オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

ルームチューンの基礎知識

吸音パネルの効果的な使い方

吸音パネルは、「反射音を吸収するために使う」と説明されています。

しかし、反射音の吸収だけなら、より効果が高く費用の安い「カーテンの施工」がベストです。また、壁や床なのに「吸音材」を貼り付けることでも対策ができます。

また、吸音パネルは音をすべて吸収するのではなく「何割かを反射」しています。吸収される音は消えてなくなるので、対策を考える必要はありませんが、反射される音は、その音質と反射方向を考慮しなければなりません。

「チャンネルセパレーション」という言葉をご存じですか?

それは、左右チャンネルの音を、できるだけ混じり合わせずに再生することです。

このためにオーディオメーカーは「モノラルアンプ(左右に独立したアンプを使うことがベスト)」を製品化しています。

けれど、部屋の中で左右のスピーカーの間には、どのような対策が成されていますか?

ほとんど何もされていません。

対策を講じない状態では、右のスピーカーから出た音は、反対側の壁(左の壁)で反射します。せっかくモノラルアンプを使っても、これでは「左右の音が盛大に混じり合って」います。つまり、音響(ルームアコースティック)的には、チャンネルセパレーションは「最悪(下図左)」の状態です。

この状態に吸音パネルを使って「音の方向を変え」、空間のチャンネルセパレーションを向上させれば、音質は一気に向上します。

その考え方は、次のようなものです。

写真撮影では「光の方向を変えて、対象物に最適な陰影を付けるための反射板(レフ板)」を使いますが、部屋の中に吸音パネルを設置するときも、同じように考えて「音の反射する方向を最適化する」と考えます。

音は左図のように「壁に沿って進み」ます。

そこで左右スピーカーの中央、壁に対して垂直方向にパネルを一枚設置し、音の回り込みを防ぎます。

さらに、スピーカーの内側に「スピーカーに並行にパネルを設置」し、スピーカー背後での音の回り込みを抑えます。

この時、中央のパネルは壁に接している方が効果が大きく、スピーカー内側のパネルは壁と接触している必要はありませんが、スピーカーとの角度(並行か、僅かに角度を付けるか)でかなり音の広がりが変わりますし、パネルをスピーカー(のバッフル)よりも、前に出すことでも音が変化しますので、パネルを動かして最適な音の広がりが得られるように調整してください。

お薦めの吸音パネルはこちら

下右図は、壁沿いにカーテンを施工して「左右壁面の間で発生するフラッタエコー」を抑え、スピーカー後方にカーテンを設置することで「前後壁面からのフラッターエコー」を抑え、さらに床の上に「吸音効果の高い毛足の長い絨毯(ムートンがお薦め)」を設置することで、「床と天井の間で発生するフラッターエコー」を低減し、さらにパネルで「空間のチャンネルセパレーション」を向上させています。スピーカーを壁面と並行に設置せず、内振りにしているのは、スピーカーをどの壁とも正対させないことで、部屋全体で発生するフラッターエコーを低減する目的があります。

この対策は、リスニングルームが狭いとき、特に効果的な方法です。

6~8畳のリスニングルームの効果的な対策方法はこちら

改善前  

改善後

 

さらに反射パネルを追加すると理想の音響が得られます

 

反射パネルの追加順は、右図の@からです。この位置のパネルは非常に効果が大きく、センター定位と奥行きを驚くほど大きく改善します。

左図@のパネルは、壁との角度を調整することで左右への音の広がりが変わります。

Aのパネルは、左右方向への音の広がりを改善し、スピーカーの音にメリハリを出します。

Bのパネルは、後方への音の広がりを改善しますが、スピーカーから大きく離れた位置に設置するので、効果はかなり小さくなります。サラウンドの場合は重要ですが、ステレオの場合は特になくても問題ありません。

逸品館3号館のパネル配置

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.