オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 Esoteric F05 プリメインアンプ 音質比較試聴

  

 (その他の音質テストはこちら

Esoteric F05 メーカー希望小売価格 700,000円(税別)

Esoteric(エソテリック)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

F05の概要

フラッグシップモデル”Grandioso”の技術を継承

Esotericの最上級モデル”Grandioso” プリアンプC1からフルバランス・プリアンプ回路を、パワーアンプS1からAB級アナログパワーアンプ回路をそれぞれ継承し、コンパクトなプリメインアンプのボディーに凝縮しました。

デュアルモノラル回路を搭載

プリアンプからパワーアンプまで完全バランス・デュアルモノラル回路を搭載し。徹底したチャンネルセパレーションと高S/Nを実現しています。

電子ボリューム Esoteric-QVCSを搭載

L/R、正/負のそれぞれに独立した4つの素子を持つ、高精度な電子ボリュームを搭載します。

高精度ボールベアリング式・大型ボリュームノブ

高精度なボールベアリングが使われ滑らかに回転する、無垢アルミニウム材から削り出された大型のボリュームつまみが使われています。

ウルトラ・ローノイズ・ロジックコントロール
また、リモートコントロール回路を含む制御回路やインジケーターはオーディオ回路とは完全に切り離されたフロントパネルに実装され、操作時以外は回路を完全停止し徹底したノイズ対策が行われています。

独立電源デュアルモノ・フォノアンプ

MC/MM切替式、L/R独立電源・独立回路のデュアル・フォノアンプを搭載。

高品位ヘッドフォンアンプ内蔵

TI社のハイエンドチップセット、TPA6120A2を採用したパワフルなヘッドホンアンプを搭載。

3バンド・トーンコントロール

大容量カスタム電源トランス

電源部には、940VAの大型カスタムEIコア電源トランスを採用。

高品質電源ケーブル、豪華リモコンを付属

試聴環境

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 AIRBOW K05X Ultimate (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 AIRBOW MSS-i5 MsHD 6.7 販売価格 304,700円(税込み)

AIRBOW(エアボウ)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

試聴は、スピーカーにVienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G)、プレーヤーにAIRBOW K05X UltimateをUSB接続でMSS-i3 MsHD6.7に繋いで行いました。

試聴したソフトは、いつもの5曲です。CDとそれをリッピングしたWAVファイルを聞き比べました。

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがあるクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤。"500Miles/noon"
を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

せせらぎ
水の音は「水泡が弾ける感じ」は強いが、水面のうねり感はやや小さい。川の幅は、やや狭い。
鳥の声は、左右は大きく展開するが、森の奥の方で鳴いている鳥の声がかなり近くに聞こえる。
「生音」よりも「輪郭が強く」、全体的にすべての音がハッキリ、クッキリと聞こえるEsotericらしい音質に仕上げられ、透明で美しい、アクリルで作られたジオラマを見ているような雰囲気の独特な世界観でせせらぎを鳴らした。

セレナード
弦の音はやや乾いて、少し金属的に感じられることもあるが、それほど大きな違和感はない。
音量の大小は良く表現され、力強さもある。
バイオリンの切ない音色、チェロの音色は、少し混ざっているが、雰囲気は出ている。
コントラバスの位置は、少し前過ぎる。
それぞれの音がとてもクッキリ鮮やかに聞き取れる反面、コンサートホールで聞いているような「自然な立体感」は創出されない。
前後方向への音の広がりが、やや浅い。

Esoteric全製品に通じる、音作りでまとめられている。

モナリザ
ギターの音は粒子が細かく、本体の音と響きの分離も良い。音色も良い。このクッキリ感は魅力的だ。また初期のEsoteric製品(例えばP0)のようにゴリゴリと力で押してくるのではなく、繊細にそれぞれの音を鳴らしているところが「新しい」。

ボーカルとギターの関係性もきちんと再現される。個々の音を聞いていると、かなりレベルが高い。

この試聴の前に、スピーカーとプレーヤーは同じ組み合わせでアンプをAIRBOW PM11S3 Ultimateで聞いた時と比べて、色彩がやや薄く「その場の空気感」や「雰囲気感」がやや薄い。せせらぎが、生命感の薄い「ジオラマ」に感じられたのも同じだと思う。
良い音だと思うが、好き嫌いが分かれそうな音だ。

500Miles

最新のEsoteric製品は「過渡特性の良さ」を盛んに謳うたっている、しかしF05の聴感上の音の立ち上がりはそれほど早くはなく、楽器のアタックはやや角が丸く「マイルド」に感じられる。モナリザでは「ギターのアタックの先端がほんの少しだけ丸く」感じられたし、500Milesでは「ピアノの打鍵感」やはり「まろやか」になった。

ピアノの打鍵感(アタック)が丸くなるので、「右手と左手の音」の分離がやや悪く、特に左手の音(ピアノの低音)は量的には出ているものの、音階がやや不安定でグランドピアノの厚みも出にくい。

ピアノの倍音もやや高域寄りで、実際に演奏されているピアノの音色よりも、僅かに金属的な質感が強められているようなイメージがある。
ボーカルは細やかで、適度な艶がある。声を強くしたところと、弱めたところの変化は良く出ている。ボーカルは、なかなか良い。

新世界
全体を「ぼんやり」聞いていると違和感はないのだが、それぞれの楽器の「関係」を把握しようとすると、それはわかりにくい。

楽器の変化や、音楽の流れは精密で細かく再現され、ハーモニーの雰囲気も良く、良い音だと思うが、生演奏とは違っている。

試聴後感想
昔、オーディオショップを始めて間もない頃、「ARCAM(アーカム)」のプリメインアンプの音質にコメントを求められ、「刺激が足りない」というような内容を返すと、イギリスから来た「ARCAM(アーカム)」のマネージャーに「あなたは生音(Live Sound)を聞いたことがあるのか?」と尋ねられたことを今でも覚えています。確かにその時は「クラシックのコンサート」へ行った経験はなく、生音と言えば「自分で弾いているアコースティックギター」くらいでした。

それから私は、縁あって指揮者に師事しあらゆる「生音を覚える(記憶する)」事ができたのですが、確かにその前後で音の聞こえ方や感じ方がハッキリと変わったように思います。生音をしっかり記憶したことで、スピーカーから出てくる音が「生音を基準にどれくらい違っているか?」はほぼ瞬時に判別できます。また、その違いを知ることで「どのソフトがどのような音で鳴るか?」も瞬間的に理解できるようになりました。

日本人の多くのオーディオファン、あるいはオーディオ機器を開発、音決めしているエンジニアも、日常的に「生音」を聞く機会はそれほど多くないと思います。もちろん「ピアノ」や「ギター」なら、誰でも聞いたことがあると思いますが、バイオリンやチェロなどの弦楽器を間近で聞いた経験はほとんどないと思います。

「生音」を基準とするならば、今回試聴したEsoteric F05の音は、それとは明らかに違っています。

高域はクッキリしてライブでは聞こえない細かい音までハッキリと聞こえるのに、楽音の立ち上がりは生音よりも明らかに遅い(アタックが鈍い)のです。生楽器と常に接している方が聞けば、F05の音は「何か足りない」あるいは、「何か違っている」と感じるでしょう。

けれど、Esoteric色に染められたその「人工的」な音は、嫌な音かと問われれば、決してそうではなく、また長時間聞いていられないほど違和感が強いかと問われれば、そういうこともないのです。逆に一部分(主に高域の明瞭度)が強調されたその音は、生音よりも繊細な感じで「面白い」、「音が良い」と感じる事もあるでしょう。また、人間は素早く環境に適応するので、F05だけを聞いているのであれば、何の不満も無く、良い音に感じられると思います。実際、今回の試聴でもこれという、大きな問題点は見つけられませんでした。

けれど、「生音」の雰囲気に近く、音楽表現に長けているアンプと聞き比べると、F05は音質には優れているが、色彩感や楽器の躍動感が少し薄いことに気がつくと思います。

生では聞こえないほど細かい音を聞くことを「良い」と感じるか?

あるいは、生演奏と同じような「曖昧さ」があっても、生演奏を彷彿とさせるようなバランスを持つ音を「好ましい」と感じるか?

個人的にはこういう音も「あり」だとは思いますが、その答えによって、F05の評価は二分されるでしょう。

2016年7月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.