オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

 カナル型イヤホン ATH-LS70/200、ATH-CK90PRO Mk2 音質 比較試聴

 

  

audio-technicaから、高音質カナル型イヤホン「ATH-LS70」と「ATH-LS200」が発売されました。

私はジムの運動時や上京時の電車内でイヤホンで音楽を楽しんでいますが、普段から「とてつもなく良い音(一般の人から見れば)」のオーディオを聞いている耳には、あまりにチープな音は絶えかねます。かといって、外付けのDACやヘッドホンアンプや大型のヘッドホンなど、重くてかさばるものを持ち運びたいとは思いません。

軽く、音が良く、価格も適度。それが私が求める、理想の「ポータブルオーディオ・システム」です。

今使っているプレーヤーは「iPod Touch(第6世代 64GB)」です。音楽はたくさんの種類を持ち歩きたいので、MP3/320bpsに圧縮して保存していますが、それでも国産メーカーのハイレゾポータブル機で聞く、ハイレゾ音源より好ましい音質だと思います。

最初は容量が大きく、音源を圧縮しないで収録できる「iPod Classics」を使っていましたが、第3世代のiPod Touchが発売されたときに聞き比べると、Classicの非圧縮ファイルとTouchのMP3/320bps圧縮ファイルでほとんど音質差が感じられなかったこと、ClassicではHDDの作動音が気になること、操作性が飛躍的に改善されていたこと、で第3世代でTouchに乗り換えました。その後、第4世代、第5世代、第6世代とと4世代にわたって愛用していますが、世代が変わってもほとんど音質が変わらないのもすごいところだと思います。

普通、ハードウェアーが変わり、ソフトウェアーが変わると音質に大きい影響が出ます。それなのに「音を変えていない」というのは、初期モデルから完成度が高かったことと、ハードウェアーとソフトウェアーの両方を「自社開発」できる、Appleならではの強み、そしなによりも「音がしっかりわかっているエンジニアの存在と継承」ができているからだと思います。ここが、国産メーカーや新興メーカーとAppleの違いではないだろうかと考えています。

また、iPod Touchの世代交代中、何度か「Android OS」を使うハイレゾ対応ポータブルプレーヤーや、アイバッソなどの高音質を謳う音楽専用OS搭載プレーヤーも聞いてみましたが、総合的な音質バランス、自然で癖のない高音質で、iPod Touchを超える製品はまだ見つかっていません。

そんなお気に入りのiPod Touch高音質化のキーポイントは、「イヤホン」です。

オーディオショップを始める遙か昔、高校生の頃から、すでに「カセットウォークマン」で音楽を聞いていた私にとって、イヤホンやヘッドホンは、高級オーディオ以前からなじみの製品です。当時から良い音に興味を持っていたので、私はかなりの種類のイヤホンやヘッドホンを聞いてきました。さすがにここ10年ほどの「大発生状態」で、今は発売されている製品の一割もチェックできていませんが、それでも付き合いの深い老舗メーカーから発売される主要モデルは、だいたい聞いています。

そんな中から「自分用」として選んだのが、バランスド・アーマチュアドライバー搭載の「audio-technica ATH-CK90PRO」です。このモデルはその後、「ATH-CK90PRO mk2」にモデルチェンジして生産が終了しますが、バランスド・アーマチュアドライバーを搭載する後継モデルとして、「IMシリーズ」が発売されます。

IMシリーズでは、それぞれの数字の数だけドライバーが搭載される01、02、03、04の4つのモデルがラインナップされましたが、比較試聴の結果、私はバランスに優れた「IM-02」を選んで、現在も愛用しています。

今回は、愛用中の「IM-02」ではなく、バックアップ用として保管している「ATH-CK90PRO mk2 新品」2と、IM-02の後継モデルに該当する、新製品の「ATH-LS200」、廉価モデルの「ATH-LS70」を聞き比べてみました。

ATH-Ck90PRO mk2 メーカー希望小売 オープン価格 生産完了モデル(発売価格 19,000円税込)

ATH-LS70は、一つの振動板を高低2基のドライバーで駆動する「デュアル・シンフォニックドライバー」方式を採用する「ダイナミック型」です。入力信号は、ネットワークを介さずに高低2基のドライバーに送り込まれ、一つの振動板から音を出します。イヤホンのような小型の振動板を駆動するのに、2Wayのドライバーが必要だとは思わなかったのですが、振動板だけではなく駆動系(マグネットとボイスコイル)も小型になり、ストロークが小さいのでそれぞれに専用の駆動系を割り振る方が、よりフラットで歪みの少ない再生音が得られるのではないだろうかと推測します。

ATH-LS70 メーカー希望小売 オープン価格(発売価格 14,000円税込)

ATH-LS200は、一つの振動板を高低2基のドライバーで駆動する「バランスド・アマーチュア」方式を採用し、入力信号はネットワークで高音と低音に分割されてからドライバーに送り込まれています。構造が複雑で再生周波数帯域も狭くなる「バランスド・アーマチュア」方式ですが、聞いてみるとダイナミック方式よりも音が細やかで、透明感が高くより高音質です。

また、人間は20kHz以上の高い音は、鼓膜ではなく体で聞いていることが京大の研究などで明らかになっていますので、イヤホンやヘッドホンの再生周波数は、20Hz〜15,000Hz程度のスペックがあれば十分だと思います。それよりも人間が最も敏感な周波数帯域(日本人では、100〜5,000Hz程度)がよりリニアに再現されることが大切だと思います。

ATH-LS200 メーカー希望小売 オープン価格(発売価格 26,000円税込)

audio-technica イヤホン・ヘッドホン ご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

試聴環境

今回は、第4世代 iPod Touchを使い、WAVファイルで収録した5曲と、レディーガガの「テレフォン」を試聴してみました。

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

 せせらぎ

水の流れる音、鳥の声がとても自然で、かなり細やかに再現されます。
近くで鳴いている鳥の声と、遠くで鳴いている鳥の声の遠近感が再現されて、イヤホンとは思えないほど音が広がって聞こえます。耳のすぐそばで音が出ている圧迫感がなく、聴き疲れない優しい音でせせらぎが鳴りました。

 弦楽セレナード

ホールのうなりの低い部分まで音がきちんと出ます。

バイオリン、チェロ、コントラバスの音色の特徴も良く出て、ハーモニーが美しく再現されます。
濁りが少なく、透明なサウンドで、かなり品位の高い音質です。

 Mona Lisa

ギター本体の音と、電子エコー処理されたエコーの部分が、重ならずに分離します。

ギタリストが指に込めた力の加減まで聞き取れるほど、微妙な音の変化まできちんと出ます。
高音はわずかに細めですが、当たりが優しいので聞きやすいイメージでこの曲が鳴ります。
ボーカルは自然で音も良いのですが、もう少しボリューム感が欲しい感じです。少し奥まっています。
音量を上げると、少し音が濁ったので、あまり大音量での再生には向いていないかも知れません。
 500Miles

ピアノの響き、ボーカルが少し濁ります。モナリザでも感じたのですが、音量が上がると何かが共鳴しているように音が濁ります。細かい音もはっきり出ますし、デリケートな表現も得意ですし、音量を下げても音がやせないので、小音量での再生に向いています。ただし、遮音性は普通なので、静かな部屋などで、ゆっくりと音楽を聞きたいときに使うと良いでしょう。
 新世界より

ハーモーニーを形成する細かな音まで、ひとつひとつしっかりと聞き取れ、楽器の音色の特徴も良く出ます。

交響曲をイヤホンで再現するのは、なかなか難しいのですが、ATH-LS70はそれを完全にやってのけます。
クラリネットの音、その後ろにゆったりと流れる弦楽器の音。その立体感、ハーモニーの形成が見事です。

指揮者の声も聞こえるほど解像度が高く、透明感も良好で、広がり感もあります。

この価格帯のイヤホンで交響曲が聴けるのは、素晴らしいことだと思います。
ただし、音量を上げると音が濁るので、周囲がほとんど無音な状況に限られます。
 Telephone

イントロのハープの音、ボーカルの透明感と表現力は抜群です。けれど、シンセサイザーの低音が入ると、低音の遅れと、ハウジングとの共鳴が気になります。

チューニングの悪いバスレフスピーカーのように低音が遅れて膨らみます。中高音は合格ですが、重低音はいまいちです。

総合評価
このクラスの水準を大きく超える、中高音の細やかさと、表情の豊かさ、立体感が実現していますが、打ち込み系の低音は膨らんで遅れます。また、音量を上げると音が濁ります。
ジムや電車の中で音楽を聞く私の用途では難しいと思いますが、静かな部屋でクラシックやバラード系のジャスなど、アコースティックな音楽を楽しむには、最適な製品です。そういう使い方なら、3〜5万円クラスのイヤホンと十分勝負できると思います。

念のためバランスド・アーマチュアドライバー(フルレンジ一基)を搭載するATH-IM01と聞き比べましたが、IM-01はLS70に比べて音が緩く細かさが不足する、一聴して「価格が安いと感じる音」でした。IM-01では、付属品との音の差があまり感じられないかも知れません。「良い音」を求められるのであれば、IM-01よりも上級のイヤホンをおすすめします。

 せせらぎ

水の流れる音は、高域がやや強めですが、キツ過ぎるほどではありません。

ATH-LS70と同じ音量なら、音の細やかさ(解像度感)もそれほどは大きく変わりませんが、ネットワークを内蔵しているためか、音の分離感や濁りはLS200の方が良好で、音量を上げても透明感が維持されます。
高性能なイヤホンで聴いている!という音が出ます。
 弦楽セレナード

低音はLS70に比べてわずかに少ないですが、中高音はやや強めでLS70よりもやや高音よりの音です。けれど、弦楽器のハーモニーは基音部分まできちんと再現され、低音がやせている感じもありません。
また、せせらぎで感じたように、LS70よりも音の濁りが少なく感じられます。
中高音の明瞭度が高く、音の密度も高いので、弦の「切ない感じ」がよく出ます。なかなか、気持ちのいい音です。
 Mona Lisa

LS70では弱かったギターの音(アタック)に「芯」がでました。弱音の表現力も少し向上しています。

ボーカルも前に出て、スピーカーで聞くこの曲のバランスに近づきました。

濁りが少ないこと、明瞭度が高いこと、密度が上がることで、個々の音の実在感がぐっと向上します。

ギターの透明感、ボーカルの強弱、この曲の重要な部分の再現性が向上したLS200でこの音を聞くと、LS70には戻れなくなります。

 500Miles

ピアノの濁りが消え、ペダルを踏む音まではっきりと聞き取れるようになりました。

高音はやや伸びすぎているほど伸びますが、問題にはならない範囲です。

ボーカルは密度感が向上し、中低音の膨らみや共鳴が消えたことで、俄然質感が高まります。
試しに音量を上げてみましたが、音の濁りはLS70よりも遙かに軽微でした。

調子に乗って音量をあまりにも上げると、ハウジングの強度?が不足するためか、最低音が少し濁りますが、その状態でもボーカルはぼやけずにキチンと鳴りました。
 新世界より

イントロ部分での金管楽器の抜け感が向上し、ティンパニーの低音もしっかりとしています。

弦楽器の質感やクラリネットやファゴットなど木管楽器と金管楽器の音色の違いもはっきりし、ホールの空気が澄み切ってきました。

音量を上げても音が濁らず細かい部分まではっきり聞こえます。奏者の衣擦れのような細かな音まで聞こえる気がしたほどです。

さすがに10万円を超えるような最高クラスのイヤホンほどの音の良さはありませんが、スマートフォンやポータブルプレーヤーと組み合わせるなら、この音で十分だと思います。
 Telephone

イントロのハープの音が細かくなりましたが、パープの音色の艶っぽさ、ボーカルの艶っぽさは、LS70の方が気持ちよく感じられました。小音量部分での再現性は、LS70も相当良かったのだと実感します。
けれど、打ち込みのドラムの音のパンチ力と切れ味は全く違います!リズムが弾み、高音が切れ込んできます。
ジェットコースターに乗せられているように、ころころと音が変わる度に、ハットさせられます。
明るく快活で楽しい音。ロック系の音楽を聞くなら、LS70とLS200の音には大きな差があります。
総合評価
明瞭で明るい音。音楽を快活に鳴らしてくれます。また、音楽のジャンルや音量を選ばないのも魅力です。

 せせらぎ

CL70よりも音が細かく、立体感にも優れています。
LS200よりも高音が優しく、低音〜高音のバランスが自然で、スピーカーとの差が少ないように感じました。

 弦楽セレナード

イントロ部分の音の細やかさは、LS200が勝っています。けれど、ハーモニーのバランスは、CK90PRO2の方が整っています。
音質ではLS200、バランスではCK90PRO2という感じです。
 Mona Lisa

ギターの音は、LS200の方が細かく聞こえましたが、CK90PRO Mk2と比べても艶やかさは、LS70が一番良かったように思います。ギターの音は、生音よりもわずかに細く聞こえます。

CK90PRO2の良さは、音量を上げたときの濁りがとても小さく、リニアに音が大きくなることです。
音量を変えてもバランスが変わらないので、音量を気にせずに音楽が楽しめました。
 500Miles

ピアノの音の鮮やかさは、LS200が上回っていました。輪郭の明瞭感もLS200の方が上です。
CK90PRO2で聞くこの曲は、音源から少し離れて聞いているイメージですが、なかななどうして自然な感じはとてもよく出ます。

生演奏を聞いているバランスには、CK90PRO2が一番近いように感じられました。

 新世界より

楽器の音の数は、LS200よりも少なく感じられます。もしかするとLS70よりも少ないかも知れません。
けれど、ハーモニーの厚み感や、実際にホールで演奏を聴いている感じにはCK90PRO2が最も近く、イヤホンで聴いているという感覚を忘れて音楽に没頭することができました。

 Telephone

イントロのハープの音は少し堅く、艶が少ないように感じます。ボーカルも同様ですが、これはCK90PRO2が完全な新品だからかも知れません。
低音は力感があって、膨らみも少ないのですが、この曲の鮮烈さはLS200が群を抜いていました。

試聴後感想

CK90PRO2は、音質よりもバランスの良さが光る「逸品」ですが、ケーブルのタッチノイズが大きいなど、その後モデルでは改善された欠点もあります。

試聴後感想

このレポートの始めにも書きましたが、私は高校生の頃から魚釣りの時などに「カセット・ウォークマン」を使って音楽を聞いていましたから、イヤホンやヘッドホンとの付き合いはもう40年近くになります。この仕事を始めてからは、さすがに会社で一日中音楽を聞いていますので、イヤホンやヘッドホンで音楽を聞く機会は少なくなりましたが、それでもジムの運動時や、大阪東京の移動時の電車内では必ずイヤホンで音楽を聞いています。

部屋の影響(ルームアコースティックの影響)を強く受けるスピーカーと違い、イヤホンは環境の影響をあまり受けません。もちろん、イヤーパッドと耳管の密着性は重要ですが、audio-technica製品のイヤーパッド(プラグ)は、他社と比べて装着性や密着性に優れています。

私が「普通の人」と違うのは、指揮者に指示して生演奏の現場を知り、レコーディングまで行い、今は数千万円を超えるHiFiセットの音を決めているので、「耳が不自然さ(違和感)」にとても敏感なことです。

そういう敏感な「耳」で、高級ヘッドホンやイヤホンを聞くと、とても奇妙な音の製品が多いことに気づきます。

また、価格にふさわしくない音質(つまり音が悪い)の製品も少なくありません。

仕事で使う「モニター用」として、あるいは気軽に音楽を楽しむための手段として私は、「自分用」に音の良いイヤホンやヘッドホンをいつも一つは用意しています。けれど本来がけちんぼなので「イヤホンなら2万円程度」、「ヘッドホンでも10万円程度」が理想とする予算の限界です。

今使っているヘッドホンは、放送局で長年使われ続けている「Sennheiser HD-25-1」です。価格はそれほど高くありませんが、すべての音がどんな音であるかをきちんと把握することができる逸品です。ただし、ユニット口径が小さく、装着時に耳たぶがつぶれるので、装着感はお世辞にも良いとは言えません。また、密閉型ですが、遮音性もそれほど高くないので、このヘッドホンは音楽編集時など、もっぱら仕事用に使っています。自室では、すでに生産が完了している「AKG」を今も愛用しています。

これらと比べて「欲しい」と思った、高級ヘッドホンはありませんでした。

けれど、今年に発売された「Focal Elear」は、本気で欲しくなりました。私の予算を少し超えますが、今まで聞いた中では最高のヘッドホンです。

イヤホンは、「audio-technica ATH-CK90PRO」-「PRO2」と気に入って愛用していましたが、ジムで運動しながら使ったためか、2台とも2年を待たずして壊れてしまいました。イヤホンは精密なので、修理は基本的に「交換」になります。そのため、生産が完了すると「修理不能」となります。そこで、今は後継モデルの「ATH-IM02」を愛用しています。このモデルから「耳かけ型」になったので、ケーブルのタッチノイズがATH-CK90PRO Mk2よりも低減し、装着感も向上しています。

掲示板に「おすすめイヤホンは?」という問い合わせがあったので、IM-02をおすすめしようと思っていたら、生産が完了していました。

そこで、掲示板へのお返事を兼ねて「次期イヤホン」を探るため、「ATH-LS70」と「ATH-LS200」を聞いたのです。

試聴機が届いて、会社の帰り際にちょこっと聞いたときは、LS70がLS200よりも良さそうに聞こえました。価格もIM-02よりも手頃だしこれはおすすめだ!と直感してうれしくなったのです。

しかし、しっかりと聞き比べてみると、LS70は音量を上げると音が濁るという弱点が発覚しました。また、様々なソフトを聞き比べると、LS200の対応性が広く、やはり価格だけのことはあると納得させられたのです。

そして、最後の仕上げ(自分を納得させるため)に、手元にある「IM-01(02ではありません)」と「CK90PRO2(いざというときのために買い置きしている新品)」を引っ張り出してきて、LS200と聞き比べました。

「IM-01」は、音がもやもやとして解像度が低いので即座に落第です。これは、以前IM-01/02の聞き比べても感じたことです。また、IMシリーズには、03/04もありましたが、02に比べてバランスが悪いので、私は02を選んで使っています。

CK90PRO2は、さすがに3年近く愛用していたモデルということだけあって馴染むのか、「バランス」、「違和感の少なさ」では、現時点でもトップの能力を持っていることが確認できました。しかし、先に書いたようにケーブルのタッチノイズや、装着感(ケーブルでイヤホンが引っ張られる)などの点では、最新モデルに敵いません。また、低音の明瞭度、高音の細やかさでもLS200には負けています。

念のため、最後にもう一度LS200を聞いてみました。

CK90PRO2に比べると、高音の明瞭度が高く、低音もクッキリしてパンチがあります。バランスの自然さではCK90PRO2が勝りますが、音の良さはLS200の勝ち。それはわかっていたことなので、LS200とCK90PRO2を即座に比較することで、LS200がどのように聞こえるかを調べたかったのです。

結果は、LS200がCK90PRO2よりも良い音で聞こえ、心配していた「違和感」もほとんどありませんでした。CK90PROほど、完璧ではないのですが、「自然になじんでしまう」範囲内だと思います。

結論
小音量で、静かな音楽を聞くならば「ATH-LS70」がおすすめです。アコースティックな音楽の艶やかさや滑らかさ、音色の鮮やかさは抜群で、交響曲も十分楽しめます。

小音量〜大音量で、ロックやポップスなどの「電気楽器を使う音楽」など、流行の音楽も聞きたいのであれば、「ATH-LS200」がおすすめです。私は、ジムで使うなら「楽しい音」が欲しいので、「IM-02」が壊れたらメリハリが効いてのノリの良い「ATH-LS200」を使うことにします。

「ATH-IM02」や新型の「ATH-LS200(LS70)」は、ケーブルの脱着が可能です。audio-technicaから純正の交換ケーブルが発売されていますが、社外品で交換用のケーブルも発売されています。ケーブルが断線したときのリペアやケーブル交換による音の調整が可能になっているのも「進歩」の一つです。

2016年12月 逸品館代表 清原裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.