オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 CEC USB-DAC DA5 音質テスト

  

その他の音質テストはこちら

CEC DA5 メーカー希望小売価格 140,000円(税別)

CEC(シー・イー・シー)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

DA5の概要

2012年7月 CECからフルサイズUSB-DAC「DA3N」が発売されました。

このモデルには、CECトランスポーターと接続するための独自デジタル接続規格、SUPERLINK端子2系統のほか、AES/EBUとCOAXIALは各1系統、オプティカル3系統、そしてUSB 2系統と驚くほど豊富なデジタル入力が備わり、音質に優れたESS社の24bit/192kHz対応ハイパーストリームDAC ESS ES9008の採用、CEC独自のフルバランス型回路の採用と相まり、音楽性豊かな再生音を実現することに成功したDACでした。また、SUPERLINK接続時のみに使えるBNC(44.1/kHz固定)の外部クロック入力の備わっていました。ただし、USB入力は、PCM 96kHz/24bit対応にとどまり、88.2kHzは非対応でした。

DA3が備えるアナログ出力には、通常のプリアンプやコントロールアンプと接続するレベル固定の出力のほかに、DA3に備わるボリューム調整機能を使える可変出力のRCA/XLR各2系統が備わり、プリアンプなしでパワーアンプと直結することが可能です。

さらにTI社の高性能ヘッドフォンアンプの採用により、ヘッドフォン専用アンプとしても良質な性能に仕上げられていました。この高音質、高機能DAC「DA3N」のメーカー希望小売価格は、250,000円(税別)です。

今回試聴する「DA5」は、DA3から高音質技術を引き継ぎデジタル入力を最新にグレードアップしたエントリーモデルです。

DA5の特徴

デジタル入力

DA3のデジタル入力は、DA3Nから「スーパーリンク」、「外部クロック」入力が省かれ、アナログ出力もRCA/XLR各1系統に減らされていますが、搭載するDACの機能を利用する高音質音量調整機能は、踏襲されています(出力端子は共用)。

DACチップ
搭載するDACチップは、DA3Nの「ESS ES9008」から最新の「ESS ES9018K2M」に変更されています。

デジタル入力
USB入力は、最新のフォーマットを網羅できるPCM 386kHz/32bit、DSD 112MHzと対応信号が一気に広がりました。
今回の音質テストでは、「AIRBOW MSS-i3/MsHD」を使ってCDから取り込んだデータを搭載するプレーヤーソフト「HQ Playerで88.2kHz/24bit」にアップサンプリングして送出していますが、DA3Nでは非対応だった「88.2kHz」にDA5は対応します。
※)Macパソコン(X10.6.8以降)は、USBドライバーのインストールは不要ですが、Windowsパソコン(XP以降)は、専用USBドライバーをインストールする必要があります。ハイレゾ/DSD対応音楽再生プレーヤーもご自身でご準備ください。

USB以外のデジタル入力は、SPDIF信号の24bit/192kHzまで対応するバランス型AES/EBUと同軸型COAXIAL、そして光方式のTOSLINKを装備します。

ヘッドホン出力
標準ステレオジャックのヘッドフォン端子が備わります。
※ヘッドフォンを聞くときは、リモコン操作によるデジタルボリュームの他に、本体ヘッドフォン用ボリュームの両方も音量調節が使えます。

光量可変ディスプレイ
DA3Nの魅力の一つであった大型ディスプレイは、コストダウンのため小型化されていますが、選択する入力端子、サンプリング周波数、そしてデジタルフィルターなどが分かりやすく表示されます。ディマー機能により、リスニングシーンに合せてディスプレイの明るさは3段階(明るい、消灯、暗い)に切り替えられます。

低価格の実現
フルサイズの美しい筐体をまとう、DA5のメーカー希望小売価格は、140,000円(税別)です。

試聴環境

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 AIRBOW PM11S3 Ultimate (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 AIRBOW MSS-i5 MsHD 6.7 販売価格 304,700円(税込み)

AIRBOW(エアボウ)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

音質テスト

DA5の試聴は、MSS-i3/MsHD 6.7を繋ぎ、CDから取り込んだWaveファイルを搭載するHQ Playerで「88.2kHz/24bit」にアップサンプリングして行いました。

音が出たときの第一印象は「この音でこの価格?」と驚くほど滑らかできめ細かな音が出ました。その品位の高さは、このままAIRBOW製品として販売できると思えるほどでした。

ウォーミングアップは20時間行い、その間様々な曲を聞きました。重量級の高級DACと比較して低域の厚みが少し薄いと感じる事がありましたが、14万円という価格を考えれば低音は十分出ていました。そんな感覚を持ったのは、DA5の中高域の質感が高級DACに等しかったため、相対的に低域がそれに伴わないと感じたためでしょう。それくらい、DA5の音は滑らかできめ細やかでした。

YouTubeでの音質比較テストはこちらからご覧いただけます。

TITANIC
「Never An Absolution」

Decca
「Your Best Tunes」

Super Deluxe Sound 3
「Moon River」

Super Deluxe Sound 3
「Dreamin」

帯域が非常に広く、S/Nに優れ、レゾリューションも細やかな、超優秀録音のソフト。

どこかで聞いたことがあるクラシックを集めたソフトです。今回は、Disc2/7曲目「バッハ・プレリュード・ピアノソナタ」を聴きました。

「Moon River - Oleta Adams」
オリータアダムスの力強く張りのあるこ声、分離感に優れた音の良さが魅力の一曲です。

「Dreaming - Amanda Mc Broom」
愁いを帯びたアマンダ・膜ブルームの独特な声、純音に近いシンセサイザーの透明な響きが魅力の一曲です。

 タイタニック

高いS/N感と、レゾリューションの細やかさが求められるこの曲は、システムの音質がかなり高くなければ、なかなか満足できる音では鳴りません。
14万円という価格帯には、TEAC UD503やLuxman DA200、North Star Intenso、などがラインナップされますが、タイタニックを心地よく鳴らすには、まだ少し力不足です。

DA5はそれらと比べて圧倒的に音が細かく、透明感が高く、静けさの表現も得意なので、凍り付いたように冷たく静かな大海に沈んでゆく魂の叫びと、その魂が天国へと昇華する鎮魂のコーラスが、とても美しく透明なサウンドで再現されます。イントロ部分でのバグパイプの澄み切った美しい音色、地の底からわき上がるような低音の表現。女声コーラスの透明感。それらの「美しさ」が余すことなく再現されるその音を聞いていると、急死した、ジェームズ・ホーナーの天才を感じると共に、映画「タイタニック」のシーンが脳裏にくっきりと浮かび上がってきます。

この価格帯で、過去最高のサウンドでこの曲が鳴りました。下手な数十万円クラスのUSB-DACは足下に及ばないほど素晴らしいサウンドです。

 バッハ・クラビーア 平均律 プレリュード

この価格にもかかわらず低音の再現が素晴らしく、グランドピアノらしい低音の重厚な響きががきちんと再現されます。

中高音はあくまでもきめ細かく滑らかで、ピアノの響きの美しさ、ピアニストのタッチの優しさが伝わってきて、心の垢が流されて行くような気持ちになります。

美しいメロディーが繰り返される右手の旋律と、合いの手を入れるような左手の旋律のマッチングも見事です。

「まるで目の前でピアノが奏でられているような」と表現できるほどは、鮮烈な音ではありませんが、小さなホールの中央からやや後方あたりで生演奏を聞いている雰囲気は十分に出ます。

バッハの平均律がどのような曲で、ピアノストがどのような感覚でそれを演奏しているか、そして演奏に使われているピアノの銘柄さえ言い当てられるほど、質が高く自然な音で美しいピアノ演奏を楽しめました。

 ムーンリバー

イントロのベースはかなり低いところまで再現され、その音階とリズムがきちんと聞き取れます。押し出しはそれほど強い方ではありませんが、この価格帯でこの低音なら文句はつけられません。

しっとりと滑らかで、艶やかですが、押しがやや甘く、高域の線が細く感じられるのは、ESSのDACに共通する特徴です。Vienna Acousticsのスピーカーで聞いていると、パーカッションは滑らかですが、やや線が細く感じられます。

レコードにたとえるなら、高級なMCカートリッジの音。初期のortofon SPUに近いとさえ思います。オリータ・アダムスの声もスムースで艶やかですが、彼女らしい「パンチ力」の再現がやや控えめでした。ハイセンスな大人の音でまとまっています。

 Dreaming

イントロ部分のシンセサイザーのような、連続する滑らかな音の再現はDA5の得意分野です。

この価格帯の製品では、粒子があれたり、あるいは高域の刺々しさが残ったりするのですが、DA5の音はあくまでもスムースで透明感が高く、シンセサイザーの音の純度の高さを見事に引き出します。

中域はほどほどなので、「ボーカルの押し」はそれほど強くありません。スピーカー後方に漂うように定位するシンセサイザーの響きよりも少し前あたりに、ボーカルが高密度に定位します。

ざらざらした雑な感覚や、あるいは何かがはしょられたような不満は、このクラスでは避けられないのですが、DA5にはそういう部分が全く感じられません。2倍くらい高価な機器と比べても、その質感は聞き劣らないでしょう。

夢見るような美しい音楽に、心が芯から癒やされるように感じました。いい音です。

試聴後感想
CEC DA5は、CECのエントリーモデルですが、最新のUSB入力を備えESSの高音質DACチップを搭載します。筐体サイズもこの価格帯のUSB-DACには珍しいフルサイズが採用され、電源容量(電源トランスの大きさ)や基板サイズにも余裕があります。

それが音に出るのでしょうか、DA5はのびのびと自然で窮屈な感じのない、牧歌的なムードで音楽を奏でます。

低域は良質なバスレフ、あるいはバックロードホーン型スピーカーを聞いているように量感があって、ゆっくりと膨らんで行きます。高域はアナログレコードのように滑らかで、刺激の少ないゆったりとした鳴り方をします。

全体的に、デジタルを聞いているというよりは、レコードを聞いているような穏やかな音ですが、それはCECの全製品に通じるCECテイストです。そういうDA5が得意とするのは、スローな女性ボーカルや、ゆったりとした弦楽曲ですが、デジタル的なメリハリや、刺激感はありませんから、メタルロックなどの激しい音楽には不向きかもしれません。

音源では、1980年頃までに作られた、アナログマスターの音源にマッチします。往年のジャズやクラシックを当時の音色で楽しみたいとお考えの方に気に入っていただけるサウンドに仕上がっていると思いました。

2016年8月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.