいつも使っている、“逸品館で最も売れているHDMIケーブルWireworldのトップモデルSSH5-2の一つ下のグレードSHH5-2”と“Audioquest HDMI-X”との比較テストを行いました。

Wireworld Audioquest
SHH5-2 HDMI-X

●構造:ローインダクタンスフラット構造

●導体:シルバークラッド、6N-OFC銅材

●端子サイズ:幅24mm・厚さ11mm

●ケーブルサイズ:幅18mm・厚さ4mm

●価格
1.0m:¥42,000 / 2.0m:¥51,000 / 3.0m:¥60,000

5.0m:¥78,000 / 7.0m:¥96,000 / 9.0m:¥114,000
12m:¥141,000 / 15m:¥168,000 / 20m:¥213,000

この製品のご購入はこちら

●導体表面に1.25%のシルバーコーティング線を使用

●価格
1.0m:¥14,000 / 2.0m:¥18,000 / 3.0m:¥22,000

4.5m:¥27,000 / 6.0m:¥33,000 / 7.5m:¥39,000
9.0m:¥44,000 / 12.0m:¥56,000

この製品のご購入はこちら

AIM電子 AIM電子
【R】 シリーズ 【FLS】 シリーズ

●構造:フラット構造による内部導体の短尺化と等長化

●導体:純銀ソリッド線(英国製シルバー:99.99%)

●ケーブルサイズ:幅20.8mm・厚さ10mm

●ケーブルサイズ:幅20.8mm・厚さ5mm

●価格
0.7m:¥70,000 / 1.0m:¥80,000 / 1.5m:¥90,000

2.0m:¥100,000 / 3.0m:¥120,000 / 5.0m:¥150,000
8m: ¥200,000 / 12m:¥260,000 / 15m:¥360,000

この製品のご購入はこちら

●構造:フラット構造による内部導体の短尺化と等長化

●導体:純銀ソリッド線(英国製シルバー:99.99%)

●ケーブルサイズ:幅20.8mm・厚さ10mm

●ケーブルサイズ:幅20.8mm・厚さ5mm

●価格
0.7m:¥36,000 / 1.0m:¥40,000 / 1.5m:¥44,000

2.0m:¥50,000 / 3.0m:¥60,000 / 5.0m:¥80,000
8m: ¥100,000 / 12m:¥120,000 / 15m:¥170,000

この製品のご購入はこちら

ケーブル音画質比較

画質テスト

◆BDプレーヤー Pioneer BDP-LX91

◆モニター Victor LT-42WX70

プレーヤーにPioneerフラッグシップ BDP-LX91、モニターには最新の高画質液晶Victor LT-42WX70を選び、それぞれを2mのケーブルで直結して比較しました。採点は、Audioquest HDMI-Xを基準(10点)として、相対的な感覚で行っています。

モデル 黒の締まり 発色の豊かさ コントラスト感 奥行き感 解像度感 バランス
HDM-X 10 10 10 10 10 10

輪郭のディティールがやや甘いが、その鮮やかな色彩と自然な立体感、ウルトラスムースな映像の動きを知ってしまうとそんなことはまったく気にならなくなる。良くできたリバーサルフィルムのような映像だ。

SHH5-2 15 15 15 12 12 12

HDMI-Xと比較すると発色とカラーコントラストの高さが激変する。SHH5-2の映像は明るく、色彩がとても鮮やかで曇り空から太陽がのぞいたときのように対象物の発色が一段と鮮やかになる。奥行き感も出て、非常にバランスの取れた見事な美しい映像が実現した。

PAVA-FLS02 17 12 17 11 15 10

HDMI-Xからの交換で映像のクォリティーを一気にアップさせたSHH5-2よりもさらにコントラストが高く、色が濃い画像になる。細部までクッキリと再現され、解像度感も上昇する。しかし、その反面で「映像が目に付く」ようになり、自然さという意味では後退する。フィルム素材よりもCGを多用した最新の映画や高画質アニメなどに適しているのではないだろうか?

PAVA-R02 15 15 15 15 15 11

なぜかFLSよりも解像度が下がった感じを受けるが、じっくりと観察すると映像のエッジの輪郭がさらに細くなって強調感が無くなったためだと分かる。発色とコントラスト、カラーバランスが大きく改善し、対象物を直接見ているようなしっとりとした潤い感のある画質が実現する。自然さも申し分がなく、今回テストしたケーブル中画質は文句なくトップだ。

ケーブル音質比較

オーディオ・メーカーや雑誌、ちょっとデジタルをかじった技術者は、「ジッター」が音質を損ねる原因だと考えている。ジッターを減らし音質を改善する目的で、内部の水晶発振子を高精度な製品に置き換えたり、「外部から良質なワードクロック」を導入するというテクニックが高級オーディオ機器には、こぞって採用されている。

しかし、それらでは「音は変わる」が根本的な好音質は得られないと私は考えているし、実際の実験でもそう言う結果が得られている。問題なのは「ジッター」ではなく、「ワードクロック発信に伴うノイズの発生」である。クロック発信回路に手を加え、ノイズの発生を抑えるとデジタル機器の音質は飛躍的に改善する。必要なコストは、高性能クロックや外部クロックを使う場合の1/100〜1/1000にしか過ぎない。まあ、私の意見はともかくとしてデジタルがオーディオに使われてずいぶん経つが、未だに「ジッタ−=悪者」とされているのは紛れもない事実である。

今回テストするHDMI接続では、その悪者ジッターは原理的に発生しない。HDMIやLANのように、PC間でデーターをやり取りするために作られた接続の規格では、データー通信は双方向で行われ「データーが確実に受け側に送られたのを、送り側が確認してから次のデーターを送る」ためデーターエラー(データーの欠落)も発生しない。つまり「理論上」は、送り側機と受け側機で音質と画質の差は生じないというのが「結論」である。しかし、現実にはケーブルで音も絵も変わる。それが「結果」である。

従来、私はHDMIはSP/DIF(通常の同軸接続)デジタルよりも音が悪いと説明してきた。しかし、エラーが発生しても訂正されることがなく、ゲーブルでシステムクロック(基準クロック信号)まで伝送するSP-DIF方式がHDMIよりも音が悪いのは、この説明からも絶対に納得できないことだ。それにもかかわらず、現実にはケーブルによって音が変わる。それはどういう事だろう?

すでに、過去のページでそれについての考察を述べているが、私がHDMIやLANケーブルで音が変わる原因と考えているのが「ケーブル内でのクロックの干渉によるノイズの発生」である。ケーブルが軟らかければ軟らかいほど、シールド性能が不十分であればあるほど、この「干渉ノイズ」は大きくなる。しかし、干渉で発生するノイズ(ビートノイズ)の周波数帯域は広く、HDMI入力基盤に施されている「高周波ノイズ対策」では、このビートノイズを充分に遮断できない。そのため、接続するHDMIケーブルが「ノイズ発生器」となって、アンプの音を損ねていると考える。事実、PC間のデジタル・データー転送のみでは、ケーブルによる音質差はそれほど大きいものではない。デジタルがアナログに変換されるAVアンプ(ディスプレイも同様)などでケーブルによる音質・画質の差が顕著になる傾向からも、この考察の正しさが裏付けられると考えている。

今回ケーブルを持参されたAIM電子の技術者にこの話をすると、彼は大変驚きケーブルで発生する干渉ノイズ(ビートノイズ)を実際に測定し、そのデーターを公開しているのは「NTT」だけだと内輪話を打ち明けてくれた。当然、AIM電子でもこのビートノイズの減少に留意し、新型ケーブルを設計したと言うことであるから、その性能には期待が持てる。

目下大好評のWireworldも、ケーブルの形状や使用されるマテリアルから判断して、すでにその部分に着目しているのだろうと想像する。また彼らのノウハウが正しいからこそ、的確に価格とケーブルの性能をマッチさせられるのだろう。

その点では、Audioquestは、若干の後れを取っているように思う。彼らが使う「丸型」のケーブルは、ビートノイズの点でフラット型よりも不利だからだ。しかし、「丸型」には丸型ならではの利点がある。それは、音が自然だと言うことだ。

各信号線が均等に隣接する丸型ケーブルに対し、フラットケーブルは隣接する信号線が固定される。そのため「構造固有のノイズ」が発生しやすいと考えられる。ノイズの総量は小さいが、個性的なノイズを発生しやすいのがフラット型と考える(前にも同じ事を書いている)。各々の信号線がきちんとシールドされ、ケーブルが変形しても信号線の形状に変化がない(信号線のインピーダンスが一定)。それが私が考える理想のHDMIケーブルである。

AIM電子のReference(R)Seriesは、導体に純銀を用い主要な信号線を個別にシールドしている。普及モデルの(FLS)Seriesでは、純銀めっきした導体を採用している点が違うが、強固なシールド構造は同じである。エントリーモデルだけが、高品位な通常のフラット型HDMIケーブルである。この構造と考え方は、Wireworldに非常に近いが、彼らはターゲットとしてWireworldのトップモデルSSH5-2を選んだと公言しているから、それを徹底的に研究したことは明らかだ。果たして性能はどうだろう?

音質テスト

◆DVDプレーヤー marantz BD8002 (生産完了モデル)

◆アンプ AIRBOW AV8003/Special + MM8003/Special
 

◆スピーカー Sonus Faber Grand Piano Domus

テストソースには、リンダロンシュタットの「For Sentimental Reasons」のCDを使った。またスピーカーにはすでに生産完了となった、Sonus FaberのGrand Piano Domusを使ったが、これは特価となったために最近このスピーカーに関する問い合わせや試聴が急に増えたためである。また、AIRBOWの波動ツィーター CLT-Theaterの有る無しによる音質テストも同時に行っている。

Wireworld SHH5-2 (CLT-Theaterなし)

アンプとプレーヤーは6時間以上ウォーミングアップし、準備は万端だ。一聴して感じられるのは、高域の透明度の高さ。音場の見通しに優れ、個々の音が混じらない。空間は前後左右に大きく広がり、2本のスピーカーでもサラウンド的な音の広がりが充分に得られる。

Wireworld SHH5-2 (CLT-Theaterあり)

出だしのフルートの「繊細さ」と「明瞭度」が大きく向上する。管の中を通過する空気の音まで分離して聞き取れるほどだ。リンダロンシュタットのボーカルの透明感は一層際立ち、細部のデリケートさまで余すことなく再現される。ピアノの音、オーケストラの弦楽器の音、ドラムの音が細部まで完全に分離し、空間のあるべき位置に濁りなく定位するようになる。曇っていたガラスを磨き上げたような、爽快な透明感と見通しの良さが実現する。どこまでも見通せるような広大で透き通った音場に各々の楽器(音源)がコンパクトに定位する。まるで最高のライブを見ているかのように。

AIM電子 FLSシリーズ

SHH5-2と比較すると高域の伸びやかさが明らかに不足する。アンプの音量は変えていないが、音が明らかに小さく感じられる。原因は音の立ち上がり部分「アタック」の再現性が低下し、音が丸くなったためだ。推測になるが、音質を損なうノイズの発生はSHH5-2の方が少なく、音質はSHH5-2が明らかに上である

AIM電子 Rシリーズ

FLSとの差はかなり大きい。空間の透明度が一気に上昇し、SHH5-2とほとんど遜色のない高い透明感と、音の滑らかさが得られる。ボーカルの色気や楽器の分離も優れている。しかし、それでもレンジ感(低音〜高音)は、SHH5-2の方が僅かに高い気がする。SHH5-2はかなり使い込んで、完全に音がなじんでいるから(R)とは、エージング差の影響があるかも知れない。しかし、この音質なら高音質HDMIケーブルの名に恥じないレベルには到達していると思う。

Audioquest HDMI-X
SHH5-2と比較すると解像度感は若干低下し、音場にもほんの少し濁りが生じるが、音質は最も暖かく自然で「ピュアオーディオ的な味わいの深さ」が感じられるようになる。楽器の響きが美しく音の余韻が長い。音源の調和に優れ、安心して身を委ねられるサウンドだ。盛り上がりの所で若干音がヒステリックになることがあるが、この価格ならそれは仕方ないだろう。映画やPOPSなどのハッキリしたサウンドが求められる場合には、SHH5-2がマッチするがクラシックなどを含めた音楽全般を楽しみたいと考えるならHDMI-Xは、価格も安く良い選択だと思う。価格は安いけれど、侮れないケーブルだ。

総合結果

画質について

今回のテストは、多くのテストでそうするように「価格」を事前に調べずに行ったが、画質の点では価格がほぼイコールのWireworld SHH5-2とAIM電子 FLSシリーズが拮抗し、AIM電子のRシリーズがそれらを明らかに上回った。しかし、価格差を考えるとSHH5-2の出来の良さが再認識される。

国産のAIM電子のケーブルに比べWireworldやAudioquestには「味わい」がある。同じ画像を見た時、ハッキリクッキリと正確に再現されるAIM電子のケーブルに比べ、WireworldやAudioquestにはより人間的な暖かさや柔らかさが感じられるのだ。それを私は味わいと感じた。フィルム素材の映画や製作の古い作品を見るならWireworld SHH5-2がお薦めだ。最新映画や高画質アニメ、記録映画などではAIM電子FLSやRシリーズが適している。Wireworldでも今回テストしなかった最高機種のSSH5-2は、AIM電子Rシリーズに近い絵作りになっている。雰囲気は、ワンクラス安いSHH5-2がよいと思う。

音質について

今回テストに使ったAV8003/Specialのチューンナップでは、HDMIケーブルによる音質対策を私なりに考え、その推論に基づいた音質改善を実施している。結果は素晴らしいもので、きちんと作られたケーブルを使えばHDMI接続から十分な音質を取り出すことが可能なことが明らかとなった。これで音質については、HDMI接続もピュアオーディオ・グレードに到達したと断言できる(市販機では、まだ実現できていないので未来にその可能性があると言い換えても良い)。

また、画質同様音質についてもWireworldやAudioquestの「音作りの巧みさ」がAIM電子を明らかに上回っている。それは、彼らが本格的なオーディオケーブルを作ることができる(音質をテストできる十分な環境)を有していることと無関係ではないと思う。そして経験。画質はともかく、音質に関しては先輩達の製品に一日の長を強く感じさせられた。

個人的には、Wireworld SHH5-2が画質・音質共にバランスに優れ、長時間の試聴にも疲れが少なく、長く楽しめる雰囲気を持っているので「個人的ベスト」に選出したいと思う。

その結果をAIM電子の方には申し訳ないと思う。彼らの製品は、日本製らしく性能はずば抜けて素晴らしい。得に画質ではWireworldを凌駕してきた。しかし、映画や音楽を楽しもうとするときの「味わい」が私には少し薄かった。

一つ付け加えよう。AIM電子のケーブルには、日本製品らしい大切な心配りが成されている。それは、コネクターが小さいことだ。壁の内部などを引き回すとき、R/FLSシリーズの小型のコネクターは何よりも重宝する。こういった“こだわり”を次の製品では、「味わい」に生かして欲しいと願う。そうすれば、世界最高のケーブルになるだろう。

2009年7月 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.