オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

REVOX ルボックス スピーカー G-シリーズ Prestige Elegance Column Shelf Mini 音質 比較 スピーカー 新製品 情報 音質 価格 販売 比較 プレステージ エレガンス コラム シェルフ ミニ 音質 比較 スピーカー 新製品 情報 音質 価格 販売 比較

 REVOX(ルボックス) G シリーズ スピーカー
G-Prestige、G-Elegance、G-Column、G-Shelf、G-Mini 音質比較テスト

その他の音質テストはこちら

 

1948年の誕生からテープレコーダーやCDプレーヤーの製造を行う完成度の高いオーディオブランドとして広く知られてきた「REVOX(ルボックス)」からスタイリッシュな細型スピーカー「G シリーズ」が発売されました。

このスピーカーは、最新のREVOXのコンセプト(現在は主にLinnのようなネットワークオーディオシステムを生産しています)に沿って開発された、オーディオ機器のリーディング・カンパニーに相応しい想像力あふれる画期的な製品です。REVOXの変わらぬフィロソフィーは、自然で忠実なサウンドを」 。この不変の理念を基にREVOXが数十年に亘り研究を重ね生み出した製品は、シンプルでわかりやすい操作性と最先端の技術が生み出す最高のサウンドを兼ね備えています。

今回は、G-Seriesのラインナップから、上に上げた5モデル「G-prestige」、「G-Elegance」、「G-Column」、「G-Shelf」、「G-Mini」を比較試聴しました。当初組み合わせるシステムには、発売されたばかりのEsoteric Grandioso C1 / S1とEsoteric K01Xを予定していたのですが、音を出してみると響きの少ないEsotericのサウンドがREVOXにマッチしなかったため、TAD C2000/M2500にD1000を組み合わせました。

 TAD D1000 (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

 TAD C2000/プリアンプ (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

 TAD M2500/パワーアンプ (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

テスト概要のご紹介動画



試聴ソフト

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。スピーカーの音の自然さ(癖の無さ)、音の細やかさ、広がり感などを判断できます。

どこかで聞いたことがある。そんなクラシックを集めたソフトです。2枚目1曲目の弦楽セレナードを聴きました。似たような音(バイオリン、チェロ、コントラバス)が重なったときの分離感を判断できます。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。
聞き慣れた楽器の音(ギター)女性ボーカル、それぞれの音の深みやニュアンス、デュオのマッチングなどを判断できます。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤です。"500Miles/noon"を聞きました。
コンプレッサー(帯域圧縮)が行われたソフトの再現製を判断できます。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。
あらゆる種類の楽器の音、小音量から大音量への変化など、様々な項目を判断できます。

音質テスト

REVOX G シリーズは、外観重視のスピーカーのように見えます。けれどその音は驚くほど本格的で、最近ではMAGICOと同じくらいこのスピーカーの音質に驚きました。価格も小さなモデルは随分と高いのですが、その内容を見れば納得できます。特に注目して欲しいのは、外観は統一されているにもかかわらず、使われているユニットはツィーターが3機種!ウーファが2機種とかなり多様なことです。

詳しくは各スピーカーの詳細をご覧頂くとして、こういう「見えないこだわり」にREVOXのマシンミニマム、マンマキシムの思想が感じられました。

 

ご覧のようにスピーカーの底面(ベースの底面)には、傷つき防止と滑り止めに効果の高い、小さな透明のゴムが貼り付けられています。トールボーイ型スピーカーのベースはガラス製で「REVOX」の文字が裏側に印刷されています。こういうさりげないお洒落っぽさに、ヨーロッパの伝統を感じます。仕上げは、写真のホワイトとブラックが同価格で用意され、アルミ仕上げが少し安くラインナップされています。今回はすべて「ホワイト」を試聴しました。

REVOX (ルボックス) G-Mini ホワイト仕上げ メーカー希望小売価格  \81,000(1本・税別) お問い合わせはこちら

音質試聴動画へのリンク

音質評価

せせらぎ:サイズをまったく感じさせない、大きなスケール感でせせらぎが再現される。高域がとてもリアルでクッキリしている。

     このサイズでは考えられない音の強さ(パワー感)と躍動感(リアルな水の動き)が再現される。狐に鼻をつままれたよう。

セレナード:繋いでいるスピーカーを間違えたと思い、再生週数回スピーカーを確認した。それほど豊かなスケールを持つ。

     弦の表情も鮮やかで、表現の切れ味も良く、サイズはまったく感じられないすごい音が出る。

モナリザ:こんなに小さなスピーカーなのに低域がまったく不足しない。ギターの響きは引き締まり、音像がリアルに定位する。

     サイズを信じられない驚くべき表現力でライブが再現される。すごい!

500 Miles:こんなに小さいのにピアノの左手がちゃんと聞こえる。奏者のタッチ、打鍵感の再現性も秀逸。

     やはり、信じられないほど豊かなスケールで演奏が鳴る。
新世界:低音がしっかり出る。再びスピーカーの接続を確認した。けれど間違っていない。
   コントラバス、チェロ、そしてティンパニーまでキチンと出る。弦の分離感も完璧、こんな小さいのに呆れるほどの弦楽器の圧力感。
    もはや言葉にできないほどのすごい音。こんな小型スピーカ聞いた事がない。

総合評価:最初8.1万円という価格を見たとき、絶対にペアだと思った。けれど、一本の値段と知って、売れるはずがないと思った。試聴してから、その値段は「安い」とさえ思う。このスピーカーは欲しい。MAGICO Q1と同じくらい大きな衝撃を私に与えたのだから。

REVOX (ルボックス) G-Shelf ホワイト仕上げ メーカー希望小売価格 \125,000(1本・税別)お問い合わせはこちら

音質試聴動画へのリンク

音質評価

せせらぎ:水の音にゆとりが出て、水面で水がうねるような感じが伝わる。また、水面で揺らぐ?空気の動きのようなものが感じられる。

     低音はMiniよりもかなりしっかり出てくる。けれど、Miniでも低音は不足しなかったし、Miniが持っていた高域の切れ味の鮮やかさ、
     クッキリ感が若干後退してしまった。

セレナード:空間のスケールが拡大して、ホールが一回り大きくなった。響きの余韻が長くなり、弦の「がりがり」した感じも出る。
     チェロ、コントラバスの音量が少し大きくなったが、ダイナミックレンジの演出の巧さ、躍動感の表現はMiniが上回っていた。

モナリザ:ギターの音が太くなり、余韻も長くなった。ボーカルには艶が出た。

     ギターの切れ味と響きの透明感・硬質感はMiniが上、ボーカルの厚みと粘りはShelfが上。

500 Miles:演奏にゆとりが出て、曲がゆったりと聞こえる。安心して身をゆだねられるような音だが、ハットする一瞬の鮮やかさはMiniが上。
     しかし、ボーカルの力強さ、声の抑揚の表現力は、ShelfがMiniを上回る。サイズを超えるエネルギー感に脱帽。

新世界:低音部にゆとりが出て、演奏の表現力が異なっている。音場が一段と大きく広がり、場の空気感も出てとてもリアル。

    ホールの見通しが向上し、澄み切った空気の中に心地よい緊張が漂っている。

総合評価:Shelfは中低音に厚みが出て、演奏のスケールが大きくなる。同時に、ゆったりとした感じがある。Miniは、小股が切れ上がったような鮮やかさが信条だった。Shelfはそれと比べると、良い意味で少し大人の表現力を持っている。

REVOX (ルボックス) G-Column ホワイト仕上げ メーカー希望小売価格 \170,000(1本・税別) お問い合わせはこちら

音質試聴動画へのリンク

音質評価

せせらぎ:Miniが持っていたクッキリ感が蘇る。その上で水の音に艶(瑞々しさ)が出た。鳥の声もクッキリして、分離に優れている。

     低音が出るので、雰囲気が一段と濃くなる。Miniの上手くデフォルメされた世界も素晴らしかったが、Columnの無理ない自然な音は一枚上手。

セレナード:弦楽器の台数が増えた。音源には近く、舞台袖の客席か指揮者のポジションで聞いている雰囲気。

     低音が増えるので、響きが豊かで余韻が自然に伸びる。弦の切なさ、鮮やかさの再現は、Shelfを超えMiniに迫る。

モナリザ:ギターの音像がMiniよりも大きいが、生で聞くとたぶんこんな感じだろう。ギターの音が一段と力強く、リリースの弾く感じが強くなる。

     Miniと同じように抑揚が大きく、ボーカルの唇が湿っている艶やかさが演出された。パワーと艶やかさを兼ね備える音。

500 Miles:ペダルを踏み込む音が聞こえる。さすがにサイズが大きいと低音が違う。音像が少し大きいが、音は立体的に大きく広がっている。
     ボーカルが力強く、声がまっすぐに向かってくる様子が心地よい。

新世界:音の深みと奥行きを感じる。pp〜ffへの変化の量(聴感上のダイナミックレンジ)がとても大きく、演奏が見事に躍動する。

    金管・木管、コントラバス・チェロ・バイオリンなど楽器の分離に優れ、なおかつそれが綺麗に融合する。まるで生演奏のようだ。
    ただ、少し音が良すぎるのか、オーディオ的な感じを覚えた。生演奏はここまで綺麗に聞こえない。オーディオ的な醍醐味を感じさせる。

総合評価:サイスが大きくなると、音楽の再現性が一回り大きくなる。17万円/1台という価格は、その音質を考えるとまったく高いと感じない。外観が特徴的で、まったくオーディオ的ではないのに、出てくる音は本格的なHiFiの音。Miniもそうだが、MAGICOに近い。

REVOX (ルボックス) G-Elegance ホワイト仕上げ メーカー希望小売価格 \225,000(1本・税別) お問い合わせはこちら

音質試聴動画へのリンク

音質評価

せせらぎ:Columnと比べて水の粒子が細かくなった。鳥の声も一層鮮やかで生々しい。
    音場の広がり、前後左右の立体感は、申し分がない。艶もあり、瑞々しい音でせせらぎが鳴った。

セレナード:Columnに比べて中域に厚みが出る。良い意味でのかまぼこ形バランスが実現し、とても聞きやすい。弦の表現もデリケート。
     ほんの少し弦楽器の高域が金属的に感じられるが、直前に聞いたColumnがテキスタイル(布)、Eleganceがアルミ合金(金属)をツィーターの
     振動板に使っている違いだと思われる。けれど、それはほんの些細なことで、それと聞かされてもわからないほど小さな違いしかない。
     G-Seriesはすべて細身デザインにもかかわらず、びっくりするくらい中低音が出る。Eleganceはもはや大型スピーカーを聞いているようだ。

モナリザ:ギターの音が一段と鮮やかになった。ボーカルの高域は少し濁った。

     Columnのツィーターよりも振動の吸収に優れているためだろうか、音がしっかりと止まり、静けさと曲間の間の存在感が強くなった。

500 Miles:ピアノストがピアノを、ぽろん・ぽろんと引く感じが出る。ボーカルとピアノの分離に優れ、それぞれの掛け合いがキチンと出る。
     デュオのバランスが自然で、主役と脇役の描き分けに優れている。ボーカルが、特にリアル。
新世界:トランペットの抜けが心地よい。さすがに金属ドームツィーターは高域が鮮やかだ。中低音に量感が豊かで、会場の雰囲気感が良く出る。
    木管と弦楽器の分離など、各々の楽器の質感の再現性に秀で、スピーカーの存在をまったく感じさせない自然な音が出る。

総合評価:スピーカーの存在を感じさせないバランスの良さでは、Eleganceが最も優れている。その名の通り、エレガントな音。素晴らしいスピーカー。

REVOX (ルボックス) G-Prestige ホワイト仕上げ メーカー希望小売価格 \330,000(1本・税別) お問い合わせはこちら

音質試聴動画へのリンク

音質評価

せせらぎ:すべての音に余裕がある。水の弾ける音、水面が波打つ様子、空気の揺らぎ。鳥の高い声と、低い声。あらゆる音に無理がなく、驚くほど自然。

     ディスクに入っている音に息吹が吹き込まれ、スピーカーを超えた生々しく、圧倒的な臨場感が実現する。

セレナード:楽器の数がものすごく多い。低音の量感と中域の分厚さには、舌を巻く。響きの収束が長く、自然に消えて行く様子が良く伝わる。

     弦の音の統一感、一糸乱れぬ様子が伝わり、同時にセレナードらしい切ない表現が胸を打つ。素晴らしい音。

モナリザ:ギターの音が素晴らしく上質で、高級なスピーカーで聞いている感じが出る。この質感は、100万円を超え200万円に近いスピーカーのそれだ。
     ギターの音はきめ細かく透明で力強い。ボーカルは力強く艶やかで、かつマイクにかかる息の強さがわかるほど繊細。
     空間の響きもきちんと聞き取れる。文句が付けようのないほど、完璧な音。

500 Miles:ピアノの低弦の響きが心地よい。演奏にゆとりと、間がある。上質で本格的な音。音楽とまっすぐ対峙し、真剣に聞き込める。
新世界:金管の音と響きにゆとりがあり、音がまったく細くならない。生演奏に非常に近い音。ノイマン/チェコフィルらしい、知的で厳かな感じが良く出る。
   サイズやデザインからは想像できない本格的なサウンド。音楽とじっくり対峙できる。素晴らしい音。

総合評価:G-Prestigeの音を聞いていると、サイズ・デザイン・価格のことは完全に忘れてしまう。たった66万円で買える「プレステージの音」がここにある。サイズ的に近い(Prestigeの方が大きいが)MAGICO S1よりも確実に満足度が高いと思われる。

試聴後感想

イースタンの代表から、直々に連絡があった。REVOXのスピーカーは売れるだろうか?

REVOXのスピーカーですか?

そう、すごく音が良いんだけど。

私は返答に困った。けれど、イースタンが取り扱っている製品の音に「外れ」はない。だから、とりあえず聞いてみることにした。

届けられたスピーカー、G-MiniとG-Shelfの価格を見て驚いた。こんなちっぽけなスピーカーが、こんなに高いの?

音を聞いて驚いた。今まで聞いたスピーカーの中でも、最高クラスの音が出た。しかも、こんなに小さく、こんなデザインなのに。

すぐに電話をした。音は良いけれど、もうすこし安くならないだろうか?

考えてみると返答があった。

そして、YouTubeのために最高の環境、最高のシステムで今一度G-Seriesを聞いてみた。説明のため、詳細もしっかり調べた。

結果、このスピーカーは決して高くないと思った。むしろ、MAGICOの価格を思えば、安いとさえ感じる。

MAGICOは音が良い。だから高くてもよく売れている。ただし、お薦めはQシリーズに限る。

G-Miniが私に与えた衝撃は、Q1に匹敵する。こんなサイズで、こんな音が出るスピーカーには初めてお目にかかった。サブウーファーなんていらない。

G-PrestigeとMAGICO S-1のどちらかを上げると言われたら、わたしはS1には目もくれず、G-Prestigeに手を伸ばす。こいつは、MAGICO S1より格段に音が良い。なによりも音楽の深淵をきちんと見せてくれる。

その音の良さに好き嫌いはないと断言できる。誰が聞いても驚くほどの音質だし、音楽のジャンルや楽器のジャンルも選ばない。ただ、そのデザインは大いに好き嫌いが分かれるだろう。私は、あまり好きだとは言えない。楽器などの重厚感と比べると、アクリルはどこかチープだし、こんなスピーカーが似合うお洒落な「部屋」を私は持っていない。けれど、このスピーカーに合わせてインテリアを変えても良いとさえ思わせるほどの魅力がG-Prestigeにはある。

絶対的な音の善し悪しは比べるまでもないが、G-PrestigeはMAGICO Q1よりも衝撃的なスピーカーかも知れない。そのバランス、その音の深さ、音楽の聞かせ方はMAGICOを超えている。久しぶりに音楽を聞いて、魂が震えた。

2015年5月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.