オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

ローテル ROTEL RC1580MK2 RB1581 CLASSE クラッセ CA-M300 TAD タッド C600 D1000 プリアンプ パワーアンプ 音質 比較 評価 レビュー 試聴 ローテル ROTEL パワーアンプ RB1581 クラッセ CLASSE CA-M300 TAD タッド C600 パワーアンプ プリアンプ 音質 比較 試聴 評価 テスト レビュー 販売 価格

 EXOGAL Comet USB Computer DAC 音質試聴

その他の音質テストはこちら

ブランドの概要

EXOGALは2013年に誕生した、最新のデジタルオーディオメーカーです。主任設計者のJim Kinne(ジム・キニー)氏は、かつてワディアのメイン・エンジニアとしてWadia27,Wadia9など多くの優れたDACを設計した経験を持ち、さらにDSPの設計のノウハウを持つJan Larsen(ジャン・ラーセン)氏がともにELOGALの誕生に携わっていると説明されています。彼らEXOGAL社のデビュー作品「Comet Computer DAC」は、最先端のデジタル技術を駆使した極めてリーズナブルでコストパフォーマンスの高いハイエンドデジタルオーディオ機器の開発を目指して作られました。USB入力を備えるCometは、ハイビット(384kHz/32bit)DSD(5.6MHz)に対応し、USAで生産されます。ブランド名の"EXOGAL"とは、EXO(外)と、GAL=GALAXY(銀河)を組み合わせた造語で"銀河の彼方、遥かなる存在"をイメージしているそうです。

Cometの特長は、光(TOS)、同軸(BNC)、AES/EBU(キャノン)の通常のオーディオデジタル信号(S/PDIF)の入力だけではなく、RCA 1系統のアナログ入力を備えるところにあります。この端子から入力された信号は、Comet内部でデジタルに変換され音量調節されて出力されます。Cometをパワーアンプと直結すれば、USB 1系統、S/PDIF 3系統のデジタルに加え1系統のアナログ入力が切り替えられる、プリアンプとして使うことができます。

これ以外にもEXOGAL Cometには様々な機能があり、なかでもiOS端末からのコントロールアプリは便利そうです。詳しくは輸入代理店のホームページをご覧ください。

音を出す前に、付属品をチェックしました。

 

付属する電源は、彼らが標榜する「高級オーディオ機」にはまったく相応しくない、小型のインバーター回路を搭載するACアダプターで、しかも「中国製」では

ありませんか!(写真左)さらにAIRBOWのオーディオ専用PC MSS-i3/MSHDを繋いで音を出そうとパネルを見ると(写真右)、文字は薄く小さく、パックパネル照明もない有様です(音が良かったので、パネルの照明はノイズの原因となるので故意に付けていないと思われます)。しかも、右写真をクリック拡大してよく見れば、パネルが傾いて取り付けられていることがわかるはずです。アメリカではどうなのかわかりませんが、これは日本ではクレームものです。ただし、パネルの傾きは試聴機だけの問題で、発売される製品では輸入代理店がきちんと対応するでしょう。

リモコンも小さく、慣れるまでは使い辛いのも気に入りません。

外観や付属品には価格を正当化するだけの、ハイエンドオーディオの風情がまったく感じられないこんなDACから良い音が出るはずがない・・・。
作り手の愛情が、欠片も感じられない。

音を出す前に、かなりがっかりしました。

とりあえず、気を取り直して音を聞くことにしました。

 スピーカー:FOCAL CHORUS 706(お問い合わせはこちらからどうぞ

 アンプ: AIRBOW PM11S3 Ultimateお問い合わせはこちらからどうぞ

 PC: AIRBOW MSS-i3/MSHD(再生ソフトは標準搭載する HQ Playerを使用)お問い合わせはこちらからどうぞ

試聴ソフト (CDからリッピングしたWAVファイルを再生)

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがある。そんなクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤です。"500Miles/noon"を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

EXOGAL Comet メーカー希望小売価格 \280,000(税別)お問い合わせはこちら

アナログ出力 RCA×1
XLR
バランス)×1
デジタル入力 同軸(BNC)×1
光(TOS)×1
AES/EBU(XLR)×1
USB/Type-B×1
アナログ入力 RCA×1
デジタル出力 なし
サイズWxHxD 292×47.6×190(mm)
重量 3.81Kg
消費電力 6W

音質評価

まったく期待することなく力なく音を出して、それを聞いたとき「?」なんだこの音は?と思いました。

今まで聞いたUSB-DACのほとんどは、「艶」が足りず「ドライ」な音でした。WADIAの名前で作られた最新のデジタル・オーディオ機器が「そういう音」でした。EXOGAL Cometも同様にアナログレーコードとはかけ離れた、響きのない薄い音しかでない。そんな想像をしていました。

Cometは違いました。その音には、高級オーディオ機器だけが持つ引き込まれるような魅力が感じられたのです。

情緒的で柔らかく、PCをトランスポートにしているとは思えないような音。これは・・・。

弦楽器の音は甘く滑らかで潤いがあり、ボーカルには濡れたような艶があり、高級機に求められる「唇の濡れた感じ」が出ているではありませんか!

1時間ほど様々な楽曲を聴き、最初の興奮を冷ますことができましたが、それでもなかなか良い音です。少なくともありきたりのPC+USB-DACから出てくるとは思えない、魅力的な音。官能的とさえ言えるほどの、甘さがあります。 中高音はきめ細かく、低音は外観の小ささやACアダプターのちゃちさが信じられなほどキチンと出ます。

音は良かったけれど・・・。30万円近い価格でこのACアダプターとリモコン、表示のチープさは疑問です。確かにHEGELの同価格帯のDACも質素ですが、少なくとも電源はしっかりしています。Cometに付属する、中国製のちゃちなACアダプターは見てしまうと気になります。そんなユーザーのためにEXOGALはアップグレード電源音質を用意しています。音質は聞いていないのでわかりませんが、精神安定上もアップグレード用電源は必須ではないでしょうか。

それでは、とりあえずいつも聴いている曲のインプレッションを簡単に書きましょう。

せせらぎ
水の流れが柔らかく、高域が滑らかで耳障りな音がまったく出ない。奥行きも広く、鳥の鳴く声の方向や距離もキチンと出る。PC+USB-DACでこれほど自然な音を聞いたのは、初めてかも知れない。

セレナード
弦の重なりの圧力(厚み)と切ないイメージがとても良く出る。ブックシェルフ型スピーカーで聴いていても、低音が豊かなことがわかる。音の広がりも抜群で、ストレスなく大編成の弦楽が鳴る。

モナリザ
全体的に音調は少し「甘め」だが、その甘さが絶妙に様々な問題を隠してくれる。ギターの線はやや細めだか透明感が高く、切れ味も良い。ボーカルは適度に肉が付き、唇の湿り気が感じられる。ギターとボーカルの掛け合いも絶妙。音ではなく、音楽として聞き入ってしまう。ギターの音色の美しさが印象的。 500Miles
ピアノストが一つ前の響きに新しい音を「重ねて」行く様子がよくわかる。ボーカルも柔らかく魅力的だが、もうすこし厚みが欲しいが、このあたりは今回使っているスピーカーの限界なのかも知れない。スケールは少し小さいが、整った美しい世界観が感じられる。ある種、RogersのLS-3/5aに通じると言えば、褒めすぎだろうか。

新世界
管楽器、弦楽器のユニゾンが綺麗に出る。こんな佇まいが良く、落ち着いた音をPC+USB-DACから聞けたのは久しぶりだ。その音の良さはHEGEL HD25にも通じるが、Cometの方が音調が明るく、全体的に音が滑らかなように感じられる。深みではHD25が上かも知れないが、聞きやすさ親しみやすさではCometが上回る。説得力のある音だ。

総合評価
音はとても良い。仕上げも悪くないが、全体的にちょっと「チープ」な感じがする。機器にロマンを求める人には、向いていない。ただし、音質は素晴らしい。

試聴後感想

WADIAはCD発売初期に大ブレークした先進のデジタルオーディオメーカーでした。失われた波形を生み出すアルゴリズムを搭載し、最大×64倍オーバーサンプリングを搭載するDACを発売していました。その後EsotericのVRDSメカを搭載したCDプレーヤーなども発売しますが、事業を拡張しすぎたためか倒産します。

現在はイタリアのオーディオファンド"Fine Sound"の傘下にあるようですが、継承されているのはブランド名だけで技術やノウハウが継承されているかどうかは定かではありません。今回発売されたEXOGAL CometはWADIAの技術者が関わっていると言うことですが、出てくる音は名高いWADIAの実力の高さを感じさせてくれるものでした。

オーディオの世界では一度ブランドが樹立されると、それが長く継承されます。marantzやMark Levinsonは、JBLなどと並んで大戦後に生まれた有名なオーディオブランドです。けれど、創始者の名前が冠されたそれらのブランドの中身は、現在まったく変わっています。継承されているのはブランド名だけで、技術もノウハウも継承されていません。だからどうなんだ!というお話ですが、ブランド名で音質を正当化する「技法」に欺かれないで欲しいと言うことです。もちろん、marantz、Mark Levinson、JBLなどは創始者が会社を売り払った後も良い製品を継続して作り続けていますから、この限りではありません。

閑話休題。

CDが発売されたとき、アナログレコードより音が悪いと言われました。けれど、断言しますが最新の高級デジタル機器の音はすでにアナログレコードを凌駕しています。もちろん、それは刹那的な逸品の話ではなく、平均値としてと言う意味ですが。

PCオーディオが始まったとき、私はCDよりも音が悪いと思いました。

しかし、PCオーディオの発達はCDよりも早く、CDがアナログレコードに近づくよりもずっと早足でCDプレーヤーに迫っているようです。もちろん、平均値としてはまだCDプレーヤーがPCオーディオを上回っています。逸品としての音もCDプレーヤーがPCオーディオを上回っています。その理由は実に単純。オーディオ機器の音質はデジタル部分ではなく(ましてフォーマットごときではなく)、アナログ回路の優劣で決まるからです。PCオーディオがCDプレーヤーや高級デジタル機器に迫り、それを超えるには電源を含めたさらなる進歩が必要だと思います。

2015年4月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.