sonusfaber sonus-faber SONUS FABER CONCERTO DOMUS

ソナスファベル/Sonus Faber Concerto Domus

比較評価による試聴テスト

2005年、秋に輸入が開始されたソナスファベル“Concert Domus”の比較試聴を行いました。

テスト環境と使用ソフト

リスニングルーム 逸品館3号館、リビングリスニングルーム

使用機器
ユニバーサルプレーヤー AIRBOW DV15/Black Special
アンプ             AIRBOW CU80/Special 、 MU80/Fine tuned

使用ソフト
MUSIC FROM
THE MOTION PICTURE

TITANIC

Format:CD (PCM 44.1KHz/16Bit)

輸入盤 : SRCS 8529

1997年録音

このCDが作られたのは、もう8年も前だが、地を揺るがすような重低音から、突き抜けるような高音、消え入るような小さな音から、爆発するような大音量まで今も輝きを失わない高音質で収録されている。

癖のない音質でスピーカーの基本的な特性のチェックには最適な一枚。

Ken Hirai / 平井堅

Ken's Bar

Format:CD (PCM 44.1KHz/16Bit)

DefSTAR RECORDS : DFCL 1122

2003年録音

バーチャルなBar(バー)のをイメージして選曲構成を行い、アコースティックな楽器のみで構成され、驚くほど録音の良い「大人」のJ−POP。

素晴らしい音色で収録された楽器と美しくセクシーな平井堅のボーカルの絡みが聞き所のアルバムでスピーカーの「色気/表現力」をチェック。

MIDORI

French violin sonatas

Format:SACD(DSD Recording)

輸入盤 : SS89699

2002年録音

カーネギーホールでのライブから10年を経て「MIDORI」は、堂のように成長したのか?また、CDからSACDになってオーディオはどのように進化したのか?各機器のCDとSACDの音質の比較に選んだ一枚。ピアニストはライブの時と同じロバート・マクドナルド。

Sonus Faber (ソナス、ファベル) CONCERT DOMUS

形式 2ウェイ、2スピーカー
(フロントバスレフ)
ユニット 2.5cmリングラジエター
18.0cmウーファー
インピーダンス 4オーム
再生周波数帯域 35〜20,000Hz
音圧レベル 88dB
許容入力 30W〜200W
カラー チーク・サイド・パネルもしくはブラック・ピアノラッカー・サイドパネル
寸法(mm) 205×990×310(W,H,D)
本体サイズ
質量 23.2Kg

CONCERTO DOMUS

SonusFaber製品のご注文はこちらから

メーカー標準価格
生産完了

総評
ツィーターの指向性が強いために、セッティングをきちんと出さないと、高域方向のレンジがやや狭くなる。
高域に癖があるにもかかわらず、音の広がりは非常によく出る。セッティングがラフでも十分に音は広がる。
中域は明瞭度が高く、音の芯がシッカリとしている。
低域は、伸びているが量感が少なく、ウーファーユニットは動いているが、空振りしている感じで空気がシッカリ振動しない。
全体的なバランスに問題があるのか?音はシッカリと出るが、音楽が体に響かない。表現に浸透力がない。
悪くはないが、今一歩何かが足りないようなイメージが残る。
そういう細かい部分にあまりこだわらない人には、問題ではないのだろうが...
今回はそこまで確かめることは出来なかったが、クレモナがそうであったように、問題はセッティングで嘘のように解決するのかも知れない。
(1号館でスタッフが行ったテストでは、バスレフポートを塞ぐと音質が改善されたという報告がありました)

タイタニック
音楽の表現はニュートラルで、明るくも暗くもなく、どんぴしゃり癖がほとんどない。
ショームらしきリード楽器の空気感、超高域での空気が震える感じが少ないため、音の広がりや心に訴え鋭く心を動かすような表現がない。
低域はやや遅く、量感も控えめなので、音楽全体がやや小振りになる。
中域の芯は非常にシッカリしていて、中音域の分離は非常に優れている。
弦楽器の重なった部分の分離とハーモニーは素晴らしい。
全体的な印象としては、フルレンジに近いようなまとまりと、かまぼこ形のバランス的なイメージがある。
この価格帯の2Wayスピーカーとしては、もう少し高域の鋭い切れ込み、空気感の表現が欲しい。
(GRAND PIANO DOMUSと同じツィーターを搭載しているにもかかわらず、高域の情報量が少なく感じられるのは、ウーファーとツィーターの繋がりに何らかの「癖」があるという証拠。この「癖」をどう料理するかが、このスピーカーを生かすか、殺すかの分かれ道になると思う。使いこなしが難さは、心して購入して欲しい)

Ken's Ber
タイタニックと同じく音楽の表現はニュートラルで癖がなく好ましい。
最初の出だしの車の音と靴の音の部分で明らかに高域が出ないのを感じたため、スピーカーの方向を自分の正面に向けてみると、高域が聞こえ始めた。
その状態で頭を左右に振ると(スピーカーと耳の距離は、約1.5m程度)ツィーターの指向性が非常に強いことがわかった。ツィーター中心にプラグが付き、ツィーターのベースプレートがすり鉢状になっているため、高域がそこで反射して「一種のホーン効果」になって指向性を強めているのだろう。
指向性を緩めようと、ネットを掛けたが高域が曇ってしまった。
ギターの弦は、やはり高域の指向性の強さの影響でかなり太く感じる。
ボーカルの子音も少し濁り、ジャリジャリと感じることがある。
全体的な音色や、音楽の表現力は決して悪くないが、私の好みよりはややラフでもう少しデリカシーが欲しい印象だ。

ミドリ
SACDらしい音の広がりや空気感が出にくい。CDを聴いているような感じだ。
弦のピッチカートや、ピアノの打弦の瞬間のカチッという音は非常に芯があってシッカリしている。
バイオリンも低域方向になると厚みのある魅力的な音が出る。
ゆっくりとしたパートの表現力、密度感は高いが、高い音はどうしても苦手なようだ。
ピアノの左手にやや特徴のある響きが乗り、それが低域(ピアノの低弦)のスピード感を殺ぐため、早いパートになるとピアノとバイオリンのハーモニーがわずかにズレて、演奏がラフ(乱雑)に聞こえることがある。
また、バイオリンが切れ込んでくるような高い音を出したときも、切れ味が足りないため、何となくダラダラと演奏しているように聞こえることがある。
私の印象としては、演奏が全般的に調和が取れていなように感じられ、結果として演奏が下手に聞こえた。

2005年 11月11日 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.