オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

CEC TL0 3.0 ベルトドライブCDトランスポーター Esoteric K-O1X詳細 音質テスト 比較試聴 レビュー 価格 販売

 TL0 3.0 ベルトドライブCDトランスポーター 音質比較テスト

  

 Esoteric K-01X CD/SACDプレーヤー 音質比較テスト

  

CECから発売されている、ベルトドライブメカニズムを搭載したCDプレーヤーやCDトランスポーターは、アナログレコードのようなその滑らかさと広がり(響き)の豊かさがお客様に評価されて、低価格も相まってよく売れています。

しかし、そのフラッグシップモデル「TL0 3.0」は、CD専用のトランスポーターでありながら、メーカー希望小売価格が 1,800,000円(税別)と高額なためか、日本のユーザーには購入検討の俎上にさえ上らないようです。けれど、海外では、少量ながらもコンスタントに売れている人気モデルなのです。

逸品館でも、20年ほど前には初期モデル「TL0」を、試聴室のメインシステムとして使い、10台以上を販売していましたが、さすがに現時点で、200万円近い「CD専用トランスポーター」の需要があるとは思えず、最新モデル「TL0 3.0」は、しっかり聞く機会を逃していました。「TL0 3.0」は、発売からすでに1年近く経過していますが、海外ではコンスタントに売れていることもあって、どれくらいの音がするのか?興味を覚え、しっかりと聞いてみることにしました。

CEC TL0 3.0  メーカー希望小売 1,800,000円(税別) (メーカーホームページ

CEC(シー・イー・シー)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

TL3 3.0の概要

TL0 3.0には、TL3 3.0にも採用されている、CDとピックアップレンズの両方をベルトで駆動する「Wベルトドライブ方式が採用されています。さらに、CD駆動メカは、完全にフローティングされた状態になっています。CDをベルトで回転させ、メカニズムをフローティングするという考え方は、CECがアナログレコードプレーヤー・メーカーだった時代から引き継がれました。

ベルトドライブメカニズムと、デジタル回路を搭載する「本体」には、「専用別置き電源」から電源が供給されるため、電源トランスなどからの振動の影響も受けません。

CDを安定して回転させるための大型スタビライザー、本体を支えている3本のスパイク脚の受け皿(スパイクベース)、本体と電源ユニットを繋ぐ電源ケーブル、リモコン、AC電源ケーブルなどが付属します。

試聴テストの概要

今回は、CEC TL0 3.0とは好対照の「VRDSメカニズム」を搭載する、Esoteric「K-01X」を用意し、まず次の3パターンで比較試聴を行いました。

 

1.K-01Xで「ハイブリッド ディスク」の「SACDレイヤー」を再生。

 

2.K-01Xで「ハイブリッド ディスク」の「CDレイヤー」を再生。

 → 同軸デジタル接続(AET SIN/DG75) → 

3.TL0 3.0をトランスポーターとして、K-01XをDACとして使い、「ハイブリッド ディスク」の「CDレイヤー」を再生。

さらに、TL3 3.0のカスタムモデル「AIRBOW TL3 3.0 Analogue」をトランスポーターとして追加して、さらに2パターンの追加試聴を行いました。

 → 同軸デジタル接続(AET SIN/DG75) → 

4.TL3 3.0 Analogueをトランスポーター、K-01XをDACとして使い、「CD」を「44.1KHz」で再生。

 → 同軸デジタル接続(AET SIN/DG75) → 

5.TL3 3.0 Analogueをトランスポーター、K-01XをDACとして使い、「CD」を「88.2KHz」で再生。

以上の5つのパターンで4枚のCDを聞き比べました。

Esoteric K-01X  メーカー希望小売 1,450,000円(税別) (メーカーホームページ

Esoteric(エソテリック)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

AIRBOW TL3 3.0 Analogue 販売価格 330,000円(税別) (メーカーホームページ

最新のAIRBOW デジタル機器のご購入お問い合わせは、こちらからどうぞ。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

今回の比較試聴は、YouTube 逸品館チャンネルでもご覧いただけます。

※YouTubeにアップロードしている「音」は、それぞれの出力信号を直接サンプリング(DA変換)したものです。

試聴環境(レビューを書くために聞いたシステム)

 TAD C2000 メーカー希望小売価格 1,900,000円(税別)

 TAD M2500 Mark2 メーカー希望小売価格 1,680,000円(税別)

 Focal Sopla No.2 メーカー希望小売価格 1,560,000円(ペア・税別)

試聴ソフト

リザ・フェルシュトマン演奏のバッハ・無伴奏バイオリンソナタ。SACDハイブリッドソフトのSACD/CD層で聞き比べました。バイオリンの音ときめ細やかさと太さ、静寂感の表現が聞き所です。

DSDダイレクトで録音された「ハイブリッドディスク」のSACD/CD層で聞き比べました。それぞれの楽器のとの「太さと観客席とステージの距離感、ライブ独特の「ノリ」などがポイントです。

打楽器と切れのあるエレキベースなどで構成される「フュージョン」のCDソフトです。アタックの切れ味、低音の重量感などがポイントです。

優れた録音の交響曲のディスクです。「第四楽章」を聞きました。イントロで金管楽器が静寂から立ち上るように鳴り始める部分の気配、楽器が重なった部分の分離感と融合感などがポイントです。

 SACD

この曲は普段は、CDをコピーしたCD-Rでよく聞いています。それと比べ、SACDだから音が良いという印象は正直ありません。けれど、それはK-01XのSACDの音が悪いのではなく、35bitの高精細度DACの能力が生かされて、CDからでもSACD並の音が出せるのです。
バイオリンの音は少し太い目で、堅い感じ。演奏者は中央に定位しますが、ホールの響きや奥行きはやや少なめ。音源を拡大鏡で見たようにクローズアップして鳴らすのは、Esotric製品全般に共通する傾向です。
舞台袖、奏者を少し見上げるようなイメージの定位。
演奏者の想いよりも、技巧がクローズアップされるようなイメージでこの曲が鳴りました。

 CD

高域の伸びやかさと透明感がわずかに落ちたようですが、中域が太くなり全体としてのバランスはむしろ改善しています。

奏者が弓を動かす速度の緩急がSACDよりもよく伝わります。SACDに比べ細やかさは落ちていますが、演奏の雰囲気は逆に濃くなってきました。

奏者とホールの音響バランス、定位は変化していませんが、技巧よりも演奏そのものがより深く伝わるようななり方に変化しました。SACDとCDには功罪あって、甲乙はつけがたい感じです。

  CD

バイオリンの音に「粘り」がでました。解像度感(音の細やかさ)もK-01Xで聞いたSACD を超えています。
響きもEsoteric特有のやや金属的な感じが消え、高級なバイオリンらしい豊かな「木の響き」が引き出されます。

奏者が体を揺らしながらバイオリンを奏でる様子、弓を動かす様子が目に見えるようです。特に弓を止める部分の「弱音部」の変化がぐっと大きくなり、弓が止まる瞬間がスローモーションに感じられます。
バイオリンの直接音の厚みが増し、内蔵メカ(VRDS)では聞き取りにくかった細やかな響き、「ホールトーン」がしっかりと出てきます。ただの鳴っていただけの音がライブ演奏に変化する、と言っても言い過ぎでは内ほどの大きな違いを感じます。
VRDSメカニズムの音の堅さ、金属的な感じが消えることで、やや無機質だったK-01Xの音が有機物に変化し、奏者に「魂」がやどりました。TL0 3.0をトランスポーターに使っただけでEsoteric K-01Xがこんなに良い音で鳴るとは、想像を大きく超えていました。

 SACD

Sopra No.2の癖もあるのでしょうが、低音が少し膨らみ気味です。シンバルの金気が出るのは良いのですが、少し「鳴りすぎ」です。ボーカルも子音が少し耳障りです。トランペットも高域が強く、ややうるさい感じです。

全体的に高域が強められ、一つずつの音がくっきりしすぎて、前に出る音と後ろに下がる音の区別が曖昧になっています。
また、ライブらしい快活さの再現が弱く、リズムもやや重いので、曲調がわずかですが「鈍重」に感じられます。
Esotericのデジタル機器は、オーディオマニアには評価が高いのですが、音楽再生機としては少し問題があると思います。ありのままの音を出しているのかも知れませんが、演奏があまり上手に聞こえず、機械的な印象を受けるのがあまり好きではありません。
TL0 3.0をトランスポーターにすれば、それがどういうことかわかると思います。

 CD

リザ・フェルシュトマンのバイオリンでは、SACD/CDのさはそれほど大きくなく、CDがやや好印象だったのですが、この曲ではディスクの再生層をCDレイヤーに変えると、びっくりするくらい音が太くなり、JAZZらしくなりました。

SACDでは気になっていた低音の膨らみも、あまり気にならなくなり、高音の堅さや、高域よりのバランスが是正され、ライブの力強さが出てきました。

グレース・マーヤさんが、マイクに向かって口を動かす様子、日野輝正さんの力強いペットの音と彼が体の一部のようにペットを自在に操る様子がリアルに伝わります。
ノリの良さ、リズム感も改善し、全く違うディスクを聞いているようです。
この音なら、Esotericは音楽表現が苦手、なんて言えません。
楽しいライブに引き込まれます。

  CD

低音の厚みがぐっと向上し、ウッドベースの存在感が増しました。ボーカルの力強さも全く別物です。シンバルの音も厚くなって、別物です。
楽器と楽器の間に「隙間」が生まれ、K-01Xではやや「重なり気味」だったそれぞれの位置関係が正しくなりました。

すべての音に「ハイライト」を当てるようなK-01Xの鳴り方とは違い、主役の音と脇役の音が、明確に入れ替わります。アタックの正確さも大きく向上しているので、リズムの刻みが10倍以上細かくなりました。目の前で実際に楽器が鳴っているような、エネルギー感。はじけるようなリズム感、めくるめく色彩感。それぞれの楽器の音質変化、音量と音色の変化が別物のように大きくなって、音楽が怒濤のように押し寄せてきます。

 CD

クラシックのように連続する音の変化で音楽を表現するのではない、アタックが最重要とされる民族音楽に近いこのソフトは、再生がもっとも難しい部類に入ります。
全体に少し霞がかかったように高音がマスキングされて、低音は膨らんでしまい、音が重く感じられます。その原因は、カミソリのように鋭いはずの「アタックの先端」が少し丸まっているからです。パーカッションの一瞬の切れ味が悪いのも、ベースギターも切れ味がもう少し欲しくなるのも、同じ原因です。

K-01Xだけでなく、Sopraも含めた今のセットでは、この音楽を再演するために必要な「変化の速度」が足りません。
もっと鮮やかに、くっきりと鳴れば、楽しくなるはずです。
  CD

イントロの人の声の「速度(早さ)」がK-01X単体再生とは、まったく別物に変わりました。パーカッションも鳴り始めてから最大音量になるまでの「早さ」が全然違います。
それぞれの楽器の音の分離感、ギターの音色と音量の変化、別の演奏を聞いているようです。
K-01X単体と、TL0 3.0を追加したときの違いの大きさは想像していましたが、実際に聞いてみるとそれは想像以上に大きく驚きました。死んでいた音が、生き返ったようです。
CEC TL0は、しばらく聞いていませんでしたが、音質は驚くほど向上しています。この後に、AIRBOW TL3 3.0 Analogueを聞く予定ですが、TL0 3.0のような重低音の厚みは出ないことは、容易に想像できます。
  CD

イントロ部分の人の声の立ち上がりの早さは、TL0 3.0に負けていません。音の細やかさや立体感、楽器の音の分離感では、それほど大きな差が感じられません。少なくとも、価格差ほどは離れていません。

けれど、中低音の厚みの違いは明らかです。パーカッションのパワー感、ドラムの重量感、金管楽器のエネルギー感、やはり大差があります。
AIRBOW TL3 3.0 AnalogueをK-01X内蔵VRDSメカニズムと比べると、楽器の色彩感の再現やアタックの再現に優れるのは一聴して分かります。中低音は同じくらいかわずかに薄い程度でしょうか、ここはあまり差がありません。けれど音楽の躍動感は、圧倒的に勝っています。
TL0 3.0を聞かなければ、「すごい!」と思ったでしょうが、やはりTL0 3.0の表現力はずば抜けていることが確認できました。

 CD

TL0 3.0の音に慣れてきたせいか、K-01Xの音が徐々に弱々しく感じられるようになってきました。音の広がりも不十分で、こぢんまりと鳴っている感じです。普段、K-01Xだけを聞いていると、全くそんな風には感じないだけに「慣れ」というのは、恐ろしいものだと今更ながら思いました。

良い音を一度でも聞いてしまえば、「元に戻れなくなる」。それが、オーディオの怖いところです。
曲が進み、弱音部になると、音の細やかさ(解像度の高さ)など、随所に「良い」と感じるところが出てきて、一安心です。
弦楽器のスムースで楽しい調べ。それを支える打楽器のリズム。最後は楽しく「新世界より」を聞けるようになりました。

  CD

ホールトーンの消えてしまうまでの時間が長くなりました。

金管楽器と弦楽器の位置関係も変化し、前後の奥行きと左右への広がりが出てきます。

「生演奏」と比較するなら、TL0 3.0が圧倒的に近いですが、輪郭がくっきりしていたK-01Xの音もオーディオ的にはおもしろかったと思います。
このソフトでは、もっと大きな違いを予想したのですが、逆にその差が意外に小さくて驚きました。
元気がないと思えたのは、K-01Xの問題ではなく、もともとそいう録音だったようです。
弱音部のデリケートな表現力、立体感と音の厚みは、やはりさすがです。

  CD

まず、出力をアップサンプリングせず、そのままの周波数で出力して聞きました。
「スケール感」と「躍動感」は、TL0 3.0が圧倒的に優れていましたが、AIRBOW TL3 3.0 Analogueは、解像度感でTL0 3.0を上回るためか、この曲は甲乙つけがたいほど、なかなか良い感じで鳴ります。

TL0 3.0と同じコンサートを「やや後方の席」で聞いているようなイメージに変化していますが、K-01Xと違うのは「音の広がり(立体感)」です。楽器と楽器の位置関係や、ホールの壁から反射してくる音のイメージ、この豊かな立体感はK-01Xではあまり感じられなかったものです。
  CD

アップサンプリングを行うことで解像度が向上し、中低音の厚みも増しています。K-01Xの35bit DACが発揮する「音の細やかさ」と、TL3 3.0 Analogueならではのベルトドライブらしい「滑らかさ」、「広がり感(立体感)」がうまく両立し、ホールのもっとも良い席で演奏を聴いてる雰囲気が見事に再現されました。金管楽器と木管楽器の音色の違い、楽器のサイズによる音の厚みの違いなど、生演奏と変わらぬスケール感で再現されます。楽器の入るタイミングも正確で、弱音部の静けさも最高。
この音なら、かなりTL0 3.0に近いと言えるでしょう。コストパフォーマンスでは、ピカイチです。

総合評価

私はVRDSメカニズムには、二つの問題点があると感じています。

一つ目は、ターンテーブルの材質やスピンドルベアリングの癖である「金属的な高音の色づけ」と「高音の輪郭の強調感」です。

これが原因で、音がクッキリと前に出てきますが、前後方向への立体感や、楽器の距離感が不足するように感じられます。

二つ目は、トルクの大きなモーターを高速で成業することによる「デジタル・アナログ回路の息つき感」です。耳の良い友人は「VRDS」の音は「連続した点のように聞こえる」と言いますが、私にも音が出た後に一瞬そのエネルギーが失われ、またエネルギーが回復するような、断続的な音に聞こえることがあります。

また、モーターが電力を奪うのでしょう。鋭いはずの楽器のアタックの先端が少し丸くなる(音の立ち上がりが遅れる)のも不得意です。
これらは、すべて「重いターンテーブル」を「光トルクのモーターで回転させている」ことが原因です。大電力を必要とする大型のモータが消費した瞬間、デジタル回路への電源供給が一瞬止まってしまう、あるいは不十分になっているのです。このの問題に対処するためEsotericは、上級モデルには「モーター駆動専用のトランスと電源回路」、「デジタル回路専用のトランスと電源回路」を「別電源回路」を奢っています。さらに高級なGrandiosoでは、メカニズム部(トランスポーター部)とDAC部を分けて、セパレート構成とすることで、ネガティブを取り除いています。

けれど、CEC特許のベルトドライブ方式なら、小さな電力で重いスタビライザーを回転させられ、DACに余計な電源変動を与えません。最新の 35bitDACを搭載するK-01Xの「VRDSメカへの電源供給を停止(DACとしてのみ」使い、消費電力が小さく、電源変動が小さい「TL0 3.0」をトランスポーターとして追加することで、理想的なセパレート・CDプレーヤーが生まれました。その音質向上効果は、TL0 3.0のメーカー希望小売 180万円に見合うだけのものがあります。
販売価格が33万円(税別)AIRBOW Tl3 3.0 Analogueは、その後良質なクロックジェネレーターと組み合わせて聞いてみましたが、良質な外部クロックとアップサンプリング機能を使えば、TL0 3.0にかなり近づくことが分かりました。もちろん、あの「圧倒的な厚みとエネルギー感」は、TL0 3.0でないと得られませんが、コスト対効果(コスパ)は、優秀です。

今回の試聴をまとめましょう。
外観のレトロさからは想像できない最新の音質を、TL0 3.0は持っていました。
体と心に灯がともるようなサウンドは、デジタルではなく「完全にアナログ」の音です。
TL0 3.0があれば、よほど音が良くなければレコードはいらない(最近プレスされるレコードなら欲しくない)と思えます。

180万円は絶対的に高価ですが、それに見合う、それ以上の魅力をTL0 3.0には感じました。

2018年 2月 逸品館代表 清原裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.