オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 

  Luxman (ラックスマン) DA-250 音質 試聴 レビュー

その他の音質テストはこちら

創立90周年を迎えた「Luxman(ラックスマン)」から、強力なヘッドホンアンプを備えた、USB DAC 「DA250」が発売されました。

このモデルは大ヒットした「DA200」のコンセプトを引き継ぎ、B4ファイルのコンパクトなボディーに最新のLuxmanのトレンドが凝縮されています。

Luxman DA250 の特長

最大、PCM192Khz/32bit、DSD 5.8MHz対応のUSB入力、最大、PCM192kHz/20bit対応の同軸/光デジタル入力を装備。DACチップには、TI社製PCM1795が採用されています。CDプレーヤーに搭載されるのは、同メーカーのPCM1792ですが、チップの位置づけとしてはPCM1792が「ハイエンドモデル」、PCM1795が「スタンダードモデル」となっています。デジタルフィルターの特性などは、PCM1792がPCM1795より優秀ですが、デジタルフィルターのビット数はPCM1792の24bitに対し、PCM1795は32bitとPCM1795が優位です。DA250に入力されたデジタル信号は、PCM1795が内蔵するデジタルフィルターで、352.8/384kHz、32bitにアップコンバートされてから、処理されます。

また、DA-250の機能として、PCM入力時には「32bitデジタルIIR」と「32bitデジタルFIR」の2種類から、DSD入力時には「ノーマルアナログFIR」と「ハイアッテネーションアナログFIR」の2種類から、信号処理を行う「デジタルフィルタ」が選べ、それぞれに2種類の音色が楽しめるようになっています。

アナログ出力は、このDAC出力にLuxman伝統の高音質プリアンプ回路を組み合わせ、RCAとXLRが各1系統、音量は固定もしくは可変でお使いいただけます。ボリュームは、Luxmanオリジナルの高音質ボリューム「LECUA」がLINE/ヘッドホンのそれぞれの出力に個別に搭載されています。また、D-200で好評を博した、「アナログ入力」も引き続き、1系統設けられています。

ヘッドホン出力、RCA/XLRの3系統の出力には、新たに独立したバッファー回路が組み込まれ、音質の向上と出力相互間の干渉低減が実現しています。

メーカー希望小売価格 \170,000(税別) (Luxman製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

AIRBOW MSS-i3/MSHD 6.7

今回の試聴には、Linuxを徹底的にカスタマイズした音楽再生専用OSを搭載する、高音質サーバーPC、AIRBOW「MSS-i3/MSHD 6.7」を使いました。この製品は、PC関連サプライメーカ−各社から発売されている、能力の低い処理システム(CPUは特に劣悪)と汎用ソフトを搭載したまま、電源などの周辺を調整しただけの高額NASや高額サーバーとは、次元の異なる圧倒的な操作レスポンスと高音質を実現するだけではなく、USB接続時にもその高音質が発揮されます。また、USB接続時に必要となるプレーヤーソフトは「HQ Player(Linux Version)」が予め搭載されています。今回も再生ソフトには「HQ Player」を使いました。

再生ソフトのHQ Playerは、高音質なだけでなく驚くほど多くのデジタルフィルターとアップサンプリングが可能です。フィルターの数があまりにも多いので、代表的(一般的)なデジタルフィルターを5種類ほど選び、出力周波数(×1、×2,×4)で比較試聴を行いました。それぞれの組み合わせで若干音が違うのですが、これが良いというという組み合わせが見つからなかったので、今回は、フィルターはデフォルトの「Poly-sinc」、出力は「2倍オーバーサンプリング(CDは88.2kHz、ハイレゾは96kHz)」で試聴することにしました。

販売価格 \231,482(税別) (この製品のご注文はこちらからどうぞ

試聴環境

スピーカーには、Vienna Acoustics 「listz」、アンプにはAIRBOW PM14S1 Masterを組み合わせました。

 Vieena Acoustics Liszt (この製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

 AIRBOW PM14S1 Master (この製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

試聴ソフト (データはすべてWAV形式。CDのリッピングは、44.1kHz/16bitです。)

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

TOMA'S Ballads
「Round Midnight」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがあるクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤。"500Miles/noon"
を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

48kHz/16bitの「ミニマム ハイレゾ」音源。丁重に録音された、良質なソフトです。

メーカー希望小売価格 \170,000(税別) (Luxman製品のお問い合わせ・ご注文はこちらからどうぞ

せせらぎ

USB入力でも比較的高域のノイズ感は少なく、立体感広がり感に優れている。けれども鳥の声は少し細く、硬さが感じられる。

水の音の輪郭もやや強く、温度感はそれほど高くない。

冷たい水が流れる、初夏の清流(秋の清流)をイメージさせる音で「せせらぎ」が鳴った。

セレナード

弦楽器の数は比較的多い。重なった部分の分離も悪くない。中低音にもしっかりした厚みがある。

弦の音が多少ぱさつくのは、入力のジッターもしくはノイズの影響だと思われる。こういう感覚は、CDにはない。

それを除けば、なかなか良い音でセレナードが鳴る。

モナリザ

ギターの音は、倍音の最後部のエコーが最後まで聞き取れず消えている。ボーカルは、子音が若干荒れている。

S/N感も良いが、微少音が消えてしまうので、空気感までは出ない。聞き取れる音のレベルでの再現性は良好。

総合的には表現力のある、魅力的な音でモナリザが鳴る。

500Miles

ピアノの低音が膨らまず、左手の音階が綺麗に鳴る。ボーカルは女性っぽい艶やかさ、柔らかさが感じられ魅力的。ピアノとボーカルのコンビネーションも良い。ただし、モナリザ同様、エコーが最後まで聞き取れず、スッと消えてしまう。

それを除けば、良い音で500Milesが鳴っている。

新世界

イントロ部分の静けさの表現は良好。弦楽器の音にも違和感はない。金管楽器はほんの少し細い。

前後方向への広がりは深く、左右にも音が大きく広がる。音場の広がり、立体感は合格。

けれど、すべてのソフトを通じて感じるのは、若干の硬さと冷たさ。違和感と言えるほどではないが、CDで聞く場合とは明らかに異なる。

逆に音の揺れが少ない(中低音がしっかりと安定している)部分などでは、CDを凌ぐ部分も感じられる。

ほんの少しだけモニター的(やや硬く、冷たい部分が感じられる)と言えなくはないが、音楽は十分楽しく聞ける。

Round Midnight (48kHz/16bit)
データーファイルのサンプリング周波数が44.1kHzから48kHzに向上したことど、高音の細やかさ、伸びやかさは若干拡大した。しかし、それでもまだ、サックスの高域に硬さと細さを感じる。

嫌な音と言うほどではないのだが、サックスの「木管」らしい、リードの柔らかく厚みのある感じが伝わりにくい。サックスの鳴り方が、トランペットのように、少し金属的な感じが強い。

ピアノは、右手左手のバランスに優れている。分厚いと言うほどではないが、中低音の量感と力感はしっかり出てくる。

けれどこのソフトでも、若干高域に曇りとS/Nの悪さ(音が最後まで聞き取れない)は残っている。

総合評価

DA-250は、Luxman特有の中域の厚ぼったさ、低域の膨らみはまったく感じられず、どちらと言えば無駄な響きの少ない、スッキリした音質に仕上がっています。従来モデルと比べて、特に高域の透明感や解像度感はかなり向上しているようで、廉価なPC・ネットワークオーディオ機器にありがちな、高域の曇りはまったく感じられません(組み合わせた、MSS-i3/MSHD6.7の影響もあると思われます)。

では、その高域の透明感や伸びやかさはCDに匹敵するかと言えば、CDに比べてエコーが消えていくところまでの時間が若干短く、空気感として感じられる「聞き取れない音が残っている雰囲気感」に少し物足りなさを感じます。

組み合わせているスピーカーとアンプの影響もありますが、やや響きの多いシステム(真空管アンプや、Tannoy Prestige スピーカー)などと組み合わるとその弱点がカバーされそうです。

17万円と言う価格を考えると、もうすこし頑張って欲しい気もしますが、音楽を聞いて楽しい、買って不満は出ないUSB-DACという印象でした。

2015年11月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.