オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

Whafedale Diamond 10.1 10.5 10cc 10cs 10.sr 音質 試聴 評価  ワーフェデール  ワウフデール DIAMOND10.1 音質 評価 評判 試聴 テスト

Wharfedale (ワーフェデール)Diamond Series 音質テスト
wharfedale

  

Wharfedale(ワーフェデール)は、昔から注目していたメーカーです。日本での知名度はそれほど高くありませんが、世界で最も古くから存在するスピーカーメーカーの一つで、高い技術力に裏付けされた高音質スピーカーを製造発売しています。逸品館で数が出たWhafedaleのモデルは、Diamond 4(1990年代)やModulus Miniなどが記憶に残っています。特にModulus Miniの設計の巧みさ、音の良さには驚かされたものです。Whafedaleは大型スピーカーも発売していますが、どちらかと言えば小型モデルの印象がよいメーカーです。

Whafedaleが採用しているユニットは、好評の“QUAD ダイナミック型モデル”とよく似ていますが、それは“QUAD”と“wharfedale”の親会社が同じで、中国に本社のある“IAG”だからです。“IAG”の名前はほとんど知られていませんが、2009年12月には、なんと高級オーディオの老舗“LUXMAN”も買収して傘下に収めた、世界でも有数のオーディオ・ファンド会社に成長した中国資本のファンド会社です。

ヨーロッパ名門スピーカーを“中国”が生産するとどのような製品が生み出されるか?好評発売中のQUADで証明されたように、従来の常識を越える「高品質・低価格」が実現します。ラインナップが揃ったWhafedaleのDiamond Seriesも、その好例に漏れずコストパフォーマンスの高い製品です。全般的に明るめで広がりや定位感(立体感)に優れる音質は、音楽を開放的に鳴らしてくれます。スピーカーから音が出ている感じが希薄なので、サラウンドでお使いの場合にはスピーカーの存在感はかなり小さく理想的な音場が得られそうです。仕上げも丁寧で音質も価格以上の満足感があります。

大型TVの値下がりで、それに見合うコストパフォーマンスの高いスピーカー(安くて音と見栄えがよい製品)が求められる中で、WhafedaleのDiamond シリーズは期待を裏切らない、素晴らしいパフォーマンスを持つスピーカーとして、心からお薦めできる良品に仕上がっています。

 AIRBOW SA15S2Master

 AIRBOW PM15S2Master

Wharfedale(ワーフェデール)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

Diamond 10.5 メーカー希望小売価格 ¥105,000(ペア・税別) お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

方式

3Way バスレフ型

ツィーター/スコーカー

25mm/50mm

ウーファー

165mm

許容アンプ出力

20W〜120W

インピーダンス

6(オーム)

感度(出力音圧レベル)

86dB

周波数帯域

35Hz-25KHz

外形寸法

H868×W225×D360mm

質量

14Kg(1本)

入力端子

Bi-Wire

仕上げ(2色)

ブラック・ローズ

<明るい> - - - * - - - - - <暗い>

<柔らかい> - - - - * - - - - - <硬い>

付属品

Diamond 10.5は、このクラスとしては贅沢な3Way方式を採用しています。低コストで無理に3Way方式を採用して、音のバランスが悪くなってしまった製品は沢山あります。それは、ネットワークの設計が甘いために2Wayと比べて音の繋がりに問題が生じるからです。10.5は見事にその関門を通過しています。

従来はキャビネットの設計を試行錯誤で行っていたため、2Wayより複雑な3Wayスピーカーのネットワーク設計では試作の繰り返しが必要とされ、かなりのコストがかかりました。現在は進歩した測定技術と設計ソフトによって比べものにならない速度と低コストで、最適なキャビネットおよびネットワークの設計が可能となっています。その成果が10.5のような低価格高性能スピーカーを生み出しています。

まず、付属の保護グリル付けたまま音を聞きましたが、高音がグリルに遮られてもこもこしてしまいました。10.5のツィーターとスコーカーには、グリルを外した状態でも使えるように金属の保護カバーが装着されています。そこで音質テストはグリルなしで行うことにしました。

 Come away with me Norah Jones

サイズと価格を考慮すると、再生周波数帯域はかなり広く感じられます。さすがに3Wayは実力が違います。低音も高音もかなりの帯域まで聞き取れますが、残念なことに若干、音の「質感(クォリティー)」が低いように思われます。この音質では、逸品館が高く評価しお薦めしているJBL Studio Seriesに及びそうにありません。そこで付属の金色のジャンパー板をNordst Spell Binderの内部配線を使ったジャンパー線に変えてみました。AIRBOW SilverJumperを使わず、Nordstを使ったのはスピーカー本体価格に比べ高価なSilver Jumperの価格が高すぎることと、Spell Binderが単線なので接続したときに導線が千切れないからです。

 

ジャンパーの交換で中高域はグッと雰囲気が濃くなり、上質で品の良い音に変化します。ボーカルは透明感が高く細やかです。ベースやドラムの量感は十分ですが少し膨らみます。これはキャビネットの板厚が足りないからですが、この価格帯のスピーカーではこの程度なら合格です。ギターやシンバルの高域は若干芯の弱さが感じられるものの、しっかりとした切れ味で再現されます。

ペア10万円という価格帯では、JBL Studio 530CHのようなしっかりと作られた2Wayスピーカーを選ぶのか?あるいはDiamond10.5のような、低価格の3Wayスピーカーを選ぶのか?悩みます。結論を先に述べるなら、外観の大きさ=見栄えがその答えになります。しかし、それでは面白くないので「オーディオ的」に考えてみましょう。3Way方式の10.5は人間の耳が敏感な帯域を、振動板が軽くレスポンスに優れる50mm口径の専用スコーカーを割り当てたことで、2Wayに比べると再現される音が細やかで、なおかつ明瞭度が高いという長所を持っています。しかし、低コストでユニットを仕上げなければならない悪影響で振動板のダンピングがわずかに低く、そのためわずかな「かさつき」を感じることがあります。特にこの「余計な響き」は音量を上げると顕著になります。

しかし、実際にご家庭でお聞きになる音量は、オーディオショップの店頭に比べて遙かに小さいのが普通です。そこで音量を絞って、Diamond10.5を聞いてみました。軽いスコーカーは小音量でも十分に反応し、解像度が低下しません。これはやはり3Way方式の大きなメリットでしょう。また、低音もしっかり出てくれるので、音痩せをかんじません。また、音量を下げることで大音量で耳に付いた不要なツィーターとスコーカーの響きが消え、かさついた音がしっとりとします。このテストから、ご家庭で必要な音量でお使いになる限り10.5は価格を大きく超える性能を発揮することがわかりました。いくつかアンプを変えて聞き比べてみましたが、低価格のアンプでもその音質は十分引き出せそうに思いました。今回テストに使ったのは、AIRBOWの50万円セットですが、かなり低価格のセットと比べてそれだけの音質が発揮できたと感じなかった事から、Diamond10.5は高価格なアンプを使っても音質はそれに見合うほど改善しないように思われます。

  モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番、第5番 / アルテュール・グリュミオー

ノラ・ジョーンズを聞いたときにも感じましたが、Diamond10.5は音を広げ音場を立体的に展開します。十分な低域が再現されるため、このクラスのスピーカーでありがちな「窮屈に鳴っている感じ」がなく、交響曲が開放的に楽しめます。また、元々「細やかな響き(倍音成分)」の多い弦楽器の再生では、JAZZで気になった「ユニットの若干の響き」は、楽器の倍音にマスキングされほとんど気になりません。さすがに価格なりの音の質感には若干の我慢が必要ですが、そこさえ目をつむれば本格的なクラシックを十分に再現する実力を持っています。

 Queen Greatest Hits

低域が膨らみ、ボーカルの分離感に不満が生じると予想したのですが、それは見事に裏切られました。Diamond10.5は、RockやPops系のソフトと実に良くマッチします。低音の最も低い部分は少し膨らみますが、音量を下げればそれが逆に音場の豊かさを醸し出す味方になります。楽器の音はやはり少し質感が低いですが、ペア10万円強の価格を考えると頑張っています。音が止まった部分で不要に音が響かず比較的早期に音が止まるのは、平行面を持たないカーブ形状に仕上げられたキャビネットの設計が効いているはずです。2曲目のベースの音も太く不要に膨らまず前に出てパワフルで、テストした3曲では、Queenが最も上手く鳴ったように思います。

Diamond 10.1 メーカー希望小売価格 ¥48,000(ペア・税別) お問い合わせはこちらからどうぞ

方式

2Way バスレフ型

ツィーター

25mm

ウーファー

125mm

許容アンプ出力

20W〜100W

インピーダンス

6(オーム)

感度(出力音圧レベル)

86dB

周波数帯域(±3dB)

48Hz-24KHz

外形寸法

H297×W194×D283mm

質量

3.2Kg(1本)

入力端子

Bi-Wire

仕上げ

ウォールナットのみ

<明るい> - - - - * - - - - <暗い>

<柔らかい> - - - *- - - - - <硬い>

 Come away with me Norah Jones

ツィーターは10.5と同じものが使われていますが、クロスオーバーが異なるのでしょうか?10.5よりも高音が美しく、滑らかに感じられます。ウーファーとの繋がりも抜群で、ノラ・ジョーンズの声がみずみずしく艶やかに再現されます。10.5で気になった、高音のかさつきも感じられません。キャビネットが小さくなったため、低音の量感はさすがに減ってしまいましたが、このサイズとしては以外に低音は豊かに感じられます。音の広がりにも優れ、スピーカーの存在感をあまり感じることなく、音楽を楽しめました。

  モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番、第5番 / アルテュール・グリュミオー

10.5同様に音が大きく広がります。ネオジウムを使った協力マグネットの効果なのか?音の立ち上がりが早く、このクラスのスピーカーとは思えない高音の切れ味が感じられます。コンサートマスターと伴奏の分離にも優れ、なかなか質感の高い音で弦楽器を鳴らします。キャビネットが小さくなったことと、ユニットが二つになったことで「凝縮された」濃いイメージで交響曲が聴けました。

 Queen Greatest Hits

直前に10.5を聞いたためか、低音がかなり寂しく感じられます。しかし、ギターの音色は美しく凜とした音で再現され、ボーカルの表情も豊かです。音場は前後に立体的に展開し、やはり良い意味でスピーカーの存在をあまり感じません。空間に溶け込んだ雰囲気で、スピーカーが鳴ります。これなら、セッティングが悪くてもそこそこの音が鳴りそうです。

Diamond 10.CS メーカー希望小売価格 ¥48,000(税別) お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

方式

2Way バスレフ型

ツィーター

25mm

ウーファー

125mm×2

許容アンプ出力

20W〜150W

インピーダンス

6(オーム)

感度(出力音圧レベル)

89dB

周波数帯域

70Hz-24KHz

外形寸法

H195×W420×D283mm

質量

7.8Kg(1本)

入力端子

Bi-Wire

仕上げ(2色)

ブラック・ローズ

テストはCDの右チャンネルの信号を入力して行いました。驚いたのは、横に長い形状やWウファーの悪影響による音の濁りがまったく感じられず、非常に自然で好ましい音の繋がりが得られたことです。キャビネットが小さいこと、スコーカーを使わないことで中域に余計な付帯音が付かないため、音がスッキリと透明で定位がシャープです。実力は相当に高く、片方のchだけで聞いているにもかかわらず十分に音楽が楽しめました。Diamond 10.CSはセンタースピーカーとしては望外な音質です。

当初ラインナップの一つ(センタースピーカー)として全くチェックしていなかったモデルですが、鳴らしてみてその意外な音の良さ、実力の高さに驚かされました。最近の大型TVは横に長いので、低いラックに2本もしくは3本のDiamond 10.CSを横並びに設置して、お使いになればコンパクトなスペースで驚くほどの高音質が実現するはずです。

ブラケットが用意されないので天釣りには工夫が必要ですが、店舗での天井取り付けスピーカーとしてお使いになっても驚くほどよい音で使えそうです。面白いスピーカです。

Diamond 10.CC メーカー希望小売価格 ¥30,000(税別) お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

方式

2Way バスレフ型

ツィーター

25mm

ウーファー

100mm×2

許容アンプ出力

15W〜120W

インピーダンス

6(オーム)

感度(出力音圧レベル)

88dB

周波数帯域

75Hz-24KHz

外形寸法

H132×W340×D137mm

質量

2.8Kg(1本)

入力端子

Single-Wire

仕上げ(2色)

ブラック・ローズ

Diamond 10.CCは、10CSよりユニット口径とキャビネットが小さいことでレスポンスに優れ付帯音も少なめです。しかし、若干エネルギーバランスが高域寄りで「声の厚み」が薄く感じられました。置き場所と予算さえ許されるなら、センターはDiamond 10.CSが良さそうです。ラインナップの他のモデルや他メーカー品と比べた場合、少し割高に感じるのもマイナスポイントです。

Diamond 10.SR メーカー希望小売価格 ¥28,000(ペア・税別) お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

方式

2Way バスレフ型

ツィーター

25mm

ウーファー

100mm

許容アンプ出力

10W〜60W

インピーダンス

6(オーム)

感度(出力音圧レベル)

88dB

周波数帯域

70Hz-24KHz

外形寸法

H232×W185×D117mm

質量

2.0Kg(1本)

入力端子

Single-Wire

仕上げ(2色)

ブラック・ローズ

比較的小型のキャビネットにもかかわらず、かなりしっかりした低音が再現されます。高音の切れ味や広がり、方向性の再現性に優れエフェクトスピーカーとして十分な性能に仕上げられています。同価格帯の2Wayスピーカーと比べると若干音の質感が低いように感じることがありますが、寝室や事務所などにかさばらないスピーカーとして導入されても問題ない音質で音楽が再現されそうです。  

Diamond SPC8 メーカー希望小売価格 ¥68,000(税別) お問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

方式

パワード・サブウーファー

ウーファー

200mm

内蔵アンプ出力

150W(MAX300W)

感度(出力音圧レベル)

100dB

周波数帯域

-

外形寸法

H350×W290×D265mm

質量

8.0Kg(1本)

入力端子

RCA
スピーカー

仕上げ(2色)

ブラック・ローズ

スピーカーケーブルを使ってSPC8を接続し、ボリュームを最大にしても音量がそれほど上がりません。また、ユニットが下向きに取り付けられていますので付属のスパイクを使わない限り、ユニット開口部が床で塞がれてしまい低音がまったく出ません。音質はごく普通で十分使用に足りますが、Audiopro B2.27MK2などの存在を考慮するとあまり魅力を感じられません。サブウーファーは、日本の「電気用品安全法」をクリアするために必要な費用(50万円以上かかることがあります)が販売価格に転嫁されているためでしょう、他のモデルに比べてかなり割高に感じられます。

2012年4月 逸品館代表 清原裕介

逸品館ホームページへ

1号館

本店:商品展示、販売全般、下取・買取 10:30-19:30(定休日なし/臨時休業除く) 06-6644-9101

2号館

中古品展示場:中古品掘り出し物の展示

3号館

高級オーディオ試聴室:高級オーディオの試聴、ご相談 11:00-18:00(定休日:毎週水曜・木曜) 06-6636-2917

逸品館へのお問い合わせは、電話でOKです!
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売”から始まったお店ですから、「直接のご連絡を大歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。 (株)逸品館

逸品館が運営する、5つのショッピングサイトのご案内はこちらからどうぞ!

このページは、大阪のオーディオ専門店逸品館が製作しています。ページに表示される記事内容は逸品館の見解を示していますが、必ずしもそれが正しいとは限りません。また、ページの情報により生じる利害や問題につきましてはいかなる責任も取りかねますので予めご了承くださいませ。ページへのリンクは大歓迎ですが、誤解を避けるためコンテンツの一部引用やコピーは、お控えくださるようお願いいたします。 

TOPに戻る 逸品館の場所・アクセス お問い合わせ 通販法による表記 返品特約 アフターサービス

Copyright © 2015 IPPINKAN All Rights Reserved. メインサイト

 
 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.