オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

 

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Wharfedale EVO-4.1 4.3 ELAC BS283 FS283 波動ツィーター CLT-5S hd-amp1 special 比較 試聴 評判 レビュー 音質 評価

ELAC BS283 , FS283 、 Wharfedale EVO-4.1 , EVO-4.3 ハイルドライバー搭載スピーカー聞き比べ

 ”ELAC” BS283,FS287

  

 ”Wharfedale” EVO-4.1,EVO-4.3

  

 ”AIRBOW” HD-AMP1 Special,HD-DAC1 Special

 ”AIRBOW” CLT-5S、Silver Jumper

  

 ”audiolab” 8300XP

  

 ”AET” TSD-Jumper

  

ELACの特徴といえば、彼らがJETと称する「ハイルドライバー」式のツィーターです。

 

※上(ハイルドライバー)は、左図の茶色い折りたたまれた膜が振動して音が出ます。

ハイルドライバーの詳しい説明はWebから拾えるので割愛しますが、面積の大きい振動板を蛇腹状に折りたたんで使っているところが通常のドーム型ツィーターとの大きな違いです。

※リボンツィーターも折りたたんだ薄い膜を使うところはハイルドライバーと同じですが、振動膜の材質と「ハイルドライバー=高分子フィルム(絶縁体)」、「リボンツィーター=金属(導電体)」、振動膜を駆動する方法が違います。

ハイルドライバーやリボンツィーターは、振動板が直接振動するため、コイルの動きを振動板に伝える通常のツィーターよりも反応速度が早く、高音特性に優れます(高い音が出ます)。また大型の振動板を折りたたんで使っているため、振動板の面積が通常のツィーターよりも大きく、より低い音が再生できます。欠点は、構造的に音の放射角度が狭くなるため、「ツィーターの指向性が強く(狭く)なる」部分です。縦方向に振動板を折りたたんで使うJETでは、上下方向の指向性が狭いという問題を持っています。

特許が切れたのか?理由は不明ですが、「ハイルドライバー」を搭載するスピーカーがここ数年一気に多くなってきました。逸品館取扱ブランドでは、QUAD、Wharfedaleなどが高級モデルにハイルドライバーを搭載しています。

そこで今回は、この「ハイルドライバー」に注目し、老舗のELACと新参のWharfedaleからブックシェルフ型とフロア型を各1台、合計4モデルのハイルドライバー搭載スピーカーを聞き比べることにしました。

試聴には、USB-DAC内蔵のD級アンプ搭載プリメインアンプ「AIRBOW HD-AMP1 Special」とUSB-DAC「AIRBOW HD-DAC1 Special」とパワーアンプ「audiolab 8300XP」の2種類を組み合わせで聞き比べました。

さらに、ハイルドライバーの弱点「指向性の狭さ」と「高音の緩さ(高音に芯がない)」を補う方法として最適と考えられる、AIRBOW波動ツィーター「CLT-5S」の追加で音質がどのように変化するかもチェックしています。

USB接続 →

USB接続 → RAC接続→

試聴概要

AIRBOW Music PC「MBN-N54LTD2」に取り込んだPCM音源ファイルをUSB接続して「HD-AMP1 Special」と「HD-DAC1 Special + audiolab 8300XP」でスピーカーを鳴らしました。

Wharfedale EVO-4.1(ブックシェルフ型)とELAC FS287(フロア型)では、AIRBOW波動ツィーター「CLT-5S」を組み合わせた場合、高音質ジャンパー線「AIRBOW Silver Jumper」と「AET TSD-Jumper」を使った場合の音質もチェックしています。

使用機材

AIRBOW MBN-N54LTD 販売価格 385,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

AIRBOW HD-AMP1 Special 販売価格 180,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

AIRBOW HD-DAC1 販売価格 150,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

AIRBOW CLT-5S 販売価格 80,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

「CLT-5S」は、AIRBOWが世界で始めて実用化に成功した「波動ユニット」を使う特種な補助スピーカーです。140×120mmのカーボンパネルで構成されるこの波動ユニットは、特種なアクチェーター(振動子)で駆動され、楽器から高音が発生するときと同じ仕組み「波動モーション」で高音を発生することで、通常ツィーターが採用する「薄い膜」では実現できない「圧力の高い音波(強度の高い綿によって急激に圧縮される圧力の高い空気の波)」を発生します。

CLT-5S(CLT-5)は、ネットワークを内蔵しスピーカーと並列に繋ぐだけでお使い頂けますが、一般的なスーパーツィーターと違って能率が低い(音が小さい)ので、スピーカーの高域特性にほとんど影響を与えません(ハイ上がりになりません)。また、波動モーションで高音を発生するので、お使いになるスピーカーの音色や個性に影響せず、高音の伸びやかさと細やかさ、低音の量感と広がりだけを拡大します。

AIRBOW Silver Jumper VT 販売価格・4本/税別 18,000円(Yプラグ)、20,000円(バナナプラグ)

現金で購入)・ (カードで購入

アクセサリーに使われる貴金属、高純度のシルバー「純銀」を単線に加工し、音の純度を損ねる静電気を発生しない正絹と綿を絶縁体に選び、さらに表面を人工素材を含まない天然有機塗料で仕上げました。

純正のジャンパープレートやジャンパー線と取り替えると、高域の伸びやかさが一気に向上し、滑らかで見通しの良い音質に変化します。スピーカーの音色は変えたくないけれど、もう少し開放感と艶やかさが欲しいとお考えなら、このジャンパー線がベストマッチすると思います。

両端のプラグは、Yプラグとバナナプラグからお選び頂けますが、単線を使っているため、いずれのモデルも「脱着時にケーブルを折り曲げると断線」してしまうので取扱にはくれぐれもご注意下さい。

AET TSD-Jumper 販売価格・4本/税別 42,000円(Yプラグ)、42,000円(バナナプラグ)

現金で購入)・ (カードで購入

Wharfedale EVO-4.1       メーカー希望小売 108,000円(ペア・税別)

Wharfedale EVO-4.3       メーカー希望小売 288,000円(ペア・税別)

・Whafedale EVO 4.1を聞いてみた。

・Whafedale EVO 4.3を聞いてみた。

・Whafedale EVO 4.1とアクセサリーの組み合わせを聞いてみた。

Wharfedale(ワーフェデール)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

ELAC BS-283 メーカー希望小売 240,000円(ペア・税別) 、 専用スタンド LS-50 65,000円(ペア・税別)

ELAC FS-287 メーカー希望小売 460,000円(ペア・税別)

・ELAC BS-283を聞いてみた。

・ELAC FS-287を聞いてみた。

・ELAC FS-287とアクセサリーの組み合わせを聞いてみた。

 

ELAC エラック スピーカー ご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

2021年8月 逸品館代表 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2019 IPPINKAN All Rights Reserved.