オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

 

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

パワーアンプ 3モデル、DACコンバーター 2モデル 聞き比べ

 First Watt F8


 audiolab 8300XP

 AIRBOW AP-505 Special、HD-DAC1 Special、UD-505 Special

聞き比べと製品の概要説明をYouTube逸品館チャンネルで見る

試聴環境

聞き比べは、AIRBOW ミュージックPC「MBN-N54 LTD2」とそれぞれのDACをUSB接続し、音声可変出力を使ってそれぞれのパワーアンプと直結しました。試聴した音源は、MBN-N54LTD2が搭載する、Signalist HQ Player4で最適な音質にアップサンプリングして入力しています。スピーカーは「Focal Sopra No.2」を使いました。

USB接続 →

AIRBOW MBN-N54LTD 販売価格 385,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

AIRBOW HD-DAC1 Special 販売価格 150,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

AIRBOW UD-505 Special 販売価格 195,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

  Sopra NO.2 メーカー希望小売価格 1,560,000円(ペア・税別)

詳細はこちらからご覧いただけます

AIRBOW AP-505 Special 販売価格 185,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

AIRBOW AP-505 Special 音質チェックをYouTube 逸品館チャンネルで見る

TEAC AP-505のカスタムモデル「AIRBOW AP-505 Special」は、70W(8Ω)の出力を持つ小型軽量のD級パワーアンプです。

見かけは小さいパワーアンプですが、RCA/XLR 各1系統の入力を備え、背面パネルの切替スイッチでBTL 250W(8Ω)のモノラルパワーアンプとして使うこともできる優れものです。仕上げは、シルバーとブラックから選べます。

小型軽量のボディーから出てくるとは思えないほど充実した低音と、AIRBOWらしい滑らかで艶っぽい中高域が両立する、侮りがたいモデルです。

audiolab 8300XP メーカー希望小売価格 320,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

audiolab 8300XP 音質チェックをYouTube 逸品館チャンネルで見る

audiolab 8300XPは、出力 140W(8Ω)のトランジスター方式ステレオパワーアンプです。入力はRCA/XLRが各1系統で、背面パネルの小さなスイッチで入力が切り換えられます。

スピーカー出力端子は、各チャンネルに2個ありますが、パラレル(並列)に接続されているだけですから、どちらに繋いでも音は同じです。仕上げは、シルバーとブラックから選べます。

32万円(税別)の価格では、なかなか満足できる製品が見つからないのが最近のピュアオーディオの世界です。しかし、このアンプは自信を持っておすすめできます。「解像度と分離感」の高さ。中低音の力強さ、大きく広がる立体的な音場空間などは、同価格帯のプリメインアンプでは実現しないレベルだと、一音が出た瞬間に感じられます。

アンプによる色づけも少なく、癖のない音で音楽が生き生きとストレスフリーに再現されるのもこのアンプのおすすめポイントです。

背面パネルの設定スイッチでBTL動作に切替えれば、出力480W(8Ω)のモノラルアンプとしてお使いいただけます。

First Watt F8 メーカー希望小売価格 520,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

First Watt F8 音質チェックをYouTube 逸品館チャンネルで見る

First Watt(ファーストワット)」は、トランジスター・アンプ設計の鬼才「ネルソン・パス」が彼の理想を追求するために立ち上げたブランドです。限りなくシンプルな回路で低歪み率を実現するために設計された、First Wattのパワーアンプは、驚くほど少ない数のトランジスター(半導体)と可能な限りシンプル(段数の少ない)な回路で構成されています。

今回試聴する、First Watt"F8"は、シングルの出力素子に「NOS東芝2SJ74 Pチャンネル」、2段のドライバーに「JFET・SemiSouth R100 SiCパワーJFET」を使うチェンネルあたり「たった3石」で構成されるシングルエンドA級トランジスターパワーアンプです。

F8は、回路をシンプルにできること、伝達特性が滑らかであること、測定上の性能が良いことなどの利点から、CFA(電流帰還型アンプ)回路を採用します。

一般的なトランジスターアンプは、出力段のプラスとマイナスにトランジスターを使い、直流成分が発生しない設計になっています。そのため直流分を遮断する「トランス(アウトプットトランス)」が不要です(Mcintosh/マッキントッシュは、アンプの高級機に安全性と音作りのためあえてアウトプット・トランスを使うのが伝統ですが)。

しかし、プッシュプルと呼ばれるこの方法では、プラス側とマイナス側で異なるトランジスター(PNP/NPN)を使わなければならず、またプラス側とマイナス側の回路が切り替わる「中点(ゼロボルト)」を信号が横切るときに「ゼロクロス」と呼ばれる歪みの発生が避けられません。F8はそれらの歪みを嫌いあえて「1つのトランジスター」でアンプを動作させています(シングル駆動)。

シングル駆動の場合、出力に発生する「直流」を遮断しなければなりません。それには「アプトプットトランス」もしくは「大型のコンデンサー」を使う2つの方法がありますが、F8は最終段にロールオフ周波数1Hzの大型電解コンデンサとポリプロピレンコンデンサーを組み合わせて使っています。音楽信号をコンデンサーに通すと(コンデンサーカップリングすると)音が悪くなりそうですが、2Wayや3WayなどのマルチWayスピーカーも帯域分割(ネットワーク)にコンデンサーカップリングを使っていますから、ご心配には及びません。

F8は、信号の入力にもコンデンサーカップリング(カップリングコンデンサー)を1つ使いますから、入力と出力に1ずつの「合計2つ」のコンデンサーが信号経路に入ることになります。

F8のシンプルな回路は、シングル駆動の真空管アンプによく似ています。違うのは、動作電圧の高い真空管アンプでは、出力にはコンデンサーではなく、トランスが使われるところです(耐電圧の高いコンデンサーを使うと、アンプがすごく大きくなります)。

シングル駆動の真空管アンプのように繊細で透明な音質を発揮するF8は、ピュアな音を実現するだけではなく、トランジスターアンプならではの高い「ダンピングファクター」と優れた高域特性を実現し、さらにネルソン・パスがこだわる「歪み値」も真空管アンプよりずっと優秀です。優れた特性を実現するためにF8は回路のオープンループゲインを10dB減らし、フィードバックを5dB減らしていますが、それによってゲイン(増幅率/感度)が「通常のアンプよりもかなり低く」なっています。

今まで使っていたパワーアンプをF8に変えると、プリアンプのボリュームを「2倍くらい大きく」しないと同じ音量になりません。普通はこんなにプリアンプのボリュームを上げることはなく、なんだか精神衛生上よくないのですが、プリアンプは「音量を上げる(ボリュームをより大きく開ける)」方が音質に良い影響を与えますから、音質的にはパワーアンプの増幅率が低いのは悪いことではありません。

また、各チャンネル25W(8Ω)をA級回路から引き出すF8は、筐体温度がかなり高く(実測で約50度程度、熱くて長時間触っていられないくらいの温度)なりますので、この点にも注意が必要です。

このように相当「特殊」な構成を持つF8ですが、先に書いたようにシングル駆動の真空管アンプと同じように魅力的な、「繊細で滑らか」な中高域が実現しています。低域も25Wという出力から想像するよりも遙かに豊かです。First Wattには、さらに出力の大きなモデルもありますが、あえて出力を欲張らず「トランジスターの数を減らした」このF8にこそ、その真価を感じます。

25Wというご家庭で音楽を聞くためには十分名出力を持つF8は、数倍以上高価なパワーアンプが顔色を失うほどの素晴らしいサウンドをあなたのスピーカーから引き出してくれるでしょう。

2021年8月 逸品館代表 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2019 IPPINKAN All Rights Reserved.