オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

FOCAL フォーカル Chorus コーラス Chorus714 Chorus716 Chorus726 音質 比較 スピーカー 新製品 情報 音質 価格 販売 比較 Wharfedale ワウフデール Diamond ダイヤモンド Diamond230 Diamond240 Diamond250 スピーカー 新製品 音質 情報 比較 試聴 評価テスト レビュー 販売 価格

 Wharfedale(ワウフデール) Diamond 230 / 240 / 250

 FOCAL(フォーカル) Chorus 714 / 716 / 726 音質比較テスト

その他の音質テストはこちら

 

Wharfedale(ワウフデール) Diamond(ダイヤモンド) SeriesKからDiamond230、Diamond240、Diamond250、 FOCAL(フォーカル) Chorus(コーラス) Seriesから、フロアスタンディング型(トールボーイ型)スピーカー Chorus714、Chorus716、Chorus726の音質比較テストを行いました。試聴には、CDプレーヤーにAIRBOW CD3N Analogue、アンプにQUAD Platinum Series セパレートアンプから、"PRE"と"STEREO"を使いました。

 AIRBOW CD3N Analogue

 QUAD Platinum "PRE" (プリアンプ)

 QUAD Platinum "STEREO" (パワーアンプ)

テスト概要のご紹介動画



試聴ソフト

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。スピーカーの音の自然さ(癖の無さ)、音の細やかさ、広がり感などを判断できます。

どこかで聞いたことがある。そんなクラシックを集めたソフトです。2枚目1曲目の弦楽セレナードを聴きました。似たような音(バイオリン、チェロ、コントラバス)が重なったときの分離感を判断できます。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。
聞き慣れた楽器の音(ギター)女性ボーカル、それぞれの音の深みやニュアンス、デュオのマッチングなどを判断できます。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤です。"500Miles/noon"を聞きました。
コンプレッサー(帯域圧縮)が行われたソフトの再現製を判断できます。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。
あらゆる種類の楽器の音、小音量から大音量への変化など、様々な項目を判断できます。

音質テスト

Diamond 230、240、250の高域ユニットは一見すると「同軸2Way」のように見えますが、使われているユニットは25mm口径のソフトドームのみです。スコーターのように見えるのは、「飾り(プラスティックのリング/下写真左)」がはめ込まれているため。バスレフポートは「底面」に設けられ、少し隙間があって「底板」が配置されています。底面四隅には、高さ調節可能なスパイクが付けられています(写真下/右)。ウーファーやスコーカーには、ウォブンケブラーを使う130/165/200mm口径のユニットが使い分けられています。

 

Wharfedale Diamond 230 メーカー希望小売価格 \123,000(ペア・税別)お問い合わせはこちら

音質評価

せせらぎ:水が少し粘っこい感じがするが、川の流れが自然に感じられる。それでも水の音は文字通り"瑞々しく”、ストレスのない音の広がりを実感できた。

     鳥の声もとても自然。価格を信じられない相当良い音で”せせらぎ”が鳴った。

セレナード:弦楽器の数が若干少な苦、弦の音もほんの少し硬いがバランスはとても良い。
     大音量で音の輪郭がややぼやけるが、小音量では音痩せせず、低音がとても豊かで、10万円強のスピーカーとは思えないほどの立派な音で鳴る。

モナリザ:ギターの響きが少し膨らみ、ボーカルの音像もやや大きい。箱が若干鳴いているようだ。
     それを除けば、ボーカルは艶やかでニュアンスも豊富、ギターとのマッチング(演奏の駆け引きの様子)も抜群で、魅力的な音が出た。

500 Miles:サイズ、価格からは信じられないほどピアノの”左手の音”がしっかり出る。スペックの40Hzは伊達ではない。
     箱が鳴くので、響きは少し多めでボーカルの口元も若干大きいが、聞きやすく心地よい音で鳴る。

新世界:交響曲でもDiamond 230は低音が良く出て音が大きく広がる。

     管楽器と弦楽器の音質の違いも、良く再現される。

総合評価:音楽的な鳴り方をする、心地よい音のスピーカー。その音はTANNOYによく似ているが、TANNOYよりもずっと安い。

音質試聴動画へのリンク

Wharfedale Diamond 240 メーカー希望小売価格 \180,000(ペア・税別)お問い合わせはこちら

音質評価

せせらぎ:同じツィーターを搭載するにもかかわらず、Diamond 230よりも水の音がクッキリして、音場の透明感が高い。

     鳥の声、水の流れる音など、全体的に音の輪郭がクッキリしている。

セレナード:弦楽器の数が増えて、低音にも深みとゆとりが出る。
     弦楽器の「切れ込みの鮮やかさ」は、Diamond 230が240を上回る。切れ味の230、ゆとりの240といった感じ。

モナリザ:ギターの透明感は向上するが、響きと艶が少し減る。ボーカルは口元が小さくなり、響きの濁りが消えた。
     230に比べて再生周波数帯域が広がり、曲の流れがゆっくりと感じられる。

500 Miles:ピアノの響きが少し濁って感じられる。低音の一部に圧迫感を覚える。
     ボーカルにはよけいな響きが付いた。この曲はDiamond 230の方が聞きやすかった。

新世界:中音の解像度が上がり、音場の奥行きと広がりが良くなった。音場の透明感も大きくアップし、楽器の数が増え、スピーカーの能力の違いを感じる。

     コントラバスとオーボエの分離感も向上、奏者の衣擦れの音も聞こえるようになった。Diamond 230に比べて明らかに高性能。

総合評価:Diamond 230に比べて「見た目の豪華さ」・「音質」ともにアップするが、癖のない自然な風合いは230の方が良く、音楽を自然体で聴けるのは230の方だと感じた。けれど、試聴テストまでに230は一晩鳴らしていたのに対し、240はほとんど鳴らせなかったので、この音の「若さ」はエイジング不足が考えられる。鳴らし込めば、240が230を凌駕しそうだ。価格を超える「高性能(音の良さ)」を実感できそうなスピーカー。

音質試聴動画へのリンク

Wharfedale Diamond 250 メーカー希望小売価格 \248,000(ペア・税別)お問い合わせはこちら

音質評価

せせらぎ:Diamond Series中、水の音は一番自然。大型のエンクロージャーにも関わらず、響きに癖がなく、空間の透明感も非常に高い。

     目の前に川の流れが見えるような、その場にいるような音が出る。25万円という価格を信じられない、驚くほどよい音でせせらぎが鳴る。

セレナード:Diamond 240に比べて楽器の数はさらに増える、スピーカーが大型化したのにもかかわらず、230の切れ込みの鮮やかさが250で蘇る。

     240でやや不満だった弦楽器の切れ込みの鮮やかさ(スリリングな感じ)が改善し、低音が豊で身体が包み込まれるような音場が実現する。
     コントラバスの低音は濁らず膨らまない。バイオ論は大型スピーカーとは思えないほど、繊細に鳴る。とてもHiFiだが、同時にとても音楽的な音。

モナリザ:ギターの音はスッキリと透明感を増し、弦をリリースするときのアタック感がキチンと出る。ボーカルは肥大せず中央にコンパクトに定位する。
     高域の明瞭度が増し、ギターの音もボーカルの音も聞き取りやすく、分離感が向上した。
     スピーカーが大型化したのにもかかわらず、音像は逆に引き締まり、定位感が向上した。エネルギー感(躍動感)も非常に大きく感じられる。

500 Miles:ピアノの響きが美しく、奏者がぽろり、ぽろりとピアノを愛でながら奏でている雰囲気が出る。
     ボーカルの口元が引き締まり、息づかい(ブレス)までリアルに聞こえるが、それが邪魔にならず、演奏の臨場感を向上させてくれる。
     ピアノとボーカルの息がピッタリとあって、上質に、実にプロっぽい音(本格的な演奏らしく)でこの曲が鳴った。

新世界:イントロ部の管楽器のユニゾンが綺麗に出る。弦楽器の分離感、質感の再現性にも優れている。PP〜FFへの変化量も大きく感じられる。
     見た目も悪くないが、出てくる音はそれよりもずっと上質で深みのある音。シンフォニーが、実にシンフォニーらしく鳴った。

総合評価:本体サイズの大きささえ厭わないのであれば、50万円〜100万円近いTANNOYの音がこの価格で実現するかも知れない。
     アコースティックな音楽や本格的なクラシックを聞くのであれば、この価格帯では秀でたスピーカーだと思う。

     リスニングルームは大きい方が良さそう。

音質試聴動画へのリンク

"Chorus(コーラス)"は、FOCALのエントリーモデルに付けられたシリーズ名です。上級モデルと共通のアルミ/マグネシウム振動板を使うツィーターが搭載されますが、"ARIA"とは「ウーファの材質」が異なります。Chorusが使う「ポリグラスファイバー・コーン」は、ARIAに比べて若干音が硬く、音の輪郭がクッキリしているように思います。

仕上げは、ウォールナットとピアノブラックの2種類があり価格が異なりますが、全体が突き板で仕上げられているウォールナット仕上げ(下写真/左)に対し、前面/天板/背面が「合成皮革(昔のSonusFaberのスピーカーのように)」で覆われているピアノブラック仕上げ(下写真/右)は、バッフルやキャビネットからの反射が小さく(反射が柔らかく)、前者が「クッキリ」、後者が「しっとり」と音質がはっきりと異なるように感じました。

 

FOCAL Chorus 714
メーカー希望小売価格 \170,000(ウォールナット仕上げ・ペア・税別)お問い合わせはこちら

メーカー希望小売価格 \192,000(ピアノブラック仕上げ・ペア・税別)お問い合わせはこちら

音質評価

せせらぎ:Diamond SeriesにくらべChorusは音の輪郭が明瞭で、水の弾ける音がクッキリする。鳥の声ははっきり聞き取れるが、高域がやや強い感じがする。

     輪郭が強調されるので、音像はクッキリするが、音場の前後はDiamond 230よりもやや浅くなる。明るく明快な音。

セレナード:高音がはっきりして、弦楽器の圧力感が出る。楽器までの距離感が近く、舞台近くで聞いているような音が出る。
     ツィーターの質が高く、弦楽器の切れ込みが鮮やか。弦の音に説得力が出る。

モナリザ:ギターの響きは高域がスッキリと伸びて、響きも上質に感じられる。ボーカルは唇の濡れた感じが出る。
     全体的に「電気を使って音を増幅してる」ような強調感があるが、アタックが鮮やかで音が軽い。デュオの息もピッタリと合う。

500 Miles:ピアノのは「キー」が「弦」に当たった瞬間の「打鍵感」が良く出るが、響きは少し濁って感じられる。

     ボーカルは子音が強いが、嫌な感じではない。全体的に音が少し、あっさりして感じられる。

新世界:Diamond 230/240に比べて、解像度が高く明瞭度も高い。低音は十分出るが、高域が強くなっているので、もうすこし出て欲しい感じがする。
     それぞれの音の分離はWharfedaleも悪くなかったが、Chorus 714は分離感が明確で音に芯があり、響きの収束も一段と長い。
総合評価:FOCAL ChorusはWharfedaleに比べて、明瞭度・解像度が高く音の芯がしっかりする。コンパクトさを感じさせないパワフルな音が出る。

音質試聴動画へのリンク

FOCAL Chorus 716
メーカー希望小売価格 \
212,000(ウォールナット仕上げ・ペア・税別)お問い合わせはこちら

メーカー希望小売価格 \232,000(ピアノブラック仕上げ・ペア・税別)お問い合わせはこちら

音質評価

せせらぎ:714に比べて水の音が柔らかくなり、音場に奥行きが出る。高域の強調感が消えて、上品で上質な音になった。

     鳥の声もピーク感が消えて、自然。ニュアンスも深くなる。

セレナード:714に比べて弦楽器の数が増える。楽器そのものの質感の差も大きい。
     音の消え方が自然で、弦楽器のスリリングさも増した。

モナリザ:ギターの高音が透き通り、響きが透明で美しい。
     ボ−カルの強調感も消えて、しっとりとした艶が出る。714とは表現の深さにかなり差を感じる。Whafedaleの自然さとFOCALの高性能が両立。

500 Miles:ピアノの音に説得力が出る。
     ボーカルは口元がやや大きいが、表情はデリケートで色っぽい。声に力があり、その説得力に納得する。

新世界:高域にメリハリがしっかり出るので、「高性能マイクで録音された」雰囲気を感じるが、それぞれの音は質感がとても高い。
     音場を満たす響きの透明感が高く、空間の見通しに優れている。指揮台のところで聞いているような、しっかりと音と演奏の良さを味わえる雰囲気。

総合評価:Chorus716はWhafedaleよりも明らかに高性能で、新生代HiFiスピーカーの実力の高さを感じさせてくれる。
     B&Wにも共通する「クールな音」だけれど、フランス製品らしく「情緒的(人間的)」ニュアンスも濃い。

音質試聴動画へのリンク

FOCAL Chorus 726
メーカー希望小売価格 \
256,000(ウォールナット仕上げ・ペア・税別)お問い合わせはこちら

メーカー希望小売価格 \276,000(ピアノブラック仕上げ・ペア・税別)お問い合わせはこちら

音質評価

せせらぎ:川の流れにゆとりと深みが出る。高域は少し強いが解像度は高い。

     716の方が自然な感じがしたが、突き板仕上げのウォールナットに比べてピアノブラック仕上げは、バッフルから反射などが合成皮革の貼付で
     抑えられているためだと思われる。

セレナード:低音に余裕が出るが、Wharfedale 250ほどの朗々とした感じまでは至らない。240よりは上、250ほどはないという感じ。

     弦の音が清々しく、セレナードが切ない雰囲気で鳴る。

モナリザ:ギターの音に余裕が出て、深みがある。自然なアコスティックギターの音が鳴る。中音も豊かで、ボディーの鳴りが美しい。

     口元は引きしまり、ボーカルリストがゆっくり歌っているように聞こえるが、デュオのマッチングには少し距離を感じる。精緻な感じ。

500 Miles:ピアノは少し響きが濁るが、厚みのある音で鳴る。
     ボーカルは実に艶っぽく、厚みがあって魅力的。

新世界:空間の見通しに優れ、音も細やか。木管楽器の音は特に魅力的。

     ゆったりと厳かに「新世界」が鳴った。

総合評価:Chorus Seriesの上級モデルらしく、上質な高性能が実感できる音で音楽が鳴った。

音質試聴動画へのリンク

試聴後感想

今回試聴した3号館の「デジタルコンサートルーム(約23畳で調音されている)」では、Wharfedaleの「響きの良さ」が印象的でしたが、テスト前の「リビングコンサートルーム(ややデッド)」では、Wharfedaleでは低音が緩く、高音も少し伸びたりないように感じられました。Whafedale Diamond SeriesとFOCAL Chorus Seriesの評価は、部屋やリスナーとスピーカーの距離(試聴するポジション)、あるいはお好みの音楽のジャンルで分かれそうです。

Whafedaleは、スピーカーそのものの響きが豊かで、その響きが良くコントロールされています。古典的&典型的ななヨーロピアントーンに仕上げられています。TANNOY(ビンテッジモデル)や、Harbeth、Rogersなどと類似する音です。FOCALはB&Wに代表される現代的高性能スピーカーに仕上げられていますが、B&Wよりも音に艶があり、情緒的に音楽を再現します。

クラシック系の音楽や録音がやや古い(アナログ録音時代のソフト)にはWhafedaleがマッチし、POPS/ROCKやデジタル録音時代のソフトには、FOCALがマッチしそうです。

2015年3月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.