オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

SOULNOTE USB-DAC D-2 TEAC CG-10M atacama アタカマオーディオボード 試聴 音質 比較 評価 レビュー 評判

 

Soul Note (ソウルノート) D-2 にクロックとオーディオボードを使って音の違いを比べてみた。

  

  TEAC CG-10M

  

  EVOQUE ECO SE

  

SOULNOTEから発売された、60万円(税別)の「D-2」から、最良のサウンドを引き出す方法を探るため、「デジタルフィルター設定による音質比較」に続いて、TEACの10MHzクロックジェネレーター「CG-10M」をクロック入力に接続したときと、高音質オーディオボードを使ったとき、それぞれで「どれくらい音質は改善するのか?」を聞き比べました。

SOULNOTE(ソウルノート) D-2 メーカー希望小売 600,000円(税別) (メーカーホームページ

SOULNOTE(ソウルノート)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

TEAC(ティアック) CG-10M メーカー希望小売価格 OPEN (メーカーホームページ

Teac(ティアック)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

Atacama(アタカマ) オーディオボード

エレクトリが取り扱いを開始したatacama(アタカマ)社のオーディオボードは、振動を制御する「ダンピングガスケット」を採用する特殊な支柱と、振動を最適化するための幾何学デザインの溝「V.R.D.C.」が刻まれた「竹製」の極厚ボード(棚板)で構成されるオーディオラックです。

Atacama(アタカマ) EVOQUE EVO SE メーカー希望小売価格 70,000円(税別) (メーカーホームページ

Atacama(アタカマ)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

試聴テスト

比較試聴には、音楽データー送り出し機として「AIRBOW オーディオPCMNP-i5 Roon」を使用し、搭載するプレーヤーアプリ「HQ Player」を起動、CDから取り込んだWAVファイルを「176.4kHz/24bit」にアップサンプリングして「SOULNOTE D-2」に入力しました。

比較したのは次の3通りです。

・「NOS」、クロックなし、オーディオボード KRIPTON 「AB-333

・「NOS」、クロックあり、TEAC CG-10M、オーディオボード KRIPTON 「AB-333

・「NOS」、クロックなし、オーディオボード atacama 「EVOQUE ECO SE 60/50

試聴は、Vienna Acoustics LisztにAIRBOW プリメインアンプ PM10 Ultimateを組み合わせて行いました。YouTubeの音声は、すべてXLR(バランス)出力から録っています。

 AIRBOW MNP-i5 Roon 販売価格 460,000円(税別)現金で購入)・(カードで購入

 AIRBOW PM10 Ultimate 販売価格 780,000円(税込)現金で購入)・(カードで購入

 Vienna Acoustics Liszt (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

この比較試聴は、YouTubeでご覧いただけます。

音質テストに使ったソフト

 NOS

水の流れの滑らかな感覚や、水泡一つ一つの弾ける感じが実にリアルに再現される。
目の前「せせらぎ」があって、その向こう側に「森林」が広がるイメージが、音を通じてしっかり伝わってくる。

 NOS + 

水音の「角」が立って明瞭度が上がるが、それはやや誇張されたイメージで、自然で無理のない表現力が長所の「NOS」の良さが消えてしまう。フィルターを「FIR2」に変えたような変化が感じられた。

 NOS + 

ボードをクリプトンの「AB-333」から、Atacama EVOQUEに変えると高域がスッキリ伸びて音が細かになり、リアルなイメージに磨きがかかる。とてもすがすがしい音。

ボードを変えたことによる音の変化は、ハッキリと分かる。

 NOS

音は細かすぎず、どこにも誇張感や癖がなくとても自然で無理がない。
ボーカルは滑らかで、艶っぽく、厚みも十分にある
目の前のライブを聞いているような雰囲気の音が心地よい。

 NOS + 

クロックジェネレーターの接続で音は細かくなり明瞭度も上がるが、「見えすぎる感じ」が出てくる。

細かな音からミュージシャンの緊張が伝わり、ライブ演奏がスタジオ録音になったような変化がある。

オーディオ的には改善しているが、生演奏からは少し離れてしまう。

 NOS + 

音の「感じ」は一切変わらず、細やかで上質になる。通常盤を録音の良いディスク、高音質ディスクに変えたような変化。

D-2+NOSの良さが全く損なわれずに音質が改善するので、CG-10Mを追加するよりも好ましい変化に感じられる。

 NOS

D-2で聞くと、パイプオルガンの響きが僅かに「太い」感じがする。
パイプオルガンらしいエッジの鋭さ、切れ味も足りない気もするが、聞いていて心地よいからこれはこれで良いのだろう。

 NOS + 

高域が伸びた割には中低音の厚みがすこし足りないので、若干楽器の音が「チープ」に感じられることがあるが、オルガンの音の「エッジ」が立ち、金属的の鋭い感じが出てきて、音質が俄然本物っぽくなる。
この楽曲では、CG-10Mの接続で音質は確実に向上して感じられる。

 NOS + 

D-2+NOSで避けられないと感じていた、「甘ったるさ」が消える。
輪郭が自然に「立って」、奏者が「キーを押す感じ」が伝わるようになる。
余計な「響き」も消えて、素晴らしい音になった。

試聴後感想

D-2で「NOS」を選択すると一切の誇張感がなくなり、機器の存在が消えてとても心地よく「音楽に浸れる」ようになります。それは、オーディオ機器としての「基本」がしっかりと磨き込まれているからでD-2だからこそ、細部のピント感を無理して持ち上げなくても「解像度感(きめ細やかさ)」を実現しているからです。これは、高音質オーディオコンポの多くが「音の輪郭を強調することによって明瞭度、解像度を向上させている」ことへの「アンチテーゼ」のようにさえ思えます。

そこに輪郭の強い感じ(オーディオ的傾向の強い)を持ち味とする「TEAC CG-10M」を接続すると、折角のD--2の良さが失われてしまいます。CG-10Mの接続でD-2の音は輪郭がきりりとして細かな音がハッキリと聞き取れるようになりますが、あの「不思議なほどリラックスできる感じ」が失われてしまうのです。

D-2の音作りは、写真におけるソフトフォーカスのように「音を全部見せる」のではなく、「見えない部分を僅かに残して、そこはリスナーの想像にゆだねる」ような鳴り方を旨とします。苦労してそういう「出しゃばりすぎない音」を目指して作られているD-2に、それを「見せてしまう」CG-10Mはミスマッチのようです。

だからといって、CG-10Mが「悪い音」なのかというと、それは違います。例えばTEAC NT-505やそのカスタムモデル AIRBOW NT505 Specialでは、CG-10Mを一度繋ぐと外したくなくなります。音の方向性がマッチすれば、「CG-10Mはなくてはならないアイテム」になるのです。

そういうCG-10Mに対して、エレクトリが取り扱いを始めた「atacama(アタカマ)」のオーディオラック(オーディオボード)」は、自然に音が良くなるのを持ち味としています。この音作りは、同じ思想で作られた「AIRBOW Beat Rack」とよく似ていて、ラック(ボード)の響きを生かし、オーディオ機器に「楽器的な響き」を与えるものです。

AIRBOWとAtacamaの違いは、棚板に竹を使うAtacamaの方が高域が強く、スッキリと透明な印象なのに対して、棚板に白樺材を使い、支柱に真鍮を奢るAIRBOWは、音の厚みや色彩感が濃い印象です。どちらもその効果は非常に大きく、下手にコンポやケーブルを弄るよりも、ずっと「音が良くなり」ます。

今回、AIRBOWのラックは聞いていませんが、Aatacama EVOQUE ECO SEをD-2に使うと、良い方向でD-2の過剰な甘さや響きが軽減され、アクリルをガラスにしたようなイメージ、透明感と密度感が向上させる効果がありました。クロックジェネレーター CG-10Mのように「電気的に接続しない」ラックやボードの効果は、それらよりも低いと感じられるかも知れませんが、D-2にAtacamaのボードを使ったときの音質改善幅は、CG-10Mよりも大きく、方向性もマッチするので、私ならD-2の相棒には、CG-10Mではなく、atacama EVOQUE ECO SEを選びます。そして、価格もCG-10Mよりも安いのです。

過去から現在までオーディオの世界ではメーカーと雑誌社、そしてそれに迎合する音楽を知らないオーディオマニアが一体となって「技術信仰」が作り上げられています。私はそういった「フェイクニュース(彼らの情報こそが本当のフェイクです)」によるお客様への不利益を止められず忸怩たる思いです。

WEBや雑誌など「実際の音を伴わない情報」に頼ると、どうしても「目で見られる情報」に洗脳されます。けれど、実際には「非電気的」な、ボードやインシュレーターでも「アンプやプレーヤー」の音は大きく変化します。逆に、どんなによい機器を使っていても、ラックやボードを適当にしていると、性能がしっかりと発揮できません。

今回に関わらず、私が「YouTube」に、実際の音声をアップロードするのは、「目ではなく耳」でその変化を確認していただいて、後悔しないお買い物をしていただくためなのです。

2018年8月 逸品館代表 清原裕介

  

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.