オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Luxman L505uX 音質テスト

  

luxman L505uX ラックスマン L590AX 音質 比較 価格 販売

2011年年末に向け、Luxmanから505シリーズの新型プリメインアンプが発売されました。25万円を少し下回るその価格は10-50万円クラスのスピーカーを鳴らすためにぴったりです。出力も100Wと十分で、本格的なハイエンド・オーディオへの入り口として最適なモデルではないでしょうか。

純A級ではない、Luxmanの音色は如何に? 3つのスピーカーを組み合わせて音質をチェックしました。

製品の特徴

LUXMAN L505uX
 希望小売価格 238,000円 (税抜価格)

メーカーWEBへのリンク
 

連続実効出力 100W+100W(8Ω)、150W+150W(4Ω)
消費電力 270W、85W(無信号時)、0.4W(スタンバイ時)
外形寸法、重量 440 (W)×178 (H)×454(D) mm、22.0Kg
付属品 リモコン、電源ケーブル(JPA-10000:極性マーク付)

Luxman(ラックスマン)製品のことなら、信頼できる逸品館におまかせください。

Luxman(ラックスマン)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

■主な特徴

音量調節における音質劣化を最小限に抑えた、ソリッドステート(IC)構成の電子制御アッテネーターLECUAを搭載。

独自の高音質帰還回路ODNFの初段と2段目をパラレル化した、高S/Nバージョン2.3を採用。

入力された音声信号をスピーカー出力まで最適最短のルートで構成する、新設計ビーライン・コンストラクション。

フラグシップ・プリアンプC-1000fにも採用された、セパレーションとクロストーク性能を高める高音質セレクター・スイッチICの採用。

電源整流回路にはスイッチング・ノイズが少なく直流電圧への変換効率の高い、日本インター製ショットキーバリア・ダイオードを採用。

内部配線は各芯スパイラルラップ・シールドと芯線の非メッキ処理で自然な信号伝送を実現した、独自のOFCワイヤーを採用。

専用のフォノアンプを買い足すことなく、ハイグレードなアナログレコード再生を楽しめるMM/MC対応のフォノアンプを内蔵。

パワーアンプを追加したバイアンプ構成やAVシステムとの共存も可能にする、プリ/パワー分離機能:セパレートスイッチを採用。

シャーシ電流によるアース・インピーダンスの上昇をシャットアウトする、独立コンストラクションのループレスシャーシ構造。

音質テスト

 デジタルプレーヤー AIRBOW SA15S2/Master

Come away with me

Norah Jones

CD

 試聴ソフト ソフトご購入はこちら


BEETHOVEN-CONCERT-GRAND(T3G)

音出しはプレーヤーにiPod+NA7004Specialを繋ぎ、Beethoven Concert Grand(T3G)から始めました。

音が出た瞬間中高域の透明感の高さと音色の美しさに驚かされて、思わず同価格帯の自信作AIRBOW PM15S2/Masterと比べました。結果的には、中低域の厚みや音楽の表情の豊かさなどでPM15S2/Masterのリードが確認できてほっとしましたが、AIRBOW製品と比較したくなるほどの音を出せるプリメインアンプはそうそうお目にかかれないのでこれは凄いことだと思います。その後2時間ほどウォーミングアップを行った後、プレーヤーをAIRBOW SA15S2/Masterに変更し、ノラ・ジョーンズのCDをセットして本格的な試聴を開始しました。

最初驚かされた澄み切った美しい高音はウォーミングアップが進むにつれて鋭さが少し後退し濁りが感じられるようになりました。しかし、それに反比例して中音の滑らかさと厚みと艶が増加します。最初やや高音方で線が細く感じられたバランスが、中音が強く高音が弱くなったことで改善され聞きやすい純A級アンプのLuxトーンに近づきました。

しかし、音が出た瞬間にハッとした高音の魅力が恋しくなります。そこで電源ケーブルをウォーミングアップから試聴まで続けて使っていたAIRBOW KDK-OFCからLuxmanの付属品に交換しました。すると中音の濁りが軽減し、さらにナチュラルなバランスに変化しました。ただAIRBOW KDK-OFCを使っていたときの中低音に厚みのある音もそれはそれで良かったと思います。アクセサリーで音を決めるのは、一筋縄ではいかないようです。

純正電源ケーブルを使って聞くノラ・ジョーンズの声は、ややソフトで少しクリーミーです。ギターもエッジが柔らかく、ドラムのブラシワークも穏やかです。ベースには適度な厚みがありますが、ピアノの最低域はもう少し伸びて欲しいと思います。音場は前後左右に球状に広がり、バランスが良く申し分ありません。ただ高音の輪郭がすこし甘いため、スピーカーから離れた場所で聞くと音像がぼやけて肥大します。もう少し高音に切れ味と刺激が欲しいと思いますが、この程度は組み合わせるCDプレーヤーやケーブルなどのアクセサリーで十分調整可能な範囲です。

L-505uXは音楽の鳴らしかたをよく知るLuxmanらしい中域が充実した大人の音で、Beethoven Concert Grand(T3G)を鳴らしました。


PMC PB1i Signature

スピーカーをPMC PB1i Signatureに変えるとノラ・ジョーンズの声に張りが出て、子音が聞き取りやすくなりました。

高域のエッジが立つと楽器の音色の鮮やかさ、ボーカルの細やかなニュアンスが再現されるようになります。また、気になっていた空間の濁り成分が見事に消えて、ストレスなく澄み切った音場が大きく広がるようになりました。

やや曖昧だった定位も引き締まり、ボーカルと伴奏がきれいに分離します。楽器の基音やピアノの低減部にはまだ少し濁りと肥大感(膨張感)がありますが、ほとんど気にならないレベルにまで改善しています。

PMCの音質は全般にややストイックすぎるくらいクリアでシャープなのですが、L-505uXと組み合わせると中域に厚みと適度な潤いが出て、リラックスできる雰囲気の音が鳴ります。高音の刺激が強すぎる、音が硬すぎると感じられる(金属ツィーターを使った製品に多い/Daliなど)場合には、L-505uXを組み合わせることでバランスが改善して、音楽が楽しめそうです。


Focal 1028BE

PB1i Signatureで切れ味の出た子音には、Focal 1028Beでさらに芯が出て、ピアノのアタック感、ブラシワークの強さ、ベースの押し出し、ギターの金属的な音色の美しさなど、少し物足りないと思っていた部分が気持ちよく再現されるようになります。

Beethoven Concert Grand(T3G)とPB1i Signatureではスピーカーよりも後方に展開していたステージが、1028Beでは一歩前に出ます。高音の輪郭がクッキリするので、音を近くで聞いている感覚が強くなるからです。

ノラ・ジョーンズのボーカルには厚みと色気、ニュアンスが出てより肉声に近づいた感じです。ギターも左手の指使いによる音の変化が明確になり、ディスクを変えたのでは?と思えるほど、音質が明確に改善しました。

1028Beが元々少し低域過多なこともあり、やや低域不足気味のL-505uXとの組み合わせは抜群でした。バランス良く、価格以上の音質と表現力で1028Beの魅力を引き出してくれたように思います。 

試聴後感想

L-505uXは出力が100WのAB級増幅回路を採用しますが、同じAB級回路の前モデル505Uとは少し違った音色に仕上げられているように思います。記憶での比較になりますが、505Uから505uXへのモデルチェンジで中高音のきめ細やかさと中域の厚みが向上しているはずです。また純A級、AB級に関わらず従来のLux Toneは高域がややクリーミーで良く言うと柔らかく、悪く言うとやや高音が不明瞭で伸びきらない感じがありましたが、この高域の「伸びきらない感じ」がL-505uXを始めとするX Seriesではかなり解消されているように感じます。

L-505uXは電源を入れた直後、透明感が非常に高い見通しの良い高域に驚かされました。高音は驚くほど細かでこの価格帯にも関わらず「十二分に質の高い高音」を聞かせてくれました。しかし、ウォーミングアップが進むと魅力的だった高音の澄み切った感じと細やかさは少し後退します。しかし、それと引き替えに素っ気なくややあっさりと感じられた中域に適度な脂気が出てLuxmanらしい粘りと艶が感じられるようになりました。

残念なのは組み合わせるスピーカーによってはL-505uXの低音がその素晴らしい高音に届かず、深みと重量感にやや欠けることです。大きな不満を感じるほどではありませんが、もう少し高音を抑えた方がバランスとしては良かったように感じました。しかし、L-505uX最大の魅力は価格を超えた高音の質感ですから、それを削ってまで低音にこだわる必要があるのか?判断は難しいと思います。たぶん、Luxmanはあえて魅力を伸ばすことにしたのだと思います。

L-505uXは従来モデルのL-505 Seriesから買い換えて、十分納得できる性能に仕上がっていると思います。ハイエンド・オーディオが持っている煌めくような高音をこの価格で味合わせてくれる魅力的なプリメインアンプはそれほど多くないはずです。

2011年 11月 逸品館代表 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.