QUAD 11L REGA ARA 試聴テスト

逸品館お薦めスピーカー  QUAD 11 、 REGA ARA

古き良き英国の伝統オーディオメーカー「QUAD(クオード)スピーカー、11L」と先進のオーディオメーカー「REGA(レガ)スピーカー、ARA」をテストしました。

「ホームシアター」の大流行でやや廃れつつある感のある「ピュアオーディオ」ですが、2本のスピーカーで聴く「純な音」の魅力は捨てがたいものがあります。しかし、国産のスピーカーはもちろん、JBLやBOSEなどのアメリカ製のスピーカーの多くは「きめ細かい表現」・「デリケートな表情の描写」が苦手で「ピュアオーディオ本来の良さ」を生かし切っているとは言えない代物ばかりです。「良いスピーカーと巡り会えない」そういう理由で、ピュアオーディオはますます忘れ去られようとしています。

10年近く前、逸品館がイギリス製の小型高音質スピーカー「キャッスル トレント2 ¥60,000/ペア」をお薦めしていたことを覚えていらっしゃるでしょうか?これは素晴らしいスピーカーで、ペア10万円を大きく切る価格でも「十分な音質で音楽を聴かせてくれるスピーカーがある」と教えてくれた初めての製品でした。同時にイギリスをはじめヨーロッパ製の小型スピーカーには、「国産では考えられないような音質と仕上げを低価格で実現している製品」が存在することを知りました。アメリカ製の製品にない「文化の香り」を伴うかのように、ヨーロッパ製のスピーカーの多くは「音楽を実にデリケートに、表情豊かに表現」してくれるのです。

一度、この素晴らしいコストパフォーマンスを知ってしまった後では、中途半端な製品をお薦めする気にならずペア10万円以下で「推薦スピーカー」を探すことが一気に難しくなってしまいました。トレント2のコストパフォーマンスがあまりにもずば抜けていたため、その後の「逸品館のスピーカー選定基準が大幅にアップ!」してしまったのです。

私が未だに忘れられない(今でも自宅でメインに使っています)ほど、トレント2は価格を遙かに超える満足度で実に楽しく生き生きと音楽を聴かせてくれました。もし、いま「トレント2」に匹敵するほどの素晴らしいスピーカーがあれば、多くのお客様に「ピュアオーディオの良さ」を再認識して頂けるはずです。

トレント2以降いくつか候補になるようなスピーカーはありましたが、供給に問題が生じるなど大ヒットにはなりませんでした。しかし、ついに昨年「AUDIO−PRO IMAGEシリーズ」というすぐれたスピーカーを見いだすことができました。

しかし、今年もスピーカーは豊作でした!

コンデンサー型スピーカーや小型高音質アンプでおなじみのQUADから「MODEL11」が小型でおしゃれなコンポでおなじみのREGAから「ARA」という二つの素晴らしい製品が登場したのです!

QUAD MODEL11

画像はクリックすると拡大します

主な仕様

高域ユニット

25mm Textile dome

低域ユニット

125mm KEVLAR

最大入力

150w

入力インピーダンス

6ohm

能率/感度

 (1w @ 1m) 86dB

周波数特性

45Hz-24kHz H.F. response limit 43kHz

クロスオーバー周波数

2.2kHz

サイズ

H310mm+15mm plinth×W190mm×D243mm

価格

¥100,000(ペア) 生産完了しました

外観の仕上げは下画像の三色。
左から「ブラック」・「ローズ」・「バーズアイメイプル」です。(クリックで拡大します)

Quadスピーカーのご注文は、こちらから

左から「YEW(ユー)」・「EBONY(エボニー)」の2色が2004年末、限定モデルとして追加されました。
価格は¥120,000(ペア)。

ご注文は、こちらから

音質

このサイズのウーファーを搭載する良くできたトールボーイスピーカーに匹敵するほどの「豊かで重量感のある低域」が再現されます。低域の締まり、スピード感も抜群です。

中高域は、非常に繊細で価格の2〜3倍くらいの製品に匹敵する細やかさ、しなやかさを持っています。明瞭度もかなりのもので、メリハリを利かせつつ「しっとり感」を失いません。

音質を考えると販売価格は「望外の安さ」ですが、非常に良く吟味されたユニットが使用されているようです。箱の作り仕上げも素晴らしく、不要な箱なきを感じません。写真でもわかるように「エンクロージャーの下に小さな袴」が付いており、スタンドを使用せず棚板などの上に載せ使えるようになっています。

音調はほぼニュートラルで、ほとんど癖を感じません。音の拡がりも前にも後ろにも偏らず、スピーカーの間を中心にナチュラルな音場が形成されます。切れ味が良く、音楽の躍動感をしっかりと再現するその音質は、AUDIO−PRO IMAGE11に非常によく似ています。

しかし、IMAGE 11に比べQUAD 11は低域が遙かに豊かで「音楽のスケールサイズは二回り」くらい大きく感じられます。このサイズでフルオーケストラをストレスなく聴くことのできる数少ないスピーカーの一つです。

このスピーカーの持つ「知的な世界」をお気に召して頂ければ、他のスピーカーには決して浮気しなくなる、そんな「良質なイギリスらしい魅力」に溢れる製品です。とにかく、この価格でこの音質なら大ヒット間違い無し!PMCやウィーンアコースティックの製品が色を失う・・・(販売店としてはちょっと困りますが)それほど、良くできた製品です。

音楽のジャンルは選びません。豊かな低音を生かし、クラシックのフルオーケストラをならしきる実力があります。ゆ低音は豊かなだけでなく、ヨーロッパのスピーカーとしては歯切れが良くJAZZやROCKも問題なく再現するオールマイティーな製品です。

REGA ARA (ウォールナット仕上げ)

画像はクリックすると拡大します

主な仕様

高域ユニット

19mm Textile dome

低域ユニット

120mm Paper

入力インピーダンス

8ohm

サイズ

H320mm×W170mm×D200mm

重量 4.5Kg

価格

¥50,000(ペア)

生産完了(2005年1月)

音質

すでに生産が完了した「ROYD」の製品と同じ外観の「センターキャップレスのウーファー」からくり出される「ドライで歯切れの良い中低音の楽しさ」が最大の特徴。

とにかく有無を言わせないほど、楽しく音楽をぐんぐん前に出してきます。しかし、メリハリの利きすぎた小型スピーカーにありがちな「高域よりのバランス」ではなく、充実した中音域を軸に良く伸びる軽快な高音と十分な量感を持つ歯切れの良い低音がそれを支え、非常にバランスの取れた音調に仕上がっています。

紙ウーファーの特徴で「低音の歯切れ良さ」は特筆ものですが、やや「乾いた」悪く言うと「ぱさついた印象」があります。中域のやや上の方に「アクセント」があるこのウーファーの「癖」は、POPSやJAZZ・ROCKでは「良い方向」に作用し、他のスピーカーよりも遙かに軽快で楽しくそれらの音楽を聴かせてくれます。

試聴に使った個体が、ほとんどまっさらに近かったこともあり、まだ「深み」が十分にでないようでした。ひょっとするとエージングが終了した後も、ウエットな表現はやや苦手かもしれません。

POPSではほとんど問題にはならないと思いますが、JAZZやROCKでは「ドラムの音」・「シンバルの音」がやや軽く聞こえる傾向があります。しかし、それは販売価格を考えると十二分に容認可能な範囲内です。

仕上げも良く、とてもペア5万円のスピーカーとは思えません。MarantzのPM6100SA/Ver2などと組み合わせると、低価格でも十分、サラウンドとはひと味違う「ピュアオーディオの良さ」をご納得頂けると思います。

2004年6月19日 清原 裕介

 

逸品館ホームページへ

   ippinkan.com サイト内検索

※掲載から一週間以内の情報は検索されないことがあります。

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

カートの中 カテゴリー別 メーカー別 特価品 中古品 買い取り 下取り その他お問合せ
製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

通販法による表記]   [返品特約]    [アフターサービス

電話での問い合わせ大歓迎
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“
店頭販売をするショップ”ですから、「お電話でのお問い合わせを歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜)平日は予約が必要です)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

お振り込み先

銀行から
三菱東京UFJ銀行/難波駅前支店/普/0088906/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

ネット銀行から
ジャパンネット銀行/本店営業部/普/8788745/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]

郵便局から
浪速郵便局/振替口座番号/00970-7-133592/株式会社 逸品館  [カ/ イッピンカン]
郵貯インターネット・ホームサービスからもご利用頂けます。