Musical Fidelity V-DAC 、 V-CAN 、V-LPS の音質テストはこちら

Integrated Amplifire

MUSICAL FIDELITY A5.5 (イギリス製・プリメインアンプ) 音質テスト

逸品館の最新情報は、こちら

Musical Fidelityの輸入代理店ハインツ&カンパニーから、モデルチェンジで生産完了となったA5.5の特価情報が届いた。台数をまとめて仕入れることが条件だが、値引きが余りないミュージカルフィディリティー社の製品としては破格の条件提示がなされた「A5.5」を聞いてみた。

A5.5 インテグレティッドアンプ

■出力:250Wx2 (8Ω) 、400Wx2(4Ω)
■ ライン入力:4系統 PHONO入力:1系統(MM)
■ 入力感度2.5mV (MM)
■ 入力インピーダンス:47kΩ S/N比:96dB
■ライン出力:PREOUT1系統 REC OUT1系統
■ワイヤレスシステムリモコン付属
■サイズ 440mm(W) 125mm(H) 400mm(D)
■重量 16.6kg

<特長>

『超弩級250Wx2 ハイパワー、ハイカレントはまさにセパレートアンプを凌ぐ程の最高級インテグレーテッドアンプ』

大電流デリバリーに優れた最高級大量のパワートランジスタをふんだんに採用し、抜群のリニアリティーとディテール表現を実現し、さらに新開発スーパーファースト・オプティカル・フィードバック・プロテクション・サーキットにより、静粛感や立体感も飛躍的に向上しました。

また、操作性の面でも、チャンネルバランス ±0.5dBという最新ボリュームサーキットにより、極小音量から大音量までをパーフェクトにコントロールします。

そのハイパワーでいてより繊細、しかも艶っぽい音色はプリメインの域を遥かに超えることに成功しました。ハイパワーであることを誇示しないソフトな曲線でデザインされたフロントパネルとアールデコ調のボリュームノブは、デザイン面でも音楽派のユーザーの琴線に触れることでしょう。

定価:\398,000【税別】→売り切れました

試聴装置

 VIENNA ACOUSTICS T3G(Beethove Concert Grand)

AIRBOW'CDプレーヤー'DV12S2/Specialシルバー AIRBOW SA10/Ultimate

試聴ソフト

 “IMMACULATE” Madonna 輸入盤 CD

低音が打ち込みで構成されるPOPSを再生すると大型のユニットを3個も搭載するT3Gは、アンプの力が足りないと低音が膨らんだり緩くなりやすい。その膨らみやすいBEETHOVEN-CONCERT-GRAND(T3G)の低域をA5.5は、ものの見事に引き締めた。ベースが弾力的に弾み、リズムセクションの明瞭な再現が音楽を大きく躍動させる。低音の力感と量感は抜群だ。

高音の切れ味はやや甘く今一歩物足りなくもないが、逆にそれがソフトの粗やスピーカーの過剰な能力をコントロールしマドンナを「Musical Fidelity的世界感」で上手くまとめ上げる。この時期のマドンナはもう少しキュートに思うが、A5.5は肉付きの良い音でマドンナをじっくり聞かせる。

個人的な好みでは、もう少し爆裂的な迫力でこのソフトを聞きたいが、これはこれで決して悪くないし、リスニングルームの絶対的なサイズが限られる日本では、スピーカーの近くで小音量で音楽を聞く機会が多いから、高域が出しゃばらず中〜低域にタップリとした厚みのあるA級アンプのサウンドが上手くマッチすることが多い。そういう理由から、日本ではA級的なまったりしたが結構好まれる。A5.5はまさにそういう「日本人好み」の音質でマドンナを鳴らした。

 “BLUE NOTE FOR YOU STANDARDS” 日本盤 CD

A5.5で鳴らすJAZZは、はっきりと暖かい。このディスク特有の冷たく張り詰めた音では鳴らない。全体的な音質もどことなく木質的で、マイルスのトランペットがほんの少しだが「クラリネット」のように鳴る。

音色の変化は多彩で細かいから、愁いを帯びたトランペットの雰囲気は深く再現される。サックスはトランペットよりもさらに木質的なイメージが強くなる。ある意味ではそれは当然だ。なぜならば、トランペットは「金管楽器」でサックスは「木管楽器」に分類されるからだ。どちらも同じ金属のボディーを持つが、発音部は違う。トランペットのマウスピースは金属製でサックスのリードは竹製。それぞれの楽器はその発音部分の材質の違いで「金管」と「木管」に分類されている。「木管」に分類されるサックスがトランペットよりも木質的な音で鳴るのは、間違ではない。

ピアノの打鍵感は心地よく、厚みと重量感がある。

ドラムのブラシの動きもきちんととに反映され、JAZZらしい「楽器の会話」がお洒落に再現される。楽しくノリの良い音だ。ディスクの古さ、録音の古さは、まったく感じられない。しかし、マドンナでも違和感を感じたようにこのディスクも、もう少し張り詰めた雰囲気で聴きたい。

A5.5とBEETHOVEN-CONCERT-GRAND(T3G)の組合せは、このディスクを「フレンチ」に柔らかく濃く鳴らす。こういう聴き方も決して悪くはないが、一部のJAZZファンには「違う」と叱られそうな気がする。

 “MIDORI LIVE AT CARNEGIE HALL” 五嶋みどり 輸入盤 CD

このディスクが今回試聴したシステムにベストマッチする。

バイオリンの擦過音は柔らかく、五嶋みどりの独特の「硬さ」を上手く緩和しながら、バイオリンをキュートに鳴らす。グランドピアノの重量感と左手の強さはきちんと再現され、ロバートマクドナルドのピアノをハイセンスに響かせる。

嫌な歪み感や無理矢理音を出している感覚はまったく感じられず、スピーカーから自然に音が出る。音の広がりと立体感の再現性は抜群でスピーカーを中心に音場が大きく部屋全体に広がり、システムの存在感は綺麗に消える。

A5.5の音は全般的に柔らかいので、緊張感を伴わずやや情緒に流される嫌いはあるが、コンサートは「演奏者の労苦」を見せる場ではないから、観客を無条件に楽しませてくれるこの音質はクラシックにはとても良く合う。演奏者とリスナーの間に暖かい空気感を感じさせる鳴り方。それがA5.5の持ち味だ。

AIRBOWマルチプレーヤーUX-1 Supreme emotion AIRBOW UX1 SE/Limited

 “MIDORI LIVE AT CARNEGIE HALL” 五嶋みどり 輸入盤 CD

SA10/Ultimateと組み合わせて鳴らしたA5.5の音質にちょっと納得行かなかったので、思いつきでCDプレーヤーをUX1SE/LTDに変えて「五嶋みどり」を聞いてみた。

するとどうだろう?世界が完全に一変したではないか!!

ふわっとした暖かい「靄」のような甘い空気は完全に消え、バイオリンの張り詰めた様子、ピアノの力強い打鍵感、アタックの鋭さと芯の強さの表現がぐんぐん出てくる。

思わずSA10/Ultimateとの組合せが悪かったのか?そんな考えが頭をよぎるほどだが、決してそんなはずはない。どちらのプレーヤーの音も私が自信を持って仕上げているのだから。しかし、43万円と150万円という莫大な価格差を持ってしても、それぞれで聴ける「音楽の再現性」のレベルはまったく違うと言わざるを得ない。それほどドラスティックな差が両者の間にある。

アンプやスピーカーを換えていないにもかかわらず、バイオリンとピアノの音色の特徴が完全に再現され、楽器の銘柄が瞬時に特定できる。

緑が奏でるバイオリンは、ガルネリだろう。その独特の厚みのある響きが再現される。ロバートマクドナルドが弾くピアノは、スタインウェイに違いない。その独特な高域の華やかさが、ハッキリと聞き取れる。試聴終了後、念のため確認したがバイオリンは“ガルネリ”、ピアノは“スタインウェイ”で間違いはなかった。SA10/Ultimateでは、違う楽器に聞こえたのでA5.5に「癖」があると感じたのだが、UX1SE/Limitedとの組合せでは,それが完全に消えてしまう。

演奏の躍動感、動きの大きさのスケールもまったく比較にならない。表情の変化や躍動感の大きさが数倍ではなく、一気に10倍くらい高まったように感じられるほどだ。止まっていたものが動き出す。それくらい大きな違いが感じられる。

A5.5が素晴らしいのかUX1SE/Limitedがすごいのかわからなくなるが、とにかく出てくる音は素晴らしい。VIENNA ACOUSTICS T3G(Beethove Concert Grand)との組合せで、パーフェクトなサウンドが鳴った。これほどの音を聞いた人は、それほど多くない。いや、多分いないだろう。今聞いている音は,それくらい素晴らしく良い音だ。

後書き

落ち着いて評するなら、A5.5はスピーカーの影響を受けにくく、入力を正確にスピーカーの音質に反映できるアンプといえる。組み合わせるプレーヤー、アクセサリーでA5.5は化ける。そのポテンシャルは、思ったよりも遥かに高かった。当然、ハインツ&カンパニーには、即時A5.5を発注した。使い方さえ間違えなければ,このアンプは安い。安すぎる!

2010年3月21日 清原 裕介

 

逸品館ホームページへ

   ippinkan.com サイト内検索

※掲載から一週間以内の情報は検索されないことがあります。

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

カートの中 カテゴリー別 メーカー別 特価品 中古品 買い取り 下取り その他お問合せ
製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

通販法による表記]   [返品特約]    [アフターサービス

電話での問い合わせ大歓迎
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“
店頭販売をするショップ”ですから、「お電話でのお問い合わせを歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜)平日は予約が必要です)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

お振り込み先

銀行から
三菱東京UFJ銀行/難波駅前支店/普/0088906/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

ネット銀行から
ジャパンネット銀行/本店営業部/普/8788745/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

郵便局から
浪速郵便局/振替口座番号/00970-7-133592/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]
郵貯インターネット・ホームサービスからもご利用頂けます。