オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

ヘッドシェル・昇圧トランスでレコードを手軽に音質アップ!

 audio-technica(オーディテクニカ)ヘッドシェル AT-HS10、AT-LH15H

 

  

 Phasemation(フェーズメイション) 昇圧トランス T-300

  

 AIRBOW(エアボウ) 昇圧トランス T4-291

  

DENON DP-500MにPro-Ject ULTRA 500を組み合わせて行った、audio-technica 新型MCカートリッジ「AT-OC9 Xシリーズ比較試聴」の後に、ヘッドシェルと昇圧トランスでどれくらいの音質アップが実現するかを試してみました。

AT-HS10 メーカー希望小売価格 4,400円(税別)

使いやすさと高音質が織りなす軽量アルミ製ヘッドシェル。

AT-LH15H メーカー希望小売価格 11,500円(税別)

T-OC9X/VM95シリーズなどに最適な高品位アルミニウム製ヘッドシェル。標準タイプ:約15g

audio-technica アナログ関連製品のご購入お問い合わせは、逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

Phasemation T-300 メーカー希望小売価格 45,000円(税別)

Phasemation(フェイズメイション)レコード製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

AIRBOW T4-291 販売価格 88,000円(税別)

AIRBOW(エアボウ)アナログ製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

試聴環境

Pro-Ject フォノイコライザーアンプ PHONO BOXシリーズaudio-technica MCカートリッジ AT-OC9Xシリーズの聞き比べに続いて、カートリッジを取り付けるヘッドシェルとMCカートリッジをMM入力(低いゲイン)で使用するために使う昇圧トランスによる音質変化(お手軽グレードアップ)を試してみました。

引き続き、レコードプレーヤー DENON DP-500Mを使い、フォノイコライザーアンプ Pro-Ject PHONO BOX ULTRA 500、プリメインアンプ AIRBOW PM12 Master、スピーカーには Vienna Acoustics Lisztを使用して聞き比べました。

この聞き比べをMusic BirdのYouTubeアーカイブで見る
※番組の中で、AT-HS10を樹脂製のヘッドシェルと言っていますが、正しくは軽量アルミ製です。お詫びして訂正いたします。

 DENON DP-500M メーカー希望小売価格 93,500円(税別)(詳細はこちらから

 Pro-Ject PHONO BOX ULTRA 500 メーカー希望小売価格 60,000円(税別)(詳細はこちらから

 AIRBOW PM12 Master 販売価格 415,000円(税別)(詳細はこちらから

 Vienna Acoustics Liszt メーカー希望小売価格 2,000,000円(ペア/税別)(詳細はこちらから

試聴したレコード

ダイレクトカッティングで録音された、高音質の女性ジャズボーカル曲。

超高音質でダイレクトカッティングされた、シェフィールドのカントリーミュジック。

  

ボーカルは、歌手の息づかいが伝わるほど繊細で細かく、雰囲気が抜群ですが、ウッドベースは、響きが少し膨らんでいます。ピアノも高域の響きが少し濁っているように感じられます。
けれど「生々しさ」という方向から評価すると、それはとても優れていて、歌手の唇の動きが見えそうなほど「リアル」です。ボーカルは文句なし。ピアノとウッドベースの高域の抜けと透明感が向上すればベストです。

ギターもボーカルも生々しく、さらにバンジョーが入ってくると、かなり上級のハイレゾやDSDでもここまではなかなか出ないだろうという音が出ます。 音が重なってくるところでも分離に優れ、楽器の響きが団子になったりしません。 目を閉じると、かなり生演奏を聴いている雰囲気に近い音が出ています。 バイオリンの音が少し細いので、この部分をなんとかできればと思います。

  

ピアノの音抜けが改善し、ウッドベースの濁りがとれました。ボーカルはさらに抜けよく、力強く鳴ります。
ヘッドシェルの素材がプラスティックから金属に変わったため、剛性の向上で位置付けがしっかりするのか、あるいは制振性が高まるのか、極太リード線で信号ロスが低減するのか、とにかく「ヘッドシェルを変えただけでこんなに?」と思えるくらい音が細やかになって、明瞭度も向上しました。
明確に音質は向上しますが、カートリッジのグレードアップと違って悪くなるところは全くありません。価格も手ごろですし、おすすめのチューンナップです。

響きの濁りがとれて、それぞれの音の特徴がより明確になります。ギターの音が引き締まり、ハーモニーで一人ずつの声を聞き分けられるようになりました。バイオリンは弓の動きまで見えてきました。
音数が一気に増えて、機材をレベルアップしたような大きな変化が感じられます。音質の改善によって「若干見えすぎる」感じも出てきますが、それよりも純粋な音質向上魅力がそれを大きく上回っています。

リズムの走り過ぎ(せわしない感じ)が抑えられ、演奏に余裕と落ち着きが感じられるようになりました。
個々の音がはっきり聞こえるようになりましたが、音にばかり集中すると演奏全体の動きが見えにくくなります。
演奏を「楽しむ」から「味わう」という意識の変化を感じますが、この程度なら気の持ちようでどちらにも切り替えが聞くので、全然良いと思います。

  

 

解像度は若干落ちたようにも感じますが、透明感と分離感、音色の再現性が向上しました。
ピアノの音に粘りが出て、ボーカルは高域のノイズ感が消えてより滑らかで艶やかです。声の立ち上がりが早く、抵抗感なく軽やかにスッと声が大きくなります。
ウッドベースも膨らみや濁りが消えて、すっきりした本来の音に近づいています。
聞こえる音の変化はそれほど大きく感じられないかもしれませんが、生々しさと雰囲気はぐっと向上しています。

ギターの音が生々しくなり、ハーモニーの分離と透明感が向上しました。
バンジョーの音もより冴えて、生演奏を聴いているように高い音が伸び伸び鳴り、晴れやかです。
バイオリンの音の細さも緩和されて、高音は細いのではなく音が高いと伝わります。
音数は多いですが、空間も広がるので、音がぎゅうぎゅう詰めにならず、ほどよく分離します。
この曲でも、聞こえる音の改善よりも雰囲気がより自然で生々しくなるのが印象的でした。

バンジョーの音の変化が大きくなっています。ボーカルも口の中の舌の動きまで見えるようです。落ち着いた曲調ですが、リズミカルで、これまで聞いた中では最も生演奏に近いイメージです。
ここまでの選択とグレードアップで、すでに「デジタル」とは一線を画する「高級アナログ」の音質が実現しているように思います。

  

 

やはり「耳で聞き分けられる音」には、大きな差がありません。けれど、ボーカルの表情の細やかさ、ウッドベースの厚み、ピアノのタッチの伝わり方などには変化があります。
T-300でも十分な音質でしたが、昇圧トランスの変更で音質がさらに深まり、演奏が上質になります。
もはや、ウッドベースは「生音」を聞いているようですし、ピアノはちょっとしたうなりの変化まできちんと伝わるようになりました。

中低音の厚みが増し、楽音の量感と質感が向上しました。ギターは「余裕」が違います。
バンジョーは早いですが、せわしない感じがしなくなっています。今まで再現されなかった楽器の細やかな変化がハッキリと伝わるので、それぞれの楽器が丁寧に奏でられていることが伝わり、サーカスのような演奏ではなくなりました。情報量が増えた分時間の流れがゆっくりに感じられるためでしょう。
バイオリンも心地よい音です。コーラスは人数がわかるほど、それぞれの声がきちんと分離します。演奏におけるちょっとした「間の出方」や、背後の手拍子の存在感も変わりました。

音数はどんどん増えて、デジタル機器なら3桁万円の機器でなければ出ない音が、ここまでの投資で実現しています。
これくらいの音で聞ければ、耳の肥えた私でもアナログはOKです。
おもわず感想を書き忘れて、演奏に聞き入ってしまいました。

2020年2月 逸品館代表 清原裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2019 IPPINKAN All Rights Reserved.