オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 港北ネットワーク ルビジウムクロックジェネレーター RB-1(生産完了モデル)

  

 AIRBOW 10MHz GPSクロックジェネレーター GPS-10MH 

GPS クロックジェネレーター AIRBOW GPS-10MH 221,000円(税込)

  

 

 TEAC (ティアック) UD-503 による 音質比較試聴テスト

TEAC UD-503 販売価格 OPEN ・ 実売価格 14-16万円程度

  

その他の音質テストはこちら

  

TEAC UD-503 販売価格 OPEN ・ 実売価格 14-16万円程度

Teac(ティアック)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

GPS クロックジェネレーター AIRBOW GPS-10MH 221,000円(税込)

AIRBOW(エアボウ)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

  

KNS(港北ネットワークサービス) RB-1 生産完了モデル ※後継モデルRB-2 メーカー希望小売価格 128,000円(税別)

中古品のルビジウムユニットを使って低価格を実現
RB-1は、高安定度を誇るFEI社のルビジウムユニットFE-5680Aを中古品で使用することで、圧倒的な低価格を実現した「ルビジウム・クロックジェネレーター」です。周波数安定度などの特性はFE-5680Aに依存します。

発信周波数可変
フロントパネルのセレクターボタンで、出力周波数(マスタークロック)として下記周波数が選択できます。
・10MHz
・44.1kHz(1/256)、88.2kHz(1/128)、176.4kHz(1/64)
・48kHz(1/256)、96kHz(1/128)、192kHz(1/64)
・PCから設定した周波数(但し設定可能周波数は5MH〜13MHz位)
パソコンとUSB接続することで、内部のルビジウムモジュールと通信することができ、周波数の変更やモジュールの状態を知ることができます。
・ワードクロック出力は同じ分周された周波数が2系統同時に出力されます。
・マスタークロック出力は矩形波と正弦波出力が同時に出力されます。

表示には明るく視野角の広いOLED(有機EL)を採用
OLEDではセレクターで選択した周波数と、ルビジウムモジュールのロック状態(Locked、Unlock)を表示します。

オーディオグレードの筐体を採用
ルビジウムモジュールは厚さ8mmの銅板の上にしっかりと固定しております。これによりモジュールの振動を抑えるとともに、モジュールから出る熱をこの大きな熱容量の銅板で吸収することで、より安定した動作をさせるようにしています。
トランスはリーケージフラックの少ないRコアトランスを使用しています。電源回路はリニア電源で、大型の放熱器やダイオードを使用し、余裕のある設計をしています。

試聴環境

 Vienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G) (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 AIRBOW PM1111S3 Ultimate (現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 AIRBOW MSS-i3 MsHD6.7 MsHD6.7 i5 4GB 1TB/HDD(詳しくはこちら

試聴は、スピーカーにVienna Acoustics Beethoven Concert Grand(T3G)、アンプにAIRBOW PMA11S3 Ultimateを組み合わせ、TEAC UD-503にAIRBOW MSS-i3 MsHD6.7をUSB接続し、各クロックジェネレーターから「10MHz」のクロックを入力して音質を比較しました。

試聴したソフトは、CDをリッピングした5つのWAVと、PCM 88.2kHz/24bitのハイレゾファイル、DSD 2.8MHzのDSDファイルです。

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがあるクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤。"500Miles/noon"
を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

WAV 88.2kHz/24bit DSD/2.8MHz

Mathias Landaeus Trio
What a Wonderful World

Chopin
「夜道の手袋」

KNS(港北ネットワークサービス) RB-1

せせらぎ
高域が延びて鋭くなった。エネルギー-帯域が僅かにうわずるためか、せせらぎの流れる速度が僅かに速くなったように感じる。
音の広がりはより大きく、クリアになった。

温度感は若干下がったようだ。

セレナード
音が細かくなり、高域が伸びた。エネルギーバランスが高域に偏る。
音質的には改善。音楽的にはややバランスが高域に寄ったイメージがある。

全体的なバランスの良さ、鳴り方の力強さでは、クロックがないときの方が好ましいように感じた。

モナリザ
ギターの透明感が増し、響きがより長く余韻を引くようになった。
ボーカルのきめ細やかさも改善している。
音質は向上したが、低域はやはりすこし薄くなった。

500Miles
ピアノの高次倍音が少し強くなった。
クロックジェネレーターそのものの音色なのか、あるいはルビジウムクロックユニットの音色なのか、判別はできないが、音が「希薄」になったように感じることがある、
音は細かくなるのだが、それにエネルギー感が伴わない。ギターはアップライトのような響きに、ボーカルは口先で歌っているようになる。透明感細やかさは改善しているのだが、音楽の力はそれほど変わらない。

新世界より
音は細かくなるが、響きが若干薄くなる。

弦楽器の前後方向への広がりが出にくく、ティンパニーの音には粘りと深みが出ない。
管楽器、特に木管楽器の「木質的な響きの甘さ」が感じられにくい。
音質は改善するが、生演奏の音がオーディオ的な音に変化するように感じる。

What a Wonderful World.(88.2KHz /24bit)

この曲では、クロックジェネレーターを追加したことで音の立ち上がりが「緩やか」になる。
音の角が取れ、アタックが若干弱くなる。ピアノも低音が響かず、ドラムのブラシワークも軽くなってしまった。
初期のSACDのように、綺麗だけれど厚みのない音になった。ハイレゾとの相性はあまり良くない。

夜道の手袋(DSD/2.8MHz)
この曲では、クロックジェネレーターを使うことで音質が改善する。
低音のもたつきが改善し、高域がスッキリと伸びるようになる。
ハイレゾとの相性はあまり良くなかったが、DSDとの相性はよい。
もうすこし、音色の変化が濃く出れば、もっと良い音になる。

せせらぎ
音の細やかさがまし、音場が数割程度より大きく広がるようになる。違和感やストレスも減る。
プレリュードでは低域が薄くなったが、GPS-10MHは音のバランスを変えない。

音質は確実に向上しているが、20万円以上を投資した割には、それほどの変化はない。

セレナード
音が静かになり、低域の力強さも増す。
弦の音が細かくなり楽器の数が増えるが、やはり20万円の改善はない。

モナリザ
ギターの音が100万円クラスになる。ボーカルも濡れた感じや艶っぽさが出てきた。
このソフトでは「改善」がよく分かる。20万円は本体価格に対して過剰だが、それを認めたくなる改善を実感する。
ただ、少し音の精度が上がりすぎるためか「適度な親しみやすさ」が消えて、少し「緊張感を伴う演奏」になる。

500Miles
ピアノの違和感が消えた。倍音の構造の精度が上がり、ピアノのメーカーが判別できそうな音が出る。
ボーカルもきめ細やかさと正確さが増加する。ピアノとボーカルの分離、空間の密度感も明らかに向上する。
しかし、音楽的により魅力的になったかと問われると、答えは難しい。
音は良くなっているが、それが音楽再現の良さ、深さを増しているとは言い難いからだ。

新世界より
シンフォニーの複雑な感じ、音の重なりの細やかさが見える。
静けさは格段に改善した。しかし、それが音楽的表現の深さにまでは昇華しない。
ありがちな「良い音」だが、クロックジェネレーターなしでも十分音楽は楽しめた。

What a Wonderful World.(88.2KHz /24bit)

ハイレゾ・ハイサンプリングのこの曲では、クロックジェネレーターの効果は大きい。
マスターテープを聴いているかのように、ストレスなく美しい透明な音が出る。
けれど、クロックジェネレーターがなかったときの「軽やかな感じ」は消えてしまう。
音は良くなるが、躍動感が薄くなった。

夜道の手袋(DSD/2.8MHz)
KNS RB-1でもそうだったが、AIRBOW GPS-10MHでもこの曲での音質改善効果は非常に大きい。
クロックジェネレーターを使わない時のDSDの音質は、お世辞にも褒められたものではなかった。
少なくともハイレゾ、下手をするとWAVよりも悪かった。
クロックジェネレーターを使うことで、その音がSACDを超えるほどのクォリティーにアップする。
PCMという「コード」を音に変換するハイレゾやWAVではなく、データーを連続して再生するDSDの方がダイレクトにクロックの音を反映しているようだ。

試聴後感想
ルビジウムを使うクロックジェネレーター、KNS RB-1をUD-503に追加すると、音が細かくなり、音場の広がりも大きくなったのですが、副作用として「音が軽く」なったように感じました。しかし、10万円少しの価格で、これだけの機能を精度を持つ「ルビジウム・クロックジェネレーター」を購入できるのは驚くべきことです。このクロックの設計者は、AIRBOWの設計にお世話になった、私の古くからの知人なので製品の品質に間違いはありません。後継モデルのRB-2も聞いてみたいと思いました。

GPSを使うクロックジェネレーター、AIRBOW GPS-10MHをUD-503に追加すると、RB-1よりもさらに音が細かくなり、音場もより大きく広がります。RB-1で感じた副作用もなく、エネルギーバランスは変わりませんでした。

PCM音源よりDSD音源で、クロックジェネレーターを使うことによる改善がより大きく感じられました。

どちらのクロックジェネレーターを使っても音質は改善しましたが、クロックジェネレーター+UD-503の合計価格でより良いDACを買った方が音が良くなるよと思います。

自分の装置に手を入れて「音が良くなる」ことに、かなりの喜びを感じるのでなければ、UD-503へのクロックジェネレーターの追加は、コストに見合うだけの改善が実現するとは思えないでしょう。

しかし、その原因は「クロックジェネレーター」ではなく、「UD-503」にあります。

UD-503に入力された「10MHz」のクロックは、UD-503が搭載する回路で必要な周波数にダウンコンバートされます。この回路の音質が不十分だと「良質なクロックの音質」が反映されません。そういう意味で、クロックジェネレーターを使って音質を改善できるのは、良質なクロック・ダウンコンバート回路を搭載する「高級機」に限られるのかも知れません。

また、今回はテストしませんでしたが、大幅なダウンコンバートが不必要な「ワードクロック(44.1/48kHzもしくは、その整数倍)」を入力すれば、もっと効果的にUD-503の音質を改善できた可能性はあります。

2016年5月 逸品館代表 清原裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.