オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

TAD CE1 E1 MAGICO S1 Q1 音質比較試聴テスト 販売 価格

 TAD(タッド) CE1 、 E1  MAGICO(マジコ) S1 、 Q1
 スピーカー 音質 比較 試聴テスト

その他の音質テストはこちら

2015年にマイナーチェンジした、"TAD(タッド)" Revolution(レボリューション)シリーズ、CDプレーヤー D1000 Mark2とパワーアンプ M2500 Mark2に好評発売中のプリアンプ C2000を使って、ブックシェルフ型スピーカーのTAD CE1とMAGICO Q1、フロア型(トールボーイ型)スピーカーのTAD E1とMAGICO S1の音質を比較しました。

試聴環境

D1000 Mark2 \1,600,000(税別)(ご注文お問い合わせは、こちらからどうぞ

 C2000 \1,900,000(税別)(ご注文お問い合わせは、こちらからどうぞ

 M2500 Mark2 \1,600,000(税別)(ご注文お問い合わせは、こちらからどうぞ

テスト概要のご紹介動画

試聴ソフト 

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがある。そんなクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤です。"500Miles/noon"を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

今回の試聴には、常に使う5曲に、RUDIMENTAL(ルディメンタル)のアルバム「Home」から、Spoonsを聞いてみました。この音楽はEDM(Electric Dance Music)と呼ばれる、主に電子楽器を使ったクラブなどで使われるダンス音楽です。電子的に作られた音と肉声、サンプリングされたと思われる人間の声で構成されるこのソフトは「マイクで空気中の音を録音している音源」よりも「電子的に機械の中で作られた音源」が主体となり、今までの「生音を録音して作られているソフト」とは音質が異なります。ノイズが少なく、細かい音まできちんと収録され、「空気」というフィルターと「マイク」という変換機が使われないので音の純度が非常に高いのが特長です。非共和音成分少ないこのソフトは、スピーカーの「素の性能」を探るのに適しています。

この種の音楽の多くは、比較的簡単に作られて音質もさほど優れていないのですが、RUDIMENTALのアルバムHomeは録音が大変優秀でした。

TAD(タッド) CE1

メーカー希望小売価格  \1,600,000(ペア・税別)+専用スタンド \180,000(ペア・税別) お問い合わせはこちら

音質評価 XLR・電源ケーブル・AET Evidence、スピーカーケーブル Space & Time Prism Bi-Wire(をシングルワイヤーで使用)

直前に行ったROTEL RB1592SEのテストで"E1"を聞いていました。このテストでは、パワーアンプにM2500 Mark2を使いました。
そのため、CE1の試聴評価はRB1592SEで聞いた"E1"とM2500 Mark2で聞いた"CE1"を比較している部分があります。

せせらぎ

CE1はE1に比べて低音が出ないので、音の広がり(身体を包み込むような音に広がり感)が小さくなる。また、やはり低音が減ったために「身体を取り巻くような空気感」も薄くなる。
それを除けば、音は癖がなくきめ細かい。

セレナード
弦楽器の各パートの音階を綺麗に分離して聞き取ることができる。楽器の数(音数)は、E1ほどは多くない。
弦楽器の切ない感じが良く出る。無駄な音(エンクロージャーの響き)の少なさにコンパクトスピーカーの魅力を感じる。
癖のない、清潔な鳴り方をする。

モナリザ
ギターの定位感(フォーカス感)に優れている。また、エンクロージャーのよけいな響きがないので、ギターのハーモニクスの透明感(濁りの少なさ)、きめ細やかさは素晴らしい。
会場の空気感はE1よりもやはり少し薄いが、ボーカルをコンパクトにまとめる、クリーンな鳴り方が魅力的だ。
500Miles
ピアノの立ち上がりが早く、音がスッと出るのが心地よい。低音のレスポンスに優れ、ピアノの低弦の響きが綺麗に収束する(ピアノの左手の音の響きが濁らない)。中音も膨らまない。
ボーカルは伴奏のピアノと綺麗に分離して、とても魅力的な声で鳴る。

新世界
オーケストラの前後方向の広がりはとても深い。スピーカーの設置が中央よりなので、左右への広がりが少し狭く感じられるが、セッティングで解決できるはずだ。
中高音の表現が素晴らしいので、相対的に低音がもっと欲しくなる。ブックシェルフの良さがあるが、低音はやはりフロア型とは違っている。

スプーンズ(Spoons)
低音の収束が驚くほど早く、リズムが生きる。低音から高音にかけての音の繋がりに優れ、音にほとんど癖がない。低音から高音への音の変化時に、違和感をまったく感じない。ボーカルは伴奏と綺麗に分離し、表情も豊かに鳴る。
ただ大型スピーカーでこの曲を聴いてしまっているので、低音が薄いCE1は「音が薄い」感じがする。また、低音の響きが身体に入ってこない。比べるのはかわいそうだが、この曲を鳴らすR1 Mark2の低音は、身体を通過して行くような自然な浸透力と深みを持っている。

CE1総合評価

ブックシェルフスピーカーとしては、低音は驚くほど良く出るが、フロア型には敵わない。
だたし、エンクロージャーの響きやバスレフの遅れをほとんど感じないので、音質に濁りや膨らみをほとんど感じない。
入力された信号を、そのままの形で音に変換している。良くも悪くも「サービス」はない。

Magico(マジコ) S1

メーカー希望小売価格  \1,800,000(標準仕上げ・ペア・税別)、\2,200,000(M-COAT仕上げ・ペア・税別) お問い合わせはこちら

音質評価 XLR・電源ケーブル・AET Evidence、スピーカーケーブル Space & Time Prism Bi-Wire(をシングルワイヤーで使用)

せせらぎ

CE1に比べて水の量(音の数)が少し減る。水の粒子(音の粒子感)も少し大きくなった。
鳥の声も取りの数が減った用に感じられる。
空気感はCE1より良く出ている。

セレナード
弦楽器の音に、CE1では感じられなかった濁りがある。CE1では綺麗に分離した弦楽器の各パートの音階の分離が不明瞭になる。
コントラバスのパートが少し遅れている。
高音が少しヒステリック。音はよいが、バランスや音の繋がりの良さではCE1に譲る。

モナリザ
ギターの音が荒くなり、定位感(フォーカス感)がぼやけた。ボーカルにも少し雑味が感じられる。
ギターはタッチノイズが強調され、高音にピークが感じられる。
ギーターとボーカルの分離感もCE1が優れていた。
500Miles
ピアノの高音にピークが生じ、耳が少し痛くなるような圧迫感がある。ピアノの音色の変化も小さくなり、ボーカルも荒い。
全体的にCE1よりも「雑味」が強くなった。

新世界
低音はCE1よりも明らかに良く出るので、ホールトーンや空間の広がり改善し、スケール感が大きくなった。
金管・木管楽器の音はよいが、ティンパニーは音が濁って音抜けが悪い(音が詰まる)。
弦楽器は普通に鳴る。このソフトではS1とCE1は、甲乙付けがたい。
スプーンズ(Spoons)
低音の量は多い。収束も早い。リズムの刻みも正確。
高音にピークがあり、それが高音を「隈取り」し、明瞭度が高い。低音は僅かに遅く、後に広がるが、それが立体感を演出してくれる。
中音が前に出て、低音が後方に展開し、高音がふわりと広がる。立体感でS1はCE1を凌いでいる。
このソフトでは、S1がCE1よりも良いと感じた。

CE1総合評価

Magico S1は、低音の出る2way。TAD CE1は、中高音が細かく情報量(解像度)に優れる3Way。販売価格は同じでも、コストは国産品のCE1の方がしっかりかけられている。そのコストの差が「音質」にハッキリ出て、音質ではS1は明らかにCE1に譲る。
S1の良いところは、スリムな形状にもかかわらず、低音が良く出ること。中高音にメリハリがあり、中高音が前に出て、低音がスピーカー後方に展開することだ。
個人的には、Magico「Q Series」は、その音質で今のところ他に並ぶ製品がないと思うが、「S Series」は、同価格帯の他メーカー製品と比べて、特別な印象はない。Qはそれでなければならないが、Sはそれでなくても良い。そう感じている。
S1は価格帯で他メーカーの製品と性能は並んでいる。「好き」かどうか?あるいは「コンパクトさ(デザイン性)」を求めるか?で選択が分かれると思う。

TAD(タッド) E1

メーカー希望小売価格  \2,000,000(ペア・税別)、\2,100,000(ブラック仕上げ・ペア・税別) お問い合わせはこちら

音質評価 XLR・電源ケーブル・AET Evidence、スピーカーケーブル AET SIN(配線だけを取り出して、±1本ずつで使用)

せせらぎ

CE1との比較では無論、S1と比べてもE1は低音が良く出るので、音の広がり(身体を包み込むような音に広がり感)に優れ、せせらぎの雰囲気が良く出る。
音の数(情報量/解像度)は、S1よりも遙かに優れている。
CE1よりはバランスは僅かに崩れるが、低音が圧倒的によく出てくるので「スピーカー出音を聞いているというストレス」を感じることなく「せせらぎ」を感じ取れる。やはり、低音のあるなしは、雰囲気感に大きな影響を与えている。

セレナード
弦楽器の数は、S1よりもずっと多い。低音もとても良く出る。
フォーカスが甘くならず、あるべき音があるべき場所からスッと出てくる。
弦楽器の切れ込みも良く、セレナードらしい弦の切ない感じがとても良く出てくる。

モナリザ
ギターの音の細かさが素晴らしい。S1を大きく凌ぎ、CE1も超えている。ボーカルは膨らみと艶が出て、とても心地よい音になる。
今回のテストではTAD CE1とMagico S1は同じスピーカーケーブル(Space & Time 生産完了品 \3,500/m)を使ったが、TAD E1とMagico Q1には、AETの高級グレード(SIN相当)を使っている。その違いも非常に大きいとは思われるが、E1とS1の情報量や音質の違いは、スピーカケーブルの差以上にあるように思われる。
また、CE1とE1も価格以上に音が違う(E1がよい)ように思われる。やはり、低音が出るのはありがたい。
500Miles
ピアノの音はスッと出るが、中音が少し膨らむ。ピアノの音質の純度や響きの濁りの少なさは、CE1がE1を凌いでいる。
ボーカルも口元もCE1より大きくなった。
けれどE1は低音が出るので、CE1よりもパワー感と雰囲気感で優れている。
このソフトでE1とCE1は、甲乙付けがたい。

新世界
CE1/S1では出なかった低音が出る。
S1はCE1よりも低音が良く出て、このソフトではCE1よりも印象が良かった。けれど、E1はS1よりもさらに低音が良く出るので、S1が良かったという印象が消える。
音の細やかさ、広がり感(立体感)でE1はS1を凌いでいる。ゆとりある音で新世界が鳴った。

スプーンズ(Spoons)
低音がとても良く出るので、音楽が躍動し、思わず身体が動きそうになる。
けれど、このソフトでは低音がスピーカーの後側に展開するS1の方が雰囲気が良かった。また、中音はS1よりも少し膨らんで、響きにも濁りがある。

E1総合評価

価格で比較すると、CE1/E1とS1はほぼ同じになる。CE1はコンパクトスピーカーならではの「無駄な音を出さない」性格が高く評価できる。S1はコンパクトサイズながら、豊かな低音が出ることが評価できるが、ソフトへの対応や音の細やかさ、雰囲気の良さを考えると、「置ける場所があるなら、迷わずE1」をお薦めする。あまり苦労することなく、様々なジャンルの音楽、様々な録音のソフトを、楽しく聞かせてくれる。

Magico(マジコ) Q1

メーカー希望小売価格  \4,000,000(ペア・税別) お問い合わせはこちら

音質評価 XLR・電源ケーブル・AET Evidence、スピーカーケーブル AET SIN(一番初期のモデル)

せせらぎ

Q1の再生周波数帯域の下限はS1と同じ32Hzだが、低音はS1よりも圧倒的に良く出る。さすがにE1ほどではないが、S1よりも空気感や雰囲気感は良く出る。
音の細かさは、他の3モデルに比べて圧倒的に細やか。音の繋がりにもすぐれ、水の粒子は圧倒的に細かく、流れもとても滑らかに感じられる。
鳥の声は自然。特に高い音のクォリティー感は圧倒的に高い。
自然な音で違和感が全くなく、目の前をせせらぎが流れているような音が出る。

セレナード
楽器の数が圧倒的に多い。また、すべての音に一切の違和感がない。
とても自然で生の音に近く、スピーカーの音ではなく生演奏として聞こえてくる。

モナリザ
ギターは「生」を聞いているよう。音の細やかさ、デリケートな部分もほとんど生演奏と変わらない。
実在感が圧倒的に高く、Q1の完璧な音の前では、2Way/3Wayという論議の意味さえ完全に消える。
500Miles
ピアノの音はもっとも美しい。CE1のバランスの良さ、癖の無さに、色鮮やかさと表現の濃さが加わる。ボーカルも生々しく、マイクの癖も消えた。
Q1は音の立ち上がりが圧倒的に早く、人間が聞いている「生の音」にとても近い音が出る。スピーカーの存在が完全に消える。

新世界
空間のS/N感が高く、無駄な暗騒音(バックグラウンド・ノイズ)が完全に消える。奏者が動かしている「弓」の動きが見えそうなほど音が細かく、それを邪魔する無駄な音が全くない。ノイマン+チェコフィル、らしい「精緻」なイメージが素晴らしい。
生演奏と比較して、不足する部分をまったく感じさせない。

スプーンズ(Spoons)
E1より低音は少ないが、低音の立ち上がりが早く、それがパワー感を演出するので低音不足をまったく感じない。
スペック上では、E1:28/Q1:32という違いがあり、普通それはとても大きいのだが、Q1はその数値的な「弱さ」をまったく感じさない。
身体に感じる「最低音」はE1に譲るが、聴感上の低音はE1に匹敵する。
CE1総合評価

完璧な音。どうしたらこんな音のスピーカーが作れるのか、不思議だ。これこそ、MagicoのMagic!

TAD CE1/E1、Magico S1/Q1 音質比較試聴後感想

私価格の近いTAD CE1/E1とMagico S1は、その選択が悩ましいと思います。また、発売年式が新しい「CE1」や「S1」は、E1よりも「音が良い」と感じられるかも知れません。
けれど今回これらをしっかり比較して見たことで「E1」の良さを再認識しました。デザインこそ「あまり見るべき物がない」E1ですが、その音質は現時点でも200万円(ペア)クラスのスピーカーではトップクラスです。E1にならんで好きなのが「Vienna Acoustics Liszt」ですが、コストがよりしっかりかかっている「E1」は「Liszt」よりも確実に音が細かく、音の芯もしっかりしています。「Liszt」は潤い感のある、デリケートな音が魅力で、この2モデルは双璧だと思います。
CE1は、バスレフの遅れやエンクロージャーの響き(泣き)をまったく感じさせず、小型スピーカー(と言うには少し大きいですが)らしい、クリーンな鳴り方と設置場所を選ばない音場の大きさが魅力です。バスレフが嫌い、大型スピーカーの箱の音が気になる。そういう人には、もってこいのスピーカーだと思います。

S1はQ1と同じ音ではありません。個人的にはMagicoはQ Seriesだけが「他と違う」と感じます。S1なら、S1の価格帯なら、Magicoでなくても良いと思います。もちろん、悪いスピーカーではありませんし、価格なりの音は出ます。けれど、MagicoのMagicはかかっていません。S Series とQ Seriesとは明らかに違う音です。選択には比較試聴をお薦めします。

Q1は、やはり素晴らしいスピーカーです。メーカー希望小売価格は、初期と比べるとかなり上昇し、400万円!に達しました。400万円になった2015年始めに、この価格ではもう売れないだろうと展示品を処分して、他の製品に入れ替えようと思ったのですが、驚いたことに価格が上がっても売れ行きが落ちません。それが「Q1」の魅力でしょう。価格という「枠」に縛られることなく、「Q1の音は、Q1でしか出せない」。その事実を再確認させられました。

2015年10月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.