オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Isotek(アイソテック) アクエリアス( Harbeth P3ESR 20.1HG 7ES3 HL5 Plus TEAC S-300HRスピーカー音質比較

 音質比較試聴テスト

 

 Isotek(アイソテック)オーディオ用電源ノイズフィルター  AQUARIUS(アクエリアス)、SIGMAS(シグマス)

ISOTEK 電源コンディショナーのご注文はこちらからどうぞ)・(逸品館 Isotek 電源貸し出しサービスのご案内はこちらからどうぞ

 
 AIRBOW オーディオ用ノイズカット電源トランス IP2000A

 
 AET オーディオ用電源ケーブル EVO-1302S

AET 電源ケーブルのご注文はこちらからどうぞ

2016年2月に行った試聴会録画へのリンク)・(2015年11月に行った比較試聴レポートへのリンク)・(その他の音質テストはこちら

2015年1月に、スピーカーにTAD CE1、 プリメインアンプにDENON SX11、CDプレーヤーにDENON SX11を使い、AETのオーディオ用高音質電源ケーブル「EVO-1302F」、「EVO-1304F」、「SIN/EVO AC(生産完了モデル)」、「Evidence HR」とISOTEK(アイソテック)のノイズカット電源コンディショナー「AQUERIUS(アクエリアス)」、「SIGMAS(シグマス)」の電源関係アクセサリー比較試聴を行いました。

今回は、スピーカーにAudiopro FS-20(Piano Black)、アンプにAIRBOW HD-AMP1 Special、CDプレーヤーにAIRBOW CD3N Analogueを使い、AIRBOW KDK-OFC/2.0m、AET EVO-1302Sの2種類の電源ケーブルとIsotek AQUERIUS、SIGMAS、AIRBOW IP2000Aの3種類の電源フィルターの比較試聴を行いました。また、前回は「アンプだけをノイズカット電源に接続して音質比較」を行いましたが、今回は「アンプとCDプレーヤーの両方をノイズカット電源に接続して音質比較」を行っています。結果として、より大きく音質は変化しました。さらに今回の試聴は、「YouTube 逸品館チャンネル」へ高音質音声付き動画をアップロードすることで、お客様自身がそれぞれの音質を実際に確認していただけるようにしています。

AET電源ケーブルの主な特長

徹底的に追求した品質にこだわるAETから発売されるケーブルには、「再生銅」を一切使用しない「純国産高純度銅(プレミアムバージン)」が用いられ、導体の表面は音質向上のため滑らかに加工されています。今回テストに使ったEVO-1302Sは、強度の高い太めの導体が使われるモデルです。キャブタイヤ形状のケーブルで、導線が2本交流抵抗低減のため撚り合わせて用いられます。絶縁体には、通常の高分子絶縁体、シールドにはアルミフィルムが使われます。

AET 電源ケーブルのご注文はこちらからどうぞ

ISOTEK電源コンディショナーの主な特長

ISOTEK(アイソテック)は、イギリスのオーディオ用クリーン電源専門メーカーです。ISOTEK製品の特長は「トランス」を使わず、特殊なフィルターによって「電源に含まれる不要な高周波ノイズ」を除去することです。しかし、多くの場合高周波フィルターを電源に追加すると、オーディオ機器が必要とする電源のレスポンスが悪化し、高域が鈍ったり、パワー感が損なわれます。ISOTEK製品が優秀なのは、そういった「副作用」を一切持たず、音質を確実に改善する点にあります。

AQUERIUSは、入力された電源のすべてを1段目のフィルターでクリーン化し、さら小電力出力4個には個別に2段目のフィルターが使われます。出力個別にフィルターを配置することで、機器間(コンセント間)の「ノイズ干渉」が効果的に除去されます。

上級モデルのSIGMASは、入力された電源のすべてを1段目のフィルターでクリーン化し、さらに大電力2個、小電力4個すべての出力個別にAQUERIUSよりも能力の高い2段目のフィルターが使われ、さらなる高音質化を実現しています。

Isotek 電源ノイズフィルターの効果を電源ノイズ測定器で検証してみました

ISOTEK 電源コンディショナーのご注文はこちらからどうぞ)・(逸品館 Isotek 電源貸し出しサービスのご案内はこちらからどうぞ

試聴環境

スピーカーの試聴には、BYouTubeにアップロードしている、BBC Monitorの比較試聴に合わせて、AIRBOW CD3N AnalogueとPM7005 Applauseを使いました。試聴した環境は同一ですので、YouTube動画なら時を超えた相互比較ができると思います。

 AIRBOW CD3N Analogue (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

 AIRBOW HD-AMP1 Special (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

 Audiopro FS-20(Piano Black) (お問い合わせ・ご注文はこちらから)

テスト概要のご紹介動画

スピーカーセッティングのご紹介動画

試聴ソフト 

まず、HD-AMP1 Specialの電源ケーブルを「AIRBOW KDK-OFC/2.0m」から「AET EVO-1302S」に変えて音質を比較し、その後電源ケーブルをそのままにして、電源コンディショナ「Isotek AQUERIUS」、「SIGMAS」、「AIRBOW IP2000A」と聞き比べ、さらに「Isotek SIGMASとAIRBOW IP2000Aを組み合わせて」聞いてみました。試聴に使ったソフトは、いつもテストに使っている下の5曲を数分ずつ聞いた後、「Super Deluxe Sound3」の7曲目に収録されている「 Sorry Seems To Be the Hardest Word - Lydia Gray」を全曲試聴しました。

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがある。そんなクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤です。"500Miles/noon"を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

AIRBOW KDK-OFC/2.0m メーカー希望小売価格 \4,670(税別) この製品のご注文はこちらからどうぞ

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

せせらぎ

AIRBOW HD-AMP1 Specialは、USB入力を備える「インバーター電源」+「デジタルパワーアンプ」構成のプリメインアンプだが、普通の「アナログ電源」+「アナログアンプ」構成のプリメインアンプとまったく変わらない「滑らかさ」と「艶やかさ」を持っている。
ナチュラルで癖のない音。潤い感や艶やかさも十分で、音場も大きく広がった。方式やサイズなどを抜きにして、この価格帯でも出色の音質に感じられる。

セレナード
デジタルアンプの良さが生かされて、低音がしっかり聞こえる。とても35W出力の音符で聞いているとは思えない。Vl.(バイオリン)、Vc.(チェロ)、CB.(コントラバス)の違いもきちんとでる。インバーター電源の瞬発力の良さが生かされて、楽器のアタックがしっかりしている。弦楽器の切れ味がよい。
モナリザ
ギター太さがでる。奏者のタッチもナチュラル。楽器の色彩感も豊富で、音色が鮮やかに変化する。
ボーカルは艶っぽく、表情が豊かだ。

500Miles
楽音のアタックの立ち上がりが早く、ピアノの打鍵感がきちんと再現される。ボーカルは太さと甘さがきちんとでている。
S/N感に優れ、空間が澄んでいる。パワー感、密度感も驚くほど高く、とてもペア14万円のスピーカーと25万円のプリメインアンプで聞いているとは思えない。

新世界
イントロ(導入部)の「ハーモニーの構造」がきちんと出る。弱音部、消え入るような音までもハッキリと再現されている。
小音量でも音痩せせず、質感も高い。十分に「ハイエンド・オーディオ」を名乗って恥ずかしくない音が出ている。

Sorry Seems To Be the Hardest Word

CDプレーヤーを奢っているとは言え、スピーカー+アンプの合計価格が40万円とは信じられない質感の高い音が出る。百万円のコンポを超える音質が実現している。数百万円のコンポを下手にならしている「試聴会」や「オーディオフェア」よりもよっぽど良い音だ。
アンプのサイズも小さく、軽いのでこのセットは、一般家庭用オーディオ機器として過去最高のコストパフォーマンスだと断言できる。

AET EVO-1302S/1.8m メーカー希望小売価格 \18,000(税別) この製品のご注文はこちらからどうぞ

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

せせらぎ

電源ケーブルを変えると、高音が鋭くなって、水量が増えて感じられる。鳥の数も多くなり、より遠くで鳴いている鳥の声まで聞こえるようになった。
音場の密度感が向上し、その場の空気感(空気の動き)がよりリアルに再現された。

セレナード
音の量、楽器の数はかなり増え、弦楽器低音の厚みが増した。

直接音が強くなったので、響き(間接音)は相対的に減り、座席位置を前方舞台袖に移動したように聞こえ方が変化した。

モナリザ
ギターの音がクッキリして細かくなり、音源(楽器)に近づいた感じがする。ギターの音が澄んだ。
ボーカルはシビアなところがしっかり出て、良い感じに演奏に緊張感が演出される。ボーカリストの「息づかい」まで聞こえてきた。

500Miles
ピアノの高音にややピーク感がでるが、これはシステムの癖ではなく「録音の癖」がそのまま出てきたからだ。
ボーカルも緻密さが増しているが、ピアノとボーカルを「別なマイク」で収録したように、ややマッチング(ペアリング)が悪くなった。

新世界
後方への音の広がりがやや浅くなった。音は増えて質感も高まるが、マイクの存在感が強くなる。

KDK-OFC=「Live Sound」、EVO-1302S=「HiFi Sound」というイメージで聞こえ方が変化した。

Sorry Seems To Be the Hardest Word

電源ケーブルをAET EVO-1302Sに変えると、音源までの距離が近くなったように感じる。個人的な好みで言うならば、少し輪郭が強調され過ぎるようにも感じるが、一般的には「より良くなった」と評価される音質だ。EVO-1302Sの音質改善効果は、抜群に高い。少なくとも2万円以下という予算で、これだけの音質改善を実現する電源ケーブルは、他に見つからないだろう。

ISOTEK AQUARIUS メーカー希望小売価格 \270,000(税別) この製品のご注文はこちらからどうぞ

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

せせらぎ

EVO-1302Sでややハードなタッチだったせせらぎの高音のキツさが取れ、水音が柔らかく、潤い感がでた。
KDK-OFCで高く評価した「自然な感じ、違和感のないバランスの良さ」が戻ってきた。
川の水が「蒸留水」から「ミネラルウォーター」に変化したように感じられる。

セレナード
ホールの響きが蘇り、音がさらに太く、そして響きが豊かになる。
滑らかで細かく、落ち着いた音が出る。バランスと質の両方が伴った良い音でセレナードが鳴った。

モナリザ
ギターの音に「甘さ」が戻る。ボーカルも優しく、滑らかになった。ギターとボーカルの「関係性」も密になった。

このソフトは「電子エコー」を使って「ライブ会場感」が演出されているが、大きなライブ会場で演奏が行われているように、ギターとボーカルが豊かに響く。

500Miles
ピアノ高音のピーク感が和らいだ。低音が良く出てきて、ピアニストの左手の動きが明確に伝わってくる。
ボーカルは余韻が長くなり、滑らかになった。
ピアノとボーカルの一体感が高まった。

新世界
奥行きがでて、音が部屋一杯に大きく広がる。ホールで生演奏を聴いているようだ。
静けさと、厳かさがでた。高い質感と、自然な臨場感がバランスした、相当高度な音が出て驚かされた。

Sorry Seems To Be the Hardest Word

AET EVO-1302Sでやや「ハード」になった輪郭が、柔らかく滑らかになった。けれど同時に「質感」も向上していることに驚かされる。ノイズカット電源で懸念される「力感の減少」はまったく感じられない。むしろ力感は向上している。S/N感も一気に高まり、電源のノイズが綺麗に除去されていることが感じられる。

ISOTEK SIGMAS メーカー希望小売価格 \480,000(税別) この製品のご注文はこちらからどうぞ

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

せせらぎ

AQUARIUSで「電源ノイズ低減効果」による音質改善の大きさに十分驚かされたのに、SIGMASを使うと「アンプを2ランク以上アップグレードした」ように錯覚するほど、音質がさらに一気に向上する。水量が驚くほど増え、その質感も高い。通常放送がいきなり4Kハイビジョンになったようだ。

聞かなければ良かった。こんな音を聞かされると、AQUARIUSにはもう戻れない。

セレナード
響きの豊かさ、音の太さ、音の密度感がまるで違っている。弦楽器らしさも非常に良くでる。
電源だけでこれほど変わる(これほど音質が向上する)のは、信じられない。騙されているような気分がする。

モナリザ
このソフトでは、スピーカーのグレードを上げたような感覚にとらわれる。同じ部屋には、TAD E1とR1を置いていた(現在E1はFocal Soplaに変わっている)。そして、それぞれのスピーカーでこの曲を何度も聞いている。SIGMASを使うと、E1をR1に変えたように音が良くなる。
S/Nの良さが素晴らしく、音は驚くほど細かく、一切の膨らみや濁りがない。

試しに、TAD D1000/MK2+D600+M2500/MK2+B&W 802D3(セット約1000万円)と電源込みでセット150万円のこのコンポを聞き比べたが、やらなければ良かった!と思うほど、音の差がほとんど感じられなかった。14万円のスピーカーが380万円のスピーカ−、75万のコンポが620万円のコンポとそれほど変わラナイオン質にまでアップグレードさせるなんて、たった48万円のSIGMASはすごすぎる。

500Miles
ピアノ高音のピーク感が消えて、低音が深く沈み込むようになる。
ボーカルの良さ(上手さ)も際立ち、素晴らしいクォリティーの音になった。じっくりと聞きたくなる音。
新世界
audiopro FS-20(Piano Black)から、TAD E1など200万円クラスのスピーカーに近いクォリティーの音が出てくる。あり得ないし、あってはならない。信じられないし、信じたくない。騙されている感じ。

Sorry Seems To Be the Hardest Word

音の密度感が高まり、輪郭(アタック)に生演奏と同じような「強さ(オーディオはここが苦手)」がでた。目の前に歌手がいて、生演奏が行われているようだ。というよりも、完全に「生演奏」だ。

AIRBOW IP2000A メーカー希望小売価格 \266,670(税別) この製品のご注文はこちらからどうぞ

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

せせらぎ

SIGMASに比べると「解像度感」は、明らかに低下するが、色彩感が濃く、無理のない自然な感じの音がでる。バランスは、最も気に入っていたKDK-OFC/2.0mの音に近い。
クオリティーという意味では、SIGMASには敵わないが、SIGMASを高精細度デジタル写真に例えるなら、IP2000Aはフルカラーフィルムのような「オーガニック」な良さがあり、甲乙付けがたい。個人的には、行き過ぎた感じのあるSIGMASよりもIP2000Aの音が好きだ。けど、SIGMASの音も忘れられない。

セレナード
SIGMASに比べて、音場が混濁するが、それも悪くない。完全にクリーンで整理された音にはない、汚れた(人間らしい)生っぽさや暖かさが感じられる。
特に中低音の太さ、響きの厚みは魅力的だ。
ある程度ノイジーな感じが残されているので、高音質に邪魔されず、演奏にスッと入って行ける。

モナリザ
ギターの音が有機的で魅力がある。音の数やS/Nの高さは、SIGMASには及ばないが、AQUARIUSは超えている。
これはこれで非常にバランスが良く、生々しいが、今回はSIGMASの圧倒的な高音質を聞いたので、ちょっと物足りなく感じてしまう。

500Miles
SIGMASで聞くこの曲は、「良い音(クォリティーの高い音」。IP2000Aで聞くこの曲は、「美しい音」という感じの違いがある。
ピアノの音はSIGMASに比べ濁っているが、奏者のタッチの違いはIP2000Aの方がハッキリと伝わってくる。
ボーカルも少し濁りが入り「鼻声」のように聞こえるが、やはり人間味があり安心して聞ける。
SIGMASを高級レストランの味に例えるなら、IP2000Aは毎日食べ飽きないソウルフードの味だ。
新世界
音場が自然に大きく広がり、演奏に深みと滋味がでる。
SIGMASで聞くこの曲は、見事に統一され一糸乱れぬ整然とした感じが魅力的だった。
IP2000Aで聞くこの曲は、適度に乱れや奏者のミスタッチが聞こえ、人間的で安心できる。
同じ曲がまるで違う演奏に聞こえる、この対比は非常に面白い。個人的には「適度な雑味」を持っているIP2000Aの音が好きだ。

Sorry Seems To Be the Hardest Word

SIGMASで聞くこの曲の女性ボーカルは「近寄りがたいような絶世の美人」に感じられた。IP2000Aで聞くこの曲の女性ボーカルは「恋人にしたい親しみやすさと色気」を強く感じる。全く違う人が謳っているようだ。どちらが本当かわからないし、どちらも本当じゃないかも知れない。それでも、どちらも抗しがたい魅力がある。オーディオは、これだから始末に負えない。

ISOTEK SIGMAS メーカー希望小売価格 \480,000(税別) この製品のご注文はこちらからどうぞ

AIRBOW IP2000A メーカー希望小売価格 \266,670(税別) (この製品のご注文はこちらからどうぞ

 

音質評価 スピーカーケーブルには、QED Profile79Strand(\910/1m)を使いました。

CDプレーヤーは、SIGMASに直接繋ぎ、アンプはSIGMASにさらにIP2000Aを繋いでそこに繋ぎました。

せせらぎ

SIGMASの過剰感が消えて、ナチュラルな感じが戻ってきた。
美しいせせらぎが目の前を流れているようだ。

セレナード
音が太い。怒濤のように押し寄せる弦楽器の音の波。落ち着きのある音だが、SIGMASの整然とした美しさ、IP2000Aのオーガニックな親しみやすさの、どちらも消えてしまったので、なんだか物足りなくなった。

モナリザ
普通の音。普通によい音。何の違和感もないが、面白くない。

500Miles
ピーク感は消えているが、左手の存在感が希薄になった。ボーカルも質は高いが、暗く、重いイメージに変化する。魂が抜けたよう。

新世界
抑揚が小さくなり、演奏が平坦になった。音の広がりも小さくなった。

SIGMASとIP2000Aの組み合わせは、試聴会では「良い」と感じたが、試聴テストでは「良くない」と感じた。組み合わせは良くないのか。

しかし、最初にこの音を聞いていたら、印象が違っていたかも知れない。

Sorry Seems To Be the Hardest Word

驚くほど対照的で、驚くほど個性的な音を聞いた後なので、なんだかあまり面白くなかった。

試聴を終えて

今回、SIGMASの音質改善効果の高さには、文字通り度肝を抜かれました。 ほとんどコンポの価格が一桁上がったほど、音が良くなったからです。 けれど、AIRBOW IP2000Aの音を聞くと、その高音質に違和感を感じるようになり ます。明らかに「行き過ぎている」からです。しかし、SIGMASを聞いた後では、 逆に、IP2000Aの音が、濁って感じられるようになります。

これは、トランジスターアンプがよいか、真空管アンプがよいか、 あるいはデジタルがよいか、アナログがよいか、を問答している感覚にとても 近いことに気がつきました。SIGMAS/IP2000Aは、それぞれに独特な持ち味があり、 どちらも魅力的です。けれど、両方の中間の音(SIGMAS+IP2000A)は、 意外に普通で、SIGMAS/IP2000Aのように、 引きつけられる魅力が感じられなかったのです。

また、電源コンディショナーを変えたことで、ひとつの演奏が、 今回ほど正反対に違って聞こえるのは、初めての経験でした。

戸惑いますが、どちらも「耳に残る良い音」だったことに違いありません。 今回の比較試聴では、SIGMAS vs IP2000A、KDK-OFC vs EVO-1302Sの音が 耳の奥に残っています。

写真と絵画の違いは、前者は「ありのまま」、後者は「情報が人為的に 取捨選択」されているところにあります。情報をすべて伝えるのではなく、 「意図した取捨選択」が行われることで、それは単なる「記録」から「芸術」 へと昇華します。写実派と抽象派。そのどちらもが素晴らしい芸術です。 だから、私はSIGMASとIP2000Aのどちらにも、強く惹かれるのでしょう。

2016年1月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.