オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

airbow CEC ベルトドライブCDプレーヤー CD3N Analogue CD5N Analogue、音質 比較 スピーカー 新製品 情報 音質 価格 販売 比較 AIRBOW ベルトドライブCDプレーヤー CD3N Analogue CD5N Analogue CEC CD3N CD5 新製品 音質 情報 比較 試聴 評価テスト レビュー 販売 価格

 AIRBOW CD3N Analogue 、 CD5N Analogue 音質比較テスト

その他の音質テストはこちら

2015年3月、AIRBOWからベルトドライブCDプレーヤー CD5N Analogueの発売を期に、上位モデルCD3N Analogueとの音質比較テストを行いました。このテストには、アッカからお借りしている高級スピーカー「YG Acoustics Carmel2」とプリメインアンプ「KRELL Vanguard」を使いました。

 スピーカー:YG Acoustics Carmel2(お問い合わせはこちらからどうぞ

 プリメインアンプ:KRELL Vanguard(お問い合わせはこちらからどうぞ

音質テスト使用機器と、試聴環境ご紹介動画

KRELL Vanguardは、このテストの後QUADの新型セパレートアンプ、Platinum PRE、STEREOとCarmel2で音質比較を行いました。

CDプレーヤーにベルトドライブメカニズムを使うメリットとは?

アナログレコードプレーヤーでは、トラッキングする位置によって(レコードの内周と外周)で回転速度が変わらない「回転速度一定方式」が採用されています。CDプレーヤはこれとは違う、CDに刻まれたピット(穴)を一定の速度でレーザーピックアップをトラッキングさせる「線速度一定方式」が使われています。このためレコードプレーヤーは「小さなトルクで大きな質量のターンテーブルを回転させることのできる、ベルトドライブメカニズム」が振動が小さく、音質面で有利とされてきました。けれどトラッキングの線速度を安定させるため、CDプレーヤーでは「常に回転速度を変える」必要があります。素早く速度を変えるためには、小さな質量を大きなトルクで回転させる方が有利です。ここにレコードプレーヤーとCDプレーヤーのメカニズムの大きな違いがあります。

回転速度を素早く変化させるため、一般のCDプレーヤーやトランスポートにはディスクを回転させる「スピンドル(軸)」に直結したモーターでCDディスクを回転させるダイレクトドライブ方式が採用されます。けれど制御された安定的な回転を得るためには、ある程度大きなトルクのモーターを使用する必要があり、そのモーターから発生する振動や電磁ノイズが「アナログ回路」の信号を歪ませています。また、ピックアップのトレースを確実にさせるための「レンズ」を動かすサーボシステムが発生する振動や電磁ノイズも音を歪ませる原因となります。

この問題を解決するために、Esotericは回転を安定させ、ディスクの歪み(反り)などを修正できるすり鉢状の大型ターンテーブルにディスクを押しつける方式「VRDS方式」を採用しています。けれど、ディスクの質量が大きくなるとモーターも大型になり、安定した回転と低ノイズを実現するためには「大型の電源システム」が必要になります。大型の電源システムをメカニズムの近くに置くと、トランスなどから発生する電磁波ノイズが信号を歪ませる原因になります。これを排除するため、TADは「大型電源を別置き(D600)」するという方法を採っていますが、いずれも製造コストを跳ね上げる原因となり、製品価格が高騰します。

さらにシンプルにこの問題を解決するため、CECは独自のベルトドライブ方式を開発しました。ふらふらと薄く不安定なCDディスク回転を安定させるため、大トルクで瞬発力のあるモーターを使うのではなく、重量級CDスタビライザーの使用によってターンテーブルの質量を上げ、ベルトとプーリーを使った「滑車の原理」で低トルクで高速回転するモーターでそれを駆動する事により、小さな力(発生するノイズが極めて小さい)で安定した滑らかなディスクの回転を実現することに成功しました。さらにこの方式ならば、小型モーターをディスクの回転軸から離れた位置に配し、遠くからベルトで駆動することで振動も吸収することができるため、音楽信号を安定して読み取り、低ノイズで伝送する理想的な環境を創りだすことができるのです。CECは、さらに、ピックアップを動かすモーターも同様にノイズ源と考え、距離を置いてベルトで間接的に駆動する方式とし世界で唯一の高音質ベルトドライブCDメカニズムを完成させたのです。

cd3n-in CD3N内部写真

実際にベルトドライブメカニズムとダイレクトドライブメカニズムの音質を比較すると、ベルトドライブ方式では音の輪郭に不要な強調感がなく、音が滑らかで立体的に感じられます。従来のベルトドライブメカニズムでは、ダイレクトドライブメカニズムに比べて「低音が緩い」、「動作が遅い」などの欠点があったのですが、TL3Nから採用された新世代のベルトドライブメカニズムはこの問題も解決し、低価格で高音質が実現する世界で最もパフォーマンスの高いCD読み取りメカニズムが完成したのです。

今回は上級モデルに搭載される現在最高のベルトドライブメカニズムを搭載する一体型CDプレーヤー CEC CD3NのAIRBOWカスタムモデル「CD3N Analogue」と簡略/低価格化されたベルトドライブメカニズムを搭載する、ハイコストパフォーマンスモデル CEC CD5のAIRBOWカスタムモデル「CD5N Analogue」の音質比較を行いました。今回のテストでは、CD3N Analogueに搭載される「外部クロック入力(WORD SYNC)」とCD5N Analogueに搭載されるUSB入力(ハイレゾ、DSD対応)の試聴は行っていませんが、これらの機能を使うことで通常のCDディスクの再生よりもさらに良い音を再生することが可能です。

今回のテストは文章による評価に併せて「YouTube オーディオ逸品館チャンネル」にアップロードした高音質付き動画でも音質をご確認頂けます。

試聴ソフト

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがある。そんなクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤です。"500Miles/noon"を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

音質テスト

AIRBOWは、逸品館代表「清原」がより確実な製品をお客様にご提供する目的で興した、逸品館オリジナルブランドです。最初の製品は、AUTHENTIC(当時はNECの社内ベンチャーとして立ち上がった企業)をパートナーに開発・発売した、当時最高価格のプリメインアンプ「TYPE-1(発売時価格 \980,000)」です。その後Little Planet、Tera、Luna、という100%オリジナル設計の小型プリメインアンプを発売、さらに特殊な補助スピーカー「波動ツィーター CLT Series」の発売を開始します。また「より効率よく、低価格で安定した商品」を生み出すため、CECと提携して「市販モデルをチューンナップした、カスタムモデル」の発売も手がけ、現在ではCECだけではなく、STAX、marantz、Esotericなどのカスタムモデルの生産も行っています。今回テストする、2台のCDプレーヤーは、CECの市販モデルをベースにして徹底的な高音質化を図ったモデルです。これらのモデルの製造はCECがOEM方式で行っています。

AIRBOW CD5N Analogue メーカー希望小売価格 \240,741〜(税別)お問い合わせはこちら

CD5N Analogueは、低コストで高音質を実現できるCECオリジナルの「ベルトドライブメカニズム」の特長を生かした、滑らかで立体感に富む音質が特長です。レコードを聴いているような艶やかで細やかな音質、身体が音に包み込まれるような濃密な音場空間が実現しました。

音質評価

標準スタビライザー

せせらぎ:一体的で滑らかさを感じる音。自然な雰囲気。

セレナード:弦の音に厚みがあり、音の広がりが自然。

モナリザ:ギターの音が滑らかで甘く艶っぽい。ボーカルは表情が細やか。ディオのマッチングに優れ、音が消え際が自然。

500 Miles:ピアノのとはエッジがまろやで厚みがある。奏者のタッチがよくわかる。声は柔らかく女性らしい肉付きの良さを感じさせる。

新世界:シンフォニーの厚みと広がりのバランスに優れている。管楽器が重なる部分での、それぞれの音の分離と重なりが生演奏のように自然。
    生演奏を聴いているときにかなり近い音。

総評:ソフトの粗を出さない、理想的なかまぼこ形バランス。広がりが豊かで、前後左右方向への音の広がりが自然。音楽(奏者)を身近に感られる音。

高音質スタビライザー STB-1

せせらぎ:高音が良く伸びて音のエッジが際立ち、明瞭度感が増加する。水の弾ける音がリアルになる。鳥の声が沢山聞こえて、表情に変化がある。

セレナード:弦の低い音が良く伸びる。コントラバスの音がクッキリした。標準スタビライザーに比べ、少し前の座席で聞いている感じ。
      全部の音がより明瞭で、解像度感が上がった。

モナリザ:ギターの高音が鮮やかに伸びる。ボーカルは子音がクッキリして、隅々まで聞き取れる。ディスクに録音された音がすべてでてくる感じ。
      舞台袖で聞いている感じが出た。

500 Miles:ピアノの余韻が長くなり、リズムが一段ゆっくりと感じられる。アタック感(打鍵感)が良く出て、ピアノの音の透明感が増した。
      ボーカルは力強さが増し、伸びやかで声の強弱(抑揚)が大きくなった。ディスクを高音質盤に変えたような変化。

新世界:弦の倍音がより良く出るようになり、ホールトーンが豊かになった。余韻の響きの透明感がます。
    少し前の最も良い座席でコンサートを聴いている感じが出た。

総評:標準スタビライザーの暖かく雰囲気の良い音も悪くなかったが、STB-1を使うスッキリと晴れ渡った音も魅力的。

音質試聴動画へのリンク

AIRBOW CD3N Analogue メーカー希望小売価格 \453,704(税別)お問い合わせはこちら

CD3 Analogueは、一体型CDプレーヤーとして最高の音質を実現するためAIRBOWカスタム技術の粋を投入して作り上げた製品です。音質を少しでも良くするため、専用スタビライザー(STB-1)、専用脚(Switch-Leg)、専用電源ケーブル(CPSC-LH2)などを付属したため、価格は50万円近くに達していますが、その音質は各社から発売される100万円オーバーのCD/SACDプレーヤーに決して劣る事はありません。CD3N Analogueのベルトドライブらしい滑らかで透明感に溢れる細やかな音で音楽を聞いていると、オーディオで音楽を聞いているというストレスから完全に解放されます。さらにある音質をお望みなら、別売りのクロックジェネレーターを追加して、Word-Syncを使うこともできます。

音質評価

せせらぎ:水の粒子がさらにきめ細かくなり、音場の広がり、鳥の声の数、など場の情報量が大きく増加する。
     音の自然さにもさらに磨きがかかり、その場の「におい(川のにおい)」まで伝わってくるように感じられた。

セレナード:ホールトーンにさらなる厚みが出て、弦楽器は奏者の弓使いがみえるほどになった。
     響きの収束(消え際)がゆっくりと長くなり、演奏の深みと情緒が増し、一段と丁寧な演奏に聞こえる。

モナリザ:ギターの音が上質になり、楽器のグレードが上がったかのよう。ボーカルはデリケートな変化が良く出て、声を止めるところの丁寧さにプロっぽい
     心遣いが聞き取れるようになった。ギターの音が(奏者が)ボーカルに耳をそばだてながら、そっと寄り添うように奏でられる様子が伝わった。

500 Miles:ピアノの余韻が長く、楽器の音が上質になった。音の細やかさと明瞭度が増し、楽器の中の部品の動きが見えそうなほど克明な音が出る。
     声は一段と厚みを増し、生々しい。ピアニストがボーカリストの声と合わせるように楽器を奏でている様子が伝わった。

新世界:弦楽器の質が全然違って感じられる。生演奏を聴いているような「厳かな(重厚な)」雰囲気が伝わり、思わず襟を正しそうになる。
     会場の音(奏者の絹擦れの音)まではっきりと聞き取れるようになるが、その音が演奏を邪魔せず、臨場感を高める方向に働く。
     楽器から出る音と、それがホールで反射してきた音が区別できるほど、解像度が高いが、それが驚くほど自然で違和感がない。

総評:カジュアルに音楽を聞きたいならば、CD5N Analogueで十分な音質が得られる。けれど、いちどでもCD3N Analogueと聞き比べてしまうと、
   音の質そのものに違いが感じられる。CD3N Analogueは、CDの最高レベルに近い音が出ているように感じられる。

音質試聴動画へのリンク

試聴後感想

今回試聴に使ったYG Acoustics Carmel2は、TADのシステム(D600/C600、Digital Domain B1a)で聞くと、響きが少なくやや乾いた無表情な質感でした。けれど、アンプをKRELL Vanguard、CDプレーヤーをAIRBOWに変えると、響きが増えて雰囲気がすごく良くなったことに驚きました。スピーカーを除く前者のシステム総額が「780万円」、後者が「100万円超」という6倍にも及ぶ価格差は、今回の試聴からは感じられませんでした。けれど普段聞いているスピーカーとの組合せでは、価格なりの音質差がきちんと感じられますから、やはりYG Acoustics Carmel2が「アンプを選ぶ(組み合わせるシステムを選ぶ)」傾向が強いのだと思います。

KRELL Vanguardは高域が少し多めで、低域は少し緩めの、いかにもKRELL(Aクラス)らしい音質。AIRBOWのプレーヤーは、音の輪郭に強調がなく、細やかでS/N感の優れ、音の余韻が長く感じられます。この二つの組み合わせと、Carmel2のマッチングは絶妙で、いつまでも聞いていたくなるような自然でストレスを感じない音で音楽が聞けました。

2015年3月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.