どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 First Watt SIT-1 、 SIT-2 音質評価 

First Watt SIT-1 \1,200,000(税別) (製品のお求めはこちらからどうぞ

First Watt SIT-2 \600,000(税別) (製品のお求めはこちらからどうぞ

製品の概要

PASS LABの設計者「ネルソン・パス」自身が理想とするアンプの製作を目的として、個人のブランドとして設立したのが「First Watt」です。First Wattの製品の特徴は、ピュアな音質を求め入力段と出力段のシンプルな増幅回路で構成されることです。 すでに発売されている製品で逸品館でお薦めしているFirst WattパワーアンプのM2はJ-FET入力にM-FET出力を組み合わせ無帰還純A級プッシュプルから25W×2の出力を得ています。J2は、J-FET入力にJ-FET出力を組み合わせ負帰還純A級シングルエンド・プッシュプル(SEPP)回路から25W×2の出力をさらに少ない歪み率で実現します。ネルソン・パスの理想はトランジスターアンプを真空管の3極管と同じ動作に近づけることで、M2やJ2はかなりそれに近いと言えます。しかし、ネルソン・パスはそれで満足せずさらなる理想を求め出力段のトランジスターを真空管の動作に最も近いトランジスターのSITに変更し、J-FET入力無帰還純A級シングルエンド・プッシュプルという、ほとんど真空管と変わらない回路のパワーアンプ、SIT1とSIT2を生み出しました。SIT1とSIT2は10Wというパワーアンプとしては例外的に小さな出力は変わりませんが、SIT1がモノラルでSIT2がステレオという違いがあります。今回は、このSIT1とSIT2の素の実力を確かめるべく、あえてプリアンプを使わずに音量調節機能を備えるDAC Hegel HD20とダイレクトに接続して音質をテストすることにしました。さらに小出力でも大型のスピーカーをドライブできるかどうかを確かめるため、スピーカーには大型のVienna Acoustic The Musicを使いました。CDトランスポーターにはAIBROWのフラッグシップ、UX1SE/Limitedを組み合わています。

試聴機材

 AIRBOW UX1SE/Limited With Antelope Audio OCX

 HEGEL HD20

 Vienna Acoustics  The Music

Come away with me

Norah Jones

CD

 試聴ソフト
ソフトご購入はこちら


First Watt SIT-2 \600,000(税別)

形式 純A級無帰還パワーアンプ
入力数 RCA×1
入力感度 280mV/1W出力時
入力インピーダンス 10KΩ
最大出力(Ω) 14W×2(8Ω)
周波数特性 8Hz-500KHz(-3dB)
消費電力(無信号時) 175W(逸品館にて計測)
サイズ(W/D/H)/重量 430×385×143(mm)/22kg
動作温度 約55度
付属品 電源ケーブル

<明るい> - - - * - - - - - <暗い>

<柔らかい> - - - * - - - - - <硬い>

<付属品>

音質テスト結果

約30分のウォーミングアップを経たSIT-2の音には、ネルソン・パスが作り出す純A級アンプらしい暖かさと芳醇な音色とシンプルな回路を想像させるのに十分な透明感と細やかさを持っています。SIT(Sillicon Carbide Induction Transistor)を採用するアンプには、Digital Domain社のB1aがありますが、SIT-2にはB1aと共通する、トランジスターアンプとは思えない滑らかさが感じられます。

ピアノはもう少し厚みが欲しいですが、ドラムの量感と押し出しは十分です。小出力パワーアンプで懸念される低音は、量感が若干不足気味に感じられるものの価格と出力を考慮すれば十分以上の低音が出ます。

中音は純A級らしくきめ細やかです。さらにスイッチング・ノイズ(ゼロクロス歪み)を発生しないシングルエンド・プッシュプル回路の良さで音質が驚くほど滑らかです。この滑らかさは、通常のトランジスターアンプではなかなか実現できない領域にあると思います。

ノラ・ジョーンズの声には余計な響きがなく透明ですが、少しストイックなようにも感じます。ブラシの音は少しウェットでやや遅れる感じですが、リズム感はキチンとでます。各楽器の音色は少し単調ですが、変化はリニアでそれぞれの特徴が上手く再現されます。
全体的には脂気のないすっきりとしたサウンドですが、それらはプリアンプ使わない影響に違いありません。ボリューム付きDACを組み合わせてもこれだけの音が出るのですから、First Wattのパワーアンプとしての能力は非常に高いと感じます。

ネルソン・パスの純A級アンプの代表作にはAlephシリーズがありますが、SIT-2はAlephのような「濃さ(色づけ)」がほとんど感じられず、さっぱりとした良い意味でゲイン・オブ・ワイヤーなサウンドに仕上がっているように思います。イメージとしては、上質なミネラルウォーターという感覚のサウンドです。

音質のピュアさではM2やJ2を確実に上回り、ネルソン・パスの狙い通り良くできた3極真空管アンプの音にかなり近いと感じました。高能率のスピーカーと組み合わせれば、価格を遙かに超える高品質なサウンドが得られることは間違いなさそうです。


First Watt SIT-1 \1,200,000(ペア・税別)

形式 純A級無帰還パワーアンプ
入力数 RCA×1
入力感度 280mV/1W出力時
入力インピーダンス 10KΩ
最大出力(Ω) 10W モノラル(8Ω)
周波数特性 8Hz-500KHz(-3dB)
消費電力(無信号時) 240W(逸品館にて計測)
サイズ(W/D/H)/重量 430×400×143(mm)/13.1kg
動作温度 約55度
付属品 電源ケーブル

<明るい> - - - * - - - - - <暗い>

<柔らかい> - - - * - - - - - <硬い>

<付属品>

音質テスト結果

一般に「熱くなるアンプ」はウォーミングアップに時間がかかると考えられていますが、経験上、発熱に比例してアンプのウォーミングアップ時間は短くなる傾向があるように思います。その例に漏れず、発熱の多いSIT-1は電源投入から15分もすれば安定した音質が発揮されました。

普通は、アンプをモノラルにすると低音の厚みやエネルギー感が向上します。当然SIT-1はSIT2のモノラルモデルなので、厚みや情報量が増えるだろうと予想しましたが、その予想は見事に外れました。

SIT-1の音はSIT-2よりも明確に情緒深く細やかで、価格以上の「品位の差」が感じられたからです。プリアンプを使わないために仕方がないと考えていたSIT-2での不満点「音色の単調さ」や「中域の密度感の薄さ」が、プリアンプを使わないにも関わらずアンプをSIT-1に変えただけでほぼ完全に解決しました。

低音は相変わらず多いとは言えませんが、大口径のウーファーがきちんとドライブされてバスドラムの風圧感(量は少ないですが)がきちんと体に伝わります。

ギターは音色が冴え、弦の数が2倍になったように思えるほど響きが複雑で美しくなります。

ウッドベースもやや曖昧だったベーシストの指使いが、SIT-2よりも格段に細かい音の微妙な変化からきちんと読み取れるようになります。

ノラ・ジョーンズのボーカルに余計な響きや艶が乗らないのはSIT-2と同じですが、やはり細やかさが格段に向上し「息づかい」までもが伝わるように感じます。

ピアノの音色はグンと高級感を増し、同じ楽器の音を聞いているとは思えないほど「良い楽器の音」に変化します。

Hegel HD20という低価格の小型DACを直接繋いでいるとは信じられないほどの音質が、SIT-1から得られることに驚きました。このレベルの音はそれぞれ単体で100万円を大きく超えるようなプリアンプとパワーアンプでなければ実現しないはずです。

出力こそわずか10Wと使い手(組み合わせるスピーカー)を選びますが、その音質は非常に高く過去に発売されたAlephシリーズを超えネルソン・パス設計のアンプ中で間違いなくトップです。この音ならば300Bなどの名球を使った3極真空管アンプと比べられます。少なくとも通常のトランジスターアンプの領域からは大きく逸脱し、超弩級パワーアンプに匹敵するはずです。SIT-1に問題があるとすれば、まず10Wという小出力と無信号時に240W(2台なので480W)という過大な消費電力。そして480Wすべて廃熱となる「アンプの熱さ」です。出力/重量共に小さいSIT-1/SIT-2ですが、その発熱を逃がすために設置場所だけは大型パワーアンプ並みのスペースが必要です。その点には、注意が必要です。

2011年 12月 逸品館代表 清原裕介

逸品館ホームページへ

1号館

本店:商品展示、販売全般、下取・買取 10:30-19:30(定休日なし/臨時休業除く) 06-6644-9101

2号館

中古品展示場:中古品掘り出し物の展示

3号館

高級オーディオ試聴室:高級オーディオの試聴、ご相談 11:00-18:00(定休日:毎週水曜・木曜) 06-6636-2917

逸品館へのお問い合わせは、電話でOKです!
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売”から始まったお店ですから、「直接のご連絡を大歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。 (株)逸品館

逸品館が運営する、5つのショッピングサイトのご案内はこちらからどうぞ!


このページは、大阪のオーディオ専門店逸品館が製作しています。ページに表示される記事内容は逸品館の見解を示していますが、必ずしもそれが正しいとは限りません。また、ページの情報により生じる利害や問題につきましてはいかなる責任も取りかねますので予めご了承くださいませ。ページへのリンクは大歓迎ですが、誤解を避けるためコンテンツの一部引用やコピーは、お控えくださるようお願いいたします。 

TOPに戻る 逸品館の場所・アクセス お問い合わせ 通販法による表記 返品特約 アフターサービス

Copyright © 2015 IPPINKAN All Rights Reserved. メインサイト