sanyo lp-z4 lpz4 lp-z3 lp-z2 lpz3 lpz2

SANYO LP−Z3 と LP−Z2 の画質比較テスト

★LP-Z4,EMP-TW600,VP8600の画質テストはこちらです

逸品館お薦めの高画質・液晶プロジェクター、SANYO LP−Z2がマイナーチェンジして、LP−Z3に進化しました。

今回のマイナーチェンジの改良点は「画像処理回路の高画質化」に重点がおかれています。

画像処理回路の出来不出来が、プロジェクターをはじめプラズマTVや大画面液晶TVなど、ハイビジョンに対応する高精細度ディスプレイの画質に大きく影響するのは、ファロージャーなどの高画質ラインダブラーの存在を指摘するまでもなく「高画質」を目差す専門店やマニアの間では周知でした。

遅まきながら、やっとそれが「画質のキーポイント」だとメーカー側も認識したのか、最近はいたずらに「画素数」を誇示するのではなく、「画像処理回路が高画質である」というカタログコピーがトレンド(流行)になりつつあります。

今回LP−Z3が採用した画像処理回路は「フル10Bit」を謳っています。従来の回路は8Bitでしたから「2Bitの画質向上」が期待できます。2Bitというと「なんだ少しじゃないか!」と消費者には伝わってしまうので、この「2bitの向上」を次のように言い換えて、メーカーはユーザーに訴求するわけです。

今回LP−Z3に採用された「リアル10ビットデジタル映像処理回路」とは、A/D変換、スケーラー、ガンマ補正など映像信号をすべて10ビット(2の10乗)でデジタル処理する「リアル10ビットデジタル映像処理回路」が搭載されています。

目に見える「画像」は、RGBの各色(各ピクセル)が混ざって発色しますから、「色彩/色彩階調」はRGBそれぞれの信号に対し「10Bit」、つまり10Bitの3乗(R×G×B)=「約10億7000万色(RGB×10Bit/1024階調)が理論乗の色彩階調分解能になります。

従来は、RGBの各信号に対し「8Bit/256階調」の分解能でしたから、色彩・階調は256の3乗=「約1800万色」でした。8Bitから10Bitというと僅かな感じですが、1800万色が10億7000万色になったと言えば、ものすごく良くなったような気がします。

でも、それは違います。これはあくまでも「理論値」は「理論値」であり、「パネルの自体の表示限界(パネル自体の分解能力)」や「回路損失」などにより、必ずしも「カタログと同じ色分解能」が得られるわけではありません。

例えば、この約11億色を実際に表示するためには「1024の階調」をきちんと表示できる「RGBの素子」が必要ですし、その素子をきちんと駆動するための「電子回路」・「応答性の良い電源回路」などが準備されていなければなりません。しかし、残念ながら市販の製品は「理想的に動作するための環境が不十分」なため、実際にはその性能を発揮していません。だからこそ、電源ケーブルや信号ケーブル、あるいはインシュレーターなどで画質が大きく変化するのです。

最近、某社のプラズマTVの宣伝などで良く「何億何十万色」と謳われているのが目に付きます。しかし、これも「画像処理回路の理論上の色分解能を誇示している」だけで、実際とは異なります。カタログの数値と実際の見た目が一致しないこれらの広告は、明らかな「過大広告」で消費者を馬鹿にしていますし、TVなどのカタログで「画像ははめ込みです」と注釈されていますが、実際よりも遙かに美しい画像をはめ込んで(印刷の見栄えの関係もありますが)「こんなに良いんです!」って酷くないですか?少なくとも大メーカーがそれをやっていいとは思いません。

話がそれましたが、LP−Z3に使用されている液晶パネルやランプなどは、LP−Z2とほぼ同じです。映りの違いは、あくまでも回路の違いです。

では、実際の画質(実写画像)を比べてみましょう。

使用機器

スクリーン

OS AM−H090B(ピュアマット2) 

DVDプレーヤー

MARANTZ DV9500 プログレッシブ接続

 再生モード

LP−Z3

クリエイティブシネマモード

LP−Z2

シネマモード

各種設定は工場出荷のままで確認。

LP−Z3 LP−Z2

LP−Z3では、ホワイトバランスが改善され、コントラスト感も向上しています。
色の濁りも少なくなり、各色の色抜けが良くなっています。

LP−Z3は、グレースケールの右から2本の階調がきちんと再現されます。
これは、8Bit→10Bitの向上による変化と言うよりは「ガンマカーブの改善」によるものだと思われます。
カメラのカラーバランスの関係もあってLP−Z3は、見た目より青く写っていますが、全体的な階調は改善されています。

LP−Z3では、「明るいところ」と「暗いところ」のコントラスト差が大きく、しかも自然です。
LP−Z2は、明るいところは飛び気味です。
花びらを比べると、LP−Z3で階調が豊富になり「立体感がより良くでている」のがわかります。
※この映像のみソースはハイビジョンです。

DVDをソースにしても、基本的に上の桜の画像と同じく、コントラストがより明瞭になります。
色彩も赤がより鮮やかに白がより白くなります。

LP−Z3とLP−Z2では、色彩の階調(カラーバランス)が全然違って写りましたが、実際にはこれほどではありません。
他のプロジェクターの比較テストの画像と比べるとわかりますが、このシーンはLP−Z3が実際に近く再現しています。
LP−Z2は、工場出荷の状態では「設定がやや明るい方向に振られている」ようです。
店頭での効果を狙ったのかも知れませんが(デジカメは騙された?)LP−Z3の方が階調が豊かで自然です。

この画像の傾向も上と同じです。LP−Z2の方が「色が濃く」なって一見綺麗に見えますが、
実際の情報量=階調は、LP−Z3が豊富で立体感がより明瞭です。
シャツの陰影や、草の葉の一枚一枚の違いなどもLP−Z2よりも明確に再現されます。

上2枚と同様、宇宙船の窓の外の景色の奥行きがLP−Z3ではより「深く」再現されます。
船内の立体感も明瞭で、全体的にシャープな印象ですがコントラストが上がりすぎ「絵が硬くなっている」のとは違います。
再現される、コントラストの階調が豊富で正確になっています。
LP−Z3では、椅子の背後や計器パネルの「黒」はより黒く、
計器パネルの縦バー(光っている部分)は、より明るくなっているのがそれを明確に表しています。

LP−Z3を見終えた感想

OPTOMA H30などのDLPプロジェクターと比べると敵わないものの、画像処理回路の改良が、そのまま画像に反映され「一見するだけで明らかに良くなった」と感じることが出来ほど明確に良くなっています。

DVDの画質も向上していますが、ハイビジョンでその恩恵は更に大きく感じられます。

色調は、LP−Z2よりもややクールでフラットな方向に振られシネマ調からTV調に変化していますが、詳細な画像調整メニューが用意されていますから、好みの色調に調整するのはさほど難しくないはずです。

いずれ、メディックスのソフトを使って「最適化した映像」でEPSONのEMP−TW500等と比較してみたいと思いますが、実売20万円を切る価格でこれほどの画質を実現し、縦横のレンズシフト機能やクラストップの静穏ファンを搭載しているLP−Z3は、賞賛と驚異に値する製品に間違いありません。

20万円以下のプロジェクターや高画質液晶プロジェクターの導入をご検討なら、LP−Z3は必ずチェックして下さい。

リポート掲載日:2004年10月15日

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.