オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

 

HEGEL USB-DAC HD11 、 USB-DAC HD20 音質 試聴 テストリポート

  

製品の概要

HEGELはデンマークにあるデジタルに強い先進のオーディオメーカーです。年齢の若い代表が設計者を兼ねる利点で、小回りのきく開発が可能となっています。特にUSB接続可能なDACの性能と価格は、他メーカーの水準を凌ぎます。今回は32bitDACを搭載した新製品「HD11」と24bitDACを搭載している従来モデル「HD20」の音質を比較しました。価格的にはHD20がHD11を上回わりますが、音質にDACスペック差が現れるのか?あるいは価格差と音質が比例するのか?興味深い比較となりました。

試聴機材

スピーカーには聞き慣れているVienna Acoustic Beethoven Concert Grand(T3G)を使いました。アンプにはメモリーとiPodに対応するUSB入力を備えるAIRBOW SR6006/Specialを選びました。プレーヤーにはAIRBOW BDプレーヤーのUD7006/Specialを使っています。

 スピーカー: BEETHOVEN-CONCERT-GRAND(T3G)

 プレーヤー: AIRBOW UD7006/Special 同軸デジタル接続(AIRBOW MSD-180EVO

 アンプ : AIRBOW SR6006/Special 

HEGEL HD11 メーカー希望小売価格 120,000円(生産完了) ・ 写真下

HEGEL HD20 メーカー希望小売価格 180,000円(生産完了) ・ 写真上

HEGEL(ヘーゲル)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す
型式番号 HD11
形式 DAコンバーター
入力数 USB×1(>96kHz)
Coaxial×2(>192kHz)
TOS×1(>192kHz)
出力数 RCA×1
XLR×1
搭載DAC 32bit
消費電力(無信号時) 7W(逸品館にて計測)
サイズWxDxH/重量 210×263×67(mm)/2.44kg
付属品 電源ケーブル・リモコン
型式番号 HD20
形式 DAコンバーター
入力数 USB×1(>96kHz)
Coaxial×2(>192kHz)
TOS×1(>192kHz)
出力数 RCA×1
XLR×1
搭載DAC 24bit
消費電力(無信号時) 7W(逸品館にて計測)
サイズWxDxH/重量 210×263×67(mm)/2.46kg
付属品 電源ケーブル・リモコン
HD11

製品概要・総評

HEGEL HD11とHD20は同じ筐体と同じ電源回路、同じ入出力を備えていますが、搭載するDACチップがHD11=32bit、HD20=24bitと発売された時期を反映する違いがあります。また、HD20のみリモコンでの音量調整機能が備わっています。

価格的にはHD11の12万円に対してHD20は18万円と少し高く設定されています。

音質テストはAIRBOW UD7006/SpecialにCD(ノラ・ジョーンズ)をセットして再生し、ダイレクト(アナログ)でAIRBOW SR6006/Special に接続した状態を「基準5点」としています。

再生機をそのままにして同軸接続でHD11/20に繋いでSR6006/Special にアナログ入力した場合の音質、さらにCDをリップしたPCとのUSB接続による音質を相対比較しています。

結果的はHD20がHD11を上回り、またPC/USB接続よりもUD7006/Specialとの同軸接続の音質が優位でした。USB接続には、audioquestのUSB-Carbonを使いました。

<明るい> - - - - * - - - - <暗い>

<柔らかい> - - - - - * - - - <硬い>
HD20

<明るい> - - - * - - - - - <暗い>

<柔らかい> - - - * - - - - - <硬い>

音質テスト
 プレーヤー: AIRBOW UD7006/Special ダイレクト(アナログ)接続

ボーカルには艶と厚みがあり、細やかな表現力が感じられます。低音の量感と厚みは普通ですが、ピアノは美しく響きます。バスドラムやベースも量感はほどほどですが、音階とリズムはきちんと伝わります。ドラムスのブラシワークの音色は少しまろやかですが、ブラシの動きやドラマーが「どういう音を出したいか」という感覚は良く伝わります。ギターも絶対的な切れ味は抜群とは言えませんが、左手で弦のテンションを変える(チョーキング、ボトルネック奏法)音の変化は、非常に良く伝わります。

楽器と楽器の「会話」、ボーカルと伴奏の関係がバランス良く、なおかつ濃密に再現され、自然と音楽に心が引きつけられます。高音はほんの少しロールオフしていますが、それが高域のノイズ感と硬さを消しています。低音も適度にロールオフしていますが、スピーカーが無理をせず自然な感じで低音が出るイメージで悪くありません。中央が少し膨らんだかまぼこ形のエネルギーバランスは、リスナーを不要に緊張させずリラックスさせながら音楽を楽しませそうです。

音が細かく音楽の表情の変化に富み雰囲気が濃く、それでいて刺激の少ないこの音は、どことなく真空管アンプの音に似ています。暖かく厚みがあり、そして楽しい音でした。

 プレーヤー: AIRBOW UD7006/Special デジタル接続(AIRBOW MSD-180EVO (HD11)

UD7006/Specialのダイレクト出力と比べると高音に芯が出て、全体に音がクッキリします。ボーカルも力強くなり、一歩前に出てきます。しかし、UD7006/Specialダイレクト出力のような色彩の鮮やかさ(楽器の音色変化の多彩さ)が薄く、音色にベールがかかったようで音が少し重く感じます。ノラ・ジョーンズにもちょっと元気がなくなって、表情が沈んだ感じです。しかし、それは絶対的なものではなく「好み」で判断すべき小さな変化です。

UD7006/Specialでは後に下がって聞こえたシンバルが前に出ます。ギターやピアノも一歩前に出ますが、相対的にボーカルと伴奏の距離感が小さくなりました(音場の奥行きが小さくなる)。しかし、これもスピーカーより音を前に出して聞きたい人には、プラスの変化です。

先ほどUD7006/Specialの音を「真空管のよう」と評価しましたが、HEGEL HD11はそれと比べると「トランジスター」の音です。質実剛健で音も細かくなりましたが、色気や艶ではUD7006/Specialダイレクト出力に一歩及びません。ただし、今回テストに使ったHD11は通電開始から10時間ほどしか経過していませんから、鳴らし込めば色気や艶がもっと出てくると思います。

 

 PC : DELL Bostro 3700/XP Pro(SP3)/Core i5-M520/ソフト Win-amp、USB接続(audioquest USB-Carbon) 

これまでテストした多くのDACはデジタル入力をS/PDIF(同軸デジタル)からUSBに変えると、ガクンと音が悪くなるものが多かったのですが、HD11はその差があまり感じられません。

低音などは厚みと安定感が増し、良くなった感じさえあります。しかし、しばらく聞いているとPCをトランスポーター使ったとき特有の「聞こえないノイズ」によって、中高域がマスキングされていることがわかります。ギターの高音はミュートされたように響かず、ピアノも美しい響きがありません。ノラ・ジョーンズの声にも、プロならではの張りと美しさが感じられなくなります。悪い音ではないのですが、音楽の再現性・表現力は明らかに後退します。

最初は私もPCも音が良いと感じたのですが、それに負けないようにCD/DVDのサウンドを追い込んだことで磨きがかかり、ここ数年CD/DVDのサウンドは大きく向上しました。その間PC関係の音質があまり進歩していないこともあって、現在はPCが不利だと感じています。

しかし、PCではなくiPodだと気になる高域の嫌なマスキング感(聞こえないノイズ感)が上手く緩和され、不満なく音楽を楽しめるようになるから不思議です。生音の美しい響きにどれだけこだわるか?生音とオーディオの音のどこが違うのか?そこがCD/DVDの音質とPC系の音の違いを分ける決め手だと思います。

録音でしか音楽を聞かないなら、生音の美しい音色感を求めないのなら、HD10で聞くPCの音は十分に良い音に聞こえるはずです。


 プレーヤー: AIRBOW UD7006/Special デジタル接続(AIRBOW MSD-180EVO (HD20)

DACをHD11からHD20に変えると、音質が一段と細かくなり音に艶が出てきます。ノラ・ジョーンズのボーカルは全く別物のように美しく、色っぽくなります。唇の湿った感じやリップノイズ、息づかいまでもが伝わるようです。ピアノも響きの美しさが一段と増し、高価な楽器特有の香るような響きが感じられるようになります。ウッドベースも同じで良い楽器特有の心地よさが感じられるようになります。

HD11では音が出た瞬間の押し出しは強くなりましたが、HD20では楽器から音が出て、響きが消えるまでのエネルギー感がきちんと強くなります。強さに弾力感、粘りが加わる感じです。HD11では楽器の音が聞こえましたが、HD20では楽器と楽器が振るわす空気の響きまで感じられます。耳に聞こえる音の量はさほど変わらないかも知れませんが、場の雰囲気を再現するための「音にならない音」の報量は相当増えています。

HD11では「より録音を聞いている」感じでしたが、HD20ではそれが「良い生演奏を聴いている」感じに変化します。HD11(32bit) とHD20(24bit)の音を聞き比べると、DACのbit数が32か24かは音楽の再現性には全く関係がないことを実感できるはずです。アンプもスペック上のパワーや歪み率、S/N比などは音質と密接に関連しませんが、DACのスペックにもそれは当てはまりそうです。16bitのCDを再現するには16bitでも十分です。24bitあれば全く問題はありません。それよりDACチップそのもの音質や、電源/増幅回路の品質がより大きく音質を左右します。行き過ぎたスペック信仰は、間違いの元です。

 PC : DELL Bostro 3700/XP Pro(SP3)/Core i5-M520/ソフト Win-amp、USB接続(audioquest USB-Carbon) 

デジタル入力をUD7006/Special(同軸デジタル出力)からPCへと変えた音の変化は、HD11とHD20で全く変わりません。USB入力に使われているインターフェイスが同じだからでしょうか。

悪い音ではありませんが、「美味しいところ」が出てきません。音の表情に変化がなく表現力がありません。ただ鳴っているだけの感じです。聞いていると元気がなくなってしまいそうです。HD20は同軸デジタル入力の音が良かっただけに、USB入力の落ち込みがHD11よりも大きく感じられたのでしょう。USB入力は使えますが、あまりお薦めできません。


 アンプ : AIRBOW SR6006/Special

テスト概要・総評

HEGEL HD11/20とPCを繋いだ音質と、気に入っているiPodの音質、さらにSR6006/Special のUSB端子に、メモリーを直接差し込んだ場合の音質を比較しました。

その結果、USB端子にメモリーを差し込んだ音質が十分に実用になり、収録はMP3/320bpsで問題がないことがわかりました。

音質テスト

 AIRBOW NA7004Special + iPod Touch + AIRBOW SR6006/Special

スピーカーとアンプをそのままに、ipod(MP3/320bps)とNA7004/Specialを組み合わせて、SR6006/Specialにアナログ入力しました。

UD7006/Specialダイレクトや、同軸デジタル出力でHD11/HD20を使ったときと比べると、音の細やかさや音質は一歩後退し、聞こえていた細かい部分が曖昧になってしまいます。しかし、PC(WAV)とHD11/HD20を組み合わせていたときと比べると音の細やかさは少し失われたかも知れませんが、音楽の表情は確実に豊富になり、聞いて楽しい音に変化します。

PCでは感じられなかった、伴奏とボーカルの関係の重要性(つまり、演奏が上手いか下手か)という部分は、遙かに強く伝わります。音で言えば粘りと艶、そして表情が濃くなります。

PCで音楽を聞くと演奏が単調に聞こえ、表現力が削がれます。音の細かさやパワー感よりも、私はそこに不満を感じます。なぜならば、演奏を聴くべきか?聴かざるべきか?それは演奏技術が上手いか下手か?(音がよいか悪いか)ではなく、伝わるか伝わらないかだからです。オーディオもそれと同じで、大切なのは「音質」ではなく「表現力」だと思います。そういう意味ではNA7004Special+iPodの音は合格です。

 (MP3/320bps) + AIRBOW SR6006/Special

USBメモリをSR6006/SpecialのUSB端子へダイレクトに接続し、MP3(320bps)で音を出しました。

高域の芯の強さ、明瞭度はNA7004/Special+iPod(MP3/320bps)よりも確実に向上しました。PC-USB接続で気になった、高周波ノイズによる高域のマスキング感もUSBメモリではなぜかほとんど感じられません。音質としてはNA7004/Specialを使っていたときよりも少し向上したように思います。

演奏の雰囲気も良く出ますが、少しストイック(モニター的)な感じが強くなります。楽器の音は生音に近づき、癖という部分ではNA7004/Special+iPodよりも少なくなります。USBメモリの音を聞くと、NA7004/Specialがより音楽を楽しませるような「音作り」がなされそれなりの良さを持っていたことがわかります。しかし、iPodとNA7004/Specialを購入するよりもUSBメモリの方が遙かに安く、その価格差を「冷静」に考えれば、USBメモリの音で十分な気がします。

ただし問題は「冷静」でいられるかどうか?と言うことではないでしょうか。オーディオ機器の購入の悩みは、「いい音を聞いたら戻れない」そこに集約されます。

 (WAVE) + AIRBOW SR6006/Special

最後にメモリーに収録する音源ファイルをMP3/320bpsからWAVに変えました。

音がほんの少し細かくなったように思いますが、気のせいだと言われればそうかも知れないという範囲で、大きな変化はありません。USBメモリの容量を考えれば、音楽ファイルの取り込みはMP3/320bpsで十分だと思います。

2011年 12月 逸品館代表 清原裕介

逸品館ホームページへ

1号館

本店:商品展示、販売全般、下取・買取 10:30-19:30(定休日なし/臨時休業除く) 06-6644-9101

2号館

中古品展示場:中古品掘り出し物の展示

3号館

高級オーディオ試聴室:高級オーディオの試聴、ご相談 11:00-18:00(定休日:毎週水曜・木曜) 06-6636-2917

逸品館へのお問い合わせは、電話でOKです!
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売”から始まったお店ですから、「直接のご連絡を大歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。 (株)逸品館

逸品館が運営する、5つのショッピングサイトのご案内はこちらからどうぞ!


このページは、大阪のオーディオ専門店逸品館が製作しています。ページに表示される記事内容は逸品館の見解を示していますが、必ずしもそれが正しいとは限りません。また、ページの情報により生じる利害や問題につきましてはいかなる責任も取りかねますので予めご了承くださいませ。ページへのリンクは大歓迎ですが、誤解を避けるためコンテンツの一部引用やコピーは、お控えくださるようお願いいたします。 

TOPに戻る 逸品館の場所・アクセス お問い合わせ 通販法による表記 返品特約 アフターサービス

Copyright © 2015 IPPINKAN All Rights Reserved. メインサイト

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

  • 1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
    住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
    電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

  • 3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
    住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
    電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

  • メールでのお問い合わせ

  • ※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
      在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

  • 【逸品館web ショップ】


    オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

    楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.