オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

  Scepter SC3 音質テスト

  

音響が15年ぶりに、本格的なホーンを使った2wayブックシェルフ型スピーカーで「Scepter」の名前を復活させました。

Scepter SC3 600,000円(ペア・税別) 専用スタンド AS-3 120,000円(ペア・税別)

ONKYO スピーカー ご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

Scepter(セプター)と聞いて頭に浮かぶのは、なんといっても"あの!"「GS-1(Grand Scepter)」です。

グランドセプター GS-1は、オーディオが花形だった頃の1984年、オンキョウがメーカーの「顔」として販売を開始した、「Wウーファーを搭載する2ウェイ・オールホーン型スピーカーシステム」です。GS-1の再生周波数帯域は、2wayでありながら「20-20,000Hz」と非常に広く、一本100万円!の当時としては破格で重量も一本が117kgと超重量級のスピーカーでした。

GS-1は、ホーン型の特徴である高能率をねらうのではなく、「時間を正しく再生する」という考えから、徹底した低歪みかがはかられていました。このスピーカーを設計した「吉井氏」は、その後独立し「タイムドメイン社設立」を経て、現在富士通テンから発売されている、「ECLIPSE(イクリプス)」と言う卵形のスピーカーの設計も行っています。ECLIPSのあの卵形キャビネットは、GS-1が求めた「時間軸を正しく再生する(タイムドメイン理論)」を現代に再現するための形状だったのです。

当時の「最高音質」を目標としたGS-1のウーファーは、「ダンプドFRP積層ホーン」というサンドイッチ型の積層コーンを使用し、共振を徹底的に排除、高域ホーンユニットにもボイスコイルからボビンまで一体成型した窒化チタン材の65mm径ダイヤフラムを採用するなど、当時として最新の素材と技術が投入されていました。しかし、GS-1に使われた「Scepter」の名称は、しかしこのモデルが初めてはなく、1968年オーディオ産業が未来に大きく花開くと考えた「大阪音響(現オンキョウ)」が、生み出したホーンユニット搭載の「E-83A」に最初に使われた名称です。この「E-83A」が高く評価されたことから、その後オンキョウといえば「ホーン型スピーカー」オンキョウといえば「Scepter」のポジションが築きあげられたのです。

私は逸品館を始めて間もない頃に中古でGS-1を買取り、店の看板としてそれをしばらく聞いていた時期もあって、私にとってもこの「Scepter」は、思い入れのあるあこがれの名前です。
しかし、オンキョウは1990年に発売した「Scepter 2002」を最後に、Scepterの名を冠したスピーカーの生産を停止していました。そして今年、2016年突如としてその名を復活させた「Scepter SC-3」が登場したのです。

新発売される「SC-3は、本体が300,000円(1台・税抜)、専用スタンド「AS-3」が60,000円(1台・税抜)と時代を反映した価格になっています。ウーファーには、オンキョウがCNF(セルロースナノファイバー)と名付けたパルプを配合する200mm口径ウーファーが使われ、その特徴となるホーンには、25mm口径リング型マグネシウム振動板を採用するコンプレッションドライバーが使われています。もちろん、ホーンにはオンキョウ伝統の「スーパー楕円形状」が採用され、「Scepterの系譜」を引き継ぐモデルであることが一目でわかります。

2Way・バスレフ型スピーカーSC-3の再生周波数帯域は、最近のトレンドに沿い「28Hz〜50kHz」と、このサイズを超えた低域と、ハイレゾ音源に対応する高域の再現性が実現しています。

その他の特徴は、すでに様々なメディアがWEBに掲載していますので、早速「実物」をレポートしましょう。
まず、届けられた試聴機の「専用スタンド」を見たときに、気分はいっきに下がりました。

仕上げが雑でこんなにちゃちなスタンドに「12万円、ペア」という価格つけられているのに、驚きを通り越してあきれたからです。

本当にこのスタンドはひどい。「高級オーディオのロマン」を語ってきた菅野氏などのオーディオ界重鎮がこのスタンドの評価を依頼されれば、「おまえたちは、高級品をどう考えているのか!」としかり飛ばされたでしょう

※溶接後がそのまま処理されず、塗装されたスタンドの根元部分。通常は溶接後を研磨し、パテなどで表面をなだらかにした後に塗装します。支柱と底板を止めるねじも、化粧ねじが使われません。これがフラッグシップモデル「Scepter」のスタンドとは、あまりにもお粗末すぎます。

SC3と専用スタンドに付属する、スタンドと本体を接続するねじと6画レンチ、スパイクと受け皿。

ひどい評価なら書きたくないと考え、音を聞く前に試聴機を黙って返却しようと考えたほどです。

けれどお客様に「本当のこと」を伝えるのが「責務」だと考え、いつものようにセッティングを行い、ウォーミングアップをかねて、AIRBOW HD-DAC1 SpecialにiPod Touchを接続してリピート再生にセットしました。
けれど、出てきた音を聞いた瞬間、がらりとイメージが変わったのです。明るく切れ味の良い楽しい音。これは、ホーンでなければ出ない音です。低歪みの高性能スピーカーの音に「慣らされた耳」には、久しぶりのホーンの音は、とても新鮮でした。

長時間再生のため、iPod Touchに収録している音源は、ほとんどが「MP3 320bps」に圧縮したものです。音源を圧縮すると音の輪郭が丸くなり、明瞭度や分離感が低下するのですが、その弱点をホーンが醸し出すキリリとした輪郭が見事に補っています。

さらにホーンならではの「音色の良さ(色彩感の鮮やかさ)」も加わって、圧縮音源を聞いているとは思えないほど、きめ細やかで楽しい音が出ます。これは、なかなか良い音です。
とりあえず、その日はそこまでにして一晩じっくり鳴らした後、レポートを書くことにしました。

YouTubeで高音質音声の音質テストが見られます。

試聴環境

まず、3号館の手前側の部屋(リビングコンサートルーム)にAIRBOW ウェルフロートボードHD「WFB-4449/H HD」を設置、その上にScepter SC3をスタンドに乗せ(ねじは止めず)て置きました。左右のスピーカーの距離(ツィーターとツィーターの距離)は1.5mにして、スピーカーを結ぶ正三角形の頂点で試聴しました。

音源は、AIRBOW HD-DAC1にJitterBugを併用してUSBメモリーを組み合わせ、CDからリッピングした「44.1kHz/16bit WAVデーター」を再生しました。アンプには、AIRBOW PM11S3 Ultimateを使っています。

 AIRBOW HD-DAC1 Special (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 

 AIRBOW PM11S3 Ultimate (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

試聴したソフトは、試聴用に短く編集した5曲です。EDMやROCK、ライトなJAZZなどを交え、このクラスに見合った楽曲を聴きました。

ルディメンタル
「HOME:Spoons」

QUEEN
「WE WILL ROCK YOU」

サスキア・ブルーイン
「THE LOOK OF LOVE」

バレリー・ゲルギエフ
「シェーラザード:2楽章」

エリック・カンゼル
「STARTRCK メインテーマ」

 Spoons

バスレフ型とは信じられないほど低音の収束が早く、ホーンの歯切れ良さに負けないレスポンシブルな低音が実現しています。

この曲で感じるのは、「ホーンの高音に遅れない低域が実現している」ことです。フラッグシップモデル「Scepter」の名に恥じない良質な低音です。
ホーンの高域は、とげとげしさが全く感じられずなめらかで色彩感が豊富です。明瞭度や細やかさ、遠く離れても明瞭度が低下しない部分などは、ホーンならではの美点を持ちながら、時にテキスタイルドーム型ツィーターのような、柔らかささえ感じさせる高音からは、「ホーンらしさ」が、いい意味でまったく感じられません。最近めっきり「ホーン臭さ」が薄れてきた、JBLやTANNOYのホーンよりもさらに、違和感のない高音が実現しています。

中音域は、ホーンならではの明瞭度が発揮されて、メインボーカルの抜け感(分離感)とその後ろ側にコーラスが位置する立体的な関係性が心地よいムードを醸し出します。その下側に低域(ベースライン)が定位し、響(間接音)が体を取り巻くように広がり、SC3の定位感と立体感は完璧です。
ライブハウスやクラブで音楽を聞いている感覚でEDMを鳴らしますが、音量をさほど上げずに「ライブハウス感」が実現するのは,このスピーカーの最も優れた点だと思います。

 We Will Rock You

このソフトでもウーファーの収束は早く、低音は歯切れ良いのですが、イントロ部分の「足踏みの音」に若干「紙臭さ(パルプ臭さ)」を感じられます。スプーンズでは気にならなかったこの「紙臭さ」は、多分素材の共振が原因でしょう。しかし、少し続けて聞いていると、紙臭さに慣れてきたのか、それがあまり気にならなくなりました。

スプーンズの評価にも書きましたが、バスレフポートによる低音の遅れや膨らみをまったく感じさせないのは、素晴らしいと思います。量感は、28Hzというスペックほどは伸びている感じがしません。TADのモデルに比較するなら、ME1以上、CE1以下でしょう。サイズ以上の低音は出ますが、最新スピーカーなら、このサイズでこれくらいは出るのは当然という感じです。

声は相変わらず素晴らしく、肉声を少しドライブした強めの感じが「ライブ感」を上手く演出しています。高音はクッキリしていますが、嫌な刺激感は一切ありません。

良質な低音と近づいて聞いても、きつさのないホーンの音。SC3は、6-8畳の狭いスペースでも無理なく鳴らせそうです。

 LOOK Of LOVE

他のスピーカーでこの曲を聞く、ほとんどの場合ウッドベースの低音がかなり過剰に持ち上がって聞こえるのですが、SC3ではその部分がまったく膨らみません。だから低音が少ないのかといえば、そうではなく、ウッドベースの量感はしっかり感じられます。

低音が遅れたり、膨らんだりしないので、ウッドベースの奏でる「リズム」と「音階」がとても明瞭に聞き取れます。SC3の弾みある低音は、低音のリズムセクションが骨格をなす音楽、ジャズやロックにベストマッチします。
声にも付帯音がまとわりつかず、スッキリとしています。かといって、あっさりしすぎることもなく、コクやツヤは十分に出ています。

定位や立体感にも優れ、ボーカルが最前方でべースとピアノがその後ろ、最後部に弦楽器が展開する理想的な立体感が演出されます。良い感じで、ジャズが鳴りました。

 シェーラザード(第2楽章)

バイオリンはきめ細かく、切れ込みが鮮やかですが、キツくなるのではなく甘さが伴い、とても良い感じで鳴ります。2台のバイオリンが重なる部分でも、それぞれの音が綺麗に分離するのは立派です。バイオリンソロのパートの音は、格別なのでバッハソロなどを聞くと、ハマると思います。

ピッチカートで演奏される、弦楽器の弾力的な感じと押し出し感は抜群です。
さすがにこのソフトでは低音が若干不足するので、体を取り囲むような空気感はまで実現しません。しかし、演奏を楽しむためならまったく不足感のない低音は出ています。

弦楽器が多数奏でられる部分では、ほんの少し解像度が物足りなく感じられることがありましたが、概ね不満のない音でこの曲が鳴りました。
 Star Trek Main Theme

低音はよく出ています。高音は切れ味、色彩感共に優れています。
中音がわずかにひっこみ、金管楽器が奥まっています。また、このソフトでも低音の紙臭さが感じられました。

けれど、そういう「問題点」よりも、今からまさに冒険に繰り出そうとする「期待感」や「躍動感」の表現が素晴らしく、胸が躍るような音が出ます。

こういう楽しい鳴り方をするスピーカーが、最近少なくなっているだけに、SC3の個性的な明るい音を高く評価したいと思いました。

試聴後感想

専用スタンドの「仕上げ」は、はっきり言って最悪です。こういう「未完成品」をそのまま市場に出してしまう、現在のONKYOスピーカー部門の姿勢には、疑問を通り越して、憤りさえ感じます。

けれど、幸いスピーカー本体の仕上げは日本製品らしく綺麗でした。

SC3の良さは、小口径のウーファーから出てくるとは、思えない量感のある低音と、小口径のウーファーならではの「レスポンスの両立」。そして、ホーン臭さは一切感じさせないにもかかわらず、ホーンらしい切れ味の良さや、きりりとした引き締まった定位感、さらに色彩感の豊富さと躍動感に優れていることです。

楕円形のホーンは特徴的ですが、指向性が広く、ウーファーとの繋がりも完璧です。

ホーンの良さを持ちながら、その欠点を一切感じさせないSC3に、オンキョウのホーンスピーカー作りのノウハウと伝統が感じられます。価格は少し高いですが、同じ2wayホーン型スピーカー「ダニエルヘルツ M8」の良きライバルになるでしょう。
晴天の青空を見上げているような、清々しく明るい音を聞いていると、心が明るくなります。
人を元気にする、明るい未来を予感させる、そういう音を鳴らしてくれるSC-3は大好きです。

2016年12月 逸品館代表 清原裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.