オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 最高級クロックジェネレーター Abendrot(アベンドート)STUTE(ステューテ)
Esoteric/Grandioso G1 聞き比べ

逸品館は、2015年より「MI事業部」を立ち上げ、横浜支社をベースとして「プロ用オーディオ機器・楽器関係製品」の輸入代理店業務をスタートしました。 逸品館 MI事業部ホームページはこちらこの事業の目的は、逸品館業務の多極化推進と、音楽製作現場(作る人)とオーディオファン(聞く人)の融合にあります。

また、良い音を実現するための「技術」はオーディオ業界の方が高く、「コスト」はプロ機器の方が低いため、それらを融合することで「よりやすくより良い音質の製品」を生み出すことも出来ると考えています。

さらに2020年からは、家庭で誰でも音楽を楽しめる「楽器」として「ウクレレの輸入」を開始しました。

現時点では、ジェイクシ・マブクロ氏も愛用しているカーボン製のウクレレ「KLOS」と

驚くほどコストパフォーマンスが高く、ピックアップやウクレレチューナーも内蔵する万人向きのウクレレとして輸入を開始したのが「Bamboo Ukulele(バンブー・ウクレレ)」です。Amazonや楽天でも販売していますが、好評です。

なぜ、逸品館MI事業のご紹介から始めたかというとそれは、私と「Abendrot STUTE」が出合いがMI事業のため出張した「アメリカ アナハイム」で開催される「NAMM 2020」だったからです。

「Abendrot」は、NAMMメインホールに小ブースを構えていたのですが、出向していた「Abendrot」の担当者「瀬戸 隆司」氏とは、東京有楽町で開催されていた「ハイエンドショウ 東京」で旧知の間柄でした。通りかかった私は、彼に呼び止められ、始めて「Abendrot」の存在を知ったのです。けれど、それは私が不勉強だっただけで、すでに2013年頃から、日本に入っていました。

ともかく、その場に展示されていたAbendrot クロックジェネレーター「STUTE」とA/Dコンバーター「Everest 701」の音を聞いて、その滑らかさときめ細やかさ、透明感に驚かされた私は、日本に戻ったら「試聴機」を借りる約束をしてNAMMを後にしました。新型コロナ肺炎などの影響で貸し出し試聴機が遅れましたが、7月にクロックジェネレーター「STUTE」を拝借することが出来ましたので、Esoteric/Grandioso「K1X」を使って、Grandioso G1と聞き比べを行いました。

Abendrot社の沿革

社名のABENDROT(アベンドード)は、「夕焼け」を意味する英語で、製品名のSTUTE(ステューテ)は、「牝馬」を意味するドイツ語です。Abendrot社は、アナログと同等パフォーマンスを持つデジタル・オーディオという理想をオーディオ装置に実現するプロジェクトとして、高精度設計のベテラン技術者達によりスタートしました。どちらかと言えば、ピュアオーディオよりもプロ機器、レコーディングの現場で高く評価され、現在は「アビーロード・スタジオ」で使われるなど、世界の第一線で活躍しています。

2019年12月には、ステレオサウンドONLINEでも取り上げられています。

SADAHARU YAGI インタビュー、グラミー受賞の日本人エンジニアが語る最新の欧米レコーディング事情

それでは年度別に、Abendrotの沿革を掲載します。

2012年
基礎となるオーディオ・マスタークロック、STUTE - True Audio Master Clock をリリース。
軍用クロックと言われるような超高スペックのクロック実験時代を経験する現場のエンジニア達より、"いままで試したどんなクロックよりも優れている"と評価される。ハイファイ各誌にも大きく取り上げられる。

2013年
独自技術で動作するSTUTE専用DAC、HENGST - True D to AConverterをリリース。

2016年
日本にアベンドート・インターナショナル 合同会社を設立し、ヘッド・クオーターを東京に移す。
同年、初のプロオーディオ用製品、Everest 701 - True Audio Master Clockをリリース。

2017年
ロンドンの名門メトロポリス・マスタリング・スタジオに導入され、世界的な作品に使われるようなる。

2018年
英国アビイ・ロード・スタジオに導入され、以後、ビートルズ 「50th アニバーサリー・シリーズ」、クイーン「ボヘミアン・ラプソディー」を始めとするの歴史的ヒット・タイトルに使われるようになる。

2019年
ラテン・グラミー賞最優秀ロック・アルバムに選出された作品は、質の良いアナログ・レコーディングされた作品だと思われていたが実際は、米国で初めてAbendrot マスタークロックを用いてレコーディングされた作品だった。
国内においてはスタジオ用途のみならず、トップ・アーティストのデジタル・PAシステムへ多数の納入実績を持ち、2018年には、ブルーノート東京のデジタル・PAシステムに導入され、別次元の自然な音響空間が話題となる。

2019年
無編集DSD2chダイレクト・レコーディングの"Acoustic Weather Report 2"に採用され好評を博す。技術的な意味で、クロックジェネレーターの効果がDSDにおいても正しく発揮されたことはカッ規定であった。また、現在まで音として世に結果が残っていることがそれを裏付けている。

同年
独自技術による最先端のA/Dコンバーター、Everest 901 - True A to D Converter を発表

2020年
dTVで4月2日(木)19時から"無料"生配信された、坂本龍一主催の一夜限りのプレミアムライブ
「Ryuichi Sakamoto: PTP 04022020 with Hidejiro Honjoh」 のライブ・ストリーミングにD/A 701とA/D 901システムが採用される。

STUTEの概要

それでは、アビーロード・スタジオでも使われている最高級クロックジェネレーター「STUTE」をご紹介しましょう。

Abendrot STUTE メーカー希望小売価格 3,900,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

ざっとこのような感じのクロックジェネレーターで、10MHzのサイン波を2系統出力するだけです。細かなスペックは、音質とは無関係ということと、他社に高音質の秘密を知られたくないという、二つの理由により非公開となっています。最近は、フェラーリが「車の性能を計測することを禁止」していますが、数値化できない「フィーリング(味わいや音質)」を無理矢理数値化してカタログに掲載すること、それを売り文句にすること、は明らかにおかしいことだと私も思います。

逸品館のオリジナルブランド「AIRBOW」も、スペック(数値)は、ベースモデルと変わりませんが、音質は明らかに違っています。数値など「見える性能」を売り物にしている製品で「本当に良いもの」は、ほとんど見つかりません。「名物に美味いものなし」と言うように、音や料理など「味わい」で判断するものは、ブランドを鵜呑みにしない方が良さそうです。

ともかく、Abendrot製品には、細かいスペックや技術解説はありません。あくまでも「出る音」で勝負する、プロの世界で認められた製品なのです。そのAbendrot社の意向を汲み、今回の比較試聴も「音質で勝負=YouTubeに録音をアップロード」しました。

試聴環境

クロックジェネレーターを接続するのは、先進のデジタルオーディオ機器メーカーとして名高い「Esoteric/Grandioso」の一体型CD/SACDプレーヤー「K1X」を選びました。また、同社のクロックジェネレーター「G1」を比較するクロックジェネレーターとして選んでいます。

Grandioso K1X メーカー希望小売価格 2,800,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

Grandioso G1 メーカー希望小売価格 1,900,000円(税別) (現金で購入)・ (カードで購入

YouTubeには、上記のシステムの出力を直接録音した「高音質バージョン」と、出力をTAD C600/M700/R1-TXに入力してスピーカーからの音を録音しながら解説を行っている「通常バージョン」の2種類の動画をアップロードしています。スピーカーから出てくる音は、録音用のUSBインターフェイスを通るので、実際の音よりもすこし劣化(変化)しています。コメントは、その劣化(変化)した音を聞きながら行っていますので、実際の音の印象とは僅かに異なる可能性があります。そのような場合は、「高音質バージョン」で嘘偽りのない音質をご確認下さるようお願いいたします。

「Grandioso G1とAbendrot STUTEの比較」

クロックジェネレーターの聞き比べの前に、まずK1Xのアップサンプリング設定を「ORG」と「DSD」で聞き比べます。「ORG」では、CDの信号「PCM 44.1KHz/16bit」のままで再生されますが、設定を「DSD」にするとCDから読み取られた信号はリアルタイムで「DSD 22.5MHz」にアンプコンバートされて再生されます。聞き比べると、「DSD」の音がよりきめ細かく滑らかなことがわかります。そこで、これからの試聴はすべて「DSD」に設定して聞き比べます。

この動画では、5つの楽曲(内1曲は著作権保護のためカットしています)でクロックジェネレーター「なし」、「G1」、「STUTE」を聞き比べています。

通常バージョン(解説入り) 高音質バージョン(解説なし)

「STUTE試聴」

この動画では、G1を使わずにクロックジェネレーター「Abendrot STUTE」の「なし」、「ある」だけを比較しています。

通常バージョン(解説入り) 高音質バージョン(解説なし)

まとめ

世界の最先端で日本人が作ったオーディオ製品が使われていることを誇りに思うと共に、プロの音=自然な音だと言うことが確認できて、嬉しく思いました。また、逸品館が目指す音質とAbendrotが目指す方向も、同じだと言うことに安心しました。

2020年9月 逸品館代表 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2019 IPPINKAN All Rights Reserved.