REGA BRIO (レガ、イギリス製・プリメインアンプ)

Integrated Amplifire REGA BRIO

画像はクリックすると拡大します。

■入力系統:CD、チューナー、Line1、
 テープ、フォノ(MM)
■入力感度:ライン:206mV,Load 24kΩ
 フォノ:3mV,Load 47kΩ
■出力:38W+38W 8Ω(両チャンネルあたり)
■テープアウトプット:198mV Load 470Ω
■消費電力:130W@100W
■サイズ:435W×100H×270D(mm)
■重量:5kg

<特長>
●REGA社独自のカスタムビルドの鋳型成形のアルミニウムダイキャスト無共振ボディー
●Sanken社150Wの十分なドライブ能力を持つアウトプットトランジスター搭載。
●シグナルパスに、Evox社製最高品質フィルムキャパシターを採用。
●アウトプットステージの独自のエレクトロニックプロテクションサーキット採用。
●ローディストーションハイバンドワイドの十分余裕なアウトプットステージ搭載。
●サインウェーブ両チャンネルドライブによる38W RMS(8Ω)のパワー。
●最大瞬間100W(2Ω)までの十分なパワーをデリバー可能とします。
●5系統のインプット:フォノ、CD、チューナー、ライン1、テープ
●REGA社のPLANAR低ノイズ低NF型フォノインプット搭載。
●低振動大型トロイダル型、メイントランス

定価:\79,800【税別】

ここは良かった

デザインと外観の質感の高さ

フロントパネルやスイッチ、セレクターボリュームノブの工作精度/質感の高さ

開放的で楽しいサウンド

ここはちょっと?

リアパネルのサイズが大きいのに、スピーカー端子の距離が狭く、スピーカーケーブルを繋ぎにくい。

スピーカー端子と電源インレットの距離が近い

左右のRCA信号入力端子の距離が短く、深さ(出っ張り部分が短い)も不足気味で高級ケーブルでは使えない可能性が高い。

箱から取り出してまず感じたのは、「軽い」そして「スタイリッシュ」。

カタログの「REGA社独自のカスタムビルドの一体型アルミニウム無共振ダイキャストボディー」の謳い文句は伊達じゃない。海外製品独特のセンスでうまく作り込まれた「シルバーの外観」は、「日本製品と同等の質感」を感じさせる非常に優れたもの。「知的センス」が高く、「イギリス製品らしさ溢れる」好感の持てるアンプだ。

スイッチやボリューム、セレクターのノブなどの工作精度や質感も十分に高く¥69,800(税別)の標準価格以上の満足感がある。音質はよいけれど、外観は・・・というありがちな海外製品のネガティブな一面を持たないのは非常に嬉しい。特に、イギリス製品は「チープな外観(個人的には嫌いではないが)」の製品が多い中で、世界的な水準(特に日本人の外観や質感に対する要求は高い)を十分に満たす作りの良さは、大いに誉められてよいと思う。

それにしても、本体重量が僅か5Kgというのは、「重厚長大を良し」とするオーディオ製品では異例の軽さだ。実際、箱から取り出すときの「軽さ」には拍子抜けしそうに驚いた。これでは「いくら無共振ボディー」といっても「若干の泣き」は避けられないはずだと直感したが、実際はどうなのだろう?

CDプレーヤーには、愛機AIRBOW CH7700Super2。スピーカーには、最近特にお気に入りの[PMC OB1]を使って、聴いてみた。ディスクは、聞き慣れたポップスの「カーペンターズ」。電源ケーブルは、まず標準添付品を使用した。

電源投入直後の音は、一聴して[中高域の透明度の高さ]を感じさせるが、[高域にバランスが偏り]・[やや高域が荒れた感じ]があって正直聴き疲れしそうな音だった。しかし、2〜3曲経過すると中高域に[暖かさ]と[滑らかさ]が加わると同時に、不足気味だった[低域の量感]が増し、バランスの取れた[おしゃれな外観に見合う軽やかで明るいサウンド]が流れ出し、ひと安心。そのままディスクを最後まで聴いたが、それ以上の変化は起こらなかった。

このアンプで聴く、カレン・カーペンターは「スレンダー」で「明るく」そして「さわやか」。年齢もジャストに感じられるが、彼女の持つ「暗さ」が表現されない。やや作られたような、非日常的な美しさを感じる。それは「美しい外観」から感じられるイメージそのものだ。

このアンプの音を人間に例えるなら、知的でセンスが良くスマートで頭の良さそうな青年を想像させる。カタログ写真の「REGA社オーナー/MR.ROY GANDY」から感じられるイメージそのままの音だ。何でもスマートにこなし、辛いことや苦しいことからは「するりと身をかわす」そんなイメージの音に聞こえる。綺麗だけれどやや軽く少し軽薄な印象もあるが、価格的には十分に納得できる音質だ。

ライトなクラシック(室内楽/オーケストラは低音の量感がやや不足するかも?)や軽快なPOPSにマッチするだろう。JAZZもねっとり、こってりしたものではなく、フュージョンに近いような軽快な曲がマッチしそうだ。

試聴を終える前に、電源ケーブルを近くにあったAIRBOW CPSC−Lに交換してみた。・・・!驚くほど音が変わった、カレン・カーペンターの声に「愁いを帯びた女性特有の哀しさ」が感じられるようになったし、前後方向の音の分離感や広がりも良くなった。バックのハーモニーとのマッチングも改善された。

低域の軽さだけは、まだ残っていたので「コーリアンボード」と「AIRBOW WOOD−BOY/KM」を使って足元を固めてみたが、これは功罪両面があった。バランスが取れしっとり感が出た反面、音の響きが若干曇り、それまで感じられていた抜けるような開放感が殺がれてしまった。曲によっては、こちらの方が良い場合もあるので、この結果は「好き嫌い」で判断して良いと思うし、適当に設置しただけなので、足下を更に工夫すれば「ベストなバランスのサウンド」を得ることは難しくないだろう。

結果としてわかったことは「電源ケーブル」や「インシュレーター」などに対し「非常に敏感に反応する=セッティングで音が変えられる」ということ。このような「センシティブ」な反応を示すのは、筐体の軽さと無関係ではない。つまり、軽いが故に「振動」しやすく、インシュレーターで音が変わりやすい。そして、「軽い=シンプルな回路」は、電源の室がそのまま音質に反映しやすく、電源アクセサリーで音が大きく変わりやすい。使いこなしで音を変えられる、工夫しがいのある製品だ。

室温が「27度」の時、ボディーは「室温とほぼ同等の温度]でしかない。つまり、ほとんど発熱しないと言うことだから、狭い場所に入れてしまっても問題はないだろう。

国産アンプの「四角い外観」に「飽き飽き」している人。国産アンプの「閉鎖的なサウンド」から抜け出したいとお考えの人。「音楽/オーディオともっとおしゃれに付き合いたい」とお考えの人などに、自信を持ってお薦めできる、なかなか良いと感じた製品だった。

2004年5月30日 清原 裕介

逸品館ホームページへ

   ippinkan.com サイト内検索

※掲載から一週間以内の情報は検索されないことがあります。

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

カートの中 カテゴリー別 メーカー別 特価品 中古品 買い取り 下取り その他お問合せ
製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

通販法による表記]   [返品特約]    [アフターサービス

電話での問い合わせ大歓迎
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“
店頭販売をするショップ”ですから、「お電話でのお問い合わせを歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜)平日は予約が必要です)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

お振り込み先

銀行から
三菱東京UFJ銀行/難波駅前支店/普/0088906/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

ネット銀行から
ジャパンネット銀行/本店営業部/普/8788745/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

郵便局から
浪速郵便局/振替口座番号/00970-7-133592/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]
郵貯インターネット・ホームサービスからもご利用頂けます。