klipsch クリプッシュ rf35 rf-35 ホーン型スピーカー

今、なぜクリプシュなのか?

今まで逸品館では音楽の持つ表現を出来るだけストレートにお客様に感じて欲しいというスタンスでPMCやB&Wといったスピーカーをお薦めしてして参りました。

スピーカーの脚色が強ければ強い程、音楽本来の持つ表現、言い換えればメッセージ性が損なわれスピーカーのキャラクターを聴いている事になりかねず、演奏者が表現しようと意図したものを感じ取る事から離れてしまうと考えているからです。

この度、新たに(株)YAMAHAが輸入業務を行う"Klipsch(クリプシュ)"のスピーカーを逸品館お薦めスピーカーのラインアップに加えましたが、その"Klipsch"のスピーカーとはいったいどの様な音楽を奏でるのか、今回はKlipsch RF−35の印象を逸品館1号館の販売スタッフの感想を交えながらご紹介致しましょう。

Klipsch RF-35 Klipsch RB-35

希望小売価格  (本体価格89,000円・1台)生産完了
(B)ブラックアッシュ (C)ライトチェリー
●15cm角Tractrixホーン&2.5cm径チタン・コンプレッションドライバー 
●セラメタリックコーン採用デュアル20cmウーファー型式:2ウェイ・バスレフ防磁型
●再生周波数帯域:37Hz〜20kHz(±3dB)
●インピーダンス:8Ω(最低3.5Ω)
●最大入力:150W
●出力音圧レベル:98dB/2.83V,1m
●クロスオーバー周波数:2.6kHz
●外形寸法:236W×1016H×376Dmm(スタンド含まず)
●質量:24.5kg
●1台1梱包(1台単位でお求めいただけます)
●付属品:転倒防止スタンド、スパイク、防振ゴム 

希望小売価格 (本体価格50,000円・1台)生産完了
(B)ブラックアッシュ (C)ライトチェリー
●15cm角Tractrixホーン&2.5cm径チタン・コンプレッションドライバー
●セラメタリックコーン採用20cmウーファー 
●型式:2ウェイ・バスレフ型
●再生周波数帯域:45Hz〜20kHz(±3dB)
●インピーダンス:8Ω(最低3.5Ω)
●最大入力:100W
●出力音圧レベル:96dB/2.83V,1m
●クロスオーバー周波数:2.35kHz
●外形寸法:236W×483H×274Dmm
●質量:10.9kg
●1台1梱包(1台単位でお求めいただけます)
●付属品:防振ゴム 

この製品は生産完了しています。後継モデルはこちらからご覧いただけます。

松田:このスピーカーを最初に聴いた時、何か面白いなと感じた。おおらかだし、元気もいい。それにダブルウーファーのスピーカーというと音が鈍いというか反応の速さが今ひとつな場合が多いと感じているんですが、これはシングルウーファーのスピーカーを聴いているみたいな気にさせられるくらい低音の歯切れがいい。

古谷:そうそう、おおらかで元気がよくて、それに音楽にすんなり入っていける感じで違和感がないところが気に入りました。

高橋:ヌケが良くて変な癖も感じない。ステージの奥行き感なども良く表現出来ていると思う。私には良きアメリカンサウンドといった印象に聴こえるね。

岡田:私は映像が専門で音の事はそれ程詳しくないのですが、でも何かスピーカーが鳴ってるっていう感じがしないというか、自然な感じは良くわかりますね。

仲嶋:音の通りが良くて声がスッと出てくる。屈託も感じない。各ユニットのつながりも非常にいい。今までのホーンスピーカーでよく耳にするのはホーンの音ばかりが前へ前へと抜け出してきて聴いていて疲れるというパターン。でもこいつチョット違うぞって。

平本:ああ、そういうのありますね。ヌケはいいんだけど、ドライブ感とかを感じられないっていうか、低音が弾まない。躍動感が感じられない名ばかりのホーンってヤツですね。

仲嶋:でもこのKlipsch、ホ−ンの音とウーファーの音が揃っている。どちらかが主張するのではなく一体感が感じられる。

松田:それぞれのユニットがバラバラに鳴っていませんよね。綺麗に音が浮かび上がる感じがする。

仲嶋:そうなんです。実は今、私自身ホーンスピーカーを使っていてホーンのヌケの良さを活かしてダイレクトな音を出したい、でもホーンばかりが主張しても音楽はまとまらない、ウーファーの音と揃って初めて音楽になる。そう思っているんですが、これはそういう音がする。ウーファーが置き去りにされていない。

高橋:RF−35は高能率のホーンの良さを犠牲にしないように、クリプシュはウーファーをダブルにして全体をまとめたんだ。

古谷:なんだかホーンスピーカーに対する考えが少し変わった様な気がします。

平本:僕はR&Bやヒップホップなんかが好きでよく聴くんだけど、このスピーカーで聴いていると自然と体がのってくるんですよ。

松田:わかります、その感覚。こういう楽しいスピーカーが出てきて、音楽は楽しいよってみんなに伝わっていくとすごくいいですよね。

仲嶋:じゃあこの良さを広めなきゃ。

松田:ええ、広めますよ。 平本:僕もお薦めします。

全員:是非一度、聴いて欲しいスピーカーですね。

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.