CEC HD53N DA53N HP-53 音質 比較 評価 試聴 テスト

CECの大ヒットモデル“ヘッドホンアンプ HD53”、“USB DAC DA53”に新製品が登場しました。

逸品館ではいち早く、新旧モデルの比較を含めた試聴テストを行いましたので報告いたします。

上から“HD53R(旧モデル)”、“DA53N(近日発売)”、“HD53N(新製品)”。画像はクリックすると拡大します。

右左の画像では、“ディスプレイの表示(入力などを変えて点灯)”が異なっています。

機能と仕上げが一気に向上し、旧型から大きく進歩していることが写真からよくわかります。

旧モデルとの違いは“奥行き(長さ)”です。電源回路(トランス)などが大幅に強化されたため、奥行きが大きくなり本体重量が増えて“HD53R→HD53N/2.6Kg→3.2Kg”います。

入出力端子も高級化し、CECの問題点であった“外観の安っぽさ”が完全に払拭されました。価格の上昇は最大限抑えられ“HD53R V8.0→HD53N=\10,000、DA53→DA53N=\0!!”良心的なフルモデルチェンジです。

“買わない理由”が見つけられなくなりました。

主な仕様

CEC
HD53N
メーカー標準価格 ¥75,000(税別)
生産完了モデル
CEC製品のご注文はこちらから

CEC
DA53N
メーカー標準価格 ¥85,000(税別)
生産完了モデル
CEC製品のご注文はこちらから

定格出力

ヘッドホン(LOW/32Ω):1.15W
ヘッドホン(HI/32Ω)  :0.25W
スピーカー:13Wx2(8Ω)18Wx2(4Ω)

対応
インピーダンス

ヘッドホン :16Ω-2kΩ
スピーカー:4Ω-8Ω

入力端子

RCA/XLR 各1系統

出力端子

ヘッドホン:バランスx1
標準ジャック:ハイ・インピーダンスx1
ロー・インピーダンスx1

消費電力

スタンバイ時:14W
ヘッドホン使用時:23W
スピーカー駆動時:50W

サイズ

218(W)x354(D)x58(H)mm

重量

約3.2Kg

消費電力

実測:12W

入力端子

RCA/TOS/USB/XLR 各1系統
miniUSB 1系統(フロント)

出力端子

RCA/XLR 各1系統

デジタル

フィルター特性

2段階切り替え可能
ノーマル/フラット

サンプルレート

コンバータ

サンプリング周波数:96KHz
量子化ビット数:24Bit

デジタル入力

対応サンプリング

周波数

USB(1.1):32-48KHz

XLR(AES/EBU):32-192KHz

RCA(SF/DIF):32-192KHz

出力端子

RCA/XLR 各1系統

消費電力

16W

サイズ

218(W)x354(D)x58(H)mm

重量

約2.5Kg

HD53R / HD53N / DA53N 音質・機能比較

Marantz CDR630から同軸デジタル出力し、DA53NでA/D変換した音声を入力してテストしました。

ヘッドホンには、ゼンハイザー HD25-1/2を使っています。(HD25-1/2についてはこちらをご覧下さい)

新製品では、細かいところに手が入れられ、音質のみならず使い勝手が大幅に向上しています。主な変更箇所を箇条書きで上げてみましょう。

◆DA53N

・フロントにmini USB入力が設置された。

・USB入力以外の時にも、ヘッドホン出力から音声が出力されるようになった。

・RCA/XLR端子の出力が、フロントパネルのボリュームで調整できるようになった。
 (固定/可変は、リアパネルのプッシュボタンで選択します)

◆HD53N

・ヘッドホンのバランス出力が追加された(対応ヘッドホンはCECから近日発売されます)。

・ヘッドホンのインピーダンスに合わせて、2つの標準ステレオジャック・ヘッドホン出力が設けられた。

・ヘッドホンアンプのゲイン切り替えがフロントからできるようになった(従来はリアパネル)。

・アンプの出力がアップした(10W→18W/4Ω時)。

・入力切り替えRCA/XLRが、フロントからできるようになった(従来はリアパネル)。

◆音質(DA53N)

DA53Nは手元に旧モデルのDA53が無かったため、単独でのテストとなりました。テストした個体は「販売される製品とほとんど同じ、最終のプロトタイプ」です。

きめ細やかで暖かく、しかも切れ味のある音質は、従来のDA53の音調を踏襲しつつ、そこから細やかさと切れ味、低音の力感や量感に磨きがかけられたイメージです。

DA53にも共通する長所は、「トゲトゲしさがない」、「音が自然で聴き疲れない」ことですが、DA53Nはそれに加えて「ハッとするような音の良さ(透明感であったり、細かい描写であったり、音の鋭さであったり・・・)が加わって、オーディオ的な楽しみが増えています。

ヘッドホン出力の音質も中々良好ですが、HD53Nと比べると音の細やかさやエネルギー感で劣ります。しかし、その「柔らかさ」が奏功して雰囲気が上手く出ます。聞いていて楽しい音に仕上がっています。

◆音質(HD53N)

HD53Nの評価に先立ってHD53Rを聞いたのですが、いまさら“えっ!”と思うくらい音が良くてビックリしました。この音質なら、他メーカーの10万円クラスのヘッドホンアンプと比べても引けを取らないはずです。

HD53Nに切り替えて聞き比べると「?、あんまり変わらないかも」という第一印象を感じました。楽曲を変えながら聞き込んで行くと、それは勘違いで「全帯域でも細やかさと明瞭度」、「低音の力感とパワフルさ」が明らかに勝ることが感じられました。音楽を「ざくっと」楽しませてくれるのがHD53なら、細部の描写の細やかさまで含めて「楽音の美しさ」まで引き出してくれるのがHD53Nです。

どんなヘッドホンと組み合わせても、その良さは過ぎにわかると思いますが、音の良いヘッドホンと組み合わせたときに、その“底力”が発見できると思います。

◆総合結果

昨年末から発売されているCECの“新製品”は、どれもこれも大きくブラッシュアップされていて、一気に数年〜10年近く進歩したように感じられます。

特にその外観の作り込みの精度は、見違えるほどで「ガレージメーカー」的な安っぽさを完全に払拭することに成功しています。機能、音質が大幅にアップして、価格はほとんど据え置きで、実質的にはかなりのグレードアップを果たしています。値上げが著しい「高級コンポ」ですが、逆に10万円を切る製品のコストパフォーマンスは向上しています。

今年発売となる、HD53N、DA53Nもその例に漏れません。中途半端な、海外製品や量産オーディオメーカーからは、これらに敵う製品が発売されるのは難しいでしょう。旧来にも増して自信を持ってお薦めできる製品に仕上がっています。

2009年5月 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.