オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

PC・ネットワークオーディオ、高音質への手引き

ハイレゾ・DSDは本当に音が良いのか
高音質な音源は、現在「ダウンロード」での取得が主流です。録音時から「高音質で録音されているソフト」であれば問題なく音が良いのですが、「通常音質で録音されたソフト」を「業務用機器でアップサンプリング(あるいはDSD変換)」されたものが、堂々と「ハイレゾやDSDとして販売」されています。

NHKは「小澤征爾」さんの交響曲を「96kHz/24bit、非圧縮」で収めたサラウンドBDを発売していますが、原音は「48kHz/24bit」で録音していると公言しています。彼らの主張によれば、96kHz/24bit録音と48kHz/24bit録音の音質は変わらないと言うことですが、録音に使われるマイクの高周波特性が22kHz程度であることを考えれば、納得できる事実です。NHKのBDは、この原音がコンソールでアップサンプリングされて収録されています。もちろん、音質は抜群です。

高音質を売り物にするのであれば、本来このようなディスク(データー)は、「疑似ハイレゾ」PCMをDSDに変換しているディスク(データー)は、「DSD変換」と表記すべきです。SACDでは、DSD録音されたディスクには「DSDダイレクト録音」などの表示があったのですが、残念ながらダウンロード音源には、そういう正確な表示義務やアライアンスがなく、「疑似高音質ソフト」が野放しになっているので注意が必要です。

もし、「ハイレゾ」「DSD」で音質が思わしくないときは、システムだけでなく、ソフトそのものも疑う必要があります。

PCオーディオの音質は「ハードウェアー」だけではなく「ソフトウェアー」も担っている

アナログレコードの時代、「音の良い製品」は例外なく大きく、精度が高く、いかにもという風貌をしていました。CDの時代も同じです。スピーカーやアンプも当時から大きく変わらりません。

けれど、スマートホンやPCから「より良い音を出そう」と考えたとき、その「常識」はあてはまりません。

それは、ハードウェアーを動かすための「ソフトウェアー」が音質を大きく左右するからです。

PCオーディオ高音質化のポイントは「PC」にある

ダウンロードで取得できる「高音質ソフト」から良い音を出すためには、「パソコン」が不可欠です。

そしてパソコンからより良い音を取り出すために「USB-DAC」が使われます。

多くのお客様は「同一のPC」で「複数のDAC」を聞き比べるため、「DAC」が音質を決めていると考えています。

それは間違っています。

逸品館には「Windows XP/7/10」がインストールされたパソコンと「MAC-OS X」がインストールされたパソコンがあります。

「同一のDAC」を「複数のPC」で聞き比べると、PCによる音の違いが、DACによる音の違いよりも大きいことに気がつきます。

Windowsで動くパソコンの音質は、Macやi-Podに比べるとかなり劣ります。処理速度の遅い旧型のパソコンも新しいものに比べると、音が良くありません。ノートPCとデスクトップPCでは、ノートPCの音が良いのですが、これは電源のノイズが小さいからです。

「同じDAC」を使った場合、「Windowsで聞くハイレゾ・DSD」よりも、「Macやi-Podで聞く通常音源(CDをリップした音源)」の音が良いほど、PCによる音の違いは大きいものです。

高音質を狙うならパソコンはMacか、Macよりも使いやすく音質にも優れているAIRBOWの「音楽専用PC」をお使いください。

それでなければ、せっかくのDACが、実力を発揮できません。

AIRBOW 音楽専用PC MSP-i5 MsHD Vegas (詳しくはこちらをご覧ください

PCオーディオからネットワークオーディオへ

オーディオ機器をネットワークに繋げば、インターネットを通じて「全世界の音源(や映像)へのアクセス」が可能になり、無限の音源をあなたは手に入れられます。

著作権が許せば、あなたのライブラリーを地球の裏側の友人と共有することも可能です。

素晴らしい音楽との出会いの機会が増える。それがネットワークオーディオの最大の魅力です。

DAC(プレーヤー)と音源(サーバー)は、LANで接続する

ネットワークで音楽を聞く場合には、「DAC(ネットワークプレーヤ−)」と音源を「LAN」で接続し、音楽ファイルを「サーバー」に置きます。

「サーバー」も音質に大きな影響を与えます。

最近、IO DATAなどから高音質を謳う「サーバー」が売り出されてきましたが、Windowsからこれらの「高音質サーバー」に音源を移し替えると、音質は改善します。

ネットワークオーディオの音質も「ハードウェアー」だけではなく「ソフトウェアー」が重要

私達がこれまで使ってきた「オーディオ機器」は、目に見える形「ハードウェアー」とそれが内蔵する「ソフトウェアー」がセットになり、ユーザーが「ソフトウェアー」を変更することができませんでした。でした。

しかし、「ハードウェアー」を動かすための仕組み「ソフトウェアー」が「個別」に供給される「ネットワーク(PC)オーディオ」では、ユーザーは好みの「ソフトウェアー」を使って、ハードウェアーを動かせます。

これまでのオーディオ機器では、「ソフトウェアー」と「ハードウェア−」がセットになって供給されていたため、ケーブルなどのアクセサリーを使うことでしか、ユーザーは「購入した製品の音質を変える」ことができませんが、ネットワークオーディオでは、ハードウェアーはそのままでソフトウェアーを入れ替えるだけで、音質が大きく変えられます。また、好みのソフトウェアーとハードウェアーを組み合わせて、パーソナルなシステムを作ることもできます。

ソフトウェアーが自由に選べるネットワークオーディオの世界では、あなたが選んだ「ソフトウェアー(OSも含む)」の「音質差」が、再生される音質に大きく影響します。しかし、ソフトウェアーの音質研究(検証)は、まだ始まったばかりです。

ただ完全に熟成されつつあるCDプレーヤーと比べ、この分野はまだ発展途上で価格と音質が比例していないことも多く、WEBや雑誌などから得られる情報も「ソフトウェアーの音質」に関しては不十分なことが多いようです。
PC・ネットワークオーディオの情報は、最先端の研究を続けている逸品館の「テストリポート」をご活用ください。

ネットワークオーディオで使われるソフトウェアーの名称

【DMS/Digital Media Server】
音源データーを保管して、それをネットワークに配信できる装置です。PCにもその機能はありますが、サーバーとしてPCを使う場合には、対応するソフトと設定が必要です。一般的には「Windows Media Player」などがよく知られていますが、より良いソフトとハードを選ぶことで、音質を飛躍的に改善できます。

【DMP/Digital Media Player】
「DMR」と「DMC」を含み、単体で「プレーヤー」として使えるソフトウェアーーです。
「Windows Media Player」、「i-Tunes」などが「DMP」に相当します。

【DMR/Digital Media Renderer】
「DMP」からの指令を受けて「DAC」などのハードウェアーを動かすためのソフトです。「DMC」からの指令をハードウェアーに伝えるだけの仕事しかしないソフトですから、このソフトの存在を意識することはありません。

【DMC/Digital Media Controller】
DMCはネットワーク上にあるそれぞれの機器を操作するための仕組みです。MarantzやDENON、PioneerやYAMAHA型ブレット用に用意している「コントロールアプリ」は、タブレットを「DMC」として使えるようにするアプリケーションです。

これらの4つの「ソフトウェアー」と必要な「ハードウェア」が組み合わさっているのが、ネットワークオーディオ製品です。

使いこなしの第一歩

1. オーディオ機器を購入した直後に注意して欲しいこと

2. オーディオ機器の寿命

ここがポイント

1. 「PC・ネットワークオーディオ」編

2. 「アナログレコード」編

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.