MARANTZ VP11S1 マランツ VP-11S1

リアル フルHD DLPプロジェクター 「VP-11S1」

¥1,800,000(税別)

この商品のご注文はこちら

5月25日の販売店視聴ご商談会

VP-11S1は、VP-12S1/VP12S2/VP-S16/VP-12S3/VP12S4/VP13S1(Black Limited含)と同デザインの採用は、7代目となります。

変わらないデザインは販売者からすると見新しさに欠けますが、施工を行なっている所や、買い替えを考える方には取り付け金具がそのまま流用できる利点があり扱いやすいそうです。

フロント排気もこのクラスでは有効で、他の液晶のフルハイビジョンは、高出力キセノンランプ使用で後ろ排気の為、壁が焼ける事があったそうです。

スクリーン
キクチ製スチワート・マリブの110インチ
スピーカーはB&W

アンプはSR9600/DVDはDV9600
ハイビジョン再生に東芝RD-Z1を使用



レンズはVP12S4と同じですが、このレンズは開発の当時からフルハイビジョンを見越し設計されていたそうで、前モデルから数を作ることでレンズの組み立精度を上げてフルハイビジョンに見合う最良の物を完成させたそうです。

このレンズは、色(光の波長)による屈折率の差がガラスよりも遙かに小さい「異常分散ガラス」です。さらにレンズの外周辺部で画像のゆがみが起きない「非球面レンズ」が採用され、「フォーカス重視」の非常にコストのかかったレンズです。こういったレンズは、本来「高級一眼レフ」や「高級ビデオカメラ」にしか採用されていません。フルスペックハイビジョンの「超高精細度」を「大画面」で「歪みなく(色ずれなく)」再現するためには、絶対に必要とも言える設計で「手抜き」や「コストダウン」が行われていないことがわかります。

200Wの超高圧水銀ランプを使用。リモコンはVP8600タイプのものが採用されています。

フルハイビジョンパネル搭載のDLP、液晶プロジェクターでは投影の打ち込み角度(プロジェクターからスクリーンに投射する画像の角度)が一番大きく、さらに上下レンズシフトが装備され、高い設置性がある唯一のモデルとなっています。

デモ画像

NHKハイビジョン放送画像。超高解像度・高輝度を見せるのではなく滑らかな質感を重視した画像です。

ハイビジョン(WOWWOW)映画 パイレーツ・オブ・カリビアン。

この放送はテレシネにはフイルムを1コマづつキヤプチャーしてからIP変換しているこだわりの画質でオンエアーされた数少ないタイトルだそうです。冴えのある滑らかな高品質画像が堪能できました。

DVDソフト スターウオーズ

今までの常識としてフルハイビジョンパネルでDVDのNTSC画像をみると、とても見られたものではないのですが、ハイビジョン画像と言われると信じてしまいそうになるくらい緻密感のある画像を再現します。

DVDでアップコンバートするかプロジェクターでスケーリングするかは、その機器の特性とソフトの状態と画像の好みで変わるそうですが、それにしても素晴らしいスケーリングの性能です。

MARANTZ DV9600から480pで出力し、VP-11S1で1080Pにスケーリ
ングにて接続・・・(正しい)
DVDには、MARANTZ DV9600が使われ、HDMI(480P)でVP11S1に接続されていました。入力された480Pの信号は、VP11S1のアップコンバート回路で1080Pに変換されて投影されます。このアップコンバート回路のチューニングがきわめて優秀で、フォーカスをむやみに追うのではなく、質感を高める方向にパネルの高精細度の「余裕」を振り分けているところに、北米の高級プロジェクター市場でトップシェアを誇る「プロジェクターのマランツ」の高い見識と実力を感じました。

フィルムのようにキメが細かく輪郭の誇張感がない滑らかな映像は、大画面で長時間見続けても疲れることはなさそうです。また、単板式のため避けられないカラーフリッカー(色割れ)を心配しましたが、シアターDLPモデルの中では一番目立たなく感じました。この程度なら、実用上はまったく問題にならないでしょう。

3板式の液晶フルハイビジョンパネルでは、1ドット10μを対角線両端をきっちり合わせるのは機械精度的に不可能に近いらしく、現在発売されている製品は、ドットの両サイドが赤と青色にズレがでているということです。特に3管プロジェクターでは、地磁気の影響などによる不可避のレジのズレで周辺では色ズレが発生します。

単板方式のDLPプロジェクターなら、フルHDモデルでもそういった問題が一切発生せず、さらにVP11S1は「超高性能レンズ」の採用で、ずば抜けたフォーカスの良さを誇ります。

液晶とは異なる次元の「高画質」は、3管プロジェクターユーザーにも注目されているそうです。

2006年5月 岡田 克彦

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.