オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

AIRBOW エアボウ ネットワークオーディオ プレーヤー 高音質 サーバー NAS 試聴 音質評価 販売 展示 価格

 AIRBOW(エアボウ)MSS-i5/MsHD 6.7 高音質ネットワークサーバー

オーディオ専用OS(MsHD 64bit Real Time Linux)搭載、高機能DLNAサーバー 音質 評価 試聴

その他の音質テストはこちら) ・ (ネットワークオーディオの考え方はこちら

 

MSS-i5 MsHD6.7

販売価格 280,000円(税別) ( ご注文はこちら

詳しい音質比較テストはこちら

MSP-i5 MsHD7.2 (最新 MsHD Vegas)

販売価格 350,000円(税別)〜( ご注文はこちら

主な仕様

    ProcessorIntel i5  Memory4GB

    Display PortDual HDMI1.4a)×1、Display Port×2

    USBリア×2、フロント×1

    RCA/ヘッドホン出力:なし 

    LANWired Ethernet1000Mbps)×1DLNA 1.5準拠

    OSMSHDiCAT Ink./AIRBOW Special Version V6.7

    メモリー:システム領域/SSD、データー領域/1TB-HDD

    消費電力:最小18W〜最大25W(平均約20W

    付属品:専用ACアダプター  

主な仕様

    ProcessorIntel i5  Memory4GB

    Display PortDual miniHDMI1.4a)×1、Display Port×1

    USBリア×3、フロント×1

    RCA×1、ヘッドホン出力(フロント)×1

    LANWired Ethernet1000Mbps)×1DLNA 1.5準拠

    OSMSHDiCAT Ink./AIRBOW Special Version V7.2.1

    メモリー:システム領域/SSD、データー領域/1TB-HDD

    消費電力:最小18W〜最大25W(平均約20W

    付属品:専用ACアダプター 、miniHDMI/HDMI変換アダプター

お薦めのオーディオボード

AIRBOW Well Float Board WFB-0115-1

¥15,400(税込)  

ご注文はこちら

 

ネットワークオーディオの音質向上は、ソフトウェアが重要な役割を担っています。

CDのリッピング、ダウンロードによる音楽配信データ−、リアルタイムに配信されるインターネットラジオやYouTube、さらには低額音楽聴き放題サービスなど、現在の「音楽シーン」は「ディスク」から「ネットワーク」に変わりつつあります。そして、この動きは今後さらに加速するでしょう。

しかし、「ネットワーク」と「ディスク」の音質を比べると、現時点では「ディスク」が優位です。これにはいくつかの理由が考えられますが、「パソコンがオーディオ用に作られていない=音質的に未成熟」のが最大のネックになつのは、まちがいありません。

CDやAVアンプは、「ディスプレイ」や「不要なデジタル回路」の電源を切ることで「音質を改善」するためのスイッチ(ポジション)が設けられています。実際に試してみると、ディスプレイを消すだけでも音質の透明感や音の広がりが改善するのがわかります。これは、機器内での「不要なノイズ(デジタル回路から発生する高周波ノイズ)」が低減する、あるいは「よけいな電力消費がなくなる(電力の余裕が増す)」からです。

この考え方を「PC」に当てはめて、高音質化を行ったのがAIRBOWのミュージックPCです。

PCは、どのように動作しているか?

私達は「画面」を見ながら、PCを操作しています。この画面でPCを操作するインタフェイスは、GUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェイス)と呼ばれ、Windowsが実用化して広まった方式です。普段は、「画面の下で何が行われているか?」を意識することはありませんが、GUIの下(下層)にも、PCを構成する部分があります。

 

上の左図で「デバイス(Device)」と書かれている緑の部分は、「ハードディスク」や「メモリー」など内部で接続する機器や、PCの操作に不可欠な「キーボード」、「マウス」、「ディスプレイ」、あるいは「プリンタ−」などの外部接続の様々な機器を表しています。これらのデバイスは、「SATA」や「USB」、「ネットワーク」などのI/O(右図)を介して、PCの「ハードウェア」に「物理的」に繋がれています。

右図(ミドルウェア)の上層には、「BIOS」と呼ばれる、デバイスとハードウェアの「理論的な接続」を介在するための小さなプログラムがあります。「BIOS」を書き換えることで、制御するデバイスの種類や、デバイスを制御する優先順位の入れ替えが可能になります。

「BIOS」の上位には、「BIOS」を制御するための「カーネル」と呼ばれるプログラムがあります。カーネルはBIOSを通じてデバイスとやりとりを行い、GUIがデバイスをコントロールするための「仲介役」のような役目を行います。複数のデバイスがPCに繋がれている場合、カーネルがそれらを統合的にコントロールします。「BIOS」は、デバイスとハードウェアの接続を担い、カーネルが接続されるデバイスの統合的なコントロールを担います。また、カーネルにはデバイスに対応する、「モジュール」とよばれるプログラムが存在します。

カーネルの上位に存在する「GUI」は、カーネルと人間を繋ぐためのプログラムです。

私達が、インストールして利用する「アプリ(プログラム)」は、まずGUIを介し、さらにカーネル、BIOSを通じてハードウェアにアクセスしています。

このように、PCは「様々な小さなプログラム」の集合体で動いています。もし、これらの小さなプログラムを「個別」にコントロールすることが出来れば、「不要な動作を停止」あるいは「不要な割り込みを減少」させることが可能となり、PCの動作を「音質優先(音質専念)」に変えられるのです。

高音質を実現するOSとは?

下図は、私達がよく知っている「Windows」と「Linux」という「OS(オペレーティング・システム)」を上で解説した図に当てはめたものです。「BIOS」を除く部分は、「Windows」や「Linux」が担っていることがわかります。「プロセス(Process)」と書かれているものが、「アプリケーション(プログラム)」です。

 

デジタルオーディオ機器では、「不要な回路や表示を消すと音質が改善する」と説明しました。そして、PCは様々な小さなプログラムが集まってハードウェアを成業していると説明しました。そして、それらの小さなプログラムは「OS」で統合的に制御されていると説明しました。一般的には「書き換え(変更)」することが出来ないと考えられている「OS」ですが、専門的な知識があればそれを「改造(チューニング)」することが出来るのです。

AIRBOWが提携する「iCAT Inc.」は、「Linux」をベースに、オーディオ用の高音質「OS」の開発に着手しました。「Linux」を選んだのは、「カーネル」のチューニングが可能なことと、OSレベルでWindowsよりも音が良いことが大きな理由です。

Windowsには、いくつかのバージョン(ProfessionalやUltimate)などが存在しますが、Linuxにはさらに様々なバージョンが存在します。最も高音質なLinuxを見つけるために、すべてのLinuxの音質をチェックし、最も高音質な64bitのLinuxが選ばれました。「iCAT Inc.」は、64bitLinuxのカーネルを構造がシンプルで、処理の早い「リアルタイム カーネル」に置き換え、不必要な割り込み制御を抑えることで、WindowsはもちろんのことMac OSや「素」のLinuxとは比較にならない高音質を実現するOSの開発に成功し、それを「MsHD」と名付けたのです。

下の図は、通常のLinux(左図)と、MsHD(右図)のアイドリング時の「CPU負荷」を比較したグラフです。OSのチューニングにより、CPUへの割り込みが減少し、CPUの動作が安定していることがわかります。

 

さらに最高の音質を追求するためのハードウェア(マザーボードとCPU)の選定、RAM、記憶装置(OS領域にはSSD、データー領域にはHDD)の選定、徹底的なノイズ低減のための「BIOS」チューニング、高音質と高機能を両立させるため、必要なアプリケーションをMsHD上で安定動作するように、OSとアプリをチューニングして搭載しています(※搭載ソフトウェアーは予告なしに変更する場合がございます)。このように、現在最高のハードウェアをオーディオ機器として動作させるために、あらゆる可能性を追求し完成したのが、AIRBOW MSS-i5/MsHD6.7とMSP-i5/MsHD7.1なのです(下図参照)。

 

下のグラフは、通常のWindowsによる音楽生成のスペクトラム(左図)とMsHD(右図)の比較ですが、MsHDは波形の角が立ち、20kHz以上が急峻に遮断されていることがわかります。実際に聞き比べた場合にも、高域の透明感と滑らかさ、立体感、細やかさなどに、圧倒的な差があることがわかります。また、その音質差は、ネットワーク接続(サーバーとして使用)した場合だけではなく、「USB/HDMI接続」でも同様に実現します。

 

すぐにお使いいただける便利さと、度肝を抜かれる高速レスポンスを実現。

オーディオ用の高音質サーバー(NAS)では、QNAPが有名です。しかし、QNAPの購入から使用までにはHDDの装着から、様々なソフトのアクティベーションなど非常に手間のかかる難しい作業が必要です。「QNAPを購入したけれど、結局うまく使えなかった。」という声も少なくありません。

ご安心ください。AIRBOWの音楽専用PC「MSS-i5/MsHD 6.7、MSP-i5/MsHD 7.1」は、MsHDの最新バージョンとすぐに使える各種の再生ソフトやLinuxアプリケーション、製品を使いやすくするための機能と設定がすでに終わっています。電源を入れれば、即座にネットワークに「サーバー」として認識されますから、LAN経由で搭載するHDDに音楽データーを転してください。転送完了後、ファイリングは瞬時に行われます。ファイリングに時間がかかるNASとは、CPUのパワーが違いますから待ち時間はほぼゼロで、高音質のDLNAネットワーク・デジタルサーバーとしてお使いいただけます。もちろん、操作は本体側でも可能です。

CPUに高速なIntel i5(i3)を使用し、RAMに高速なDDR3を搭載するMSP/MSSのファイルのインデックスや探索レスポンスは、NASや高価なオーディオ専用サーバーとは比べものにならないほど早く、ほとんどの操作が「タイムラグ」を感じさせずサクサク動き、驚くほど快適です。高音質だけではなく、ストレスのない高速な応答性を実感していただけます。

搭載するアプリケーション(詳細は、それぞれのソフトを紹介しているWEBでご確認ください)
※搭載するソフトウェアーは、予告なしに変更することがございます。

・Musica
日本で開発された“DLNA/UPnP対応・音楽配信ソフトウェア「musica」”は、Apple LosslessやFLACといった可逆圧縮音源、DSD 1bitオーディオ、AIFFやWAVといった無圧縮音源、AACやMP3、WMAといった非可逆圧縮音源などの様々なフォーマットに対応し、Apple LosslessやFLACに対応していない機器には自動的にトランスコードして配信する機能を搭載しています。

・Asset UPnP

強力なジャケット表示機能を持ち、ジャケット表示に対応していない「WAVファイル」への自動的なジャケット画像付加が可能なほか、アップサンプリング配信や多彩なプレイリストなどに対応しています。

・HQ Prayer(レスオプション可能)

USB/HDMIなど、PCにオーディオ機器を直接繋いで使うときに必要な「高音質プレーヤーソフト」。プレイリストなどは非常に簡素ですが、音質に対するこだわりは、凄まじくアップサンプリングの有無だけではなく、その方法(デジタルフィルターの種類)やパラメーターまで微細に設定が可能。DSDのリアルタイム・コンバートにも対応する、現在最も音質の良いプレーヤーソフトです。

・J-REVER(MSP-i5/MsHD 7.1のみ標準搭載、MSS-i5/MsHD 6.7には搭載できません)

i-Tunesとほぼ同様のインタフェイス(GUI)をもち、それよりも高機能で好音質を実現するメディア・プレーヤー。インターネットラジオチューナー機能だけではなく、リッピングしたソフトの再生中にネットからその曲に関する様々な情報を集め、テロップで流してくれるなど、驚くほど多機能に仕上げられています。また、PCの存在を完全に消してしまう「シアターモード」の表示は圧巻です。

・その他

フリーライセンスのリッピングに必要なソフトや、簡単な音楽編集ソフト、リモートデスクトップ、インターネットブラウザやオフィスソフトなどを標準で搭載します。

音質

AIRBOWオーディオ専用PC「MSS-i5/MsHD 6.7、MSP-i5/MsHD 7.1」なら、PC/ネットワーク・オーディオで大きな問題となっている「高域の曇り(抜けの悪さ)」や「硬さ(広がり感や空気感の物足りなさ、高域のとげとげしさ)」が嘘のように解決し、組み合わせるオーディオ機器の能力が最大限に発揮され、オーディオ専用CDプレーヤーとなんら遜色のない透明感、艶やかで暖かい中域、身体を包み込むような濃密な空気感が実現します。さらに高域の「隈取り不足」から発生している「低音のもたつき」も解消し、スピーカーを変えたのでは?と感じるほどの低音の重厚感と力感が実現します。

MSP/MSSで通常の「CDリップデーター(44.1kHz/16bit)」を再生した場合、WindowsやMacで再生する「ハイレゾ/DSD」を確実に凌駕するほどの音質が実現します。もちろん、ハイレゾやDSDなら、CDを超えるそれらの真の実力を実感していただけると思います。

試聴環境

ネットワークレシーバーには、AIRBOW SR7010 Special、試聴スピーカーには、TAD E1を使いました。

 TAD E1

 AIRBOW SR7010 Special

ネットワークオーディオの説明とNAS音質比較
(QNAPとAIRBOW MSS-i5/MsHD 6.7の音質比較)

OSによる音質比較
(WindowsとMsHDの音質比較)

2016年1月 逸品館代表 清原裕介 

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.