オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Macintosh マッキントッシュ CDプレーヤー DAコンバーター MCT450 D150 音質 比較 プリアンプ 新製品 情報 音質 価格 販売 比較 TAD D1000 Mcintosh マッキントッシュ CDプレーヤー MCT450 D150 情報 音質 価格 販売 比較

 Mcintosh MCT450 D150 SACDプレーヤー

 D1000 SACDプレーヤー  音質比較テスト

その他の音質テストはこちら


※Mcintosh MCT450 D150は、AIRBOW ウェルフロートボードに乗せて試聴しました。

Mcintosh(マッキントッシュ)から、SACD再生に対応するトランスポーター"MCT450"とデジタルプリアンプ(音量可変出力付きDAC)"D150"が発売されました。MCT450とD150は専用のDINデジタルケーブルで接続することにより、SACDのトランスポーター・DACのデジタル接続が可能です。

 専用DINデジタルケーブル

 付属するリモコンはMCT450とD150で同じデザインです。

今回は、スピーカーにTAD R1 Mark2、プリアンプにTAD C2000、パワーアンプにTAD M2500を使用し、比較対象機としてTAD D1000を準備しました。

 TAD R1 Mark2  (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

 TAD C2000 M2500 (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

 TAD D1000 (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

テスト概要のご紹介動画



試聴ソフト

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。スピーカーの音の自然さ(癖の無さ)、音の細やかさ、広がり感などを判断できます。

どこかで聞いたことがある。そんなクラシックを集めたソフトです。2枚目1曲目の弦楽セレナードを聴きました。似たような音(バイオリン、チェロ、コントラバス)が重なったときの分離感を判断できます。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。
聞き慣れた楽器の音(ギター)女性ボーカル、それぞれの音の深みやニュアンス、デュオのマッチングなどを判断できます。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤です。"500Miles/noon"を聞きました。
コンプレッサー(帯域圧縮)がかけられたソフトの再現製を判断できます。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。
あらゆる種類の楽器の音、小音量から大音量への変化など、様々な項目を判断できます。

Mcintoshと相性の良い ボーカル系ソフトを追加試聴

Mcintoshのサウンドは良い意味で中庸、ソフトの善し悪しを露呈させず、楽しく音楽を聴かせます。そこで今回は、Grace Mahya 「Last Live at DUG」のディスクから"モナリザ"をSACDで再生、さらにJAZZ系J-POPで通常CDよりも音の良いディスクが採用されているSHM-CD、Orange Pekoe 「10th Anniversary」から"Selene(セレーネ)"を聞き比べてみました。

 Orange Pekoe 「10th Anniversary」

※動画の解説でSeleneを「セレーネ」ではなく、「セイレーン」と読んでいます。正しくは「セレーネ」です。お詫びして訂正いたします。

音質テスト

Mcintosh (マッキントッシュ) MCT450 メーカー希望小売価格  \650,000(税別) お問い合わせはこちら

Mcintosh (マッキントッシュ) D150 メーカー希望小売価格  \450,000(税別) お問い合わせはこちら

音質試聴動画へのリンク

音質評価

せせらぎ

音が前にスピーカーから前方に広がり、水の音が近くに聞こえるが、鳥の声の奥行きが少し浅い。

色彩感の濃い、明るく楽しい音で「せせらぎ」が鳴る様子は、ジブリのアニメを連想させる。

セレナード

「せせらぎ」と同じで、音がスピーカーから前に広がるが、音場の奥行きは少し浅い。

バイオリン、チェロ、コントラバスの分離刊はやや甘く弦楽器が少し混濁するが、バランスは良くR1が少しTannoyのような鳴り方をする。

モナリザ

ギタリストの気配感、存在感を強く感じさせる音でギターの音が変化する。ボーカルは艶が濃く、女性的な魅力が強く感じられる。

Mcintoshの奏でる「モナリザ」は、とてもキュートで愛おしい雰囲気を持っている。

500 Miles

ピアノの高い音に若干ピーク感がある。タッチもやや粗く、鍵盤を強く叩いているように聞こえる。ボーカルは力強く、とても朗々として感じられる。

音の立ち上がりは少し遅めで、ボーカルの抜け感も良くないが、それは「嫌」な感じではなく、むしろ煮込み料理のように音を美味しくしてくれる。

新世界

弦楽器の高音が少し硬いが、これはMcintoshの音質傾向だ。低音の量感は心地よく、押し出し感もあり、ホールトーンも感じられる。

金管楽器の張りは、Mcintoshがアメリカ生まれであることを感じさせる。若干音のエッジは甘いのだが、ライブらしい雰囲気のある音で新世界が鳴った。

モナリザ(SACD)

CD(CD-R)で感じられた高音のピーク感が緩和し、全体的に音が太く柔らかくなる。ボーカルもきめ細かく滑かさが増し、会場のエコーが身体を包み込むように広がる。CDでは少しジブリのアニメのように感じられた音が向上し、ステージ上の人物がアニメから実写になったような違いがある。SACDの良さ出た。

Selene(SHM-CD)

太く柔らかさを感じる音で音楽が「物語」として流れてくる。ボーカルは説得力に富み、かつチャーミング。

音楽をストーリーとして再現する能力が強いようだ。

総合評価

Mcintoshを聴いていつも感じるのはその音が「陽気」で、聴いていると気分が上がることだ。明るく雰囲気の良いその音は、Mcintoshが伝統とするアメリカンサウンドそのものだが、MCT450/D150では、それがさらに垢抜けて上品さが加わった。

ただし、その音に深みを求めるのは少し違っている。音楽をポップ・アートとして表現するようなイメージを持っている。

TAD (タッド) D1000 メーカー希望小売価格  \1,500,000(税別) お問い合わせはこちら

音質試聴動画へのリンク

音質評価

せせらぎ

MCT450/D150と比べてD1000で聴く「せせらぎ」は、水の量が多く、鳥の数も多い。

色彩感が濃いのはMcintoshと同様だが、音の角がキリリと立ち、明瞭度解像度はD1000が高い。雰囲気はどちらも良く出る。

Mcintoshをアニメに例えるなら、D1000は実写の雰囲気を持っている。

セレナード

音の角が立つが、弦の音は柔らかくなった。それぞれの楽器が奏でる「旋律」が聞き取りやすく(感じやすく)なった。

弦の切れ込みの鮮やかさが増して、音が洪水のように押し寄せてくる、迫力のある音だ。

Mcintoshで聞くこの曲は、流麗な演奏。D1000で聞くこの曲は、静と動の対比が鮮やか。折り目正しく、トラディショナルな演奏に聞こえた。

モナリザ

ライブ会場のホール感が良く出る。ギターは左、ボーカルはセンターにビシッと定位する。Mcintoshよりも明らかにチャンネルセパレーションが良い。

D1000で聴くボーカルとギターは共に緊張感を伴うプロっぽい音になる。Mcintoshの音がキュートなら、D1000の音はディープだ。

500 Miles

ピアノの高域の響きが細かくなり、倍音の構造が聞こえてくる。ボーカルとピアノのバランスは、Mcintoshがボーカルよりで、D1000は平等。

この曲でも、Mcintoshは明るく楽しい雰囲気、D1000は深みのある雰囲気を醸し出した。
新世界

D1000の音は非常に細かく、楽器のハーモニーやユニゾンがきちんと再現される。デリケートで精緻な音。

曲調はMcintoshがPopで、D1000がトラディショナル。ライブ感はMcintoshが強く、音質の良さはD1000がそれを上回る。

モナリザ(SACD)

CDと比べて高域がさらにスッキリ伸びて、ボーカルの口の中まで見えそうなほど音が細かく、その息づかいまで感じられる。

バランスはまったく変わらず、音質だけが向上するが、Mcintoshでは差が感じられたCDとSACDに大きな差がない。

また、ボーカリストの「グレース・マーヤ」さんは、Mcintoshでは「外人」ぽく感じられ、D1000では「日本人」ぽく感じられた。

Selene

D1000の音は細かく低音にも厚みがあって、ベースラインがしっかりしている。ボーカルは驚くほどきめ細かく、深く訴えてくるがリアルに見えすぎる。

この曲の雰囲気は、Mcintoshの方が良かった。D1000の音は、若干シビアすぎるように感じられた。

総合評価

D1000はディスクに録音された音を、ありのまま、そのままに出してくる。

演奏の可否と同時に、録音の可否も加わり、良いソフトを聞くとその音は驚くほど細やかで深みがある。

けれど、J-POPのようなソフトでは、その粗を出してしまう傾向も持っている。

試聴後感想

今回のテストに選んだスピーカー「TAD R1 Mark2」はカミソリのような切れ味を持っています。それが「音楽的」に鳴るか、あるいはそうならないかは、セッティングを含めた周辺機器の影響が非常に大きく「うまく鳴らすのが難しいスピーカー」だと言えます。

Mcintoshの持ち味は「旨味を引き出す力に長けている」ことです。ある意味では、R1の能力を最大限に発揮しているとは言い難い部分はあるのですが、ソフトの録音が十分でなくても、あるいは周辺機器にミスマッチがあっても、その問題を露呈させず、音楽の楽しさや雰囲気を上手く引き出してくれます。この「対応力の大きさ」がMcintoshが時代を超えて長く愛されてきた秘密だと思います。

D1000は、TADのポリシー「ディスクに録音された音をありのままに引き出す」力を持ち、Mcintoshよりも高額ながら音質に優れ、特にCDの再生ですらMCT450/D150を超えるほどの個音質を発揮します。しかし、R1 Mark2が高性能すぎるためか、あるいは比較したのがMcintoshとTADと正反対の性質を持っていたために、それぞれの個性や特長がよりハッキリしたのだと思います。今回はやや神経質な一面を見せることになりましたが、普段はもっと鷹揚で聞きやすい音質です。

2015年6月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.