オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

AYRE エアー CDプレーヤー CX-7eMP プリメインアンプ AX-7e 試聴 音質評価 販売 展示 価格

 AYRE(エアー) CX-7eMP 、 AX-7e 音質 評価 試聴 レポート

その他の音質テストはこちら

 

CX-7eMP(メーカー希望小売価格 57万円/税別)   ・    AX-7e(メーカー希望小売価格 57万円/税別)  

AYRE製品のお問い合わせはこちらからどうぞ

逸品館が企画する「2016年決算処分市」でご案内させて頂くための「特価商材」を探していると、AXISSから「AYRE」のCDプレーヤー「CX-7eMP」とプリメインアンプ「AX-7e」の提案がありました。

「AYRE」の製品は、初期の高価な「セパレートアンプ」や、彼らが得意とする「USB DAC」以外あまり試聴したことがなく、また全体的に、やや「軽く・薄く」感じられる音質の傾向が私の好みでなかったこともあり、「AYRE」というブランドへの期待はそれほど大きなものではありませんでした。 しかし、いかに「生産完了モデル特価品商材」とはいっても、まったく聞かずに高級品を販売するのは、いただけないと思うので(当たり前のことです)、早速試聴機の手配をお願いしました。

届けられたCDプレーヤーと、プリメインアンプを開梱し取り出すと、アンプの「入力ポジション表示が絵文字になっている!」ことや、とシンプルだけれど質感のフロントパネル、凝ったスピーカー出力ターミナルなどに「AYREらしい独特なこだわり」が感じられますが、使い勝手は?なように思えます。CDプレーヤーもパネルの加工をプリメインアンプと同一にしているため(コスト的なものだと思います)スイッチの配列は、やはり若干使いにくいように感じられます。私はこういう「使い勝手を犠牲にするデザイン」があまり好きではありません。そして電源を投入し、直後に出てきた音は、今までの「嫌な感じ」がそのまま的中するような「レンジが狭く」、「解像度が低く」、「薄くて表情に乏しい」、それは、それは酷い音でした。

けれどCDを1枚連続で聞いていると、ぐんぐん音が変わって来るではありませんか?

1時間ほど聞いていると、高域の鈍さ、見通しの悪さ、解像度感の低さ(明瞭度の低さ)が大きく改善しました。中域にも独特な厚みが出てきています。今聞いている音は、ワイドレンジで中域が薄いと思っていた「AYRE」の私のイメージとは、全く違います。そこでさらにもう1時間聞くと、高域の見通しがさらに改善しました。けれどこの「改善」は、まだ先があるように感じたので、念のためCDをリピートにして24時間連続再生してから、音質評価を開始することにしました。

試聴環境

試聴スピーカーには、Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G)を使いました。

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (生産完了モデル)

試聴したソフトは、いつもの5曲です。CDを聞きました。

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがあるクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤。"500Miles/noon"
を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

メーカー希望小売価格 \570,000(税別)

この製品のお問い合わせはこちらからどうぞ

メーカー希望小売価格 \570,000(税別)

この製品のお問い合わせはこちらからどうぞ

←付属品は同じです。

せせらぎ

立体感が素晴らしい。音の広がりもそうだが、各音源までの距離感が非常に正確で、その場にいるような「自然な立体感」が実現する。

鳥の鳴き声のバリエーションも非常に豊富で、鳥の声を聞いているだけでも楽しくなってくる。

音のエッジが滑らかなので、明瞭度はそれほど高くないが、音の木目そのものは非常に細かい。

リスニング環境が静かなら、CDに収録された音すべて、空間の隅々まで聞き取れそうだ。

セレナード

弦楽器の切れ込みがやや甘く、それが原因でバイオリン、チェロ、コントラバスの音色の特長がやや掴みにくい。

音色の変化は十分出ているので、音楽の情感は十分楽しめる。けれど、弦の力強さ、アタックの再現は今一歩。

この曲は、もうすこしハードなタッチで描いて欲しい。

モナリザ

ギターもアタックがやや甘いが、余韻は適度で無駄にエコーが尾を引かないのは好印象。

ギタリストのタッチ、ボーカルの強弱はハッキリ出てくる。このソフトは音の角がしっかり立っているのが特長だが、AYREで聞くと角が少し丸い。けれど高域がでていないのか、抜けていないのかというと、そうではなくしっかりと高音まで聞き取れる。

女性の声は甘く、艶っぽく、良い意味での膨らみがある。

500マイル

ピアノの打鍵感はしっかり出る。このソフトで問題となりがちな「高音のピーク感」はまったく感じられない。

ボーカルは、やはり暖かく滑らか。密度も高く、牧歌的な雰囲気でこの曲が鳴った。

新世界

この曲のイントロは静かに深く、やや冷たい世界を想像させることが多い。しかし「AYRE」では、それが夜明け(田園)のような感じになる。大きな違和感はないが、表現されるイメージは独特だ。

各々の楽器の音の違いは、少しわかりにくいところもあるが、これくらいの「混ざり具合」が、実は生っぽいのかも知れない。

少し他のコンポとは違う、独自の味わいがある。それは、不快感や、違和感を伴うものではなく、むしろ「魅力的」と感じられるものだ。

試聴後感想

今回の試聴では、CDプレーヤーとアンプを「温める」ため、ほぼ丸一日「古いJAZZ」を聞いていました。インストルメンタルのJAZZは、仕事の邪魔にならないし、古いJAZZは楽しくて仕事の効率を上げてくれる(気分を上げてくれる)からです。

こういう「ビンテッジ時代」JAZZには、「Mcintsh」のゴージャスな音がはまります。「AYRE」は、あのレトロな「Mcintsh」とはまったく異なる斬新な外観とサーキットデザインを採用していますが、出てくる音はなんと「Mcintsh」に近く感じられます。もし、このコンポのフロントパネルが「ブールーガラス」だったら、私はこのコンポを「Mcintsh」と思ったかも知れません。それくらい、音のバランスが似ています。最初にかいたように、私はこれまで「AYREの音」は、薄味だと思っていました。けれど、違ったのです。

なぜそんな音が出るのか?試聴機に添付されていた「AYRE」CDプレーヤー CX-7eMPの「MPデジタルフィルターの解説」を読んだとき、その音質のヒントがつかめたように思います。

AYRE CX-7eMPの解説(AXISSホームページより抜粋)

■新設計のMPディジタルフィルター(Minimum Phase digital filter)を搭載
Ayre_MP_respあらゆるディジタルフィルターの中で音楽信号を最も自然に再現する、新設計MPディジタルフィルター(Minimum Phase digital filter)を搭載。ほとんどのディジタルフィルターが突発的な信号入力(インパルス)に対して、そのパルスの前後にプリエコーとポストリンギングと呼ばれるオリジナル信号にはない余分な波形を膨大に発生させます。音の再生の自然性を実現する上において最も重要に考えなければならないのは、自然の音には音の後にエコーがあっても決してプリエコーはないという事実です。このMPディジタルフィルターは、まさにそのキーポイントを鮮やかにクリアするもので、インパルス応答でのプリエコーを根絶。ポストリンギングさえも、僅かワンサイクルにまで抑えることを可能とします。

 MPフィルター技術資料(PDF形式)

■シングルパス・16倍オーバーサンプリングによるMPフィルター構成
Ayre(エアー)はこのMPディジタルフィルターの実現にあたって、さらに斬新な手法を導入しています。それは、その次数を16倍オーバーサンプリングという高次としたことと、しかもそれをシングルステージのFIRフィルター構成で実現したことです。一般的に高次のディジタルフィルターを組むには、2x2x2x2などという風に多重構成にするのですが、何段も通過する際の信号劣化が否めません。そして、MPフィルターのような特性を得るためにはIIR(Infinite Impulse Response)フィルターを使うのが簡単なのですが、それもまた、フィードバック仕立てに起因する音質劣化要因となります。Ayre MPディジタルフィルターでは、そうした特性面でのより優れたFIR(Finite Impulse Response)フィルターをシングルステージで実現しながら、16倍オーバーサンプリングの高次を得ることに成功しました。

■MPフィルター・アルゴリズムの高精度処理に独立構成の大規模FPGAと超高速高解像度DSPを搭載
シングルパス・16倍オーバーサンプリングによるMPフィルター構成を実現するために、Ayreは従来のDAC内部のディジタルフィルター回路をパスして、外付けで独立したディジタルフィルター回路を組みました。そこには、32ビット精度で信号処理を行ないMPアルゴリズム係数を描き出すディジタル演算処理能力64ビットの超高速高解像度DSPを搭載。CDの16ビットデータを比類ない精度で16倍オーバーサンプリングし、正確なMPディジタルフィルター特性による高音質を獲得しています。

DACには、CDに記録されたPCMデジタル信号をアナログ化するとき発生する「高周波成分(元の音源には含まれない22kHz以上の周波数成分)」を遮断するためのアナログフィルーターの負担を軽減するため、この高周波成分の周波数をデジタル領域の演算により、さらに高くするための「デジタルフィルター」と呼ばれるアルゴリズム(計算式)が用いられます。

このアルゴリズム(計算式)を変えると、再生される音質が変化します。代表的なフィルターは「FIR」と呼ばれています。しかし、このフィルターを使うと再生される波形に僅かですが「リンギング(高い周波数の発信)」が発生します。そのため、ほんの少し音の角が強められ、「音のエッジが強調される」のですが、MPフィルターを搭載する「CX-7eMP」は、「リンギング」を発生しません。だから、普通のCDプレーヤーよりも「音が滑らか」なのでしょう。

CX-7eMPを今までに聞いたことがある製品に例えるなら、その柔らかさや滑らかさは、「ノン・オーバーサンプリングのDAC」に似ているように思います。なぜならば、ノン・オーバーサンプリングのDACはリンギングを発生する「デジタルフィルター」を使っていないからです。けれど、ノン・オーバーサンプリングだと高周波を遮断するための「アナログフィルターの高域遮断周波数を低く」せざるを得なくなり、そのため「解像度」が低下したり、「フィルターの共振(響き)」が可聴帯域に発生することがあります。CX-7eMPがノン・オーバーサンプリング機器と違うのは、アナログフィルターの負担を軽減するデジタルフィルターが搭載されているため、ノン・オーバーサンプリング機器が持つこのような「問題」がなく、解像度が高く、音の立ち下がりが速く、響きの消える時間が短く感じられることです。

しかし、レコーディングのプレイバック時や、レコーディングエンジニアが音を決めるために使う「スタジオに設置されるデジタル機器」には、ほぼ例外なく「FIR型フィルター」が使われています。つまり、エンジニアは「FIR型デジタルフィルターで輪郭が強調された音」を基準に音を決めているのであって、「MPフィルター」で、その「強調」が消えてしまえば、出てくる音は彼らの意図したものよりも「明瞭度が低くなってしまう」でしょう。

もちろん、音の輪郭の強調感はCDプレーヤーだけではなく、アンプやスピーカーでも発生しますから、CX-7eMPの音がどのように発揮されるかは、周辺機器との相性で変わります。

今回の試聴は、同じ思想で作られた「AYRE プリメインアンプ AX-7e」を組み合わせたので、輪郭が滑らかなその特長が、より強く発揮されたのでしょう。

後はそれが「好き」かどうかが、このコンポを選ぶかどうか、の基準になります。不思議な音ですが、このコンポにしかない魅力があると思います。

2016年3月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.