Integrated Amplifire

MUSICAL FIDELITY NEW A3.2 (イギリス製・CDプレーヤー)

画像はクリックすると拡大します。

●DAC構造 24Bitデルタシグマビットストリーム
 8Xオーバーサンプリング
●96kHzアップサンプリング
●周波数特性 10-20000Hz±0.2dB
●S/N比 106dB以上負荷なし/113dB
●トータルハーモニックディストレーション
 0.006パーセント以下(10-20000Hz)
●トータル関連ジッター 170ps以下
●デエンファシスエラー 0.1dB以下
●リニアリティ 0.2dB以下
●デジタルアウトプットレベル 2.14VRMS(1KHz)
●電源 100V 50/60MHz 消費電力 15W
●サイズ 440(W)x95(H)x375(D)mm 6Kg

<特長>
●Nu-VistaCDと同じDAC、フィルター、アッセンブリー、コントロールエレクトロニクス、メカニズムを採用

●テキスト機能搭載

●24bit-96kHzアップサンプリング/真のアップサンプリングの採用で可聴帯域ではどんなエラーも排除

●カスタムメイドのアルミダイキャスト前面パネルと精密に研磨された真鍮パーツ

●優れたコストパフォーマンス

定価:\199,800【税別】→販売完了

その他の音質テストはこちらからご覧頂けます。

A3.2CD  、A3.2プリメイン  ・ A5 Series ・ A5.5プリメイン ・ A1 Pro ・ V-CAN Series

M6 CD M6 AMP / M3 CD M3 AMP  ・  M1 DAC

 

ここが良かった

シルバーとブルーを基調とした独特のデザイン

音が良い!

ここはちょっと?

ボディーの鉄板が薄く、ただ黒いだけで質感がない

CDを乗せるトレー部の工作精度が低く、ボディーとの隙間や角度がややずれている。

RCA端子がやや太い?ケーブルの挿入に苦労した。

A3.2(プリメインアンプ)のテストに引き続いて、A3.2のCDプレーヤーをテストしました。

接続機器は、A3.2のテストと同じで、CDプレーヤーだけをAIRBOW CH7700Super2からA3.2に変更し、ソフトも同じ「カーペンターズ」を試聴に使用。

CDを交換して一聴した瞬間に「やられた!」と笑みがこぼれてきた。なぜなら、AIRBOWの最廉価モデルのCH7700Super2を凌駕するCDプレーヤーは非常に少なく、ほとんどの製品は最初の比較で惨敗し、レポートを書く意欲をなくさせるからだ。

CH7700Super2との比較で説明すると、まず「低音の量感」が増し、音楽空間の実在感が向上する。中高域の透明度や繊細さも「一枚上手」だし音の輪郭もよりクリアに出る。音楽の表現も「はきはき」と非常にわかりやすい。もちろん、わかりやすい=軽薄では決してなく、音楽の持つ深さや複雑さもきちんと表現する。

AIRBOWの上級機種CD−1と比較するとさすがに敵わないが、それでもこの「繊細さ」は非常にレベルが高い。音楽の表現にしても、DACの形式が違うから(CD−1はマルチビット、A3.2はワンビット)直接的な比較は出来ないが、従来のワンビットCDプレーヤーにありがちだった「低音不足」・「低音の膨らみ」は全くないし、「中域の希薄さ」など微塵も感じられない。あえてCD−1との差を見いだすとすれば、やはり「音楽表現の深さ」・「陰影の彫りの深さ」・「音色の色彩の濃さ」に埋められない差が感じられるが、それはよほど耳が肥えているか、直接比較で聞き比べなければ普通の人にはわからないだろう。

A3.2がCD−1を越えられないのは、マルチビットとワンビットの違いやインバーター電源・ベルトドライブメカニズムなど、コストや方式に圧倒的な物量差があるためだから仕方がないが、20万円クラスのCDプレーヤーとしては非常に「音」がよく「音の完成度」が高いことは紛れもない事実だし、再三再四CD−1と比較してしまったのが、A3.2を「ライバル」と認めている確かな証拠だ。

良くできている。とても良くできたCDプレーヤーだ。後一歩「彫りの深さ」が加われば鬼に金棒だが、この価格ではそこまでは望めなくてもしようがない。とにかく、AIRBOW CH7700Super2を上回ったと言うことだけでも、相当な実力があると言うことだ。

問題点は、「筐体の工作精度」。CD引き出しトレーとフロントパネルが水平に付いていなかったり、隙間が少し違っていたりする。これは貸出試聴機だけなのかもしれないが、REGAのほうが筐体の作り込みは一枚以上上手だ。音はよいけど外観はチープという、悪しき英国製品の伝統を良い意味でも、悪い意味でも引き継いでしまっているのが残念だ。

う〜ん。やはりミュージカル・フィディリティーは侮れない。もし機会があれば、ミュージカル・フィディリティー主宰者のアントニー・マイケルソンに、私の手がけたAIRBOWのCDプレーヤーを評価して欲しいものだ。まるで、気にも留めないか、あるいは「はっ!」とするのか。彼がいったいどんな顔をするのか見てみたい気がする。少なくとも私が聴く限り、知る限りでは「常識的な価格の範囲内」で「唯一のAIRBOW製品のライバル」たり得る、資格を持っていると感じる。それとも、私も彼のように自信過剰になってきたのだろうか・・・。

とにかく、20万円程度の価格帯でCDプレーヤーをお探しなら、この製品を候補に挙げておいて絶対に損はないし、もしこのレポートを読んだだけで他機種を検討せずに[A3.2]を購入されたとしても、それも決して損な買い物ではないことだけは紛れもない事実だ。珍しく「本物の音楽」を聴かせてくれる製品に出会って、それが好きだったMUSICAL−FIDELITY社の製品だったと言うことをとても嬉しく感じることが出来たひとときだった。

2004年 5月30日 清原 裕介

 

逸品館ホームページへ

   ippinkan.com サイト内検索

※掲載から一週間以内の情報は検索されないことがあります。

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

カートの中 カテゴリー別 メーカー別 特価品 中古品 買い取り 下取り その他お問合せ
製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

通販法による表記]   [返品特約]    [アフターサービス

電話での問い合わせ大歓迎
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“
店頭販売をするショップ”ですから、「お電話でのお問い合わせを歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜)平日は予約が必要です)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

お振り込み先

銀行から
三菱東京UFJ銀行/難波駅前支店/普/0088906/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

ネット銀行から
ジャパンネット銀行/本店営業部/普/8788745/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

郵便局から
浪速郵便局/振替口座番号/00970-7-133592/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]
郵貯インターネット・ホームサービスからもご利用頂けます。