オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

magico q1 マジコ q-1 試聴 レビュー 音質 比較 テスト 価格 販売 magico V3

 

Magico TOP

Magico Q-1 メーカー希望小売価格 ¥4,000,000(ペア・税別 /専用スタンド付き)

この製品のご注文はこちらからどうぞ

製品の概要(エレクトリのホームページより抜粋) (Q1の解説を動画で見る

MAGICO Qは、Magico Qシリーズファミリーの最もコンバクトなモデルです。Q1はQ5/Q3で採用されたのNano-Tech・カーボンフアイバーを使用した高能率の7インチ口径ナノテックウーファードライバーにツィーターMBe-1を搭載し、Qデザインブラットフォームからなる理想的な点音源を追求した強固なスタンドが付属します。

Q-1はQ5/Q3同様、ダンプされたハードアノダイズ仕上げの#6061アルミニウムと真鍮からなる完全密閉型エンクロージャーを持ちます。この強固なエンクロージャーと専用スタンドからなるQIの外観はシンプルでコンパクトですがその重量は本体27kg、スタンド27kgと非常に重く、Q5/Q3同様軽量なユニットを強固に保持し、システム全体がまさにコンプレッションドライパーのように動作します。

Q1のバッフルは、連続的なカーブの採用により音波の物理的回折を極小にしています。MBe-1ツィーターはそのバッフル効果によりベースとの一体化がなされ、ま
るでフルレンジのようなピンポイント資源を実現しています。また強固で重いスタンド/キャビネットを支えるスパイクフットなどはQ5/Q3にも共通し、その独自のフリースタンディング方式の採用により、空間に音像が浮かぷ様をもっとも享受し易いスピーカーシステムになっています。

ドライバーユニット

Magicoは世界で最も優れたドライバーユニットを開発・実装することを目指し、新しいツィーターイーターMBe-1を完成させました。MBe-1は最新のブレイクアッブモード制御されたベリリウム振動板を採用しています。チタニウムより2.5倍軽量で7倍の強度を持つ適度にダンプされたベリリウムはツィーターの理想的な振動板です。ツィーターのハウジングは大きなQのアルミニウムフェイズプレートと一体になり、リンギングのないスムースなミッドレンジとのつながりを実現します。その結果、広い高域特性、低歪率、大きなパワーハンドリングを同時に達成できました。

ウーファーはMAGICOデザインのNano-Tec 7インチドライパーで構成されます。このNano-TecドライバーはすべてMagicoで設計、製造され、コーン構造にカーボン・ナノチューブを世界で最初に採用したユニットです(三層の振動板はRohacellフォームをコアとし、ナノテクカーポン繊帷でサンドイッチしています)。高効率な熱伝導を持つナノテクコーンのカーボン外皮は伸長率と弾性率双方に優れ、圧倒的に軽く強固です。実際この高強度のコーン素材はヘリコプターのローターブレードに採用されているフォームコンポジット素材と同等で、従来のチタンやアルミニウムなどの従来金属のダイヤフラムとは比較にならないスピード強度を持ちます。

クロスオーバー・ネットワーク

Magicoスピーカーシステムの機械的電子的要素は全て最新のCADツールで設計、デザインされています。Magico社はCADに必要とされるソフトウェアも自社で開発しています。Magicoでは電子制御同様のステップアップスロープを実現したフィルター回路の"Elliptical Symmetry Crossover (ESXO)を開発しました,ESXOネットワークを採用した2Wayはまるで1本のフルレンジのような他に類のないサウンドイメージを実現します。

Qシリーズのクロスオーバーパーツ/ネットワーク素材は現在最高の品質を誇る製品を採用しています。中でも特に抵抗は音質に非常に重要な要素です。音楽信号は電流値が均一ではなく、絶えず変化しています。典型的なパッシブ抵抗/レジスターでは、入力される音楽信号相当の熱を抵抗そのものから発散します。そして抵抗の発熱により、その周囲の色々な電子パーツやエレメントの温度を上昇させます。温度の変化は、スピーカーの特性に大きな影響を与えます。この望まれない影響を払拭する為、Qシリーズでは軍用や航空宇宙用に開発された厳しい高信頼性、高安定度を満たすバルクメタルフオイル抵抗/Bulk Metal Foil resistorを世界で初めてクロスオーバーネットワークの為に特別に設計、採用しました。この抵抗の低温係数は土2ppm/℃の超高精度で、一般のどの抵抗よりも優れ50倍以上の長期負荷安定度を示します、この素晴らしい抵抗を採用した結果、Qシリーズはどのような周波数、電圧でも安定した抵抗値を保ち、高精度なクロスオーバー特性をキープします。その違いは、はっきりと聴き取れます。また、ドライバー間の配線には6N単銅線を使用しています。

 

オールメタルエンクロージャー&専用スタンド
Magicoはスピーカーに最先端の#6061系アルミニウム合金をいち早く採用したメーカーです。我々は1994年に最初のアルミニウム合金エンクロージャーを開発しました。この素材は堅く、ダンプしやすく、適切なデザインを与えれば振動板から不要な色づけを排除できる理想的なエンクロージュアが設計できます。Qしりー図に採用されたオールメタルのエンクロージャーはユニット共振の抑制に優れるばかりではなく、エンクロージャーの不要な共振による時間対減衰量=エネルギーロスを低減し、ユニットに入力されたエネルギーをロスすることなく音に変換します。

楽器ボディのレゾナンス/共振はその性質と品質を定義することにおいて不可欠な要素ですが、それとは正反対なのがスピーカーのエンクロージャー(ボディー)に求められる要素です。MAGICOは多くの年月をエンクロージャーの開発に費やしました。3つの要素、スチフネス、マス、ダンプネスを従来のコストという壁を打ち破って達成しています。エンクロージュアのフロントのみならずすべての面とエッジは研磨されて、美しいアノダイズ加工が施されています。このエンクロージュア全体は我々の過去から現在までの機能性、美的追求の結果としてのデザイン表現です。

 

専用スタンド
Magicoは、スピーカースタンドの重要性を最も認識して専用スタンドを提供してきました。回折の影響、デザイン性、強靭な支えとして、空間にエンクロージャーが浮かぷような形状、これらの条件を満たすべく、本体と同素材の#6061アルミニウムを切削加工して作られたQ1のスタンドはスリムで美しく、類を見ない仕上げとなっています。スタンドとスピーカーは4本のねじにより、完全に一体となります。

27kgのQ1にスタンドを加えた54kgの超重量級システムを支えるのは高耐腐食性に優れ、ステンレスの中でも最高硬度のSUS 440Cステンレス素材から放物線カーブに削り出された、高さ調整可能なスパイクを標準装備しています。

周波数特性
Qシリーズに採用されたの強靭な素材の密閉箱からなるエンクロージャーは、バスレフディップ(バスレフ方式を採用する事による周波数のディップ)なく完全なフラットレスボンスを示します。強靭な硬質アルミニウムのキャビネットと、Nano Tecコーンによるダイレクトラジエターを持つQシリーズは大型のコンプレッションドライバーにも似て、ボイスコイルに入力されたエネルギーを余すことなく、忠実に音に変換します。
ピアニッシモからフォルテッシモまで全帯域で偏った減衰を伴わず、リスナーにノンカラーレーションの音楽を届けるのがスピーカーの理想形です。この理想に最も近いQシリーズスピーカーは、ボリュームを絞っても帯域バランスが崩れず、ダイナミズムに優れたサウンドを実現します。世界で最も高いレベルでノンカラーレーションを逢成したスピーカだと自負します。
今まで我々は従来のスピーカーにおける妥協点を洗い直し、理想に向かって多くの技術革新を試みてきました。そして多くの制約や妥協を拝上して生み出された、Qシリーズは、それらを克服した新生代のスピーカーのキーストーンとなるでしょう。
MagicoデザイナーのAlon Wolfは、生産実現の実現において一切妥協せず、販売の成功において一切強要はしません。しかし、彼自身の四半世紀に及ぶスピーカー設計キャリアにおいて、このQシリーズはひとつの頂を極めた造形物と自負しています。テクノロジーがHiFi音楽再生において貢献できる方法を研究し続けることは我々だけでなく、音楽家とリスナーの双方にとって幸福をもたらします。その技術、製品が適切に使用されたQ1が、音楽をこんなにリアルに楽しめる時間を与えてくれたことは、なによりもQ1を開発した我々を最も驚愕させたのです。

Magico Q1 メーカー希望小売価格 ¥4,000,000(ペア・税別/スタンド付き)  (この製品のご注文はこちらからどうぞ

方式 2Way 密閉型
ツィーター 25mm MEBe-1
ウーファー 175mm(Nano Tec)
推奨アンプ出力 50W〜
インピーダンス 5(オーム)
感度(出力音圧レベル) 86dB
周波数帯域(±3dB) 32Hz-50KHz
外形寸法 H361×W229×D386mm
質量 54Kg(1本/スタンド込)
入力端子 Single-Wire
仕上げ ハードアノダイズ・ブラック

<明るい> - - - - * - - - - <暗い>

<柔らかい> - - - *- - - - - <硬い>

Q1の入力端子

試聴テスト

AIRBOWマルチプレーヤーUX1 Supreme emotion AIRBOW UX1SE Ultimate


 Orange pekoe 10Th Anniversary “Selene”

 AIRBOW TRV-88SER Vintage

3号館でQ-1を真空管とトランジスター方式のアンプで鳴らした実際の音を、YouTubeでお試しください。

(ご試聴には、なるべくヘッドホンをお使いくださいませ)

プレーヤーにAIRBOW UX1SE/LIMITEDを奢り、アンプは真空管方式のAIRBOW TRV-88SER Vintageを使ってアコースティックなボーカルを聞いてみました。装置が全く介在せず、その場でOrange pekoeの生演奏が行われているような自然な音、心にしみいるような抜群のボーカル表現力をお聞きください。また、ダンピング特性の悪い真空管アンプを使っているにも関わらず、ウッドベースが全く滲まず(膨らまず)正確に再現されることに驚かされます。

  SST Ambrosia2000SE、Ampzzila 2000SE

次にプレーヤーと楽曲はそのままにして、アンプをトランジスター方式のセパレートアンプに変えてみました。音の厚みが増しサウンドがグッとリッチになります。しかし、少し電気で増幅している(PAを介してコンサートを聴いている)ようなイメージに変化します。このことからQ-1がアンプの音色を正確に音に変換していることがわかります。

AIRBOW'プリメインアンプ'TERA?Cryo?Limited AIRBOW Tera Cryo Limited

3号館でQ-1をAIRBOW Teraで鳴らした実際の音を、U Streamでお試しください。

音楽の精密なトランスデューサー(変換器)を目指して作られたQ-1を、同じ方向性で作ったプリメインアンプ AIRBOW Tera Cryo Limitedで鳴らしてみました。AIRBOW TRV-88SER Vintageで聞いていたときは、まるで生演奏を聴いているように自然な音でしたが、アンプをTera Cryo Limitedに変えたことで録音の現場に居合わせるような緊張感が伝わるようになります。また、ボーカルとマイクの距離や顔とマイクの角度の変化が再現されます。精密ですが、レコーディングの現場に近すぎて、ちょっと緊張してしまいます。音は素晴らしく良いのですが、それが音楽にどっぷり浸ることを妨げる様子が伝わります。

 TITANIC Soundtrack

アンプはTera Cryo LimitedのままでソフトをタイタニックのSACDに変えます。Q-1+Teraの驚くべき低音再生能力をご確認頂けます。

※スピーカーでは低音が出ませんので、ご試聴は必ずヘッドホンでお願いいたします。

 Furtowangler/ウィーンフィル 「田園」 モノラル録音盤

 シェーラザード(ゲルギエフ)

 ヒラリー・ハーン / バッハ無伴奏バイオリン

  SST Ambrosia2000SE、Ampzzila 2000SE

3号館でQ-1をAmbrosia/Ampzilla 2000SEで鳴らした3種類のクラシックの実際の音を、YouTubeでお試しください

アンプを再びSST Ambrosia 2000SE、Ampzzila 2000SEに戻し、新旧の3種類のクラシックを再生します。古い録音のソフトも、大編成の交響曲も、シンプルなバイオリンのソロも、見事に鳴らし分けるQ-1の実力をご確認頂けます。

Magico Q-1 総合評価

エレクトリから拝借し試聴したMagico Q-1の音質は、Magicoのカタログ通りでした。ぱっと聞いた感じB&Wに似ていますが、それよりも遙かに解像度が高くB&Wでは再生出来ない「空気の揺らぎ(音にならない場の雰囲気)」までが再現されます。この明瞭度が高く細やかなのに温度感が高く湿り気すら感じさせる「理想的な高域」はQ-1以外のスピーカーでは聴いたことがありません。音が出た瞬間に、ネットワークを含めスピーカが理想的に作動していることを直感します。

中音は反応が早くパワフルで、指向性のないホーン型スピーカーを聞いているようです。また、使用されているNano Tec Carbonの音には色づけが全く感じられず、圧倒的なレスポンスとパワー感が一切の付帯音なしに得られます。このような音もQ-1以外では聴いたことがありません。

低音はスペックを見れば、このサイズの密閉型スピーカーでは信じられないほど低い32Hz(かなり大型のスピーカーでなければ32Hzは出ません)ですが、実際に聴いた感じも驚くほど豊かな低音が感じられます。驚かされるのは、この低音がカタログの説明通り「完全にフラット」に再生される事です。エンクロージャーで増強された低音ではなく、周波数のみならず「速度」まで均一な低音はこれまで聴いたことがありません。

また、今回の試聴では1種類の真空管アンプと2種類のトランジスターアンプでQ-1を鳴らしましたが、ネットワークが優秀なためアンプに対する負担が少ないのか「とても鳴らしやすいスピーカー(アンプの素の音が聞ける)」だと感じました。

入力される音楽信号を正確に音に変換する、精密なトランスデューサー(変換器)という名称がQ-1にはピッタリと当てはまります。高価なスピーカーなのでおいそれとは手が出せませんが、その価格を納得させられる「特別な音」、本物にしかない「オーラ」がQ-1には感じられました。

2012年2月 逸品館 代表取締役 清原 裕介 

逸品館ホームページへ

1号館

本店:商品展示、販売全般、下取・買取 10:30-19:30(定休日なし/臨時休業除く) 06-6644-9101

2号館

中古品展示場:中古品掘り出し物の展示

3号館

高級オーディオ試聴室:高級オーディオの試聴、ご相談 11:00-18:00(定休日:毎週水曜・木曜) 06-6636-2917

逸品館へのお問い合わせは、電話でOKです!
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売”から始まったお店ですから、「直接のご連絡を大歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。 (株)逸品館

逸品館が運営する、5つのショッピングサイトのご案内はこちらからどうぞ!

このページは、大阪のオーディオ専門店逸品館が製作しています。ページに表示される記事内容は逸品館の見解を示していますが、必ずしもそれが正しいとは限りません。また、ページの情報により生じる利害や問題につきましてはいかなる責任も取りかねますので予めご了承くださいませ。ページへのリンクは大歓迎ですが、誤解を避けるためコンテンツの一部引用やコピーは、お控えくださるようお願いいたします。 

TOPに戻る 逸品館の場所・アクセス お問い合わせ 通販法による表記 返品特約 アフターサービス

Copyright © 2015 IPPINKAN All Rights Reserved. メインサイト

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.