NOTTINGHAM (ノッティンガム)
INTERSPACE/HD ・ SPASEDECK
SPACEDECK/10TH ・SPACEDECK/HD
比較テスト

逸品館お薦めの[NOTTINGHAM]レコードプレーヤーですがレコードプレーヤーとしては、モデルチェンジや限定モデルの発売が早く「一体何時何を買えばいいのか?」迷ってしまいます。今回は、ノティンガムでは普及価格帯(これで十分です)の4機種のプレーヤーを比べました。(画像はクリックで拡大します)

NOTTINGHAM
INTER-SPACE/HD
生産完了(税別)

NOTTINGHAM
SPACE-DECK
生産完了(税別)

NOTTINGHAM
SPACE-DECK/10TH/SHORT
生産完了(税別)

NOTTINGHAM
SPACE-DECK/HD/10TH/SHORT
生産完了(税別)

このページの商品のご注文はこちら


それぞれの仕様
[INTER−SPACE/HD」は、モーターとプラッットフォームが「一体」になっています。
[SPACE−DECK]の3機種は、「プラッターテーブル(下の置き台)」と「モーター」および「電源部」は同じ物が使われています。(上の写真をご覧下さい)3モデルの違いは「プラッター(ターンテーブル)」と「アーム」の仕様によります。

アームの違い
アームは、[SPACE−DECK]のみ軽金属で、その他はカーボンパイプのアームが採用されている。

インタースペースのアームは、カーボンパイプ径がスペースデッキよりも小さく、カウンターウエイトの形状や重量が異なっている。

カートリッジ取付部分や、リフターなどの可動部分は上位機種と同じ物が採用されている。

スペースデッキのアームは径の太い軽合金製で他の3機種とは明らかに異なる。

カートリッジ取付部分や可動部分も異なっている。

スペースデッキ10THとHD/10THのアームは、同一品(NEW SPACE-ARM)。

インタースペースデッキよりもやや太いカーボンパイプが使用され、カウンターウエイトの形状が異なり重量も重い。


プラッター(ターンテーブル)の違い
プラッターは、[SPACE−DECK/HD]を除く3機種が同じ「亜鉛合金製の重量級プラッター/7s」を採用しています。
[SPACE−DECK/HD]では、更に「カーボングラファイト製の2.5sプラッター」がその上に重なります。

INTER-SPACE/HD
亜鉛合金製/8s

SPACE-DECK
亜鉛合金製/4s
SPACE-DECK/10TH
亜鉛合金製/7s
INTER-SPACE/HD/10TH
カーボングラファイト/2.5s

亜鉛合金製/7s

音質の違い

INTER−SPACE/HD
NOTTINGHAMの末っ子「スペースデッキ」は、上級機譲りの亜鉛合金製プラッターとカーボンファイバー製アームが装備されています。上級機との違いは、プラッターとモーターが同一プレート上にセットされていることです。(上級モデルはセパレートになっている)プラッターとアームにほとんど違いがないことから分かるように、このモデルのコストパーフォーマンスは非常に高く、通常はこれ以上のモデルは不要と感じるほどです。
カートリッジには、ORTOFON MC20/Super2(完了品)。昇圧トランスに「逸品館オリジナル J’s5471」。フォノイコライザーに、やはりオリジナルの「OB1/KAI(完了品)」を使用。アンプは[LITTLE PLANETE2]。スピーカーには[PMC OB1+AIRBOW CLT−THEATER]でレコードを試聴しましたが、3号館で出せる最高のCDの音を[10]とするとレコードの音は、優に[20〜30]と感じるほどの素晴らしい音を出すことが出来ました。
レコードの試聴の事前にOB1をTMS(トルクマネージメントシステム)で調整したことも非常に大きな効果があり、CDとレコードの音質差を大きくする(違いを明確に再現する)ことに一役買ったようです。
3号館に展示している[INTER−SPACE/HD]は、ターンテーブル・シートをRINGMAT(生産完了品)に交換し、脚の下に「逸品館オリジナルのWOOD STABILIZER」を敷いています。さらにカートリッジに音質改善措置を施しています。このような「地道」で「情熱的なセッティング」にレコードはCDより遙かに敏感に答えてくれます。
一度手ぶらでもレコード持参でもかまいませんから、3号館を訪れて上記のシステムでレコードを聴いてみませんか?「本物のピュアオーディオの凄さ」に度肝を抜かれることになるでしょう!

SPACE−DECK
唯一「軽合金アーム」を採用しているこのモデルは、すでに輸入が途絶え「受注発注品」となっています。プラッターの重量も軽く、スペック的には他のモデルと大きな差があります。しかし、音質的には「独特の透明感と柔らかさ」があり、捨てがたい「味」を持っています。
手持ちのSPACE−DECKのプラッターをバージョンアップして[SPACE−DECK/HD]に変える「HDキット/¥200,000」が発売されていますから、すでにこの製品をお使いなら買い換えではなく、バージョンアップをお考え下さい。
「HDキット」を組み込み事で、中低域の厚みと静けさが増し、ワンクラス上のプレーヤーに生まれ変わります。

SPACE−DECK/10TH
SPACE−DECK/10THには、INTER−SPACE/HDと同じモデルのカートリッジ(音質改善措置無し)を取り付け試聴しました。INTER−SPACE/HDとはねプラッターはほぼ同じ、アームが上級モデルとなり、モーターとプラッターテーブルを分離することで音質の向上を狙っています。
その効果で、INTER−SPACEよりも中低域に厚みがあり、実在感・気配感がさらに深まりますが、違いは驚くほど大きいと言うわけではありません。予算を生かそうとお考えなら、SPACE−DECK/HDを購入する予算でINTER−SPACEと良いカートリッジを購入なさることをお勧めします。
しかし、すでに手元に良いカートリッジをお持ちなら、それを生かすためにSPACE−DECK/HDを選ぶのはよい選択だと思います。このモデル以上のレコードプレーヤーは「非常に贅沢」だと感じられる「十分な性能」を持っています。

SPACE−DECK/HD/10TH
ほとんどプラッタ一枚の追加で、価格が20万円も上がります。しかし、その音を聴いてしまうと・・・納得させられます。
国内プレスのレコードが海外プレスのレコードに変わったように、廉価プレスのレコードがオリジナルプレスに変わったように聞こえるほど「劇的な改善」を感じさせられます。
微少信号の分解能が向上し、最低域方向の音の伸びが圧倒的に深くなります。中高域の静けさと透明度も向上し、素晴らしく見通しが良く晴れ晴れしい音質です。まさに「SPACE」の名がふさわしい広大な音場空間が出現します。

まとめ

はっきり言ってNOTTINGHAMは、「INTER−SPACE/HD」で十分です。このモデルを使いこなすだけで、他メーカーなら50〜100万円の製品に勝とも劣らない音質が実現するからです。
しかし、「SPACE−DECK/HD」を聴いてしまうと、その圧倒的な「表現力」に心が揺らぎます。刹那的、麻薬的、悪魔的な音の良さと表現の深さを感じさせられるからです。
更に上級のモデルもありますが、聴けば止められなくなる「麻薬のような表現」に磨きが掛かり、設計者トム・フレッチャーの罠に嵌ってしまうでしょう。
自制心がある人には「INTER−SPACE/HD」を。人よりも少しでも良いものが欲しいという方には「SPACE−DECK/10TH」を。最高のプレーヤーが欲しいとお考えの方には「SPACE−DECK/HD/10THを。自制心が切れてしまったオーディオフリークには「更に上級もモデル」をお薦めします。
いずれにしても「アナログプレーヤーの購入」は、NOTTHINGHAM製品をチェックしてからにしないと必ず後悔するでしょう。

2004年9月 清原 裕介

その他のNOTTINGHAMプレーヤーのご紹介はこちら

 

逸品館ホームページへ

   ippinkan.com サイト内検索

※掲載から一週間以内の情報は検索されないことがあります。

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

カートの中 カテゴリー別 メーカー別 特価品 中古品 買い取り 下取り その他お問合せ
製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

通販法による表記]   [返品特約]    [アフターサービス

電話での問い合わせ大歓迎
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“
店頭販売をするショップ”ですから、「お電話でのお問い合わせを歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜)平日は予約が必要です)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

お振り込み先

銀行から
三菱東京UFJ銀行/難波駅前支店/普/0088906/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

ネット銀行から
ジャパンネット銀行/本店営業部/普/8788745/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

郵便局から
浪速郵便局/振替口座番号/00970-7-133592/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]
郵貯インターネット・ホームサービスからもご利用頂けます。